職種

家庭の事情をきっかけに転職した20代男性が転職後に手にした大切なものとは?

今回、転職活動の体験談を寄せて頂いたのは、家庭の事情をきっかけに転職した20代男性のS.Oさん。

奥様の病気をきっかけに、今までの仕事中心の生活から、家庭を最優先にする生活を手に入れるために、転職することを決意したS.Oさん。

この記事では、家庭の事情をきっかけに転職した20代男性のS.Oさんが、転職後に手に入れた大切なものを紹介しています。

S.Oさんと同じように、家庭の事情から転職を考えている20代の男性は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

転職者情報

  • 名前:S.Oさん
  • 年齢:20代後半
  • 性別:男性
  • 家族構成:既婚
  • 転職活動のタイミング:在職中
  • 転職方法:知人からの紹介、転職サイト、転職エージェント
  • 転職決定までの応募社数:3社
  • 転職活動期間:1ヶ月以内
  • 転職活動中の悩み:転職活動をする時間がない
  • 転職前の勤務地:愛知
  • 転職後の勤務地:愛知
  • 転職前の職業:法人設計業務
  • 転職後の職業:ライター

家庭の事情をきっかけに転職した20代男性の転職前・後の仕事

転職前は、航空機器メーカで設計業務を行っていました。

計測機器の設計を主にやっており、学生時代に機械設計を学んだこともあり、3DCAD設計や構造設計といった専門的な仕事を行っていました。

転職後は、フリーランスのライターとして働いています。

業界が全く違い、まだ始めたばかりなので手応えはありませんが、精一杯チャレンジしています。

アウトドアが趣味なので、そういったジャンルの記事を執筆しています。

家庭の事情をきっかけに転職した20代男性が転職を考えたきっかけ

会社から言われた仕事を淡々とやっているだけの自分に嫌気がさし、「本当にこのままでいいのか?」「自分がやりたいことはこれなのか?」と、いつも自問自答を繰り返しながら働いていました。

そんな時に、妻が精神病を患い、家事を行うことが困難になりました。

妻は自分の食事すら取れない日々が続き、体重はみるみる落ちていきました。

病院にも通いましたが1〜2ヶ月で治るものではなく、幼少期からの根深い問題が原因だと診断され、一生付き合っていかなければならない病気だと聞かされました。

前職は出張や深夜残業も多い職場だったので、家事の手伝いなどはほとんどすることができなかったので、看病とまではいかないまでも、妻の負担を少しでも減らすために転職することを決意しました。

家庭の事情をきっかけに転職した20代男性が選択した転職方法

まず始めに頭に浮かんだ転職方法が転職サイトでした。

転職サイトはスマホやPCで求人情報を気軽にチェックすることができ、応募した企業からの返信もすぐに確認できるところがありがたかったです。

また、在職中に転職活動をしていたことから転職活動へ割ける時間が十分になかったので、途中からは転職エージェントも利用しました。

転職エージェントは登録後に1度面談へ行った後は、転職希望に合った求人を紹介してくれるので、効率的に求人探しをすることができました。

ハローワークは家の近くにありましたが、ブラック企業の求人も多いと聞いていたので、結局最後まで利用しませんでした。

家庭の事情をきっかけに転職した20代男性が転職活動で悩んだ3つの事

転職活動で悩んだことは、全部で3つあります。

1.転職活動に割ける時間がない

在職中に転職活動をしたので、転職活動をする時間が思うように確保できませんでした。

仕事が終わった後に求人探しを進めましたが仕事が忙しいこともあり、家に帰ってから1時間ほどしか求人探しをすることができませんでした。

また、休日も利用して転職活動を進めましたが、休みの日は家のことや人と会わなければいけないことも多く、思うように転職活動が進みませんでした。

2.自分のアピールポイントが分からない

企業へ応募する時には履歴書を送付しますが、自分の長所やアピールポイントに何を書いていいのか分かりませんでした。

サラリーマンとして6年ほど働いていましたが、その会社での実績は多々あるものの、他の会社で活かせるような実績やスキルが自分にはないことに気づき愕然としました。

機械の設計をしていましたが、デザイナーやライターのような賞を受賞したこともなければ取得した資格もなく、いかに自分が何もしてこなかったのかを思い知らされました。

3.転職理由の伝え方

面接では必ず転職理由を聞かれますが、どのように転職理由を伝えればいいのか分からずに悩んでいました。

本当の転職理由は「家族のために家事を手伝いたく、定時に帰り有休も月一程度で使える職場に転職したい」ということでしたが、もちろんそのまま伝えることはできず、いつも取り繕った答えをしていました。

そのため、面接ではいつも苦労することになり、なかなか面接を突破することができませんでした。

家庭の事情をきっかけに転職した20代男性が転職成功のためにやった事

転職を成功させるために、積極的にスキルアップに取り組みました。

在職中は全くといっていいほど資格などの勉強はせずに、仕事だけをやっていました。

そのため、転職活動では自分のアピールポイントがないことで苦労したので、会社以外の世界でも生きていけるような資格の習得に努めました。

現在も引き続き、その経験を活かしながらスキルアップに努めています。

また、読書も意識して行うようにしました。

転職活動の中で様々な人と話す機会があり、会話の中でのボキャブラリーの重要性に気づきました。

業種の違う方々と話すのはとても刺激になり、自分を売り込むためにも多くの本を読み、ボキャブラリーを増やすよう努めました。

最初は自分の好きなジャンルの本ばかり読んでいましたが、専門的な知識だけでなく、様々なジャンルの話もできるようになりたかったので、今まで手を出したことのないガーデニングや料理本なども読むようにしました。

家庭の事情をきっかけに転職した20代男性が転職して良かった事、後悔した事

転職して良かったことは、自分のライフスタイルに合わせた仕事ができることです。

私の場合は家庭の事情から、妻のサポートができることを最優先に考えました。

前職で働いている限り、仕事が最優先の生活になってしまうので、現在の家庭を最優先にできる生活を手にれたことが、転職して最も良かったことです。

逆に転職して後悔したことは、収入が不安定なところです。

転職サイトでいろいろな企業を受けさせていただきましたが、希望に合う企業がなく、現在のライターを選びました。

生活の自由度はあるものの、会社員のような安定した収入がないため、今後はその点を改善していく必要があります。

家庭の事情から転職を考えている20代男性へアドバイス

皆さんに、お伝えしたいことは1つです。

人生は一度きりですので、仕事だけに縛られることなく、自分が大切にしたいものをしっかり考えることが大切だと思います。

転職は働く環境が大きく変わることになるため、最初は不安でたまらないと思いますが、一歩踏み出す勇気があれば人生が大きく変わると私は感じました。

現在の私は、前職に比べて経済的にははるかに厳しい状況ですが、妻と一緒に過ごせる何気ない時間に幸せを感じることができます。

自分が希望する働き方を手に入れられる職場に出会うまで、妥協せずに転職活動を続けてください

まとめ

S.Oさん、転職体験談を寄せて頂きありがとうございました。

S.Oさんと同じように、家庭の事情から転職を考えている20代の男性もいるかもしれません。

S.Oさんも言われているように、自分が大切にしたいものを確認しながら転職活動を進めていく事で、自分が納得のいく転職活動をすることができます。

S.Oさんのように、自営業として働くことで家庭での時間を増やす方法もありますが、企業で働きながら家庭の時間を増やす選択肢もあります。

その時は転職する前に転職先の残業時間などをしっかり調べておく必要がありますが、自分一人で調べることが難しいケースもあります。

そのような時は、転職エージェントを利用しながら転職活動を進めてみて下さい。

転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入って、転職活動のサポートをしてくれる転職サービスになります。

転職エージェントの具体的な転職サポートには、次のようなものがあります。

転職エージェントの転職サポート
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 給与交渉をしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 面接日の日程調整をしてくれる
  • 企業別の面接対策(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方のアドバイス等)
  • 転職前に転職先の現場情報を教えてくれる(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報等)

これらの転職サポートを全て無料で利用することがきます。

転職エージェントを利用することで、転職希望を伝えた後は担当のキャリアアドバイザーが希望に合った求人を探してくれるため、自分一人では見つけることができない求人をチェックすることができます。

また、自分一人で転職活動をする時に難しい給与交渉や面接の日程調整をしてくれるだけでなく、転職先の職場の雰囲気や人間関係、本当の残業時間も転職前に教えてもらえるため、転職前後のギャップを小さくすることができます。

全国には約18,000もの転職エージェントがありますが、家庭の事情から転職を考えている20代の男性におすすめの転職エージェントはリクルートエージェントになります。

リクルートエージェントは転職でお世話になった人も多い「リクナビNEXT」や「タウンワーク」を運営するリクルートグループが運営する安心の転職エージェントになります。

「リクルートホールディングスHP」より

リクルートエージェントは業界最王手の転職エージェントで、他の大手転職エージェントに比べて求人数が多くなっています。

また、リクルートエージェントは求人数が多いだけでなく、求人全体の約80%が非公開求人となっています。

非公開求人はその名の通り一般には公開されていない求人で、企業が求人を非公開にする理由には次のようなものがあります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 専門的なスキルや経験など、ピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 在籍している従業員より募集者の給与が高い場合
  • 他企業に採用活動を知られたくない場合

非公開で求人を募集することでピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあるため、非公開求人には条件のいい求人も数多く存在します。

さらに、非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べてライバルの少ない求人を紹介してもらうことができます。

家庭の事情から転職を考えている20代の男性がリクルートエージェントを利用することで、豊富な求人の中からライバルの少ない好条件の求人を紹介してもらうことができます。

転職することが全て正しい選択ではありませんが、今の状況が続いた1年後、3年後の自分の姿を想像しながら、これからの行動を考えてみて下さい。

実際に転職するかどうかはともかく、あなたが今より自分らしく働けるようになることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)