type

【1分で完了!】typeの登録方法と登録後にできること

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
  • 「typeの登録は簡単にできるの?」
  • 「typeに登録すると、結局なにができるの?」

このような疑問を持っている人はいないでしょうか?

この記事では、typeの登録方法から登録後にできることまでを紹介しています。

転職活動でtypeを利用しようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

typeはどんな転職サイト?

typeの登録方法を紹介する前に、まずはtypeについて簡単に紹介させていただきます。

type
type LP
type 概要 特徴
総合評価(4.6)
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
本社所在地 東京都港区赤坂3-21-20
許認可 厚生労働大臣許可番号 / 13-ユ-040429
求人量
(4.2)
全国・全職種の求人に対応するものの、他の大手転職サイトに比べて求人数は少なめ
求人の質
(4.7)
掲載求人の全てが実際に取材された求人となり、離職率の高いブラック企業などは排除された求人の質は高い
提案力・交渉力
(ー)
自分で求人を探すサーチ型のため該当なし
サポート体制
(4.7)
想定年収・内定社数が分かる診断テストや面接対策マニュアル、業界初の目安残業時間による求人絞り込み機能など、転職成功のための豊富なコンテンツやサポートが充実
対応地域・年代
(4.8)
全国・全年代の求人に対応済。自分の住んでいる地域や年齢を気にすることなく利用することが可能
公式サイト https://type.jp/
【typeの特徴】

  • 求人探しから企業の応募まで全てを自分で行うサーチ型転職サイト
  • しっかりと取材された質の高い求人
  • 各種診断テストや求人検索機能など、一人で転職活動を進める時に役立つサポート機能が充実
  • 全国・全職種の求人に対応し、住んでいる地域や年齢を気にすることなく利用することが可能
  • 自分一人で転職活動を進めることになるため、いざという時に転職サポートを受けられる転職エージェントも利用するのがおすすめ
転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
typeはリクナビやマイナビに比べて知名度は低いものの、他の大手転職サイトを抑えてサイトアクセス者数NO1の転職サイトになります。
type アクセス数「type HP」より
カレン
カレン
typeは転職者に最も多く利用されている転職サイトなんですね。
転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
はい。
typeは質の高い求人が特徴で、掲載されている求人は全て取材された確かな求人となります。
type 求人 質「type HP」より

また、業界初となる目安残業時間による求人の絞り込みや、10分ほど選択方式の質問に答えるだけで予想内定社数や予想年収が分かる「転職力診断テスト」など、転職活動を進める上で役立つ様々なコンテンツが用意されています。

目安残業時間による求人絞り込み
type 求人検索 目安残業時間「type HP」より
転職力診断テスト
type 転職力診断テスト「type HP」より

≫type転職力診断テスト(無料)

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
typeに登録する時はメリットやデメリット、利用者の口コミなど、typeの評判について詳しく紹介したこちらの記事も参考にしてみて下さい。

typeの登録方法

typeの特徴について見た後は、早速typeの登録方法について紹介します。

typeの登録はメールアドレス以外にもLINEやyahoo、Facebookのログインデータから登録できるため、1分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

type 登録画面「type HP」より
type登録時の入力項目
会員情報の入力
  • 氏名
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 性別

全ての項目を入力すれば登録完了となります。

登録後はサイト内で見つけた求人に応募することができるので、応募後は「書類選考」「面接」と転職活動が進んでいきます。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
求人に申し込んだからといって必ず転職をする必要はありません。どの企業に転職するのかを決めるのはあなた自身です。そのため、少しでも気になる求人があった時には積極的に応募するようにして下さい。typeの求人は毎週火曜日・金曜に更新されます。

type LP公式:typeに登録する(無料)

type登録後にできること

typeに登録後は下の流れに沿って転職活動を進めていきます。

type登録後の流れ
  1. マイページの利用
  2. 求人検索
  3. 応募書類(履歴書・職務経歴書)の作成
  4. 求人への応募
  5. 面接

1.マイページの利用

typeは「サーチ型転職サイト」のため登録後は自分で求人を探していきますが、求人検索や企業への応募など、自分の転職活動の状況を確認できる「マイページ」をベースに転職活動を進めていきます。

マイページ画面

type マイページ

ログイン後に表示されるマイページでは次のような機能を利用することができます。

マイページで出来ること
  • 検索求人の管理
  • 応募求人の管理
  • 企業からのスカウト、オファー管理
  • 気になるリストの管理
  • 履歴書、職務経歴書の管理

マイページを確認すれば転職活動の状況が一目で分かるので、自分1人で転職活動を進める時にも迷うことがありません。

2.求人検索

職種や年収など様々な条件を設定しながら希望の求人を探していきますが、typeでは業界初となる目安残業時間を基準に求人を絞り込むことができます。

type 求人検索 目安残業時間「type HP」より

また、必ず内定をもらえるわけではありませんが、今までの経歴や登録した経験・スキルをもとに選考通過の可能性が高い順に求人を並べ替える機能もあります。

type 求人検索 受かりやすい順

掲載されている求人も全て取材された確かな求人となるため、安心して応募することができます。

type 求人 質「type HP」より
転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
ここがポイント

確かな求人を効率よく探せるtypeですが、他の大手転職サイトに比べて求人数が少なくなっています。

type 求人数比較

そのため、typeで希望の求人が見つからない人は転職者の8割が利用し求人数が圧倒的に多いリクナビネクストも併用することをおすすめします。

リクナビネクスト 会員数「リクナビネクストHP」より

リクナビネクストの求人は約90%が他の転職サイトには掲載されていない限定求人となるため、ライバルの少ない求人をチェックすることもできます。

type 限定求人「リクナビNEXT HP」より

≫リクナビネクスト公式サイト

3.応募書類(履歴書・職務経歴書)の作成

求人検索と並行して応募書類(履歴書・職務経歴書)の作成も進めていきます。

応募書類の書き方に悩む人も多くいますが、typeでは転職ノウハウとして履歴書や職務経歴書の書き方が詳しく紹介されています。

type 転職ノウハウ 応募書類作成「type HP」より

履歴書はパートごとに分けられた図解を元に書き方や注意点が分かりやすく紹介されています。

type 履歴書 職種別「type HP」より

書き方に悩む人も多い職務経歴書では職種ごとに細かくサンプルが用意されているため、自分の職種に合った職務経歴書を簡単に作成することができます。

type 職務経歴書 職種別「type HP」より

4.求人への応募

求人検索と応募書類の作成を進めていき、希望の求人を見つけた人は求人へ応募していきます。

職務経歴書など必要なデータを登録している人は求人内にある「応募する」ボタンをクリックするだけで応募が完了します。

type 応募画面「type HP」より
転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
ここがポイント

求人へ応募する時には様々な悩みから応募を躊躇してしまう人も少なくありません。

  • 応募して書類選考で落とされたらヤダな…
  • ちょっと気になる求人だけど応募する程じゃないかも
  • もっと良い求人が他にあるかもしれない

応募する求人を慎重に選ぶことはもちろん大切ですが、求人を選んでいるだけでは内定を勝ち取ることはできません。

転職成功者の平均応募社数が17.7社というデータもあり、転職成功者の多くが積極的に求人へ応募しています。

DODA 転職成功者 平均応募社数「DODA 転職成功者の平均応募社数」より

求人へ応募する中で応募書類の作成や面接を通して転職活動の経験値も自然と上がっていき、転職成功の可能性を高めることができます。

あなたにとって応募すること自体には何のリスクもなく、応募後に思っていた会社と違った時は辞退をすればいいだけです。

人気の求人は掲載期限前に募集を締め切ることもあるので、少しでも興味のある求人に出会った時は積極的に応募するようにして下さい。

5.面接

応募後に書類選考を通過すると企業の採用担当者とやり取りをしながら日程調整をした上で面接を受けます。

転職活動で大きな関門になる面接ですが、転職者の半数が面接に苦手意識を持っています。

「エン人事のミカタ アンケート調査から探る 求職者にとって、面接とは?」より

面接も経験するにつれて慣れていきますが、最後まで面接に慣れなかった人も少なくありません。

「AIDEM HP」より

先ほども紹介したように、typeは自分で求人を探す「サーチ型転職サイト」のため面接対策も全て自分1人で行うことになりますが、自分1人で行う面接対策には限界があります。

そのため、面接に苦手意識を持っている人や本番に近い形で面接対策をしたい人は転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは転職者のあなたと企業の間に入り様々な転職活動のサポートをしてくれる無料の転職サービスになります。

転職エージェント 仕組み

転職エージェントを利用することで模擬面接をはじめとした自分1人ではできない様々な面接対策を無料で受けることができます。

  • キャリアアドバイザーとの模擬面接
  • 企業ごとの面接対策
  • 過去に面接で質問された内容の確認

次に紹介する3つの転職エージェントは面接対策にも力を入れているので、面接成功の可能性を少しでも高めたい人は登録してみて下さい。

※どの転職エージェントも5分程の無料登録後にすぐ利用できます。

おすすめ1.リクルートエージェント

リクルートエージェントLP

リクルートエージェントは業界最王手のリクルートが運営する総合型転職エージェントで、現在までに41万人以上の転職成功者を生み出している業界屈指の転職エージェントになります。

「リクルートエージェントHP」より

他の大手転職エージェントに比べて求人数が圧倒的に多く、求人の多くが非公開求人となります。

パソナキャリア 求人数比較

非公開求人とはその名の通り一般には公開されていない求人で、企業が求人を非公開にする理由には次のようなものがあります。

企業が求人を非公開にする理由
  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 専門的なスキルや経験など、ピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 在籍している従業員より募集者の給与が高い場合
  • 他企業に採用活動を知られたくない場合

このように、非公開で求人を募集することでピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあるため、非公開求人には条件のいい求人が数多く存在します。

また、非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人に比べてライバルの少ない求人をチェックすることができます。

ライバルの少ない好条件の求人を紹介してもらえるリクルートエージェントは、職種や業種に関わらず転職を考えた全ての人におすすめの転職エージェントになります。

おすすめ2.doda

doda LP

dodaはリクルートに次ぐ業界第2位の転職エージェントで、anやテンプスタッフなどを運営するパーソルグループが運営する総合型転職エージェントになります。

リクルートをはじめ、多くの転職エージェントは自分で求人を探す転職サイトと転職サポートを受けられる転職エージェントが分かれており、2つのサービスを利用するにはそれぞれに会員登録をしてサービスを使い分ける必要があります。

リクルートの転職サービス

一方、dodaは自分で求人を探す転職サイトと転職サポートを受けるエージェントサービスを1つのサイト内で完結することができるため、自分に合った方法で転職活動を進めていくことができます。

「doda HP」より

dodaはマイペースに転職活動を進めたい人や丁寧な転職サポートを受けたい人など、自分に合った方法で転職活動を進めたい人におすすめの転職エージェントになります。

おすすめ3.パソナキャリア

パソナキャリア LP

パソナキャリアは東証一部上場企業の株式会社パソナが運営する転職エージェントで、40年以上にわたり転職サポートを行ってきた安心の転職エージェントになります。

質の高い求人と転職サポートが最大の特徴で、オリコンが実施する「転職エージェントのランキング・比較」の中にある「担当者の対応」「紹介案件の質」の2部門において、他の大手転職エージェントを抑えて1位にランキングされています。

担当者の対応 満足度ランキング
パソナキャリア オリコン 担当者の対応 満足度ランキング「オリコンHP」より
紹介案件の質 満足度ランキング
パソナキャリア オリコン 紹介案件の質 満足度ランキング「オリコンHP」より

パソナキャリアは質の高い転職サポートを受けながらハイクラス求人へ転職したい人におすすめの転職エージェントになります。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
ここがポイント

複数の転職エージェントを利用した時は、それぞれの担当者に複数の転職エージェントを利用していることを伝えて下さい。

転職エージェントは企業の紹介料によって運営されているため、1件でも多く転職を成立させることを常に考えています。

そのため、複数の転職エージェントを利用していると伝えることで、何とかして自分のところで転職をしてもらおうと、それぞれの転職エージェントからより丁寧な転職サポートを受けることができます。

まとめ

typeの登録方法から登録後にできることについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

typeに登録することで転職力診断テストや目安残業時間による求人の絞り込みなど、様々な機能を利用しながら転職活動を有利に進めていくことができます。

typeをベースに転職活動を進めていき、1人では難しい面接対策などは転職エージェントを併用することで効率良く転職活動を進めていくことができます。

typeをうまく利用しながら、あなたに合った求人に出会えることを願っています。

type LP公式:typeで求人を探す(無料)