マイナビ税理士

税理士の転職にマイナビ税理士はおすすめ?評判、口コミ情報を元に詳しく紹介!

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
  • 「マイナビ税理士って実際どうなの?」
  • 「マイナビ税理士は転職活動で利用する価値はある?」
  • 「マイナビ税理士は税理士しか利用できないの?」
  • 「マイナビ税理士を利用すると、結局なにができるの?」

このような疑問を持っている人はいないでしょうか?

この記事では、マイナビ税理士の特徴や実際に利用した人の口コミなどを交えながら、マイナビ税理士のリアルな評判について紹介していきます。

これから転職活動でマイナビ税理士の利用を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

先に結論
  • マイナビ税理士は税理士や税理士を目指す人以外でも利用可能
  • 一般企業を含め、税理士資格のない人が応募できる求人は少い
  • 経理・会計分野の転職を考えている人は、他の転職エージェントの併用が必須

マイナビ税理士は業界再王手のマイナビが運営する転職エージェントで、税理士や税理士試験の科目合格者向けに転職サポートを行う転職エージェントになります。

全求人の9割が税理士や税理士試験の科目合格者向けとなるため、資格のない人が応募できる求人は1割以下となります。

これから詳しく紹介していきますが、経理・会計分野の転職を考えている人は、会計や税務に特化した「特化型転職エージェント」や、経理未経験から利用できる「派遣会社」を併せて利用することをおすすめします。

  1. MS-Japan
    (管理部門特化型でNO1の実績を誇る転職エージェント)
  2. ジャスネットキャリア
    (転職サポートが充実の管理部門特化型転職エージェント)
  3. ジャスネットスタッフ
    (経理未経験でも利用できる経理求人に特化した派遣会社)

1.マイナビ税理士の概要

マイナビ税理士
総合評価(4.0)
運営会社 株式会社マイナビ
本社所在地 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
許認可 厚生労働大臣許可番号 有料職業紹介事業(13-ユ-080554)
求人の量
(3.9)
マイナビグループのネットワークを生かし全国に求人はあるが、都市部に求人が集中している傾向あり
求人の質
(4.2)
大手税理士法人から一部上場企業まで求人の質は高く、求人の80%がライバルの少ない非公開求人
交渉力
(4.2)
40年近く人材紹介業を行ってきたマイナビグループがもつ各企業とのパイプから交渉力は高く、年収アップも可能
サポート体制
(4.0)
応募書類の添削から面接対策、内定後のフォローまでサポート体制は充実
対象年代 全年代
対応地域 全国
公式サイト zeirishi.mynavi-agent.jp/

2.マイナビ税理士の特徴

マイナビ税理士は税理士や税理士試験の科目合格者を対象に転職サポートを行う転職エージェントで、大きな特徴は次の3つになります。

 マイナビ税理士の特徴
  1. 税理士、科目合格者向けの求人が豊富
  2. 業界に精通したキャリアアドバイザーから転職サポートを受けられる
  3. 税理士に役立つ情報が豊富

それでは早速、マイナビ税理士の特徴を1つずつ見ていきましょう。

税理士、科目合格者向けの求人が豊富

マイナビ税理士では転職サポートの対象としている税理士や科目合格者向けの求人が数多くあります。

税理士や科目合格者が一般的な転職サイトで求人を探す場合、「事務→財務・会計・経理」と職種から探すか、キーワードで「経理」「会計事務所」「監査法人」と求人を絞り込んでいくことになります。

「リクナビネクストHP」より

しかし、マイナビ税理士では公開求人の検索画面で「税理士の求人」「税理士科目合格者の求人」など、税理士や科目合格者向けのドンピシャな求人を探すことができます。

「マイナビ税理士HP」より

また、マイナビ税理士では求人の80%が一般には公開されていない非公開求人となっています。

「マイナビ税理士HP」より

非公開求人はその名の通り一般には公開されていない求人で、企業が求人を非公開にする理由には次のようなものがあります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 会社のピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 採用活動を知られたくない場合

このように、非公開で求人を募集することにより、ピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も数多く存在します。

さらに、非公開求人はマイナビ税理士に登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べてライバルの少ない求人の中から、自分に合った求人を紹介してもうらことができます。

マイナビ税理士を利用することで、税理士や科目合格者にドンピシャなライバルの少ない求人を紹介してもらうことができます。

マイナビ税理士で非公開求人を探す(無料)

業界に精通したキャリアアドバイザーから転職サポートを受けられる

税理士業界には業界特有の事情が存在し、転職する時にはその事情を十分理解しておく必要があります。

  • 年末前後に行われる年末調整や確定申告をはじめとした繁忙期
  • 専門学校に通いながら税理士を目指す転職者
  • 相続税を専門に勉強したい転職者

このような業界特有の事情や転職者の働き方を考慮することが転職成功には不可欠になりますが、利用する転職エージェントのキャリアアドバイザーによっては業界への十分な理解がないことで、思うような転職サポートを受けられないこともあります。

その点、マイナビ税理士のキャリアアドバイザーはコンサルティング会社や税理士事務所の実務経験がある「税理士の転職市場を熟知したキャリアアドバイザー」となります。

「マイナビ税理士HP」より

そのため「専門学校に通いやすいよう残業の少ない職場」「相続を専門に扱う税理士事務所」など、自分が税理士として働くときに大切にしたい条件も遠慮なく相談することができます。

マイナビ税理士を利用することで、税理士業界に精通したキャリアアドバイザーから自分が納得のいく転職サポートを受けることができます。

税理士に役立つ情報が豊富

転職する上で最新求人のチェックや面接対策はもちろん必要ですが、それに加えて税理士や科目合格者は税法の改正や税理士試験対策など、転職をする上で常に業界の最新情報を把握しておく必要があります。

マイナビ税理士では「転職お役立ち情報」を通して、税理士や科目合格者が転職する時はもちろん、仕事をする上で役立つ様々な情報を発信しています。

転職お役立ち情報では税理士試験の概要や業界コラムなど、様々なコンテンツが用意されています。

「マイナビ税理士HP」より
  • 「転職がしやすいのは税理士試験(8月)の前? それとも後?」
  • 「まもなく本番!税理士試験の過去の傾向と今年の対策!」
  • 「税理士という職業に「向き、不向き」はあるのか税理士の適性を診断」
  • 「一般企業で働く税理士 仕事の内容・年収・会計事務所との違いなど」
  • 「税理士事務所だけではない!こんなに将来性のある税理士の転職先」

コラムには税理士の人はもちろん、科目合格者でこれから税理士を目指す人によっても役立つ情報が豊富に掲載されています。

記事はマイナビ税理士に登録していない人も見ることができるので、税理士の人や税理士を目指す人はぜひチェックをしてみて下さい。

「転職お役立ち情報」をチェックする

また、マイナビ税理士では他業界と同様、活躍の目覚ましい「女性税理士」に対しても様々な情報を発信しています。

「マイナビ税理士HP」より

独立を含め、生涯現役で働ける税理士の仕事は「結婚」「出産」「子育て」などのライフイベントによって積み上げてきたキャリアが中断されやすい女性にとっても魅力的な仕事で、税理士に占める女性の割合は約15%と、税理士の4人に1人が女性となっています。

「日本税理士会連合会HP」より

特集の中には専業主婦から税理士を目指したコラムも掲載されており、どんな女性も税理士を目指せることが紹介されています。

また、実際に税理士として活躍されている女性のインタビューも紹介されており、現在税理士として活躍されている女性はもちろん、これから税理士を目指す女性の人も参考になる内容となっています。

マイナビ税理士では、女性が税理士として活躍する時にぶつかる様々な問題を克服しながら自分が働きやすい職場を見つけることができます。

「マイナビ税理士HP」より

このように「税理士」と一言でいっても様々な税理士がいる中、マイナビ税理士を利用することで、それぞれの税理士に役立つ情報を得ることができます。

3.マイナビ税理士の評判・口コミから見るメリットとデメリット

マイナビ税理士を実際に利用した人から寄せられた評判や口コミ、体験談から、マイナビ税理士のメリットとデメリットは次のようになります。

  • 女性も利用しやすい
  • 税理士・科目合格者向けの求人が多い
  • 担当者のサポートが手厚い
  • 転職者のキャリアによっては利用が難しい

マイナビ税理士利用者の口コミ(高評価、おすすめ)

女性も利用しやすい
イラスト 30代女性
  • 年代:30代前半
  • 職種:会計事務所(個人事務所)
  • 年収:400万円台→400万円台
  • 評価:(4.7)

出産を機に一度職場を離れ、子育てがひと段落した時に職場復職を考えました。

経理や税務についてさらに深く学びたいと考え、一般企業ではなく税理士事務所への転職を考えた時にマイナビ税理士を利用しました。

離職してから5年のブランクがありましたが、転職サポートをしてくれた女性担当者のMさんは自身も出産・復職を経験されている方で、同じ経験をした先輩として親身に相談にのってくれました。

正直、利用前は求人を紹介してくれればいいという感覚で利用していましたが、ブランク明けの転職時に注意する点や面接対策など、いいい意味で裏切られる転職サポートを受けることができました。

マイナビ税理士が女性には必ず女性の担当者がつくのかは分かりませんが、税務・会計分野へ転職を考えている女性にもおすすめできる転職エージェントだと思います。

1科目合格でも利用が可能
イラスト 30代男性
  • 年代:30代前半
  • 職種:税理士法人
  • 年収:400万円台→500万円台
  • 評価:(4.5)

1科目合格の状態でマイナビ税理士を利用しましたが紹介された求人が多く、紹介された3件の求人の中の1件に転職することができました。

マイナビ税理士以外に一般の転職エージェントも利用しましたが、一般的な経理職が多く、税理士法人に転職したかった私には合いませんでした。

担当者の方も実際に税理士法人で働いていた経験のある方で、業務分担や仕事の進め方など、現場情報を詳しく教えてもらえたのがとても参考になりました。

利用前は税理士しか利用できないと思っていましたが、科目合格者もしっかりとサポートしてもらえる転職エージェントです。

マイナビ税理士利用者の口コミ(低評価、おすすめできない)

求人を紹介してもらえなかった
イラスト 20代女性
  • 年代:30代前半
  • 職種:一般事務
  • 年収:300万円台→300万円台
  • 評価:(2)

マイナビ税理士を利用しましたが、結局1件も求人を紹介してもらうことはできませんでした。

一般事務の経験が1年しかない事や転職回数が3回あるこなどが影響していたかもしれませんが、求人を紹介してもらえなかったので利用しても意味がありませんでした。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
ここがポイント

マイナビ税理士の利用を考えている人の中には、資格を取得していなくてもマイナビ税理士を利用できるのか悩んでいる人も少なくありません。

そこでマイナビ税理士に掲載されている求人(公開求人)を調べたところ、求人への応募資格は次のようになっています。

「マイナビ税理士 公開求人数より作成」

9割以上が税理士、又は科目合格者を対象にした求人となり、資格が何もない人が申し込める求人は全求人の10%以下となっています。

また、求人内容は9割以上が会計事務所や税理士法人、コンサルティングファームとなり、一般の事業会社は5%以下となっています。

「マイナビ税理士 公開求人数より作成」

そのため、資格のない人はマイナビ税理士を利用しつつ、一般の事業会社の求人を多く扱っている他の転職エージェントも併用することをオススメします。

一般の事業会社で経験を積み、会計事務所やコンサルティングファームでさらに専門性を磨いていくというキャリア形成の方法もあります。

一般事業会社の求人が多い転職エージェントに、業界最王手のリクルートエージェントがあります。

リクルートエージェントは他の大手転職エージェントに比べて、求人数が多くなっています。

リクルートエージェントは求人の紹介から面接対策まで、全ての転職サポートを無料で受けられるので、少しでも多くの一般事業会社の求人を紹介してもらいたい人は利用してみて下さい。

公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)

4.マイナビ税理士の利用がおすすめな人

ここまでマイナビ税理士について紹介してきましたが、マイナビ税理士のメリットやデメリットなどの特徴から、次のような人にマイナビ税理士の利用をおすすめします。

マイナビ税理士がおすすめな人
  • より良い条件での転職を考えている税理士
  • 税理士を目指す科目合格者
  • 会計事務所、税理士法人、コンサルティングファームへの転職を考えている人
  • 会計・税務の専門知識を持ったキャリアアドバイザーから転職サポートを受けたい人
  • 会計分野に興味のある女性
  • 会計分野でどうしても転職したい企業がある人

マイナビ税理士を利用することで様々な転職サポートを受けることができますが、利用者の中には希望の求人を紹介してもらえない人や、思うように転職活動が進まない人もいます。

このような人は、マイナビ税理士以外に複数の転職エージェントを利用することをおすすめします

複数の転職エージェントを利用することで、次のようなメリットがあります。

複数の転職エージェントを利用するメリット
  • 各転職エージェントの転職サポートを比較できる
  • 各転職エージェントの独自求人をチェックできる
  • キャリアアドバイザーとの相性が悪い場合、他の転職エージェントでリスク回避できる

「自分が転職エージェントに望む事」「各転職エージェントの特徴」を照らし合わせながら複数の転職エージェントに登録しておくことで、自分が納得のいく転職活動をしやすくなります。

マイナビ税理士のような会計・税務分野に特化した転職エージェントの利用を考えている人は、次の3つの転職エージェントをおすすめします。

1.MS-Japan

MS-Japan LP

MS-Japanは経理・財務・人事などの管理部門や公認会計士・税理士などの会計業界、弁護士・弁理士などの法律領域への転職サポートを行う管理部門特化型ではNO1の転職エージェントになります。

「MS-Japan HP」より

1990年の会社設立以来、延べ20,000名以上の転職者をサポートしており、税理士の仕事へ転職を考えている人も安心して利用できる転職エージェントになります。

税理士への転職サポートを専門に行うキャリアアドバイザーも数多く存在するため、質の高い転職サポートを受けながら税理士の仕事を見つけたい人におすすめの転職エージェントになります。

「MS-Japan HP」より

2.ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリア LP

ジャスネットキャリアは1996年に日本で初めて公認会計士が創めた転職エージェントで、税理士法人やコンサルティングファームなど5,000社を超えるクライアントと提携しています。

税理士への転職サポートはもちろん、経理・財務分野に特化した教育サイトの「Accountant’s Library(アカウンタンツライブラリー)」も運営しています。

「ジャスネットキャリアHP」より

Accountant’s Libraryではオンライン動画を通して、経理・財務分野に特化した様々なコンテンツを提供しています。

  • 簿記
  • 経理実務
  • 税務申告
  • 給与計算
  • 経理で役立つエクセル

Accountant’s Libraryに登録することで無料の動画講座を受講することができ、エージェントサービスに登録すれば月額980円で受け放題の「プレミアムプラン」を無料で受講することができます。

税理士の仕事へ転職する時に転職サポートを受けるだけでなく、自分でも会計の勉強を深めていきたい人におすすめの転職エージェントになります。

3.ジャスネットスタッフ

ジャスネットスタッフ TOP

先に紹介した2つの転職エージェントは経理経験者向けの求人が中心となるため、未経験者の利用は難しくなります。

ジャスネットスタッフは経理の求人に特化した派遣会社になります。

派遣社員として働き始めるため、簿記資格だけ持っている人や一般事務の経験だけ人など、経理未経験の人も利用できる派遣会社になります。

正社員ではなく派遣社員になることに抵抗を感じる人もいますが、一定期間働いた後に正社員となることを前提として「紹介予定派遣」の求人も多くあるため、安定的した環境の中で経理の仕事に取り組みたい人にもオススメの派遣会社になります。

ジャスネットスタッフは、経理の実務経験に自信がない人や未経験から経理の仕事に挑戦したい人におすすめの派遣会社になります。

5.マイナビ税理士を利用する時の5つのポイント

マイナビ税理士を利用する時には最低限気をつけておくべきポイントがあります。

これから紹介する5つのポイントを頭の片隅に入れながらマイナビ税理士を利用することで、転職成功の可能性を高めることができます。

マイナビ税理士を利用する時のポイント
  1. 転職エージェントの仕組みを理解しておく
  2. 転職の意思があることをしっかり伝える
  3. 転職活動の主導権は自分が持つ
  4. 評判・口コミは参考までに
  5. 感謝の気持ちを忘れずに

1.転職エージェントの仕組みを理解しておく

転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入って、転職活動のサポートをしてくれる転職サービスになります。

あなたの転職相談にのってくれるキャリアアドバイザー(CA)と、求人開拓をして企業からの情報収集を行うリクルーティングアドバイザー(RA)の2人から、様々な転職サポートを受けることができます。(※CAとRAを1人で行う転職エージェントもあり)

転職エージェントの具体的な転職サポートには、次のようなものがあります。

転職エージェントの転職サポート
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 給与交渉をしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方のアドバイス等)
  • 転職前に転職先の現場情報を教えてくれる(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報等)

これらの転職サポートを全て無料で利用することがきます。

転職者が転職サポートを無料で利用できる仕組みは、次のようになっています。

転職エージェントの人材紹介業は、転職を成立させることによって企業側から紹介料を受け取る「成功報酬型」のビジネスとなっています。

そのため、転職エージェントは企業からもらう紹介料を元に運営されることになり、転職者は全ての転職サポートを無料で利用できる仕組みになっています。

この企業から支払われる紹介料は、一般的に転職者の年収の30%前後と言われており、転職の成立件数を増やし、転職者の年収が高ければ高いほど、受け取る紹介料も多くなります。

そのため、転職エージェントの中には転職者の転職希望を十分に聞かず、無理に転職をさせようとする「ブラック転職エージェント」も存在しており、利用する転職エージェント選びには注意する必要があります。

このような転職エージェントの仕組みを理解した上でリスクを避ける点からも、マイナビ税理士のような利用実績が数多くある大手転職エージェントの利用をおすすめします。

求人探しに不可欠?転職エージェントを利用するメリットとデメリット 転職エージェントを利用するメリット 転職エージェントを利用する主なメリットには、次の7つがあります。 転職エージェン...

2.転職の意思があることをしっかり伝える

先ほど紹介したように、転職エージェントは転職を成立させることで紹介料が入るため、少しでも多くの転職を成立させようと考えます。

次のような2人の転職者がいた場合、キャリアアドバイザーは、どちらの転職者に積極的な転職サポートをしていくでしょうか?

転職者A
転職者A
いい求人があった時に、転職できればいいですね
転職者B
転職者B
何としても、1ヶ月以内に転職をしたいです!

2人の転職者が同じ条件で転職を希望している場合、転職者Bのように、転職する意思がより強い人に対して、より積極的な転職サポートが行われます。

もしあなたが転職者Aのような気持ちで転職エージェントを利用する場合でも、転職者Bのように1ヶ月とは言わないまでも、転職したい意思があることをしっかりとキャリアアドバイザーに伝えるようにして下さい。

転職の意思があることを伝えることで、より多くの求人を紹介してもらえるようになり、転職成功の可能性を高めることができます。

転職エージェントから希望の求人を紹介してもらう5つのポイント 転職エージェントから的外れな求人を紹介される原因とは? 原因1:転職希望が正確に伝わっていない ...

3.転職活動の主導権は自分が持つ

あなたを転職サポートしてくれるキャリアアドバイザーの中には、強引に求人をすすめてくる担当者や、どうしても自分と合わない担当者がいる可能性もあります。

そのような時は、自分が気に入らない求人に無理に申し込む必要はなく、キャリアアドバイザーの方に無理に合わせる必要もありません。

転職するのはあなた自身です。

万が一、あなたの担当になったキャリアアドバイザーが強引に求人をすすめてきたり、どうしても自分と合わないキャリアアドバイザーが担当者になった場合は、遠慮せずに担当者を変えてもらうようにして下さい。

ほとんどの転職エージェントはメールや電話連絡で担当者を変更できるので、担当者本人に伝えて気まずい思いをすることもありません。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼もしっかりと伝えるようにしましょう。担当者を変更する時は「別の担当者の視点でも求人を探したい」と伝えることで、スムーズに担当者の変更をすることができます。
本当に変更して大丈夫?利用中の転職エージェントで担当者を変更する方法 転職エージェントの担当者とは? 転職エージェントの担当者と合わない理由 ...

また、利用している転職エージェント自体が自分に合わない時も、遠慮せずに他の転職エージェントを利用して下さい。

全国には、約18,000もの転職エージェントがあります。

自分と合わない転職エージェントを無理に利用し続ける必要はなく、転職エージェントを利用したからといって、必ず転職する必要もありません。

あくまでもあなた自身が転職活動の主体となり、自分が納得できる求人に出会った時のみ「応募」「面接」と転職活動を進めていくようにして下さい。

4.評判・口コミは参考までに

ネット上には、本当にたくさんの転職エージェントに関する評判や口コミが書かれたサイトがあります。

そのため、様々なサイトを見ていると目移りしてしまい、結局どの転職エージェントを利用すればいいのか、分からなくなってしまう人も多くいます。

こんなことを言っては身も蓋もありませんが、このサイトで紹介している転職エージェントの評判や口コミも、実際に転職エージェントを利用した人の「ほんの一部の人の意見」に過ぎません。

先ほど転職エージェントの仕組みでも紹介したように、転職エージェントは無料で利用することができるため、転職者には何のリスクもありません。

ネット上に出ている評判や口コミは参考にしつつも、最後は実際に自分で利用した上で、自分に合った転職エージェントを自分自身で判断することが大切です。

口コミを徹底比較|あなたの求人探しにおすすめの転職エージェントは? リクルートエージェント リクルートエージェントは求人数・転職成功実績ともに業界NO1の転職エージェントになります。...

5.感謝の気持ちを忘れずに

仕事と言えばそれまでですが、キャリアアドバイザーはあなたの今までのキャリアや転職希望を考えた上で、少しでもあなたに合った求人を探そうと、様々な努力をしてくれます。

「仕事なんだから転職サポートをしてくれるのは当たり前」と考え、キャリアアドバイザーに対して横柄な態度をとったり、希望の求人を紹介されない時には全てをキャリアアドバイザーのせいにしてしまう転職者も中にはいます。

しかし、キャリアアドバイザーもやはり人間です。

このような横柄な態度の転職者や全てを他人のせいにしてしまう転職者に対して、仕事上での最低限の転職サポートはするものの、十分な転職サポートを行わない可能性もあります。

キャリアアドバイザーに「この人に少しでも合った求人を紹介したい」と思われるようになれば、より丁寧な転職サポートを受けることができ、転職成功の可能性を高めることができます。

何か特別なことをしたり、へり下る必要はありませんが、挨拶やお礼の言葉を伝えるなどの最低限のマナーを守り、感謝の気持ちを持ちながらキャリアアドバイザーの方と接するようにして下さい。

6.マイナビ税理士の利用方法

最後に、マイナビ税理士の利用方法を紹介します。

マイナビ税理士を利用する時の主な流れは、次のようになります。

「マイナビ税理士HP」より

マイナビ税理士を利用するためには、まず無料会員登録をする必要がありますが、名前や生年月日などのプロフィールと簡単な職務経歴だけとなるため、3分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

登録時に入力する項目を下の表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

マイナビ税理士登録時の入力項目
プロフィール
  • 名前
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 住所
職務経歴
  • 保有資格
  • 現在の状況
  • 経験社数
  • 現在または前職の職歴
  • 勤務期間
  • 経験業務
希望条件
  • 希望勤務地

全ての項目を入力すれば登録完了となります。

登録後は担当者からメール又は電話で連絡がありますので、面談日を決めた後は「面談」「求人紹介」と転職サポートが進んでいきます。

マイナビ税理士の利用を考えている人の中には転職希望が明確になっていない人や、何となくどんな求人があるのかチェックをしたい人もいます。

そのような今すぐ転職を考えていない人も、マイナビ税理士では相談だけすることもできるので、気軽に利用することができます。

また、仕事が忙しく面談の時間を確保することが難しい人も、マイナビ税理士では平日の夜間や土曜日も面談を受け付けているので、自分のスケジュールに合わせて面談を受けることができます。

「マイナビ税理士HP」より

マイナビ税理士に登録することで、求人紹介から面接対策など、全ての転職サポートを無料で利用できるので、会計分野の転職を考えている人は登録してみて下さい。

登録後にマイナビ税理士が気に入らない時も、メール1つで簡単に退会することができます。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
マイナビ税理士を利用したからといって、必ず転職をする必要はありません。あなたが納得できる求人を紹介してもらった時のみ「応募」「面接」と進めば問題ありません。

7.まとめ

マイナビ税理士について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

マイナビ税理士は税理士や科目合格者をはじめとした、会計分野への転職を考えている人にオススメの転職エージェントなります。

マイナビ税理士をベースに転職活動を進めていき、不足している事業会社の求人などは他の転職エージェントを合わせて利用する事で、効率良く転職活動を進めていくことができます。

マイナビ税理士をうまく利用しながら、あなたに合った求人に出会えることを願っています。

公式サイト:マイナビ税理士を利用する(無料)