フォスターフリーランス

ITフリーランスのエンジニアに強いフォスターフリーランスの登録方法と登録後にできること

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
「転職活動でフォスターフリーランスの利用を考えているけど、登録ってめんどくさいの?」「フォスターフリーランスに登録すると、何ができるの?」

このような疑問を持っている人はいないでしょうか?

この記事では、フォスターフリーランスの登録方法から登録後にできることまでを紹介しています。

転職活動でフォスターフリーランスの利用を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

フォスターフリーランスの登録方法と登録後の流れ

フォスターフリーランス登録方法と登録後の流れは、次のようになっています。

「フォスターフリーランスHP」より

1.登録

「フォスターフリーランスHP」より

フォスターフリーランスを利用するためには、まず登録をする必要がありますが、登録は名前や生年月日などの簡単なプロフィールだけとなるため、1分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

登録する時の項目と手順を下の表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

「フォスターフリーランスHP」より
フォスターフリーランス登録時の入力項目
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 希望案件

全ての項目を入力すれば登録完了となります。

公式サイト:フォスターフリーランスに登録する(無料)

2.カウンセリング・案件紹介

「フォスターフリーランスHP」より

登録完了後はコーディネーターとカウンセリングを行います。

カウンセリングでは希望の仕事内容や今後のキャリアプランなど、自分の希望や不安に感じていることを相談することができます。

希望に合った案件があるときは、その場で案件を紹介してもらうこともあります。

3.企業との打ち合わせ

「フォスターフリーランスHP」より

希望の案件を紹介してもらった後は、就業先の企業担当者と仕事内容や契約内容について打ち合わせをします。

打ち合わせの時には事前に就業希望を伝えているコーディネーターも同席してくれるので、自分が確認し忘れたことがあった時もフォローしてもらうことができます。

4.契約締結

「フォスターフリーランスHP」より

打ち合わせで就業条件などで合意したときは、運営元のフォスターフリーランスと契約を結びます。

5.就業開始・就業中サポート

「フォスターフリーランスHP」より

契約締結後は実際に企業で働くことになりますが、仕事内容や職場の人間関係など、何か問題が合った時もコーディネータにいつでも相談することができます。

「フォスターフリーランスHP」より

フォスターフリーランスに登録することで、希望に合った案件紹介からキャリアプランの相談まで全てのサポートを無料で利用できるので、フリーランスとして働きたいエンジニアの人は登録してみて下さい。

登録後にフォスターフリーランスが気に入らない時も、メール1つで簡単に退会することができます。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
フォスターフリーランスを利用したからといって、必ず転職をする必要はありません。あなたが納得できる案件を紹介してもらった時のみ、応募すれば問題ありません。

公式サイト:フォスターフリーランスに登録する(無料)

フォスターフリーランスの特徴は下の記事で詳しく紹介していますので、登録する時の参考にして下さい。

ITフリーランスのエンジニアに強いフォスターフリーランスの評判は?登録すべきか徹底調査!

フォスターフリーランスの登録後にできること

フォスターフリーランスに登録後は、具体的に次のようなことができます。

満足度90%のサポート体制

フォスターフリーランスに登録後は、コーディネーターから質の高いサポートを受けることができます。

フォスターフリーランスのコーディネーターには元ITエンジニアやIT業界を長年経験してきたコーディネーターが多くいるため、エンジニアの仕事内容や現場の状況を理解した人からサポートを受けることができます。

「フォスターフリーランスHP」より

→コーディネーターの紹介ページ

就業前には案件の紹介だけでなく、キャリアプランを含めた今後の働き方も相談できるため、今後の自分の方向性を考えることができます。

「フォスターフリーランスHP」より

また、フォスターフリーランスでは就業後もフリーランスとして働く上でぶつかる様々な悩みも相談できるため、就業前から就業後まで安心して働くことができます。

「フォスターフリーランスHP」より

このようなフリーランスエンジニアの立場に立ったサポートから利用者の満足度も90%となっており、サポートを受ける機会の少ないフリーランスエンジニアも安心して仕事に集中することができます。

「フォスターフリーランスHP」より

自分に合った働き方が可能

フォスターフリーランスでは、それぞれのエンジニアが希望する働き方をすることができます。

「フリーランスのエンジニア」と言っても関わる案件によって身に付くスキルや働き方も大きく異なますが、フォスターフリーランスでは新しい技術に触れたい人やチームで開発に関わりたい人など、それぞれのエンジニアにあった働き方をすることができます。

「フォスターフリーランスHP」より

また、フリーランスとしてではなく、より安定した環境の中で働きたい人はフォスターフリーランスの契約社員として働くこともできるので、自分に合った働き方をすることができます。

「フォスターフリーランスHP」より

応募先企業の事前調査

下のデータは転職をして後悔した理由のランキングになりますが、給料や残業などの労働条件や職場の人間関係や雰囲気といった労働環境など、転職前後のギャップによって転職を後悔していることが分かります。

転職して後悔したこと
1位 給料が希望と異なる
2位 経営者や社員と合わない
3位 社風が合わない
4位 経営状態や将来性が不安
5位 残業が多い
6位 仕事内容が希望と異なる
7位 組織や環境が整っていない
8位 休日が少ない
9位 正当に評価してもらえない
10位 キャリアアップできない

「DODA 転職して良かったこと・後悔したことTOP10」を元に作成

給料額や休日日数など、転職前に確認した労働条件が転職後に違っている場合もあります。

残業は月20時間程度と聞いていたが、実際は50時間以上だった

「DODA 転職して良かったこと・後悔したことTOP10」より

また、職場の人間関係や雰囲気といった労働環境は、実際に働き始めるまで知ることが難しく、転職前後のギャップを生み出す原因となります。

フォスターフリーランスを利用することで、自分1人で転職活動をする時には知ることが難しい転職先の「人間関係」や「職場の雰囲気」といった転職先の生の情報を、フォスターフリーランスを通して知ることができます。

そのため、「自分が一緒に働くことになる上司がどのような人なのか?」「一緒に働く同僚は何人いて、年齢や男女比はどうなっているのか?」など、転職先の生の情報を転職前に知ることができるため、転職前後のギャップが小さくなることで転職の失敗や後悔を防ぐことができます。

さらに、先ほどの声にもあった「転職前後の残業時間の違い」も、フォスターフリーランスを利用することで、建前ではない、本当の残業時間を転職前に知ることができるため、よりリアルな転職先企業を知ることができます。

フォスターフリーランスで希望案件に出会えない時の対処法

フォスターフリーランスで希望の案件に出会える人は問題ありませんが、利用者の中には希望の案件を紹介してもらえない人や、思うように転職活動が進まない人もいます。

このような人は、フォスターフリーランス以外に複数の転職エージェントを利用することをおすすめします

複数の転職エージェントを利用することで、次のようなメリットがあります。

複数の転職エージェントを利用するメリット
  • 各転職エージェントのサポートを比較できる
  • 各転職エージェントの独自案件をチェックできる
  • キャリアアドバイザーとの相性が悪い場合、他の転職エージェントでリスク回避できる

「自分が転職エージェントに望む事」「各転職エージェントの特徴」を照らし合わせながら複数の転職エージェントに登録しておくことで、自分が納得のいく転職活動をしやすくなります。

フォスターフリーランスで希望の案件が見つからなかった人は、次の3つの転職エージェントの中から、自分に合った転職エージェントを利用してみて下さい。

1.希望の案件がなかったエンジニアの人

フォスターフリーランスで希望の案件が見つからなかった人は、フォスターフリーランスと同じようにフリーランスのエンジニアをサポートしているレバテックフリーランスを利用してみて下さい。

レバテックフリーランスは第二新卒や看護師、ファッション業界といった様々な業界で人材紹介業を10年以上行い、従業員1,000人以上の大企業部門でベストカンパニーも受賞したレバレジーズ株式会社の関連会社が運営する安心の転職エージェントになります。

「Great Place to Work HP」より

レバテックフリーランスは企業訪問数の多さや年間8万件を超える紹介案件数など、業界内でも最大規模の案件数があります。

「レバテックフリーランスHP」より

そのため、他の転職エージェントで扱っていない案件も数多くあることから、フォスターフリーランスで希望の案件を紹介してもらえなかった人は、まず利用すべき転職エージェントになります。

2.スキルが足りなかったエンジニアの人

フォスターフリーランスはフリーランスとして働けるエンジニアを対象にサポートしているため、ある程度のスキルがあるエンジニアがサポート対象になります。

そのため、自分のスキルが足りないことから案件を紹介してもらえなかった人は、ギークジョブを利用してみて下さい。

ギークジョブは未経験からエンジニアのスキルを学べる無料のプログラミング教室で、カリキュラム終了後には95%の人が転職を成功させています。

ギークジョブは自分のスキル不足から案件を紹介してもらえなかった人におすすすめの転職エージェントになります。

3.首都圏以外で働きたいエンジニアの人

フォスターフリーランスの案件は首都圏がメインのため、首都圏以外の地域で働くことを考えているエンジニアの人は、思っているような案件を紹介してもらえないことがあります。

「フォスターフリーランスHP」より

そのため、首都圏以外の地域で働くことを考えているエンジニアの人は、全国の案件に対応したマイナビエージェントを利用してみて下さい。

マイナビエージェントは業界最王手のマイナビ株式会社が運営する転職エージェントで、40年以上にわたり就職・転職サポートを行ってきた会社になります。

転職者を長年サポートしてきた実績から全国にネットワークがあり、他の転職エージェントでは扱っていない非公開求人も数多くあります。

「マイナビエージェントHP」より

首都圏以外で働くことからフォスターフリーランスに案件を紹介してもらえなかった人は、マイナビエージェントを利用してみて下さい。

まとめ

フォスターフリーランスの登録方法から登録後にできることまでを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

フォスターフリーランスを利用することで、様々な転職サポートを無料で受けながら効率的に転職活動を進めることができます。

フォスターフリーランスをうまく利用しながら、あなたが希望する仕事に転職できることを願っています。

公式サイト:フォスターフリーランスを利用する(無料)