転職サイト

【1分で完了!】転職活動でリクらくが合わなかった時の退会方法と注意点

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
  • 転職先が決まった
  • 求人紹介の連絡がうっとうしい
  • 担当者と合わない
  • 思うような求人が見つからない

様々な理由から、リクらくの退会を考えている人はいないでしょうか?

この記事では、リクらくの退会方法から退会する時の注意点について紹介しています。

これからリクらくの退会を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

リクらくの退会方法

リクらくの退会方法を今すぐ知りたいという人のために、まずはリクらくの退会方法を紹介します。

リクらくの退会方法には次の3つがあります。

1.担当者に連絡

リクらくから退会する一番簡単な方法は、転職サポートを受けている担当者に直接連絡する方法になります。

求人紹介や面接の日程調整など、担当者と普段やり取りをしているメールや電話番号に連絡をすることで、スムーズに退会をすることができます。

しかし、担当者との関係がうまくいかないことを理由に退会を考える人など、担当者本人に直接連絡するのが難しい人もいます。

そのような人は、次に紹介するネットや電話で退会手続きをするようにして下さい。

2.ネットで退会

リクらくには退会用の専用フォームはありませんが、問い合わせページに書かれているメールアドレスから退会手続きをすることができます。

リクらく 退会 アドレス

担当者本人に直接退会の意思を伝える必要もないので、気まずい思いをすることもありません。

メールで退会の意思を伝える時に、どのような文章を書けばいいのか迷ってしまう人も少なくありません。そのような人は、退会用のフォーマット文章を参考にしながら退会の意思を伝えるようにして下さい。

退会用フォーマット文章

〇〇〇〇(←利用した転職エージェント名)
担当×××様

いつもお世話になっております。

〇〇〇〇に登録している△△△△と申します。

誠に勝手ではございますが、転職先が無事に決まりましたので、退会したく連絡をさせて頂きました。

利用中は細やかなサポートをして頂き、本当にありがとうございました。

つきましては、退会手続きを進めて頂きたいので、よろしくお願い致します。

※赤字の部分は自分の退会理由を記入して下さい。

3.電話で退会

ネットが苦手な人やネットでの退会手続きが面倒な人は、下の問い合わせ番号に電話することで退会手続きをすることもできます。

リクらく 退会 電話番号「リクらくHP」より

担当者本人に連絡するわけではないので気まずい思いをする必要はありませんが、電話をかけられる時間帯が限られているため、ネットの退会がよりスムーズに退会手続きを終えることができます。

電話で退会手続きをする時に本当の退会理由(担当者と合わない、希望の求人を紹介してもらえない等)を伝えるべきか悩む人もいますが、嘘の退会理由を伝える必要はないので、素直に自分の退会したい思いを伝えるようにしましょう。本当の退会理由を伝えることで、万が一?リクらくを再度利用する時には、より自分に合った転職サポートを受けることができます。

リクらくを退会する時の注意点

様々な方法で気軽に退会手続きができるリクらくですが、退会を考えている人の中には様々な疑問や不安を感じている人もいます。

リクらくの退会を考えている人は、次の点に注意しながら退会手続きを進めるようにして下さい。

問い合わせ中、応募中の求人がないか確認する

リクらくを退会する時点で、自分が問い合わせている求人や応募中の求人がないか確認するようにして下さい。

応募中の企業がある中でリクらくを退会した場合、リクらくだけでなく応募先企業にも大きな迷惑をかけることになります。

リクらくで紹介された求人は、リクらくだけで紹介されている求人とは限りません。

転職活動を進めていく中でその企業に再び関わる可能性もゼロではないですし、転職する業界によっては横の繋がりが強く、あなたの行為が他の会社に伝わっていることもあります。

問い合わせ中の求人や応募中の求人があるか分からない人は、担当者に問い合わせれば簡単に教えてもらうことができます。

最低限のマナーとして、退会前に企業との関係をきれいにしてから退会するようにして下さい。

退会の連絡をしないでバックレても大丈夫?

リクらくの退会を考えている人の中には退会手続きをせずに、そのままバックれることを考える人もいます。

どうせリクらくはもう利用しないし。退会手続きをするのもなんか面倒だし、このままバックレるか。

バックれることは退会云々をいう以前の問題で、これから転職活動をしていく社会人としても絶対にやってはいけないことになります。

退会手続きをせずにそのままバックれてしまうことはリクらくに大きな迷惑をかけるだけでなく、バックれた人自身にも悪い影響を及ぼす可能性があります。

リクらくは数ある転職エージェントの中の1つですが、人材紹介業を行なっている転職エージェント同士で横のつながりもあります。

あなたが退会手続きをせずにバックれた行為が業界内のブラックリストにのり、他の転職エージェントを利用する時に十分な転職サポートを受けられないこともあります。

退会手続きをしないことで求人紹介のメールが届き続け、担当者からも求人紹介の連絡がくるなど、バックれても誰もいい思いをする人はいません。

先ほど紹介したように、ネットを利用すれば簡単に退会手続きを終えることができます。

バックレる前にサクッと退会手続きをして気持ちよく退会しましょう。

リクらくの退会に費用は発生する?

リクらくを退会する時に退会費用などが発生しないか不安に感じる人もいますが、リクらくの登録が無料で出来たように、退会にも一切費用はかからず無料で退会することができます。

リクらくを退会すると、再開(再登録)はできないの?

リクらくを退会しても、もう一度再開(再登録)することはできます。

しかし、退会して一定期間が経過した後は職務経歴などの登録データが個人情報の観点から消去されるので、再登録する時は最初から登録することになります。

退会前に考えよう。リクらくを退会したい理由は何ですか?

ここまでリクらくの退会手続きと退会する時の注意点について紹介してきましたが、この時点でリクらくを退会する決意が固まった人は、これ以降の文書を読む必要はありません。

しかし、自分の中に

リクらくは使い続けたいけど、〇〇〇〇がどうしてもイヤ、、、

このような気持ちが少しでもある人は、5分ほどで読み終えるこれからの文章を読んでから退会することをおすすめします。

〇〇〇〇の部分にはリクらくを退会したい理由が入りますが、退会理由の中には退会せずに解決できる問題もあります。

これから退会理由で考えられる4つの事例を紹介していきますが、リクらくを退会する前に自分の退会理由に該当するものがないか、一度確認してみて下さい。

リクらくの退会理由
  1. 希望の求人が見つからない
  2. 担当者が合わない
  3. 転職活動を止めた
  4. リクらくが嫌いになった

退会理由1:希望の求人が見つからない

リクらくは20代を中心とした既卒・フリーター・第二新卒を対象に転職サポートを行っている転職エージェントになります。

そのため、利用者によっては希望の求人が見つからない人もいますが、そのような人はリクらく以外の転職エージェントも利用してみて下さい。

全国には約18,000もの転職エージェントがあります。

自分の転職目的に合った転職エージェントを利用することで、希望の求人に出会える可能性を高めることができます。

【目的別】おすすめ転職エージェント
リクルートエージェント 業界NO1の転職エージェント。
求人数、転職成功実績ともにNO1で、全国にも対応していることから、どの転職者も利用して損はない転職
エージェント。
doda 業界第2位の転職エージェント。
他には掲載されていないDODA独自の求人も多数あり。
リクルートエージェントでカバーできない
求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
JACリクルートメント 年収UPの転職に加えて、細やかな転職サポートからスピード転職も可能。求人数がやや少ないため、他の転職エージェントとの併用で「スピード+より確実な転職」を実現。
ハイキャリア案件を中心に求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
マイナビエージェント 20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多い。
第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
パソナキャリア 利用者満足度が驚異の96%となる転職エージェント。
「社会の問題点を解決する」という企業理念を元に、障害者雇用や社会貢献活動にも積極的なパソナグループの一員として、丁寧な転職サポートに定評あり。
とにかく丁寧な転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
ワークポート WEB・IT関連の転職に強みを持ち「GOOD AGENT RANKING ~2016年度下半期」の転職決定人数ランキングで1位を獲得した実力ある転職エージェント。
WEB・IT関連の仕事へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
MS-Japan 経理・財務・人事・法務などの管理部門に特化した転職エージェント。
1990年の創業以来、2万人以上の転職サポート実績があり、管理部門へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
クライス&カンパニー マネージャークラスのハイキャリア求人を中心に転職サポートを行い、アメリカの国家資格である「GCDF」を取得しているキャリアコンサルタントも多数在籍。
質の高い転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
就職Shop リクルートエージェントと同じリクルートが運営する転職エージェント。
社会人未経験者やフリーターなど、職務経歴に自信のない人への転職サポートに特化し、紹介される求人は全て書類選考が免除!応募後はいきなり面接へ進むことができる。
社会人未経験者やフリーターの人におすすめの転職エージェント。

退会理由2:担当者が合わない

リクらくの退会を考えている人の中には、担当者のキャリアアドバイザーと合わないことを理由に退会を考える人もいます。

そのような人は、担当者を変更することで問題を解決することができます。

転職エージェントを利用する時には担当者との相性はとても大切で、転職活動の成否にも大きく影響します。

どうしても担当者と合わない時は、遠慮せずに変更してもらうようにしましょう。

担当者本人に直接伝えることが気まずい人もいますが、そのような人は先ほど紹介したメールアドレスから担当者変更の依頼をすることができます。

リクらく 退会 アドレス
転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼もしっかりと伝えるようにしましょう。担当者を変更する時は「別の担当者の視点でも求人を探したい」と伝えることで、スムーズに担当者の変更をすることができます。
本当に変更して大丈夫?利用中の転職エージェントで担当者を変更する方法 転職エージェントの担当者とは? 転職エージェントの担当者と合わない理由 ...

退会理由3:転職活動を止めた

  • 転職先が決まった
  • 仕事が忙しすぎて転職活動ができなくなった
  • 今の職場でもう一度働くことにした

様々な理由から転職活動を止める人もいます。

転職先が決まった人は、これ以上リクらくを利用する必要もありません。

退会してスッキリしましょう。

一方、何らかの理由で転職活動を途中で止める人もいます。

「転職しない」という選択肢も1つの転職活動ですし、転職活動をしたからといって必ず転職をする必要もありません。

しかし、途中で転職活動を止めた人は、今の職場に感じている不満や問題が解決されない限り、転職したい気持ちが再び大きくなります。

先ほど紹介したように退会することで登録したデータが全て消去されてしまうので、万が一?の状況に備えて退会せずに登録したままにしておくことをおすすめします。

退会理由4:リクらくが嫌いになった

リクらくが嫌いになった。

そんなあなたは、、、退会しましょう。

転職エージェントはリクらく以外にもたくさんあるので、あなたの転職目的に合った転職エージェントを利用してみて下さい。

先ほど紹介した「【目的別】おすすめ転職エージェント」は、転職者全てにおすすめできる総合型転職エージェントになります。

しかし、転職エージェントには特定のジャンルに特化した特化型転職エージェントもあり、転職者によっては特化型転職エージェントの利用が向いているケースもあります。

先ほども紹介したように、リクらくは20代を中心とした既卒・フリーター・第二新卒を対象に転職サポートを行う転職エージェントになります。

そのため、リクらくと同じように20代の既卒・フリーター・第二新卒を対象に転職サポートを行っている「特化型転職エージェント」を利用することで、転職成功の可能性をより高めることができます。

20代のフリーター・既卒・第二新卒におすすめの転職エージェントは、次の3つになります。

1.就職Shop

就職Shop LP

転職を考えている20代の人の中には、前職を短期間で辞めてしまった人や学歴が高卒の人など、自分の職歴や学歴を理由に転職活動が思うように進まない人もいます。

このような職歴や学歴に自信のない20代の転職サポートに特化した転職エージェントに、業界最王手のリクルートが運営する就職Shopがあります。

就職Shopは転職活動で最初の関門となる書類選考が免除され、応募後はいきなり面接に進むことができます。

「就職Shop HP」より

書類選考が免除される理由として、就職Shopで紹介している求人先の企業が、転職者の人柄や仕事への意欲を大切にしている企業となっていることがあります。

「就職Shop HP」より

そのため、応募者の今までの職歴や学歴を元にした書類選考は行わず、新しい仕事へ挑戦する熱意や想いを応募者から直接聞くようになっています。

もちろん、面接をしたからといって必ず採用されるわけではありませんが、今まで書類選考の段階で落とされてしまい、面接で自分の気持ちを伝えるチャンスがなかった20代の人も、就職Shopを利用することで自分の気持ちを面接で確実に伝えることができます。

就職Shopは転職活動で最初の関門となる書類選考が免除されるため、書類選考で落とされる可能性の高い職歴や学歴に自信のない20代におすすめの転職エージェントになります。

2.DYM就職(ミーツエージェント)

DYM就職はリクらくと同じく、フリーターや第二新卒、既卒の人を対象に転職サポートを行なう転職エージェントで、実際に結果の出せる転職エージェントになります。

DYM就職に登録して担当者と面談を行った人の就職率が96%となっており、DYM就職を利用したほぼ全ての人が実際に就職を決めています。

毎月約200人が実際に就職を決めており、就職決定者の総数は5,000人を超えています。

  • 「高い確率で就職・転職ができます」
  • 「多くの方が就職・転職に成功しています」

転職エージェントの中には曖昧な表現で就職実績を表している会社もありますが、DYM就職は「就職率96%」「就業成功者5,000人」という客観的な数値から、イメージではなく、実際に結果の出せる転職エージェントになります。

DYM就職は、今まで転職活動がうまくいかなかった人や確実に転職先を決めたい人におすすめの転職エージェントになります。

3.ウズキャリ第二新卒

ウズキャリ第二新卒は、フリーターや前職を短期間で辞めた第二新卒者などを専門に転職サポートを行う転職エージェントになります。

ウズキャリ第二新卒は丁寧な転職サポートが大きな特徴で、業界で唯一、転職サポートをしてくれるキャリアカウンセラーの全員が元既卒・第二新卒となります。

「ウズキャリ第二新卒HP」より

そのため、自分と同じ経験をしたキャリアカウンセラーから転職サポートを受けることができるため、就活者・転職者に寄り添った共感力の高いサポートを受けることができます。

また、サポートにかける時間も平均20時間となり、キャリアカウンセラーから事務的なサポートを受けて嫌な思いをすることもありません。

「ウズキャリ第二新卒HP」より

サポート形式も「個別サポート」「集団サポート」の2つから選ぶことができるため、じっくりとマンツーマンで転職サポートを受けたい人や、自分と同じ状況の転職者と一緒に刺激を受けながら転職活動を進めていきたい人など、それぞれの就活・転職者に合ったサポートを受けることができます。

「ウズキャリ第二新卒HP」より

ウズキャリ第二新卒は、自分と同じ経験をしたキャリアカウンセラーから細やかな転職サポートを受けながら転職活動を進めたい人におすすめの転職エージェントになります。

まとめ

リクらくの退会方法から退会する時の注意点について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

全国には様々な転職エージェントがあり、利用する転職エージェントによって受けられる転職サポートも大きく異なります。

自分の転職目的に合った転職エージェントをうまく利用しながら、あなたが希望する仕事に転職できることを願っています。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
この記事を読んで、リクらくの退会を思い止まった人や余計に退会しようか悩んでいる人もいると思います。そのような人は、メリットやデメリット、口コミなどを含めて、リクらくの特徴を詳しく紹介した下の記事も参考にしてみて下さい。