転職サイト

本当に変更して大丈夫?利用中の転職エージェントで担当者を変更する方法

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
「転職エージェントに登録したけど、担当者が合わない。こういう時って、担当者を変更してもいいのかな?」

このような疑問を持っている人はいないでしょうか?

この記事では、利用している転職エージェントの担当者が合わない時の変更方法について紹介しています。

転職エージェントの担当者が合わず、思うような転職サポートが受けられずに悩んでいる人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

転職エージェントの担当者とは?

かれん
かれん
そもそも、転職エージェントの担当者はどういう人なんですか?
転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
はい。
多くの転職エージェントでは、転職相談にのってくれるキャリアアドバイザー(CA)と求人開拓をして企業からの情報収集を行うリクルーティングアドバイザー(RA)の2人体制で転職者をサポートしています。
求人紹介や転職相談などを行うキャリアアドバイザーが、転職者にとっての担当者になります。
かれん
かれん
担当者が合わないという相手は、キャリアアドバイザーの方になるんですね。

転職エージェントの担当者と合わない理由

かれん
かれん
転職エージェントの担当者がどういう人なのかは分かりましたが、担当者の方と合わない理由にはどんなものがあるんですか?
転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
そうですね。
細かい理由には様々なものがありますが、転職エージェントの担当者と合わない主な理由は次の3つになります。
転職エージェントの担当者と合わない理由
  1. 求人を強引に勧めてくる
  2. 希望の求人を紹介してもらえない
  3. 何となく合わない

1.求人を強引に勧めてくる

求人を強引に勧めてくることで、担当者が合わないと感じることがあります。

転職エージェントを利用することで、転職希望に合った求人をキャリアアドバイザーから紹介してもらうことができます。

紹介してもらえる求人が自分の希望する求人の時は何も問題はありません。

しかし、紹介された求人が自分の希望と異なる場合もあり、その時は紹介された求人を断ることになりますが、担当者によっては求人を強引に勧めてくることもあります。

担当者が求人を強引に勧めてくるのには、企業の紹介料によって運営されている「転職エージェントのシステム」に理由があります。

転職エージェントの人材紹介業は、転職を成立させることで企業側から紹介料を受け取る「成功報酬型」のビジネスになります。

転職エージェント 仕組み

この企業から支払われる紹介料は一般的に転職者の年収の30%前後と言われており、転職の成立件数を増やし、転職者の年収が高ければ高いほど受け取る紹介料も多くなります。

そのため、少しでも売上げを伸ばそうと、多少強引に求人を勧めてくる担当者も出てくることになります。

転職者の立場を考えずに求人を強引に勧めてくる担当者と出会った時に、担当者が合わないと感じることがあります。

転職エージェントの利用は無料だけど大丈夫?無料登録の仕組みを調べてみました! 転職エージェントは本当に無料で利用できるの? 転職エージェントが本当に無料で利用できるのか今すぐ知りたいという人のために、まずは先...

2.希望の求人を紹介してもらえない

転職エーエントは担当者との面談を通して転職希望を伝え、希望に合った求人を紹介してもらうことができます。

しかし、担当者が転職者の転職希望をうまく汲み取れない時には、希望の求人を紹介してもらえないこともあります。

転職エージェントを利用する目的を突き詰めると「希望の仕事に転職する事」となりますが、希望の求人を紹介してもらえない限り目的を達成することもできません。

担当者から希望する求人を紹介してもらえないことで、担当者が合わないと感じることがあります。

転職エージェントから希望の求人を紹介してもらう5つのポイント 転職エージェントから的外れな求人を紹介される原因とは? 原因1:転職希望が正確に伝わっていない ...

3.何となく合わない

何が合わないって聞かれると困るんだけど、なんか今の担当者とは合わない、、、

このようなフィーリングから転職エージェントの担当者と合わない場合、担当者を変更しない限り思うような転職サポートを受けることは難しくなります。

特に理由はないものの、担当者の雰囲気や話し方といったフィーリングが原因で、担当者と合わないと感じることがあります。

転職エージェントの担当者を変更する前に考えるべきこと

かれん
かれん
転職エージェントの担当者と合わない理由には転職サポートの内容から担当者の雰囲気まで様々な理由がありましたが、担当者を変えれば転職活動がうまくいくと思うんですけど…
転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
そうですね。
担当者を変更することで問題を解決できることもありますが、担当者以外の点に問題がある可能性もあります。
そのため、担当者を変更する前に次のことを確認するようにして下さい。

自分のキャリアと希望求人は合ってるか?

自分のキャリアと希望する求人が合っていないことで、転職活動がうまくいかないことがあります。

先ほども紹介したように、転職エージェントは転職を成立させることで紹介料(売上)が上がる成功報酬型のビジネスとなるため、1件でも多くの転職を成立させる必要があります。

そのため、企業から求められている人材と転職者のキャリアに大きなギャップがある場合、事前の社内審査によって振るいをかけることがあります。

企業から求められている人材とかけ離れた人材を紹介することで、企業との信頼関係にも大きな影響を及ぼします。

転職エージェントを利用しても思うように転職活動が進まない人は、担当者を変更する前に自分のキャリアと転職希望の間にギャップがないか、もう一度よく考えてみて下さい。

転職エージェントで行われる「書類選考」という名の社内審査とは? 転職エージェントの書類選考までの流れ 転職エージェント内の社内審査とは? ...

担当者に全てを求めない

転職者が1人1人違うように、転職サポートをしてくれる担当者も1人1人違います。

  • 外資系の転職に強い担当者
  • 営業系の転職に強い担当者
  • メーカーに強い担当者
  • 聞き上手な担当者
  • 連絡をこまめにとってくれる担当者
  • 転職経験があり、転職者の気持ちがよく分かる担当者

転職者が完璧でないように、全ての転職希望を満たしてくれる担当者がいないのも自然なことです。

転職エージェントの担当者に全てを求めるのではなく、自分が転職エージェントの担当者に求める事と自分で出来ることを明確にすることで、自分が納得のいく転職サポートを受けやすくなります。

転職エージェントの担当者を変更する方法

かれん
かれん
担当者を変更する前に考えるべきことを見ましたが、フィーリングのように、どうしても担当者との関係を改善できないこともありますよね。
転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
そうですね。
今まで見てきたように、担当者を変更する前に考えるべきことを考え、それでも担当者が合わない時は、遠慮せずに担当者を変更するようにして下さい。

多くの転職エージェントでは、担当者の変更をメールで行うことができます。

主な転職エージェントの担当者変更方法をまとめましたので、担当者を変更する時の参考にして下さい。

転職エージェント 担当者変更方法
いい就職.com 問い合わせページ
クライス&カンパニー 問い合わせページ
ハタラクティブ 「hc-voice@leverages.jp」に担当者変更のメールをする
リクルートエージェント
問い合わせページ
ワークポート 問い合わせページ
doda
担当キャリアアドバイザー変更のお申し込み
JACリクルートメント
問い合わせページ
MS-Japan 問い合わせページ
type転職エージェント
問い合わせページ

担当者の変更に加えて、利用している転職エージェント自体が合っていないケースもあります。

  • 紹介求人が豊富な転職エージェント
  • 年収アップに強い転職エージェント
  • 転職サポートが丁寧な転職エージェント

自分の転職目的に合った転職エージェントを利用することが大切ですが、全国には大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで約18,000もの転職エージェントがあり、どの転職エージェントを利用すればいいのか迷ってしまう人も少なくありません。

そのような人は、少しでも自分が希望する求人に出会える可能性を高めるためにも、複数の転職エージェントを利用することをおすすめします。

複数の転職エージェントを利用することで、次のようなメリットがあります。

複数の転職エージェントを利用するメリット
  • 各転職エージェントの転職サポートを比較できる
  • 各転職エージェントの独自求人をチェックできる
  • キャリアアドバイザーとの相性が悪い場合、他の転職エージェントでリスク回避できる

「自分が転職エージェントに望む事」と「各転職エージェントの特徴」を照らし合わせながら2〜3社の転職エージェントに登録しておくことで、希望の求人に出会える可能性を高めることができます。

〜各転職エージェントの特徴〜
リクルートエージェント 業界NO1の転職エージェント。
求人数、転職成功実績ともにNO1で、全国にも対応していることから、どの転職者も利用して損はない転職
エージェント。
doda 業界第2位の転職エージェント。
他には掲載されていないDODA独自の求人も多数あり。
リクルートエージェントでカバーできない
求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
JACリクルートメント 年収UPの転職に加えて、細やかな転職サポートからスピード転職も可能。求人数がやや少ないため、他の転職エージェントとの併用で「スピード+より確実な転職」を実現。
ハイキャリア案件を中心に求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
マイナビエージェント 20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多い。
第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
パソナキャリア 利用者満足度が驚異の96%となる転職エージェント。
「社会の問題点を解決する」という企業理念を元に、障害者雇用や社会貢献活動にも積極的なパソナグループの一員として、丁寧な転職サポートに定評あり。
とにかく丁寧な転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
ワークポート WEB・IT関連の転職に強みを持ち「GOOD AGENT RANKING ~2016年度下半期」の転職決定人数ランキングで1位を獲得した実力ある転職エージェント。
WEB・IT関連の仕事へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
MS-Japan 経理・財務・人事・法務などの管理部門に特化した転職エージェント。
1990年の創業以来、2万人以上の転職サポート実績があり、管理部門へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
クライス&カンパニー マネージャークラスのハイキャリア求人を中心に転職サポートを行い、アメリカの国家資格である「GCDF」を取得しているキャリアコンサルタントも多数在籍。
質の高い転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
就職Shop リクルートエージェントと同じリクルートが運営する転職エージェント。
社会人未経験者やフリーターなど、職務経歴に自信のない人への転職サポートに特化し、紹介される求人は全て書類選考が免除!応募後はいきなり面接へ進むことができる。
社会人未経験者やフリーターの人におすすめの転職エージェント。

まとめ

転職エージェントの担当者が合わない時の変更方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

転職エージェントを利用する時には、担当者との相性が転職結果に大きく影響してきます。

担当者はもちろん、自分の転職目的に合った転職エージェントをうまく利用しながら、あなたが希望する仕事に出会えることを願っています。