転職活動マニュアル

転職エージェントで行われる「書類選考」という名の社内審査とは?

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

「転職エージェントを利用して応募したけど担当者から書類選考で落とされたと連絡があった。書類選考だからしょうがないよね…」

応募先企業に落とされたと思っていた書類選考が、実は転職エージェントの社内審査で落とされていた可能性もあります。

この記事では転職エージェントを利用した時の書類選考の裏側とその対策について紹介しています。

転職エージェントで思うように内定が決まらない人やこれから転職エージェントの利用を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

転職エージェントの書類選考までの流れ

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

転職エージェントを利用した場合、書類選考までの主な流れは次のようになります。

書類選考 仕組み
カレン
カレン

このイラストを見ると、転職者は転職エージェントに求人応募の依頼をしてから書類選考の結果を聞くまで、企業と直接関わることがないんですね。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

はい。
転職者は求人応募後の転職エージェントと企業のやりとりを知ることができず、キャリアアドバイザーから聞いた書類選考結果をそのまま受け入れるしかありません。

転職エージェント内で行われる書類選考という名の「社内審査」とは?

カレン
カレン

転職エージェントと企業のやり取りが分からないと何だか不安ですか、本当に大丈夫なんですか?

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

転職エージェントは企業が応募者に対してどのような評価をし、なぜ面接に進んだか(落とされたのか)といったフィードバックもしてくれるので安心して利用して下さい。

カレン
カレン

それなら安心ですね。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

ただし、ある状況下では応募者を企業に紹介するか事前に社内審査が行われることも頭に入れておいて下さい。

カレン
カレン

社内審査ですか?

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

転職エージェントの立場になって少し考えてみて下さい。
次のような人材を求めている企業Aと、企業Aに応募したい応募者Bさんがいたとします。

企業Aが求める人材
  • 年齢:30歳まで
  • 職歴:法人営業経験3年以上
  • 転職者に求めること:即戦力
応募者Bさんの経歴
  • 年齢:35歳
  • 職歴:営業経験なし
  • 応募理由:営業で一から頑張りたい
カレン
カレン

企業Aが求めている人材と応募者Bさんの経歴がズレているような…

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

そうですね。
これは少し極端な例ですが、このような企業Aからの人材紹介依頼に対して、転職エージェントは応募者Bさんを企業Aに紹介することができるでしょか?

カレン
カレン

ちょっと難しいかも…

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

転職エージェントは転職成立時に企業側から紹介料をもらう成功報酬型のビジネスを行なっています。

転職エージェント 仕組み

紹介料を元に転職エージェントは運営されるため転職者は無料で転職サポートを受けられますが、転職エージェントはボランティアで転職サポートを提供しているのではなく、あくまで転職を成立させるためのビジネスを行なっています。

企業が求めている人材に少しでもマッチした人材を紹介しようと努力する中、企業との信頼関係の観点からもミスマッチの人材を紹介することは避けなければならず、社内審査で事前に応募するかどうかのふるいにかけることもあります。

全ての応募希望者を企業に紹介していては企業の採用業務の負担が増すだけでなく、そもそも企業が転職エージェントを利用した意味もなくなります。

このような事情から、実際に企業の書類選考へ出される前に採用の可能性が明らかに低い人などは社内審査という名の書類選考で落とされることになります。

転職者はその裏側を知ることができないため、キャリアアドバイザーから次のような言葉を言われた時には企業の書類選考で落とされたと考えてしまいます。

キャリアアドバイザーA
キャリアアドバイザーA

残念ですが、タイミングの問題で応募した時には既に採用が決まっていました。

キャリアアドバイザーB
キャリアアドバイザーB

少しキャリアが足りなかったようで、書類選考では残念な結果になりました。

転職活動で転職エージェントは利用すべき?

カレン
カレン

社内審査があるなんて、転職者の立場からすると何だか騙された気もします。
転職活動で転職エージェントは利用しない方がいいんですか?

チーフコンシェルジュ
チーフコンシェルジュ

そうですね。
確かにカレンさんのような気持ちになる人もいますが、1つだけ勘違いしないで欲しいのは「転職エージェントが転職者の敵で企業の味方」ということではありません。

先ほども少し紹介したように、転職エージェントは転職を成立させることで企業から紹介料をもらえる成功報酬型のビジネスを行っています。

転職エージェントは転職を成立させなければ企業から紹介料をもらうことができず、ビジネスとして成立しません。

転職者が何としても転職先を決めたいと思っているのと同じように、転職エージェントも転職者と企業を結びつけて転職を成立させたいと思っていることは間違いありません。

転職エージェントもビジネスを行なっていることから、転職者と企業の双方に価値を提供しなければならず、このような社内審査を行う必要も出てきます。

転職者が無料で転職サポートを受けられるのも「転職エージェントが企業の紹介料によって運営を続けられる」という事実があるからです。

転職サポートを無料で受けられるメリットと自分が納得できる転職方法の折り合いを考えながら、転職エージェントを利用するかどうかの判断をして下さい。

求人探しに不可欠?転職エージェントを利用するメリットとデメリット 転職エージェントを利用するメリット 転職エージェントを利用する主なメリットには、次の7つがあります。 転職エージェン...

転職エージェントを利用して書類選考を通過するポイント

カレン
カレン

転職エージェントが書類選考を行う理由や転職エージェントを利用する時の心構えは分かりましたが、実際に書類選考で落とされている人の中にはこの記事を読んで疑心暗鬼になる人もいると思います。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

そうですね。
この記事を読んで転職エージェントに対して疑心暗鬼になった人や転職エージェントで思うように書類選考を通過できない人は、次の3つのことを試してみて下さい。

1.自分の市場価値を把握する

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

転職エージェントを利用して書類選考を通過できない人は自分の市場価値を把握するようにして下さい。

転職活動で自分が希望する仕事に転職するためには、転職市場で自分がどれくらい必要とされているのか「自分の市場価値」を知ることが大切です。

「スキル」「人間性」「希少性」など、企業にアピールできる自分の市場価値を把握することで企業とのマッチングもスムーズにいき、書類審査を通過する可能性も高めることができます。

転職活動マニュアル 市場価値
転職活動で「自分の市場価値」を知る意味と5分で自分の市場価値を知る方法転職活動における市場価値の意味から、市場価値を簡単に知る方法について紹介しています。 自分の市場価値を知った上で有利に転職活動を進めていきたい人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。...

2.推薦状を見せてもらう

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

転職エージェントを利用して思うように書類選考を通過できない人はキャリアアドバイザーに推薦状を見せてもらうのも有効です。

転職エージェントは転職者の履歴書や職務経歴と一緒に転職者のことをアピールする推薦状も企業へ提出します。

推薦状には転職者の仕事の体験談や強みや人柄をアピールする文章で、履歴書や職務経歴書では伝わりにく転職者の人柄や強みをアピールすことになり、信頼できる転職エージェントの担当者から提出される推薦状は採用結果にも大きな影響を及ぼすことになります。

しかし、決まったフォーマットに当てはめるだけの推薦状を提出するような転職エージェントの担当者もいるため、どのような内容の推薦状を企業へ提出しているのか見せてもらうことで書類選考を通過する可能性を高めることができます。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

担当者に推薦状を見せてもらう時は変に気を遣う必要はなく「自分のアピールポイントを整理する時の参考にしたいので推薦状を見せてもらえますか?」と言えば問題ありません。

3.複数の転職エージェントを利用する

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

複数の転職エージェントを利用することも書類選考を通過する可能性を高めるのに有効です

転職エージェントAの担当者には評価されなかった自分の職歴やスキルも、転職エージェントBの担当者からは高い評価を受けることで企業に強いアピールをしてもらうことで、今まで通過できなかった書類選考を通過できることもあります。

全国には大小合わせて約18,000もの転職エージェントがあるため受けられる転職サポートの質や紹介される求人も大きく異なります。

「自分が転職エージェントに望む事」「各転職エージェントの特徴」を照らし合わせながら2社〜3社の転職エージェントを併用することで、自分が納得のいく転職活動をすることができます。

【目的別】おすすめ転職エージェント
リクルートエージェント 40万人を超える転職成功実績や20万件を超える求人数はともに業界NO1。
全職種・全国の求人にも対応しており、全ての転職者が利用して損のない転職エージェント。
doda 業界第2位の転職エージェント。
他には掲載されていないdoda独自の求人が多数あり。
リクルートエージェントでカバーできない
求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
JACリクルートメント ミドル・ハイクラス求人に強みを持つ業界第3位の転職エージェントで年収800万円以上の専門職・エグゼクティブ系求人が多数あり。
ハイキャリア求人を中心にチェックしたい人や転職で年収UPを狙う人は必ず利用したい転職エージェント。
パソナキャリア 利用者満足度が驚異の96%となる転職エージェント。
「社会の問題点を解決する」という企業理念を元に、障害者雇用や社会貢献活動にも積極的なパソナグループの一員として、丁寧な転職サポートに定評あり。
とにかく丁寧な転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
マイナビエージェント 業界王手のマイナビが運営する転職エージェントで20代〜30代の転職サポートに強い。
全国で転職フェアなども積極的に開催しており、初めて転職活動をする20代〜30代前半までの若い転職者におすすめの転職エージェント。
ワークポート WEB・IT関連の転職に強みを持ち「GOOD AGENT RANKING 」の転職決定人数ランキングでは2015年度下半期から6回連続1位を獲得した実力ある転職エージェント。
WEB・IT関連の仕事へ転職を考えている人は必ず利用すべき転職エージェント。
MS-Japan 経理・財務・人事・法務などの管理部門に特化した転職エージェント。
1990年の創業以来2万人を超える転職サポート実績があり、管理部門へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
就職Shop リクルートエージェントと同じリクルートが運営する転職エージェント。
社会人未経験者やフリーターなど職務経歴に自信のない人の転職サポートに特化し、紹介される求人は全て書類選考が免除!応募後はいきなり面接へ進むことができる。
社会人未経験者やフリーターの人におすすめの転職エージェント。

まとめ

転職エージェントを利用した時の書類選考の裏側とその対策について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

転職エージェントは企業が求めている人材と転職者の両方のバランスを考えながら人材のマッチングを行なっているため、利用している転職エージェントによっては思うような書類選考が行われないこともありますが、複数の転職エージェントを利用することで自分に合った転職エージェントに出会う可能性を高めることができます。

複数の転職エージェントを利用しながら、あなたのことを正しく評価してくれる転職エージェントに出会えることを願っています。