転職成功マニュアル

転職活動で「自分の市場価値」を知る意味と5分で自分の市場価値を知る方法

チーフコンシェルジュ
チーフコンシェルジュ
自分が希望する仕事へ転職するためには自分の主観だけではなく、客観的な「自分の市場価値」を知ることが転職成功のポイントになります。

この記事では、転職活動における市場価値の意味から、市場価値を簡単に知る方法について紹介しています。

自分の市場価値を知った上で有利に転職活動を進めていきたい人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

転職成功に不可欠な「自分の市場価値」とは?

転職活動では、それぞれの転職者が様々な希望条件を元に求人を探していきます。

  • 年収〇〇〇万円以上の求人
  • 年間休日〇〇〇日以上の求人
  • 家から〇〇分以内で通える求人
  • 海外出張のある求人
  • 営業の求人
  • 経理の求人
  • プログラマーの求人、、、、

しかし、あなたが希望の求人へ転職できるかどうかはあなたが決めるのではなく、あなたを採用する企業が決めることになります。

企業があなたを採用する時の基準は、今までのあなたの経歴や即戦力としてのポテンシャル、将来への期待値といった様々な条件がありますが、どの採用基準も突き詰めていくと「あなたが給料に見合った働きをしてくれるか=あなたの市場価値」の1点に集約することができます。

企業が人材を採用する時には、様々なコストをかけながら人材を募集することになります。

  • 求人広告費
    →掲載媒体などによっては何百万円単位のコスト
  • 求人の紹介手数料(転職エージェント利用時)
    →転職者の年収の30%〜40%

また、人材採用後も教育期間として仕事を覚える期間が必要となり、その間も通常通り給料を払い続けることになるため、新しい人材が会社に貢献するまでには一定期間が必要になります。

さらに、企業側には「入社1ヶ月後に退職」といった短期間で退職されるリスクもあり、その時には求人広告費や転職エージェントへの紹介手数料など、全ての採用コストが無駄となります。

このような様々なリスクを抱えながら企業は採用活動を行うため、採用決定は自然と慎重に行われることになります。

このような多額のコストやリスクを払ってでも、企業があなたの中に採用したい人材と思わせる「市場価値」を見出した時にあなたは採用されることになり、あなたにそのコストを払うだけの市場価値を見出せない時には、採用を見送られることになります。

 

このような話をすると、転職活動をしながら不採用が続いている人の中には、次のように感じてしまう人もいます。

私って採用する価値のない人間なのかな、、、

ここで注意して欲しいことは、市場価値がないということは「あなたの人間性を否定されている訳ではなく、ある企業にとって、あなたの中に採用する価値を見出せない」という事になります。

例えば、経理の人材を求めているA社にとって、営業職へ転職を希望している営業経験10年の人材は「それほど市場価値のない人材」となります。

一方、経理職へ転職を希望している経理経験10年の人材は、A社にとって「大きな市場価値のある人材」となります。

ここで大切なことは、「あなたの市場価値は、人材を募集しているそれぞれの企業によって決められる」ということです。

そのため、自分の市場価値を知る事は、そのまま自分を求めている企業を知る事となり、自分を求めている企業に1社でも多く出会う事で、自然と転職成功の可能性を高めることができます。

転職活動で自分の市場価値を高める方法

転職成功のために必要な市場価値ですが、自分の市場価値を高めるには次の3つを意識して高める必要があります。

1.スキル(専門性)

それぞれの仕事には独自のスキルや専門的な知識が必要になります。

  • プログラマー、エンジニア:プログラミング
  • 経理、税理士:決算処理、税務知識
  • 工場:特殊機械のオペレーター技術
  • MR:医療機器、薬剤の知識

それぞれの専門的な知識や技術を磨いていくことで自分の市場価値が高まることになり、転職する時にも多くの企業から必要とされる存在になります。

また、スキル(専門性)は年齢に比例して求められることになるため、専門的なスキルが身についていない30代、40代は転職が難しくなるのに対して、専門的なスキルが身についている人は年齢に関係なく即戦力として転職もしやすくなります。

スキルを磨く中で仕事の実績も作っていくことで、客観的なデータをもとにより市場価値の高い人材として転職することができます。

2.人間性

職場で周囲の人と円滑に仕事を進めるコミュニケーション能力や部下の仕事を管理するマネジメント能力など、職種や業界に関係なく求められるにスキルに「人間性」があります。

未経験の仕事や異業種の仕事に転職する時には特に重要視されるため、普段の仕事から人間性を磨いておく必要があります。

また、人間性は年齢に関係なく求められるスキルとなるため、スキル(専門性)を求められることの少ない20代も意識して磨いておく必要があります。

3.希少性

先に紹介したスキルと人間性が掛け合わされる中で生まれる「希少性」も市場価値を高める大切なポイントになります。

  • 営業と経理ができる
  • 3ヶ国語を話せる
  • 〇〇業界に太い人脈を持っている
  • 公認会計士、弁護士、医師

あなたにしかできないものや人数の少ないものといった希少性から、自分の市場価値を高めることができます。

希少性を考えた時に特別なスキルを必要に感じてしまう人もいますが、「A(英会話)×B(営業歴3年)×C(部下マネジメント1年)」といった流れで自分ができることを1つずつ増やしていくことで、自然と市場の中で希少性を持った存在になることができます。

転職活動で自分の市場価値を5分で知る方法

自分の市場価値の高める方法を見てきましたが、市場価値を高める前提として自分の市場価値を客観的に知っておく必要があります。

先ほども紹介したように、市場価値は自分が決めるものではなく企業が決めるものになるため、いざ自分の市場価値を知ろうとした時にどうすればいいのか迷ってしまう人も少なくありません。

「自分のアピールポイント=自分の市場価値」と考える人もいますが、必ずしもそうとは限りません。

例えば、自分が20年間経理の仕事をやってきたことから、同じ分野に転職することで自分の市場価値を最大にできると考え、同じ経理の分野で転職を考えているAさんがいたとします。

確かにAさんは経理の分野で大きな市場価値のある人材ですが、部下の10人を管理していたマネージメント力に大きな市場価値を見出され、Aさんを営業部長として採用したい企業が存在している可能性もあります。

このように自分が考えているアピールポイントが必ずしも自分の市場価値になるとは限らず、自分の主観だけで市場価値を知ることは難しくなります。

そのため、自分の市場価値を客観的に知りたい人は、無料で自己分析ができるミイダスを利用してみて下さい。

「ミイダスが分かる15秒動画」

ミイダスは200万人の年収データ転職実績を元に、自分と同じ職種で働いている人の平均年収や転職状況を無料で知ることができる転職サービスで、自分の市場価値を客観的な数値で知ることができます。

また、ミイダスでは「ミイダス適正チェック」を利用することで、自分の性格やストレスを感じやすい環境、マネジメント力といった様々な分析ができるため、自分の主観だけでなく、自分の適正に合った仕事を客観的に知ることもできます。

「ミイダスHP」より

さらに、ミイダスでは登録時に入力した自分の職務経歴を元に様々なオファーが届くようになりますが、ミイダスから届く全てのオファーは100%面接が確定されたオファーとなります。

そのため、無条件で書類選考を通過できるため、自分がやりたい仕事に挑戦する熱意や気持ちを面接で必ず伝えることができます。

登録も質問に答えていくだけの選択方式となるため、5分ほどあれば多くの方が自分の市場価値をすぐに知ることができます。

≫ミイダス無料登録

また、ミイダスには無料のアプリもあるので、通勤途中や会社の昼休みといった隙間時間を利用して気軽に転職活動を進めることもできます。

≫ミイダス公式無料アプリ

まとめ

転職活動における市場価値の重要性と市場価値を知る方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

多くの転職者が自分の視点だけで進めがちな転職活動ですが、自分の市場価値を理解した上で転職活動を進めることで「自分のことを本当に求めている企業」に出会うことができます。

あなたが自分の市場価値を認識した上で、あなたの市場価値を最大限に評価してくれる企業に出会えることを願っています。

ミイダスで自分の市場価値をチェックする(無料)