転職サイト

求人探しに不可欠?転職エージェントを利用するメリットとデメリット

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
「転職活動には転職エージェントを利用した方がいいって聞くけど、転職エージェントを利用するメリットとデメリットって何なの?」

このような疑問を持っている人はいないでしょうか?

この記事では、転職エージェントを利用するメリットとデメリットについて紹介しています。

転職エージェントのメリットとデメリットが分からず、転職エージェントの利用を迷っている人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用する主なメリットには、次の7つがあります。

転職エージェントを利用するメリット
  1. 求人探しを自動的に進められる
  2. 非公開求人をチェックできる
  3. 給与などの条件交渉をしてくれる
  4. 書類選考通過率が上がる
  5. 企業別の面接対策ができる
  6. 転職前に転職先の現場情報が分かる
  7. 全てのサービスが無料

求人探しを自動的に進められる

転職エージェントを利用することで、自動的に求人探しが進められるメリットがあります。

1人で転職活動を行う時には転職サイトなどを利用して、膨大な数の求人の中から自分に合った求人を探すことになります。

そのため、仕事が忙しい人などは求人探しをすること自体が大きな負担となり、転職活動を途中で諦めてしまう人もいます。

また、今までの自分の経験を元にした自分の主観だけで求人を探すことになるため、チェックをする求人も限られたものになります。

一方、転職エージェントを利用することで、転職エージェントに伝えた転職希望を元に求人を紹介してらえるため、自分で求人を探すことなく自動的に求人探しを進めることができます。

また、第三者の立場から客観的に求人を紹介してもらえるため、自分では気づかなかった求人に出会える可能性も高くなります。

転職エージェントを利用することで、自動的に求人探しを進めつつ、自分では気づかない求人に出会える可能性を高められるメリットがあります。

非公開求人をチェックできる

転職エージェントを利用することで、一般の転職サイトには公開されていない非公開求人をチェックできるメリットがあります。

企業が求人を非公開にする主な理由には、次のようなものがあります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 採用活動を知られたくない場合

このように、非公開で求人を募集することにより、ピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は求人数も多く条件のいい求人も数多く存在します。

非公開求人は転職エージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べてライバルの少ない求人となり、転職成功のチャンスを高めることができます。

転職エージェントを利用することで、ライバルの少ない非公開求人を紹介してもらえるメリットがあります。

給与などの条件交渉をしてくれる

転職者の多くが、給与への不満から転職をしています。

「転職理由ランキング< 2017年4月~9月>」より

「転職=年収アップ」というイメージもありますが、現実には転職者の3人に1人が転職によって年収が下がっています。

「厚生労働省 転職入職者の賃金変動に関する状況」のデータより作成

その原因に企業との「給与交渉」がありますが、1人で転職活動を行う時には企業と給与交渉をすることが難しく、そもそも面接ではお金に関する話をしづらい雰囲気があります。

給料について詳しく聞きたいけど、面接で金のことを聞いたら、お金のことばっかり気にしている人と思われそうだし。本当はもう少し給料もらいたいけど、、、

たとえ自分で給与交渉を行えた場合でも、転職者と企業の2者間で交渉することになり、転職前に聞いていた給与額と実際にもらう給与額が違うという問題が起きることもあります。

転職エージェントを利用することで、第三者の立場である転職エージェントが、あなたに代わって企業と給与交渉をしてくれます。

そのため「面接で給与交渉したいのにできない」というストレスを溜めることもなく、転職者と企業の間に第三者の転職エージェントが入ることで、転職前に聞いていた給与額と実際にもらう給与額が違うといった問題を防ぐこともできます。

転職エージェントを利用することで、1人で転職する時には難しい給与交渉などの条件交渉ができるメリットがあります。

書類選考通過率が上がる

転職活動で最初の関門になる「書類選考」で、4人に1人が落とされるデータもあります。

「パソナキャリアHP」より

1人で転職活動を行う時には、履歴書や職務経歴書の作成を全て自分1人でやることになります。

また、応募書類を提出する前のチェックも自分でやることになるため、書類選考で落とされてしまった時には、どうすればいいのか対策に悩んでしまう人も少なくありません。

転職エージェントを利用することで、応募先企業の転職成功データに基づいたアドバイスを受けながら応募書類を作成することができ、提出する前にもチェックしてもらうことができます。

また、応募書類以外にも、転職者の長所や強みなどをまとめた推薦文も添付してもらえるため、企業へアピールすることができます。

利用する転職エージェントによっては書類選考が免除されることもあるため、転職エージェントを利用することで、転職活動の最初の関門になる書類選考を突破する可能性を高められるメリットがあります。

「就職Shop HP」より

就職Shopは正社員求人への転職に強い?利用者の評判、口コミから徹底調査!

企業別の面接対策ができる

転職活動で、書類選考に次いで大きな関門になるのが「面接」になりますが、転職者の半数が面接に苦手意識を持っています。

「エン人事のミカタ アンケート調査から探る 求職者にとって、面接とは?」より

面接も経験するにつれて慣れていきますが、最後まで面接に慣れなかった人も少なくありません。

「AIDEM HP」より

この面接を乗り越えるための対策も、1人で転職活動をする時には難しく、ほぼぶっつけ本番で面接に臨むことになります。

一方、転職エージェントを利用することで、模擬面接などを通して面接対策をすることができます。

リクルートエージェントの模擬面接はおすすめ?利用者の体験談を紹介します!

転職エージェントには、転職成功者からフィードバックされた転職成功のための情報が蓄積されています。

転職成功者が実際に面接でされた質問内容や面接会場の雰囲気など、面接する時に誰もが気になる情報を、転職前に確認することができます。

また、転職エージェントによっては面接対策のセミナーなども開催しているので、セミナーの参加を通して面接対策をすることもできます。

「リクルートエージェントHP」より

転職エージェントを利用することで、1人では難しい面接対策をしてから面接に臨めるメリットがあります。

転職前に転職先の現場情報が分かる

転職エージェントを利用する最も大きなメリットの1つに「転職前に転職先の現場情報を教えてもらえる」ことがあります。

勇気を出して転職をしたからといって、自分が希望している転職が必ずできるわけではありません。

自分がいいと思って入った会社の人間関係が最悪で、毎月30時間のサービス残業をするような「ブラック企業」に転職してしまう可能性もあります。

転職で大切なことは「転職すること」ではなく「転職後に自分が気持ちよく働けること」です。

いくら転職できても、ブラック企業のような会社で苦しみながら働くことになれば、何のための転職だったのか分かりませんが、現実は4人に1人が転職したことを後悔しています。

「転職会議report」より

転職を後悔する理由には様々なものがありますが、どの理由も突き詰めていくと「転職前後のギャップ」が転職の後悔に繋がっています。

転職して後悔したこと
1位 給料が希望と異なる
2位 経営者や社員と合わない
3位 社風が合わない
4位 経営状態や将来性が不安
5位 残業が多い
6位 仕事内容が希望と異なる
7位 組織や環境が整っていない
8位 休日が少ない
9位 正当に評価してもらえない
10位 キャリアアップできない

「DODA 転職して良かったこと・後悔したことTOP10」を元に作成

この転職前後のギャップには職場の雰囲気や人間関係、本当の残業時間といった、実際に働かなければ分からないことが多くあり、転職自体を後悔する人も少なくありません。

しかし、転職エージェントを利用することで、1人の転職活動では知ることが難しい「職場の雰囲気」「職場の人間関係」「本当の残業時間」といった転職先の現場情報を転職前に知ることができ、転職の後悔や失敗のリスクを回避することができます。

転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗や後悔を防げるメリットがあります。

全てのサービスが無料で利用可能

転職エージェントに登録することで、様々なメリットがあることをみてきましたが、これらの転職サポートを全て無料で利用することができます。

転職エージェントの登録は無料だけど大丈夫?無料利用の仕組みを調べてみた

転職エージェントの登録はもちろん、転職サポートが気に入らず退会する時も、料金が発生することはありません。

全ての転職サポートを無料で利用できるため、転職者は何のリスクもなく転職エージェントを利用できるメリットがあります。

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントを利用することで様々なメリットがある一方、転職エージェントを利用することによるデメリットもあります。

転職エージェントを利用する主なデメリットには、次の3つがあります。

転職エージェントを利用するデメリット
  1. 転職活動が受け身になる
  2. 担当者と合わないことがある
  3. ブラック転職エージェントも存在する

転職活動が受け身になる

転職エージェントを利用することで、転職活動が受け身になるデメリットがあります。

転職エージェントを利用するメリットで紹介したように、転職エージェントを利用することで求人探しが自動的に進んでいくことになります。

そのため、1人で転職活動をする時には自分で求人を探しながら転職活動を進めていきますが、転職エージェントを利用することで紹介される求人を待つ形となり、転職活動が受け身になる傾向があります。

転職サイトを利用して自分でも求人探しを進めたり、複数の転職エージェントを利用することで対策はできますが、転職活動の全てを転職エージェントに任せてしまうことで、転職活動そのものが受け身になってしまうデメリットがあります。

担当者と合わないことがある

転職エージェントの担当者が、強引に転職を勧めてくるような経験をしている転職者もいます。

  • 担当者が強引に転職をすすめてきた

・男性
・20代後半
・情報システム
・年収500万円台→500万円台
・評価:(2)

3社の求人を紹介された後、自分はじっくり考えようと思っていたのに、担当者の方がすぐ応募がいっぱいになり申し込めなくなると、半ば強引に申し込みを迫ってきました。

「申し込めない時は縁がなかったと諦める」と伝えても、最後まで申し込みを強く勧めてきました。

正直、かなり鬱陶しく感じ、その転職エージェント(大手です)は、それ以降利用をやめました。

もう少し転職者の立場にたった転職サポートを考えて欲しいと思います。

このような強引な担当者だけでなく、思うような求人を紹介してもらえないなど、担当者との相性から転職活動がうまくいかなくなってしまデメリットもあります。

本当に変更していいの?利用中の転職エージェント担当者を変更する方法

ブラック転職エージェントも存在する

転職者が転職サポートを無料で利用できる仕組みは、次のようになっています。

転職エージェントの人材紹介業は、転職を成立させることによって企業側から紹介料を受け取る「成功報酬型」のビジネスとなっています。

そのため、転職エージェントは企業からもらう紹介料を元に運営されることになり、転職者は全ての転職サポートを無料で利用できる仕組みになっています。

この企業から支払われる紹介料は、一般的に転職者の年収の30%前後と言われており、転職の成立件数を増やし、転職者の年収が高ければ高いほど、受け取る紹介料も多くなります。

そのため、転職エージェントの中には転職者の転職希望を十分に聞かず、転職を成立させることだけを考えた「ブラック転職エージェント」も存在します。

ブラック転職エージェントのような転職エージェントを利用することで、自分が思っていうるような転職ができないことはもちろん、転職を後悔する可能性が高くなるデメリットがあります。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
転職エージェントを選ぶ時には、自分の転職目的に合った転職エージェント選びが大切になります。ブラック転職エージェントを利用しないためにも、多くの転職成功実績がある大手転職エージェントの利用をオススメします。転職目的別にランキング形式で紹介していますので、転職エージェントを選ぶ時の参考にして下さい。
【ケース別】おすすめ転職サイトランキング

まとめ

転職エージェントを利用するメリットとデメリットについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

転職エージェントを利用することで、1人で転職活動をする時には難しい様々なメリットが受けられる一方、利用する転職エージェントによっては、転職活動の大きな妨げになることもあります。

自分に合った転職エージェントをうまく利用しながら、あなたが希望する仕事に出会えることを願っています。