転職エージェントの面談は土日もできる?分からないから調べてみました

転職サイトコンシェルジュ

転職サイトコンシェルジュ
「転職エージェントで面談してもらいたいけど、仕事の休みが土日。転職エージェントって、土日でも面談してくれるの?」

このような疑問を持っている人はいないでしょうか?

この記事では、各転職エージェントの土日の面談対応状況について紹介しています。

平日の仕事が忙しく、土日しか面談を受けられない人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

そもそも転職エージェントは面談する必要があるの?


転職エージェントを利用するためには、登録後にキャリアアドバイザーと面談をする必要があります。

面談で職務経歴や転職希望を伝えることで、自分に合った求人を紹介してもらうことができますが、最近では直接面談を行う代わりにSkypeや電話面談などにも対応している転職エージェントも多くあります。

しかし、可能な限りキャリアアドバイザーに直接会って面談することをオススメします。

転職者を目の前に行える対面での面談は、キャリアアドバイザーも転職のアドバイスがしやすくなります。

細かい転職希望のヒアリングや、その人の持つ雰囲気、転職にかける意気込みなど、実際に会わなければ分からないことも少なくありません。

キャリアアドバイザーが転職サポートをしているのはあなただけではなく、多くの転職者にも同時に転職サポートを行なっています。

キャリアアドバイザーも人間です。

電話越しに声だけを聞いた転職者に比べて、直接面談で会った転職者に対して「何とかして転職を成功させてあげたい」と、より転職サポートに力が入ることも自然なことです。

また、転職サポートはボランティアではなく、ビジネスとして行われています。

転職エージェントは、転職が成立することで企業から紹介料をもらうことができる「成功報酬型」のビジネスになっており、1件でも多くの転職を成立させることが大切になります。

そのため、あなたの転職サポートをしてくれる担当者が、転職を成立させることだけを考えた「企業の方だけを向いた担当者」の場合は、すぐに変えてもらう必要があります。

この担当者の良し悪しは電話越しからだけでは判断することが難しいため、面談場所まで遠い人など、特別な理由がない限り対面で面談することをおすすめします。

各転職エージェントの土日対応状況

転職エージェントを利用する時には対面での面談がおすすめになりますが、仕事の都合から土日の休日しか時間を作れない人もいます。

各転職エージェントの特徴と土日の面談対応状況をまとめましたので、利用する時の参考にして下さい。

転職エージェント 特徴 土日面談対応
リクルートエージェント 業界NO1の転職エージェント。
求人数、転職成功実績ともにNO1で、全国にも対応していることから、どの転職者も利用して損はない転職
エージェント。
土日OK
DODA 業界第2位の転職エージェント。
他には掲載されていないDODA独自の求人も多数あり。
リクルートエージェントでカバーできない
求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
土曜日のみ
JACリクルートメント 年収UPの転職に加えて、細やかな転職サポートからスピード転職も可能。求人数がやや少ないため、他の転職エージェントとの併用で「スピード+より確実な転職」を実現。
ハイキャリア案件を中心に求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
土曜日のみ
マイナビエージェント 20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多い。
第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
土曜日のみ
パソナキャリア 利用者満足度が驚異の96%となる転職エージェント。
「社会の問題点を解決する」という企業理念を元に、障害者雇用や社会貢献活動にも積極的なパソナグループの一員として、丁寧な転職サポートに定評あり。
とにかく丁寧な転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
土曜日のみ
ワークポート WEB・IT関連の転職に強みを持ち「GOOD AGENT RANKING ~2016年度下半期」の転職決定人数ランキングで1位を獲得した実力ある転職エージェント。
WEB・IT関連の仕事へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
土日OK
MS-Japan 経理・財務・人事・法務などの管理部門に特化した転職エージェント。
1990年の創業以来、2万人以上の転職サポート実績があり、管理部門へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
土日不可
クライス&カンパニー マネージャークラスのハイキャリア求人を中心に転職サポートを行い、アメリカの国家資格である「GCDF」を取得しているキャリアコンサルタントも多数在籍。
質の高い転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
土日不可
就職Shop リクルートエージェントと同じリクルートが運営する転職エージェント。
社会人未経験者やフリーターなど、職務経歴に自信のない人への転職サポートに特化し、紹介される求人は全て書類選考が免除!応募後はいきなり面接へ進むことができる。
社会人未経験者やフリーターの人におすすめの転職エージェント。
土日不可

このように見てみると、多くの転職エージェントが土曜日の面談には対応していることが分かります。

特に、リクルートエージェントとワークポートは日曜日の面談にも対応しているので、自分の都合に合わせて利用することができます。

土日に面談を行う時の注意点

土日に面談を行える転職エージェントもありますが、利用する時には注意することがあります。

下の画像は土日に面談が行えるワークポートの面談予約画面になりますが、土曜日と日曜日の面談予約はほぼ全てが埋まっています。

これは私が10月10日(火)の15時頃に面談を申し込もうとした画面なので、週の初め頃には週末の面談予約がほぼ埋まってしまうことになります。

これはワークポートに限らず、土日の面談に対応している全ての転職エージェントに言えることになります。

シフト制の勤務形態が増えてきたとはいえ、現在でも多くの企業が土日祝休みとなっています。

そのため、休日の土日に面談を申し込む人も増えることになり、面談予約も取りづらくなります。

予定がはっきりしないうちから面談予約をすることに躊躇してしまう人もいますが、多くの転職エージェントはメールなどで面談のキャンセルも簡単にすることができます。

そのため、土日の面談を希望する人は早めに面談予約を入れておき、どうしても予定が合わなくなった時にはキャンセルをするようにして下さい。

転職サイトコンシェルジュ

転職サイトコンシェルジュ
転職エージェントは、面談をしなければ転職サポートも始まりません。多くの転職エージェントは1〜2時間の面談となるため、気になる転職エージェントがある時は早めに面談を受けてみて下さい。

まとめ

各転職エージェントの土日の面談対応状況について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

仕事の都合から土日しか時間が作れない人もいますが、多くの転職エージェントは土日にも面談対応をしています。

自分のスケジュールと転職目的を考えながら、自分に合った転職エージェントを利用してみて下さい。

転職エージェントをうまく活用しながら、あなたに合った仕事に出会えることを願っています。

皆様からの転職体験談、転職サイトの評判、口コミを募集しています。

転職compassは、転職経験者から寄せられた転職体験や転職経験者へのインタビューを元に作られています。

アンケートにご協力頂ける転職経験者の方は、下のアンケートフォームから協力して頂けると幸いです。

アンケートフォームはこちら

関連記事

横浜の転職でワークポートを利用する時の流れから注意点までを詳しく紹介

【1分で完了!】登録後にクライス&カンパニーが合わなかった時の退会方法

【1分で完了!】医療ワーカーの登録方法と登録後にできること

和歌山の転職にリクルートエージェントを利用した求人探しはおすすめ?

徹底比較|英語を生かせる仕事へ転職したい人におすすめの転職サイトランキング

徹底比較|フリーターから正社員の転職におすすめの転職エージェントランキング