求人サイト

求人サイトでバイトを決めて祝い金をもらう!という人へ送る5つの注意点

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
「求人サイトでアルバイトを探しているけど、仕事が決まると祝い金がもらえる求人サイトがあるらしい。絶対お得じゃん!祝い金のある求人サイトでバイトを探そう!」

このような気持ちから、祝い金のある求人サイトでアルバイト探しを考えている人はいないでしょうか?

この記事では、祝い金のある求人サイトを利用する時の5つの注意点を紹介しています。

一見お得な祝い金も、支給条件や申請手続きによっては祝い金をもらえないだけでなく、祝い金が仕事探しの妨げになる可能性もあります。

これから祝い金のある求人サイトでアルバイト探しを考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

求人サイトの祝い金とは?

祝い金は、求人サイトで仕事が決まった人に対して、求人サイトから支払われるご祝儀のようなものになります。

全ての求人サイトで祝い金がもらえるわけではなく、祝い金制度を実施する求人サイトを利用した時のみ、祝い金をもらうことができます。

求人サイトの祝い金が支払われる仕組み

アルバイト求人を探す利用者にとっては嬉しい祝い金ですが、美味しい話ほど危険があります。

祝い金をもらう人の中には仕事を決めただけでお金をもらえることを怪しく感じる人もいますが、祝い金が支払われる仕組みは次のようになります。

祝い金の仕組み

求人サイト 祝い金 仕組み

祝い金は求人サイトから利用者に支払われるもので、企業から支払われることはありません。

この仕組みでは求人サイトだけが損をすることになりますが、祝い金を支払う求人サイトは従来の「掲載課金型」ではなく、「成功報酬型」のシステムを採用しています。

掲載課金型と成功報酬型

求人サイト 掲載課金型 成功報酬型

成功報酬型を採用することで、企業は採用が決まるまで費用が発生することがなく、気軽に求人募集をすることができます。

一方の求人サイト側は、従来の掲載課金型では求人掲載時点で企業からお金をもらえるため、そのお金を使い各企業に営業活動を行なっていましたが、成功報酬型では求人を掲載しただけではお金をもらうことができません。

そのため、掲載課金型で行なっていた営業活動をしない代わりに、営業マンのいらないネット集客による運営でコスト削減を行い、余った分のお金を利用者へ祝い金として還元しています。

仕事が決まるだけでもらえる祝い金を怪しく感じる人もいますが、求人サイトの営業努力によって生み出されたものとなっています。

求人サイトで祝い金をもらう時の5つのポイント

祝い金のシステムを通して、利用者が祝い金をもらうことに何のリスクもないことが分かりました。

しかし、祝い金は求人サイトの営業努力によって生み出されたものであるのと同時に、より多くの利用者に求人サイトを利用してもらうために撒かれた餌でもあります。

祝い金という餌に飛びつく前に、次の5つのポイントに気をつけながら祝い金をもらうようにして下さい。

祝い金をもらう時の5つのポイント
  1. 祝い金の支給条件を確認する
  2. 祝い金を受け取れるまでの期間を確認する
  3. 求人ごとの祝い金額を確認する
  4. 祝い金の振り込み方法を確認する
  5. 祝い金目当てに仕事を決めない

1.祝い金の支給条件を確認する

祝い金を支給している求人サイトは複数ありますが、求人サイトによって祝い金の支給条件が異なります。

例えば、祝い金がもらえることで有名なマッハバイトでは、次の3つが祝い金の支給条件になります。

  1. マッハバイトからアルバイトに応募した
  2. マッハバイトで採用が決まった
  3. 初めて出勤する日が決まった
マッハバイト 祝い金 支給条件「マッハバイトHP」より

マッハバイトの祝い金は応募した求人によって5,000円から10,000円となっていますが、この3つの条件を満たせば必ず祝い金をもらうことができます。

一方、最高30,000円の祝い金がもらえる電通が運営するマイベストジョブでは、祝い金の支給条件が次のようになっています。

  1. マイベストジョブからアルバイト求人に応募
  2. マイベストジョブで採用が決まった
  3. 採用決定後、初出勤完了
マイベストジョブ 祝い金 支給条件「マイベストジョブHP」より

自社の求人サイトで応募し、仕事が決まるところまではマッハバイトと同じですが、祝い金を申請できるタイミングがマッハバイトは初出勤日が決まった時点なのに対して、マイベストジョブは初出勤後となります。

わずかな違いのように感じますが、次に紹介する祝い金を受け取るまでの期間にも大きく影響するため、事前に祝い金の支給条件を確認しておくことが大切になります。

2.祝い金を受け取れるまでの期間を確認する

先ほど少し話が出ましたが、祝い金を申請した後に実際に祝い金を受け取れるまでの期間も確認しておくことも大切です。

アルバイト探しでは履歴書代や証明写真代、面接地までの交通費など、何かと出費が重なります。

アルバイトを始めた後も、多くの場合は初出勤した翌月が給料日となるため、給料日までの懐具合が寂しくなります。

そんな時に祝い金をもらえれば給料日までの間も問題なく過ごすことができますが、先ほど紹介したマイベストジョブでは、祝い金をもらえるまでの期間が次のようになっています。

お祝い金お申請をされた後、事務局が応募先の企業に採用確認(初勤務が完了しているか)をとります。その後進呈の手続きを行いますので、申請からは最短で21日後、最長で81日後にもらえるようになります

「マイベストジョブHP」より

申請から最短で21日後。最長81日後、、、

マイベストジョブでは祝い金の申請が初出勤後にできるので、事務局が出勤を確認する作業などを含めると、祝い金が振り込まれるのは最短でも約1ヶ月後になります。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
今すぐ手元にお金が欲しい人にとっては、少し厳しい期間ですね、、、

祝い金の支給条件に加えて、祝い金を受け取れるまでの期間も確認しておくことが大切です。

3.求人ごとの祝い金額を確認する

祝い金のサービスを行なっている求人サイトでは、祝い金がもらえることをサイト内でも大きくアピールしています。

多くの人が祝い金の高さに目がいきがちですが、どの求人サイトにも書かれている最大〇〇万円」という点に注意して下さい。

例えば、マイベストジョブでは最大30,000円の高額な祝い金がもらえますが、実際の求人を見てみると祝い金が1,000円の求人もあります。

マイベストジョブ 祝い金 1,000円

最大〇〇万円」と書かれているので嘘を言っているわけでは訳ではありませんが、自分が応募する求人の祝い金額をしっかり確認しておく必要があります。

4.祝い金の振り込み方法を確認する

少し細かいことですが、祝い金が振り込まれる時の方法も注意するポイントになります。

祝い金の仕組みでも紹介したように、祝い金は仕事をしている企業ではなく、求人サイトから支払われることになります。

そのため、求人サイトから指定した口座に振り込まれることになりますが、求人サイトによっては振込先口座の銀行が指定されていることもあります。

例えば、アルバイトEXという求人サイトでは、祝い金の振込先口座が楽天銀行に指定されています。

Qお祝い金の振込口座の指定はありますか?

はい。振込先口座は楽天銀行のみ受け付けております。もし口座をお持ちでない方は、事前に開設のお手続きをお願いいたします。

「アルバイトEX HP」より

自分が持っている銀行口座なら問題ありませんが、持っていない銀行口座が振込先となっている場合は、新しく口座を開設する必要があります。

銀行へ行き口座を開設すれば済む問題ですが、意外と面倒な作業になるので、事前に祝い金が振り込まれる銀行口座を確認しておくようにして下さい。

5.祝い金目当てに仕事を決めない

祝い金のある求人サイトでアルバイトを探していると、つい祝い金の金額が高い求人に目がいってしまうことがあります。

確かに、祝い金は条件を満たせば必ずもらえる魅力的なシステムですが、祝い金はあくまでも仕事が決まった時のおまけに過ぎず、大切なことは自分に合った求人を選ぶことです。

どの求人サイトも祝い金を支給しない項目として「継続的に働く意思がないと判断された場合」という項目を設けています。

そのため、祝い金欲しさから自分に合わない求人を選んでしまい、短期間で仕事を辞めてしまった時には、場合によっては祝い金が支給されない可能性もあります。

「自分のやりたい仕事が祝い金の対象だったらラッキー」と、祝い金を仕事が決まったことのご褒美程度に考え、祝い金を目的に仕事を決めないことが大切です。

祝い金のあるおすすめ求人サイト3選

求人サイトで祝い金をもらう時の5つのポイントを紹介してきましたが、このポイントを踏まえた上で、自分に合った求人サイトを利用することが大切です。

祝い金のもらえるおすすめの3サイトを紹介しますので、自分に合った求人サイトを選んで下さい。

1.マッハバイト(ジョブセンス)

マッハバイト TOP LP

マッハバイトは祝い金を始めた求人サイトの中ではパイオニア的な存在で、名前が変わる前のジョブセンスは2006年頃から運営されています。

祝い金の最高額10,000円は他の求人サイトに比べて低いものの、必ず支給される最低額の5,000円は他の求人サイトに比べて高くなっています。

また、マッハバイトは頻繁にマッハボーナス増額タイムを行なっており、通常の祝い金に+5,000円をもらうことができます。

その他にもマッハバイトは祝い金が最短で翌日振込み祝い金の振込先口座の指定がないなど、祝い金を気軽にもらいやすい環境が整っています。

マッハバイトは、初めて祝い金付きの求人サイトを利用する人におすすめのさいとになります。

  • 祝い金の最高額(10,000円)は他の求人サイトに比べて低め
  • 必ずもらえる祝い金の最低額(5,000円)は他の求人サイトに比べて高い
  • 最短翌日に祝い金がもらえる
  • 祝い金の振込先銀行が指定されていない

≫マッハバイト公式サイト

2.マイベストジョブ

マイベストジョブ TOP

マイベストジョブは電通と関連会社が運営する求人サイトで、神戸新聞や京都新聞などの各種新聞やJ-WAVEなどのラジオで積極的に広告を出すなど、知名度のアップを進めています。

祝い金の最高額は30,000円と高いものの、祝い金が1,000円の求人もあるため、応募前に祝い金の額をしっかりと確認しておく必要があります。

また、祝い金が振込まれるまでに最短で1ヶ月ほどかかり、振込先の口座も楽天銀行に指定されているため、口座を持っていない人は事前に開設しておく必要があります。

  • 祝い金の最高額は高い
  • 祝い金の最低金額は低い
  • 祝い金を受け取る条件が細かい

≫マイベストジョブ公式サイト

3.アルバイトEX

アルバイトEX LP TOP

アルバイトEXは上の2つの求人サイトとは異なり、複数の求人サイトを一括で検索できる集約型の求人サイトになります。

アルバイトEXの魅力は何と言っても祝い金の高さで、必ずもらえる最低金額の祝い金学が30,000円となり、サイト内で紹介されている求人サイトの祝い金も合わせると最大15万円の祝い金をもらうことができます。

アルバイトEX 祝い金学「アルバイトEX HP」より

先ほど紹介したマッハバイトの求人も掲載されているので、効率的に求人を探すことができます。

しかし、祝い金の申請をできるのが応募完了後した6ヶ月後となるため、すぐに祝い金をもらいたい人には向いていない求人サイトになります。

また、祝い金の振込先講座も楽天銀行に指定されているため、口座を持っていない人は事前に開設しておく必要があります。

  • 祝い金額の高さはNO1
  • 祝い金が支給されるまでの期間が長い(半年後)
  • 祝い金を受け取る条件が細かい

≫アルバイトEX公式サイト

どの求人サイトも学生が進級・進学する3月~4月や年末年始前の11月~12月は人手不足から求人募集の数も多くなり、祝い金の額が高くなる傾向があります。利用する求人サイトに加えて、求人に応募する時期も意識しておいて下さい。

まとめ

祝い金のある求人サイトを利用する時の5つの注意点を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

同じ求人に応募する時も、祝い金のあるサイトで求人を探すことで、仕事を始めた後に思わぬ臨時収入を得ることができます。

一方、利用する求人サイトによってもらえる金額や支払い条件なども異なるため、利用する求人サイトについて事前に調べておくことが大切になります。

祝い金のある求人サイトをうまく活用しながら、あなたが希望する仕事に出会えることを願っています。