転職サイト

自分に合った転職方法はどっち?転職サイトと転職エージェントの違いとは?

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
「転職を考えているけど、転職サイトと転職エージェントのどっちを使って転職活動をすればいいんだろう?そもそも2つの違いは何なの?」

このような疑問を持っている人はいないでしょうか?

この記事では、転職サイトと転職エージェントの違いから、それぞれの転職方法がおすすめな人について紹介しています。

自分に合った転職方法に悩んでいる人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

転職サイトと転職エージェントの違いとは?

転職サイトと転職エージェントの主な違いには、次のようなものがあります。

転職サイトと転職エージェントの違い
転職サイト 転職エージェント
1.利用開始 ・すぐに利用可能 ・転職エージェント登録+面談後
2.求人探し ・全て自分でやる
・自分のペースで出来る
偏った検索方法になることも
・担当者より随時求人紹介あり
・自動的に求人探しが進められる
非公開求人多数あり
自分が思っているような求人を紹介してもらえないことも
3. 応募書類作成
・履歴書
・職務経歴書
・全て自分で作成
・第三者のチェックなく、企業へそのまま提出
・作成のコツや添削を受けながら作成可能
・企業ごとの細かい対策も可能
4.面接対策 ・全て自分で考えてやる
・企業ごとの細かい対策は難しい
・企業別の面接対策が可能
・模擬面接
・過去の面接質問の確認
・各種面接対策セミナーあり
5.面接の日程調整 ・全て自分で調整 ・転職エージェントが全て調整

利用開始

転職活動の動き出しの速さは、何といっても自分で求人探しを進めていける転職サイトに軍配が上がります。

転職エージェントも早ければ登録したその日や翌日には転職エージェントから連絡がありますが、実際のサービス利用は連絡を受けた後に行う面談後からとなります。

そのため、どうしても今すぐ転職活動を始めたい人は、まず自分で転職サイトを使い求人を探しておき、転職サイトを利用している間に転職エージェントの申し込みを進めることで、効率的に転職活動を進めることができます。

求人探し

転職活動の中で大きなウェイトを占めるものに「求人探し」があります。

転職サイトを利用して求人を探す場合、仕事で疲れて求人を探す元気が出ない時や、時間がある休日に一気に求人探しを進めるなど、自分のペースで求人探しを進められるメリットがあります。

しかし、膨大な数の求人の中から自分に合った求人を全て自分1人で探すことになり、求人探しが大きな負担になるデメリットもあります。

一方、転職エージェントを利用して求人を探す場合、担当者に自分の転職希望条件を伝えておけば希望に合った求人を紹介してもらえることになり、自動的に求人探しを進められるメリットがあります。

しかし、求人の紹介を待つ形で転職活動が進むことになり、転職活動が受け身になってしまうデメリットもあります。

応募書類(履歴書・職務経歴書)作成

企業に提出することになる履歴書や職務経歴書などの応募書類は、多くの転職者が作成する時に悩むことになります。

書類選考がある場合はこの提出した応募書類によって合否が決まることになり、書類選考で落とされてしまった時は、その求人に対しての転職活動がその時点で終わりになります。

転職サイトを利用して応募書類を作成する人は、自分1人で全ての応募書類を作成することになります。

また、作成した応募書類のチェックも自分でやることになるため、書類選考で落とされてしまった時には、どうすればいいのかその後の対策に悩んでしまう人も少なくありません。

一方、転職エージェントを利用することで、応募書類を作成する時のコツやそれぞれの企業別対策、作成後の添削など、応募書類作成のサポートを受けながら応募書類を作成することができます。

また、応募書類以外にも、転職者の長所や強みなどをまとめた推薦文も添付してもらえるため、企業へアピールすることができます。

利用する転職エージェントによっては書類選考が免除されることもあるため、転職エージェントを利用することで、転職活動の最初の関門になる書類選考を突破する可能性を高めることができます。

「就職Shop HP」より

就職Shopは正社員求人への転職に強い?利用者の評判、口コミから徹底調査!

面接対策

転職活動で、書類選考に次いで大きな関門になるのが「面接」になりますが、転職者の半数が面接に苦手意識を持っています。

「エン人事のミカタ アンケート調査から探る 求職者にとって、面接とは?」より

面接も経験するにつれて慣れていきますが、最後まで面接に慣れなかった人も少なくありません。

「AIDEM HP」より

転職サイトを利用する場合、面接対策は自分1人でやることになり、ほぼぶっつけ本番で面接に臨むことになります。

一方、転職エージェントを利用することで、私のように家族との模擬面接ではなく、転職のプロによる模擬面接などを通して、面接対策をすることができます。

リクルートエージェントの模擬面接はおすすめ?利用者の体験談を紹介します!

転職エージェントには、転職成功者からフィードバックされた転職成功のための情報が蓄積されています。

転職成功者が実際に面接でされた質問内容や面接会場の雰囲気など、面接する時に誰もが気になる情報を、転職前に確認することができます。

また、転職エージェントによっては面接対策のセミナーなども開催しているので、セミナーの参加を通して面接対策をすることもできます。

「リクルートエージェントHP」より

転職エージェントを利用することで、転職サイトでは難しい面接対策をしてから面接に臨むことができます。

面接の日程調整

転職活動をする時に、意外と手間になることに「面接の日程調整」があります。

応募している企業が1社だけなら難しいことはありませんが、応募企業が2社、3社と増えていくことで、各企業の日程調整しながら面接日を決めることが大きな負担となります。

自分が希望した面接日も、企業側の都合が悪ければ再度調整をすることになり、仕事のスケジュールも見直す必要が出てきます。

「たかが面接日を決めるだけ」と思っても、企業と直接やりとりをすることから神経を使うこともあり、面接本番前に余計な負担になることがあります。

転職サイトを利用して転職活動をする人は、この面接の日程調整を全て自分1人でやることになります。

一方、転職エージェントを利用して転職活動を行なっている人は、自分の面接希望日を転職エージェントに伝えておけば、面接日を決めるまでの全ての段取りを転職エージェントが代わりにやってくれます。

そのため、転職者が企業と直接関わる必要もなく、面接の日程調整が負担になることもありません。

転職サイトの利用がおすすめな人

転職サイトと転職エージェントの違いから、転職サイトの利用がおすすめの人は、次のような人になります。

転職サイトの利用がおすすめな人
  • 今すぐ転職活動を始めたい人
  • 自分のペースで転職活動を進めたい人
  • 自分で全ての求人をチェックしたい人

転職エージェントの利用がおすすめな人

転職エージェントの利用がおすすめの人は、次のような人になります。

転職エージェントの利用がおすすめな人
  • 転職サポートを受けながら転職活動を進めたい人
  • 転職活動に充分な時間をかけられない人
  • 少しでも多くの求人をチェックしたい人
  • 転職失敗の可能性を少しでも下げたい人

まとめ

転職サイトと転職エージェントの違いから、それぞれの転職方法がおすすめの人について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

利用開始から面接の日程調整まで、それぞれ大きく異なります。

転職サイトと転職エージェントのそれぞれのメリットとデメリットを理解した上で、自分に合った方法で求人探しを進めることが大切になります。

自分に合った方法で転職活動を進めていき、あなたが希望する仕事に出会えることを願っています。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
転職方法に悩んでいる人は、こちらの記事も参考にしてみて下さい。
求人探しに不可欠?転職エージェントを利用するメリットとデメリット