転職サイト

【1分で完了!】登録後にMS-Japanが合わなかった時の退会方法と注意点

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
  • 転職先が決まった
  • 求人紹介の連絡がうっとうしい
  • 担当者と合わない
  • 思うような求人が見つからない

様々な理由から、MS-Japanの退会を考えている人はいないでしょうか?

この記事では、MS-Japanの退会方法から退会する時の注意点について紹介しています。

これからMS-Japanの退会を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

MS-Japanの退会方法

MS-Japanの退会方法を今すぐ知りたいという人のために、まずはMS-Japanの退会方法を紹介します。

MS-Japanの退会方法には次の2つがあります。

1.担当者に連絡

MS-Japanから退会する一番簡単な方法は、転職サポートを受けている担当者に直接連絡する方法になります。

求人紹介や面接の日程調整など、担当者と普段やり取りをしているメールや電話番号に連絡をすることで、スムーズに退会をすることができます。

しかし、担当者との関係がうまくいかないことを理由に退会を考える人など、担当者本人に直接連絡するのが難しい人もいます。

そのような人は、次に紹介するネットや電話で退会手続きをするようにして下さい。

2.ネットで退会

MS-Japanではマイページ内にある「退会手続きフォーム」から退会することができるため、1分ほどあれば多くの方が退会手続きを終えることができます。

「MS-Japan HP」より

担当者本人に直接退会の意思を伝える必要もないので、気まずい思いをすることもありません。

MS-Japanを退会する時の注意点

様々な方法で気軽に退会手続きができるMS-Japanですが、退会を考えている人の中には様々な疑問や不安を感じている人もいます。

MS-Japanの退会を考えている人は、次の点に注意しながら退会手続きを進めるようにして下さい。

問い合わせ中、応募中の求人がないか確認する

MS-Japanを退会する時点で、自分が問い合わせている求人や応募中の求人がないか確認するようにして下さい。

応募中の企業がある中でMS-Japanを退会した場合、MS-Japanだけでなく応募先企業にも大きな迷惑をかけることになります。

MS-Japanで紹介された求人は、MS-Japanだけで紹介されている求人とは限りません。

転職活動を進めていく中でその企業に再び関わる可能性もゼロではないですし、転職する業界によっては横の繋がりが強く、あなたの行為が他の会社に伝わっていることもあります。

問い合わせ中の求人や応募中の求人があるか分からない人は、担当者に問い合わせれば簡単に教えてもらうことができます。

最低限のマナーとして、退会前に企業との関係をきれいにしてから退会するようにして下さい。

退会の連絡をしないでバックレても大丈夫?

MS-Japanの退会を考えている人の中には退会手続きをせずに、そのままバックれることを考える人もいます。

どうせMS-Japanはもう利用しないし。退会手続きをするのもなんか面倒だし、このままバックレるか。

バックれることは退会云々をいう以前の問題で、これから転職活動をしていく社会人としても絶対にやってはいけないことになります。

退会手続きをせずにそのままバックれてしまうことはMS-Japanに大きな迷惑をかけるだけでなく、バックれた人自身にも悪い影響を及ぼす可能性があります。

MS-Japanは数ある転職エージェントの中の1つですが、人材紹介業を行なっている転職エージェント同士で横のつながりもあります。

あなたが退会手続きをせずにバックれた行為が業界内のブラックリストにのり、他の転職エージェントを利用する時に十分な転職サポートを受けられないこともあります。

退会手続きをしないことで求人紹介のメールが届き続け、担当者からも求人紹介の連絡がくるなど、バックれても誰もいい思いをする人はいません。

先ほど紹介したように、ネットを利用すれば簡単に退会手続きを終えることができます。

バックレる前にサクッと退会手続きをして気持ちよく退会しましょう。

MS-Japanの退会に費用は発生する?

MS-Japanを退会する時に退会費用などが発生しないか不安に感じる人もいますが、MS-Japanの登録が無料で出来たように、退会にも一切費用はかからず無料で退会することができます。

MS-Japanを退会すると、再開(再登録)はできないの?

MS-Japanを退会しても、もう一度再開(再登録)することはできます。

しかし、退会して一定期間が経過した後は職務経歴などの登録データが個人情報の観点から消去されるので、再登録する時は最初から登録することになります。

退会前に考えよう。MS-Japanを退会したい理由は何ですか?

ここまでMS-Japanの退会手続きと退会する時の注意点について紹介してきましたが、この時点でMS-Japanを退会する決意が固まった人は、これ以降の文書を読む必要はありません。

しかし、自分の中に

MS-Japanは使い続けたいけど、〇〇〇〇がどうしてもイヤ、、、

このような気持ちが少しでもある人は、5分ほどで読み終えるこれからの文章を読んでから退会することをおすすめします。

〇〇〇〇の部分にはMS-Japanを退会したい理由が入りますが、退会理由の中には退会せずに解決できる問題もあります。

これから退会理由で考えられる4つの事例を紹介していきますが、MS-Japanを退会する前に自分の退会理由に該当するものがないか、一度確認してみて下さい。

MS-Japanの退会理由
  1. 希望の求人が見つからない
  2. 担当者が合わない
  3. 転職活動を止めた
  4. MS-Japanが嫌いになった

退会理由1:希望の求人が見つからない

MS-Japanは経理や人事などの管理部門に特化した転職エージェントになります。

そのため、利用者によっては希望の求人が見つからない人もいますが、そのような人はMS-Japan以外の転職エージェントも利用してみて下さい。

全国には約18,000もの転職エージェントがあります。

自分の転職目的に合った転職エージェントを利用することで、希望の求人に出会える可能性を高めることができます。

【目的別】おすすめ転職エージェント
リクルートエージェント 業界NO1の転職エージェント。
求人数、転職成功実績ともにNO1で、全国にも対応していることから、どの転職者も利用して損はない転職
エージェント。
doda 業界第2位の転職エージェント。
他には掲載されていないDODA独自の求人も多数あり。
リクルートエージェントでカバーできない
求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
JACリクルートメント 年収UPの転職に加えて、細やかな転職サポートからスピード転職も可能。求人数がやや少ないため、他の転職エージェントとの併用で「スピード+より確実な転職」を実現。
ハイキャリア案件を中心に求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
マイナビエージェント 20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多い。
第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
パソナキャリア 利用者満足度が驚異の96%となる転職エージェント。
「社会の問題点を解決する」という企業理念を元に、障害者雇用や社会貢献活動にも積極的なパソナグループの一員として、丁寧な転職サポートに定評あり。
とにかく丁寧な転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
ワークポート WEB・IT関連の転職に強みを持ち「GOOD AGENT RANKING ~2016年度下半期」の転職決定人数ランキングで1位を獲得した実力ある転職エージェント。
WEB・IT関連の仕事へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
クライス&カンパニー マネージャークラスのハイキャリア求人を中心に転職サポートを行い、アメリカの国家資格である「GCDF」を取得しているキャリアコンサルタントも多数在籍。
質の高い転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
就職Shop リクルートエージェントと同じリクルートが運営する転職エージェント。
社会人未経験者やフリーターなど、職務経歴に自信のない人への転職サポートに特化し、紹介される求人は全て書類選考が免除!応募後はいきなり面接へ進むことができる。
社会人未経験者やフリーターの人におすすめの転職エージェント。

退会理由2:担当者が合わない

MS-Japanの退会を考えている人の中には、担当者のキャリアアドバイザーと合わないことを理由に退会を考える人もいます。

そのような人は、担当者を変更することで問題を解決することができます。

転職エージェントを利用する時には担当者との相性はとても大切で、転職活動の成否にも大きく影響します。

どうしても担当者と合わない時は、遠慮せずに変更してもらうようにしましょう。

担当者本人に直接伝えることが気まずい人もいますが、そのような人は問い合わせページから担当者変更の依頼をすることができます。

MS-Japan 問い合わせページ「MS-Japan HP」より
転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼もしっかりと伝えるようにしましょう。担当者を変更する時は「別の担当者の視点でも求人を探したい」と伝えることで、スムーズに担当者の変更をすることができます。
本当に変更していいの?利用中の転職エージェントで担当者を変更する方法 転職エージェントの担当者とは? 多くの転職エージェントでは、あなたの転職相談にのってくれるキャリアアドバイザー(CA)と、求人開拓...

退会理由3:転職活動を止めた

  • 転職先が決まった
  • 仕事が忙しすぎて転職活動ができなくなった
  • 今の職場でもう一度働くことにした

様々な理由から転職活動を止める人もいます。

転職先が決まった人は、これ以上MS-Japanを利用する必要もありません。

退会してスッキリしましょう。

一方、何らかの理由で転職活動を途中で止める人もいます。

「転職しない」という選択肢も1つの転職活動ですし、転職活動をしたからといって必ず転職をする必要もありません。

しかし、途中で転職活動を止めた人は、今の職場に感じている不満や問題が解決されない限り、転職したい気持ちが再び大きくなります。

先ほど紹介したように退会することで登録したデータが全て消去されてしまうので、万が一?の状況に備えて退会せずに登録したままにしておくことをおすすめします。

退会理由4:MS-Japanが嫌いになった

MS-Japanが嫌いになった。

そんなあなたは、、、退会しましょう。

転職エージェントはMS-Japan以外にもたくさんあるので、あなたの転職目的に合った転職エージェントを利用してみて下さい。

先ほど紹介した「【目的別】おすすめ転職エージェント」は、転職者全てにおすすめできる総合型転職エージェントになります。

しかし、転職エージェントには特定のジャンルに特化した特化型転職エージェントもあり、転職者によっては特化型転職エージェントの利用が向いているケースもあります。

先ほども紹介したように、MS-Japanは経理や人事などの管理部門に特化した転職エージェントになります。

そのため、MS-Japanと同じように経理や人事などの管理部門に特化した「特化型転職エージェント」を利用することで、転職成功の可能性をより高めることができます。

経理や人事などの管理部門の転職におすすめの転職エージェントは、次の3つになります。

1.ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリアは1996年に日本で初めて公認会計士が創めた転職エージェントで、税理士法人やコンサルティングファームなど5,000社を超えるクライアントと提携しながら経理・財務分野の管理部門や税理士・公認会計士の転職サポートを専門に行なっています。

求人紹介以外にも経理・財務分野の教育サイト「Accountant’s Library(アカウンタンツライブラリー)」を運営しており、オンライン動画を通して経理や税務の知識を一から学ぶことができます。

「ジャスネットキャリアHP」より
Accountant’s Library提供コンテンツの一例
  • 簿記
  • 経理実務
  • 税務申告
  • 給与計算
  • 経理で役立つエクセル

ジャスネットキャリアはベテランの会計マンから経理の実務未経験者まで、会計・税務に関わる全ての人におすすめの転職エージェントになります。

2.JACリクルートメント

JACリクルートメントLP

JACリクルートメントは知名度はそれほど高くないものの、東証1部上場の株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営する業界第3位の転職エージェントになります。

部長・役員クラスのハイクラス管理部門求人に強みを持ち、求人の質の高さが大きな特徴になります。

求人の質の高さは、オリコンが行う「転職エージェントのランキング・比較」の中で「紹介案件の質 満足度ランキング」部門で1位を獲得していることからも証明されています。

「オリコン 紹介案件の質 満足度ランキング」より

JACリクルートメントは、年収アップをはじめとしたハイクラスの管理部門求人に転職したい人におすすめの転職エージェントになります。

3.パソナキャリア

パソナキャリア LP

パソナキャリアは、利用者満足度が驚異の96%になる転職エージェントになります。

「社会の問題点を解決する」という企業理念を元に、障害者雇用や社会貢献活動にも積極的なパソナグループの一員として丁寧な転職サポートに定評があり、オリコンが実施する「転職エージェントのランキング・比較」の中にある「担当者の対応 満足度ランキング」で、他の大手転職エージェントを抑えて1位にランキングされています。

「オリコンHP」より

経理をはじめとした管理部門の求人数も多く、求人の約80%は一般には公開されていないライバルの少ない非公開求人となります。

パソナキャリア 非公開求人「パソナキャリアHP」より

パソナキャリアは、質の高い転職サポートを受けながらライバルの少ない管理部門の求人を紹介してもらいたい人におすすめの転職エージェントになります。

まとめ

MS-Japanの退会方法から退会する時の注意点について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

全国には様々な転職エージェントがあり、利用する転職エージェントによって受けられる転職サポートも大きく異なります。

自分の転職目的に合った転職エージェントをうまく利用しながら、あなたが希望する仕事に転職できることを願っています。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
この記事を読んで、MS-Japanの退会を思い止まった人や余計に退会しようか悩んでいる人もいると思います。そのような人は、メリットやデメリット、口コミなどを含めて、MS-Japanの特徴を詳しく紹介した下の記事も参考にしてみて下さい。