転職サイト

【1分で完了!】転職活動で登録後にワークポートが合わなかった時の退会方法

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
  • 転職先が決まった
  • 求人紹介の連絡がうっとうしい
  • 担当者と合わない
  • 思うような求人が見つからない

このような理由から、ワークポートの退会を考えている人はいないでしょうか?

この記事では、ワークポートの退会方法から退会する時の注意点について紹介しています。

これからワークポートの退会を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ワークポートの退会方法

ワークポートの退会方法を今すぐ知りたいという人のために、まずはワークポートの退会方法を紹介します。

ワークポートには退会用の専用フォームがないため、サイト内にある問い合わせフォームから退会手続きをすることになります。

「ワークポートHP」より

ワークポート問い合わせフォーム

問い合わせ内容に「退会希望」と書けば退会することができるため、1分ほどあれば多くの方が退会手続きを終えることができます。

しかし、この1分間の退会手続きをする前に「3分だけ我慢できるよ」という人は、下の文章を読んでから退会することをおすすめします。

退会前に考えよう。ワークポートを退会するとどうなるの?

ワークポートの退会に費用は発生する?

ワークポートの登録が無料で出来たように、退会にも一切費用はかからず、無料で退会することができます。

ワークポートを退会すると、再開(再登録)はできないの?

ワークポートを退会しても、もう一度再開(再登録)することはできます。

しかし、退会時に登録したデータは個人情報の観点から全て削除されてしまうので、再登録する時は最初からキャリアシートや職務経歴などを登録し直すことになります。

退会前に考えよう。ワークポートを退会したい理由は何ですか?

1分ほどで簡単に退会できるワークポートですが、退会した時点で希望条件に合った求人を紹介してもらえる可能性も0になります。

また、先ほども紹介したように、退会することで今まで登録したキャリアシートや職務経歴などの登録データも消えてしまい、もう一度ワークポートを利用する時には大きな手間となります。

これから退会理由で考えられる4つの事例を紹介していきますが、退会理由の中には退会せずに解決できる問題もあります。

ワークポートを退会する前に自分の退会理由に該当するものがないか、一度確認してみて下さい。

ワークポートの退会理由
  1. 希望の求人が見つからない
  2. 担当者が合わない
  3. 転職活動を止めた
  4. ワークポートが嫌いになった

退会理由1:希望の求人が見つからない

ワークポートはIT・WEB系の求人を中心に扱う転職エージェントになります。

そのため、利用者によっては希望の求人を紹介してもらえず、ワークポートの退会を考える人もいます。

このような人は、ワークポート以外に複数の転職エージェントを利用することをおすすめします

複数の転職エージェントを利用することで、次のようなメリットがあります。

複数の転職エージェントを利用するメリット
  • 各転職エージェントの転職サポートを比較できる
  • 各転職エージェントの独自求人をチェックできる
  • キャリアアドバイザーとの相性が悪い場合、他の転職エージェントでリスク回避できる

「自分が転職エージェントに望む事」「各転職エージェントの特徴」を照らし合わせながらワークポート以外に1〜2社の転職エージェントに登録しておくことで、希望の求人に出会える可能性を高めることができます。

【目的別】おすすめ転職エージェント
リクルートエージェント 業界NO1の転職エージェント。
求人数、転職成功実績ともにNO1で、全国にも対応していることから、どの転職者も利用して損はない転職
エージェント。
doda 業界第2位の転職エージェント。
他には掲載されていないDODA独自の求人も多数あり。
リクルートエージェントでカバーできない
求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
JACリクルートメント 年収UPの転職に加えて、細やかな転職サポートからスピード転職も可能。求人数がやや少ないため、他の転職エージェントとの併用で「スピード+より確実な転職」を実現。
ハイキャリア案件を中心に求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
マイナビエージェント 20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多い。
第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
パソナキャリア 利用者満足度が驚異の96%となる転職エージェント。
「社会の問題点を解決する」という企業理念を元に、障害者雇用や社会貢献活動にも積極的なパソナグループの一員として、丁寧な転職サポートに定評あり。
とにかく丁寧な転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
MS-Japan 経理・財務・人事・法務などの管理部門に特化した転職エージェント。
1990年の創業以来、2万人以上の転職サポート実績があり、管理部門へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
クライス&カンパニー マネージャークラスのハイキャリア求人を中心に転職サポートを行い、アメリカの国家資格である「GCDF」を取得しているキャリアコンサルタントも多数在籍。
質の高い転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
就職Shop リクルートエージェントと同じリクルートが運営する転職エージェント。
社会人未経験者やフリーターなど、職務経歴に自信のない人への転職サポートに特化し、紹介される求人は全て書類選考が免除!応募後はいきなり面接へ進むことができる。
社会人未経験者やフリーターの人におすすめの転職エージェント。

退会理由2:担当者が合わない

ワークポートの退会を考えている人の中には、担当者のキャリアアドバイザーと合わないことを理由に、退会を考える人もいます。

このような人は、担当者を変更することで問題を解決することができます。

転職エージェントを利用する時には担当者との相性はとても大切で、転職活動の成否にも大きく影響します。

どうしても担当者と合わない時は、遠慮せずに変更してもらうようにしましょう。

担当者本人に直接伝えることが気まずい人もいますが、ワークポートは先ほど紹介した問い合わせフォームの中に「転職コンシェルジュの変更について」という項目があるので、担当者の変更も気軽にすることができます。

「ワークポートHP」より

ワークポート問い合わせフォーム

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼もしっかりと伝えるようにしましょう。担当者を変更する時は「別の担当者の視点でも求人を探したい」と伝えることで、スムーズに担当者の変更をすることができます。
本当に変更していいの?利用中の転職エージェントで担当者を変更する方法 転職エージェントの担当者とは? 多くの転職エージェントでは、あなたの転職相談にのってくれるキャリアアドバイザー(CA)と、求人開拓...

退会理由3:転職活動を止めた

  • 転職先が決まった
  • 仕事が忙しすぎて転職活動ができなくなった
  • 今の職場でもう一度働くことにした

様々な理由から転職活動を止める人もいます。

転職先が決まった人は、これ以上ワークポートを利用する必要もありません。

退会してスッキリしましょう。

一方、何らかの理由で転職活動を途中で止める人もいます。

「転職しない」という選択肢も1つの転職活動ですし、転職活動をしたからといって必ず転職をする必要もありません。

しかし、途中で転職活動を止めた人は、今の職場に感じている不満や問題が解決されない限り、転職したい気持ちが再び大きくなります。

先ほど紹介したように退会することで登録したデータが全て消去されてしまうので、万が一?の状況に備えて退会せずに登録したままにしておくことをおすすめします。

退会理由4:ワークポートが嫌いになった

サイトの使いにくさや求人紹介のうっとうしさなど、様々な理由が重なりワークポートが嫌いになる人もいます。

そんなあなたは、、、退会しましょう。

転職エージェトはワークポート以外にもたくさんあり、無理にワークポートを利用し続ける必要もありません。

先ほど求人が見つからない時におすすめした「【目的別】おすすめ転職転職エージェント」は、転職者全てにおすすめできる「総合型転職エージェント」になります。

総合型転職エージェントにはあらゆる職種の求人があるため誰もが利用しやすい反面、専門性に欠けるデメリットがあります。

転職エージェントには、総合型転職エージェント以外に特定の職種に特化した「特化型転職エージェント」もあり、転職者によっては特化型転職エージェントの利用が向いているケースもあります。

ワークポートはIT・WEB系の求人に強みを持つ特化型転職エージェントのため、ワークポートの退会を考えている人は、IT・WEB系の特化型転職エージェントを利用することで、より自分に合った求人を見つけやすくなります。

IT・WEB系でおすすめの特化型転職エージェントは、次の3つになります。

1.レバテックキャリア

レバテックキャリア LP

レバテックキャリアはIT・WEB業界の転職サポートに特化した転職エージェントで、運営母体となるレバレジーズ株式会社は2005年の会社設立後、人材紹介業を15年近く行ってきた実績のある会社となります。

「レバレジーズ株式会社HP」より

転職サポートをしてきた転職者の数も78,000人以上となり、確かな運営会社と今までの転職サポート実績から、安心して利用できる転職エージェントになります。

「レバテックキャリアHP」より

レバテックキャリアで紹介される求人は年間3,000回以上企業ヒアリングを行った求人となるため、転職先企業の職場の雰囲気や本当の残業時間といった「企業のリアルな内情」を転職前に教えてもらうことができます。

「レバテックキャリアHP」より

そのため、転職前後のギャップが小さくなることで転職の後悔や失敗を防ぐことができます。

確かな求人と今までの転職サポート実績から、レバテックキャリアはWEB・IT系の転職を考えた人が、まず利用すべき転職エージェントになります。

2.マイナビエージェント

マイナビエージェントは就職活動でお世話になった人も多い「マイナビ」や転職サイトの「マイナビ転職」を運営するマイナビ株式会社が運営する安心の転職エージェントになります。

「マイナビ株式会社HP」より

業界最王手のネットワークを生かし、紹介される求人の中には他の転職エージェントでは扱っていない非公開求人も数多くあります。

「マイナビエージェントHP」より

企業が非公開で求人募集をする理由には、次のようなものがあります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 採用活動を知られたくない場合

このように、企業が非公開で求人を募集することにより、ピンポイントの人材募集や採用活動の効率化ができるなど、企業側には様々なメリットがあります。

そのため、非公開求人は条件のいい求人も数多く存在し、一般には公開されていないことからライバルの少ない求人となります。

ライバルの少ない好条件のWEB・IT系の求人を少しでも多くチェックした人は、マイナビエージェントを利用してみて下さい。

3.パーソルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジースタッフ LP

上の2つはWEB・IT経験者向けの転職エージェントとなるため、WEB・IT業界が未経験の人には利用するハードルが高くなります。

そのため、未経験からWEB・IT系の仕事に挑戦する人は、WEB・IT系の派遣求人に特化したパーソルテクノロジースタッフがおすすめです。

パーソルテクノロジースタッフはWEB・IT系の仕事に特化した派遣会社で、アルバイトや転職でお世話になった人も多い「an」や「doda」を運営するパーソルグループが運営する派遣会社になります。

「パーソルホールディングスHP」より

派遣社員に抵抗を感じる人もいますが、派遣社員の中には紹介予定派遣といった正社員を前提とした働き方もあります。

【派遣社員のイロハ】正社員との違いからメリット・デメッリトまでを徹底紹介! そもそも派遣社員とは? 日本の派遣社員は1986年の「労働者派遣法」の施行によって始まり、2017年時点で129万人もの人が派遣社...

パーソルテクノロジースタッフは異業種からの挑戦やキャリアチェンジなど、未経験からWEB・IT業界へ転職を考えている人におすすめの派遣会社になります。

まとめ

ワークポートの退会方法から退会する時の注意点について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

全国には様々な転職エージェントがあり、利用する転職エージェントによって得意な転職サポートや対応地域も異なり、受けられる転職サポートも大きく変わってきます。

自分の転職目的に合った転職エージェントをうまく利用しながら、あなたが希望する仕事に転職できることを願っています。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
この記事を読んで、ワークポートの退会を思い止まった人や、余計に退会しようか悩んでいる人もいると思います。そのような人は、メリットやデメリット、口コミなどを含めて、ワークポートの特徴を詳しく紹介した下の記事も参考にしてみて下さい。