転職サイト

ロバート・ウォルターズの登録方法から登録後にできること

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
「転職活動でロバート・ウォルターズの利用を考えているけど、登録すると何ができるの?」

このような疑問を持っている人はいないでしょうか?

この記事では、ロバート・ウォルターズの登録方法から登録後にできることまでを紹介しています。

転職活動でロバート・ウォルターズを利用しようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ロバート・ウォルターズの登録方法

ロバート・ウォルターズの登録方法を知りたい人のために、先に登録方法をお伝えします。

ロバート・ウォルターズの登録は名前や職種などの基本情報だけの入力となり、職務経歴書も自分で作成したデータを添付することができます。

「ロバート・ウォルターズHP」より

そのため、1分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

全ての項目を入力すれば登録完了となります。

登録後は担当者から連絡があるので、面談日を決めた後は「キャリカウンセリング」「求人紹介」と転職サポートが進んでいきます。

公式サイト:ロバート・ウォルターズを利用する(無料)

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
ロバート・ウォルターズの特徴は下の記事で詳しく紹介していますので、登録する時の参考にして下さい。
転職時にロバート・ウォルターズは登録すべき?評判、口コミを徹底調査!

ロバート・ウォルターズ登録後にできること

ロバート・ウォルターズに登録後は、下の流れに沿って転職サポートを受けることができます。

ロバート・ウォルターズ利用の流れ
STEP1 無料会員登録
STEP2 面談(転職相談)
STEP3 求人紹介+企業別対策
STEP4 求人応募
STEP5 内定

面談(キャリアカウンセリング)

ロバート・ウォルターズに登録後は、キャリアアドバイザーとのキャリアカウンセリングを行います。

このキャリアカウンセリングの時に転職希望を伝え、自分に合った求人を紹介してもらうことができます。

また、ロバート・ウォルターズでは職種や業種が細かく分類され、それぞれに分野に専門のキャリアアドバザーがいます。

「ロバート・ウォルターズHP」より

そのため、自分が転職を希望する分野に特化したキャリアアドバイザーから、転職サポートを受けることができます。

キャリアカウンセリングを行う場所は、国内に2拠点ある東京と大阪のオフィスで行うことになります。

東京オフィス

  • 所在地:
    〒150-0002
    東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル14階
  • アクセス
    ・JR「渋谷駅」新南口より徒歩3分
    ・JR「渋谷駅」東口より徒歩6分

大阪オフィス

  • 所在地:
    〒531-0072
    大阪府大阪市北区豊崎3-19-3 ピアスタワー15階
  • アクセス
    ・地下鉄御堂筋線 「中津駅」4番出口より徒歩1分
    ・阪急神戸線/阪急京都線 「梅田駅」茶屋町口より徒歩5分

どちらの面談場所も駅から5分前後の便利な駅近にあるため、仕事終わりなどに気軽にキャリアカウンセリングを受けることができます。

また、面談場所まで遠い人や仕事が忙しい人など、どうしても直接面談することが難しい人に対して、ロバート・ウォルターズでは電話でのキャリアカウンセリングにも対応しています。

登録後、ロバート・ウォルターズから連絡があった時に、電話面談を希望していることを伝えれば対応してくれます。

求人の紹介

キャリアカウンセリング終了後、あなたが伝えた転職希望を元に求人を紹介してもらうことができます。

キャリアカウンセリングをやっている時に希望する求人がある時は、その場で求人を紹介してもらうこともあります。

ロバート・ウォルターズが抱えている求人は外資系やグローバル企業の求人が中心となり、英語を使う仕事がメインとなっています。

そのため、求人数自体は他の転職エージェントに比べて少なくなっており、業界最王手のリクルートエージェントと比べた時にはその差がはっきりと分かります。

2018.9.14時点

求人数の少なさをカバーするためにも、ロバート・ウォルターズを利用する時はに複数の転職エージェントを利用することをオススメします。

外資系やグローバル企業の求人を中心とした「英語を使う仕事」への転職に強い転職エージェントとして、次の3つがおすすめの転職エージェントになります。

1.JACリクルートメント

JACリクルートメントは東証1部上場の転職エージェントで、イギリスのロンドンに本社を置くグローバル人材紹介会社になります。

海外に9拠点を持ち、特にアジアへの転職サポートに強みを持っています。

「JACリクルートメントHP」より

また、JACリクルートメントは転職サポートの質の高さにも定評があります。

オリコンが行った「転職エージェントのランキング・比較」の「担当者の対応 満足度ランキング」部門において、JACリクルートメントが1位にランキングされていることからも、転職サポートの質の高さが証明されています。

「オリコン 転職エージェントのランキング・比較」より

JACリクルートメントを利用することで、キャリアアドバイザーから質の高い転職サポートを受けながら、海外求人やグローバル企業への転職活動を有利に進めることができます。

  • 担当者のサポートが素晴らしかった

・女性
・30代後半
・広報
・年収500万円台→600万円台
・評価:(4)

他の転職エージェントと違い求人を決めることを急かされることもなく、こちらの立場に立って転職サポートをしてくれました。

担当者の人は応募先企業の知識も他の転職エージェントに比べてかなり深い部分まで知っており、聞いたことには全て納得のいく回答をしてくれました。

利用して良かった転職エージェントです。

JACリクルートメント
運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
公式サイト www.jac-recruitment.jp/

 

2.リクルートグローバルファミリー(RGF・Recruit Global Family)

リクルートグローバルファミリーは、業界最王手のリクルートが運営するグローバル人材紹介会社となります。

アジアを中心に転職サポートを行い、アジアNO1の拠点数や50年以上培ってきたノウハウを生かして、海外勤務やグローバル企業への転職をサポートしてもらうことができます。

  • 現地情報で転職前にイメージできた

・女性
・20代前半
・法人営業
・年収300万円台→300万円台
・評価:(4.8)

国内メーカーに勤務後、ベトナムの現地法人へ転職し、現在は営業を行なっています。

日本との文化の違いに戸惑うこともありますが、ベトナム人の友好的な性格に加えて、コンサルタントの方が事前に現地情報を詳しく教えてくれたので、転職後もスムーズに働くことができたと思います。

リクルート以外に海外求人が多い他の転職エージェントも利用しましたが、紹介された求人は圧倒的にリクルートが多かったです。(ベトナム求人以外は分かりませんが、、、)

リクルートグローバルファミリーは、就職活動でリクナビを利用していたという理由だけで申し込みましたが、実際に利用してみて良かったです。

海外、特にアジアで働きたい人にはおすすめの転職エージェントだと思います。

リクルートグローバルファミリー
運営会社 RGF HR Agent Work in Asia
公式サイト www.rgf-hragent.asia/

 

3.ヘイズ・ジャパン

ヘイズ・ジャパンはイギリスに本社を置くグローバル人材紹介会社で、世界33の国と地域に250の拠点を持ち、日本国内にも2001年の進出以降に3拠点(東京・横浜・大阪)を構えています。

「経理・財務」「ライフサイエンス」「マニュファクチャリング」「マーケティング・デジタル」など、各分野に特化したコンサルタントがいるため、漠然と海外やグローバル企業で働きたい人だけでなく、具体的に希望職種が決まっている人におすすめの転職エージェントになります。

  • 担当者の専門知識が素晴らしかった

・男性
・30代前半
・アカウント
・年収600万円台→700万円台
・評価:(5)

とにかく担当者の専門知識が素晴らしかったです。

国内の大手メーカーで経理をしていましたが、国際会計に興味を持ったことから国内の外資系企業へ転職を希望していました。

私の転職サポートをしてくれたコンサルタントの方はアカウント専門の方で、私が具体的にやりたい仕事の業務内容についてもしっかりと理解しており、スムーズに希望の求人を紹介してもらうことができました。

面接対策などの転職サポートも素晴らしく、満足のいく転職ができたことに感謝しています。

ヘイズ・ジャパン
運営会社 ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会
公式サイト www.hays.co.jp/

履歴書・職務経歴書の添削

1人で転職活動を行う時には、作成した履歴書や職務経歴書をそのまま企業へ提出することになりますが、ロバート・ウォルターズを利用することで、企業へ提出する前に応募書類を添削してもらうことができます。

応募書類を事前にチェックしてもらうことで、平均25%前後となっている書類選考通過率を高めることができます。

「パソナキャリアHP」より

提出前に応募書類を第三者の目でチェックしてもらうことで、書類選考通過率を上げるだけでなく、応募書類を元に行われる面接対策もすることができます。

企業への応募・面接の日程調整

ロバート・ウォルターズから求人の紹介を受けて応募書類の添削をしてもらった後は、企業への応募から面接の日程調整まで、全ての段取りを調整してもらうことができます。

働きながら転職活動を行う人は、特に面接の日程調整が大きな負担となります。

自分の仕事の調整はもちろん、応募先企業とのスケジュールを合わせる必要があり、複数の企業に応募した時などは、自分だけでは調整できない状態になることもあります。

しかし、ロバート・ウォルターズを利用することで、自分が希望する面接日をロバート・ウォルターズに伝えるだけで、企業と直接やり取りをすることなく、面接日を決めることができます。

転職活動でロバート・ウォルターズを利用する時の注意点

ロバート・ウォルターズに登録することで様々な転職サポートを無料で利用することができますが、ロバート・ウォルターズを利用する時には、次のことに注意する必要があります。

土日に面談ができない

ロバート・ウォルターズの面談は平日のみ行なわれ、土日は面談を行なっていません。

ロバート・ウォルターズの面談拠点まで遠い人や、仕事の関係でどうしても日曜日しか都合がつかない人は、電話面談にも対応しています。

しかし、対面での面談と電話面談では大きな違いがあります。

転職者を目の前に行える対面での面談は、キャリアアドバイザーも転職アドバイスがしやすくなります。

細かい転職希望のヒアリングや、その人の持つ雰囲気、転職にかける意気込みなど、実際に会わなければ分からないことも少なくありません。

また、キャリアアドバイザーが転職サポートをしているのはあなただけではなく、多くの転職者にも同時に転職サポートを行なっています。

キャリアアドバイザーも人間です。

電話越しに声だけを聞いた転職者に比べて、直接面談で会った転職者に対して「何とかして転職を成功させてあげたい」と、より転職サポートに力が入ることも自然なことです。

平日しか都合のつかない人は、次の記事も参考にしながら他の転職エージェントを利用することも考えてみて下さい。

転職エージェントの面談は土日もできる?分からないから調べてみました

担当者と合わない時は遠慮しないで変更する

ロバート・ウォルターズでは様々な転職サポートを無料で受けられますが、転職サポートはボランティアではなく「ビジネス」として行われています。

転職エージェントは、転職が成立することで企業から紹介料をもらうことができる「成功報酬型」のビジネスになっており、1件でも多くの転職を成立させることが大切になります。

そのため、あなたの転職サポートをしてくれる担当者が、転職を成立させることだけを考えた「企業の方だけを向いた担当者」の場合は、すぐに担当者を変えてもらう必要があります。

担当者を変更してもらうことは少し気まずいですが、ロバート・ウォルターズは問い合わせページから担当者の変更をすることができます。

ロバート・ウォルターズ問い合わせページ

担当者本人に直接言う必要もないため、変に気を遣うこともありません。

どうしても担当者と合わない時は、遠慮せずに担当者を変更してもらうようにしましょう。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼もしっかりと伝えるようにしましょう。担当者を変更する時は「別の担当者の視点でも求人を探したい」と伝えることで、スムーズに担当者の変更をすることができます。
本当に変更していいの?利用中の転職エージェント担当者を変更する方法

ロバート・ウォルターズに転職活動の全てを任せない

仕事が忙しい時や転職活動をするモチベーションが下がった時など、ロバート・ウォルターズに紹介された求人だけをチェックし、自分で求人探しを止めてしまう人もいます。

最初に転職希望を伝えれば、自分に合った求人を自動的に紹介してもらえることは転職エージェントを利用するメリットですが、求人を紹介されることで「転職活動が受け身」になってしまう問題があります。

ロバート・ウォルターズを利用することで転職活動をスムーズに進めることはできますが、転職するのはあなた自身です。

自分でも求人探しを続けていき、自分が希望する求人に出会える可能性を少しでも高めることが大切です。

そのため、先ほどの担当者変更と合わせて、ロバート・ウォルターズ以外にも複数の転職エージェントを利用することをオススメします。

複数の転職エージェントを利用することで、次のようなメリットがあります。

複数の転職エージェントを利用するメリット
  • 各転職エージェントの転職サポートを比較できる
  • 各転職エージェントの独自求人をチェックできる
  • キャリアアドバイザーとの相性が悪い場合、他の転職エージェントでリスク回避できる

「自分が転職エージェントに望む事」「各転職エージェントの特徴」を照らし合わせながら、ロバート・ウォルターズ以外に1〜2社の転職エージェントに登録しておくことで、自分が納得のいく転職活動をしやすくなります。

〜各転職エージェントの特徴〜
リクルートエージェント 業界NO1の転職エージェント。
求人数、転職成功実績ともにNO1で、全国にも対応していることから、どの転職者も利用して損はない転職
エージェント。
DODA 業界第2位の転職エージェント。
他には掲載されていないDODA独自の求人も多数あり。
リクルートエージェントでカバーできない
求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
マイナビエージェント 20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多い。
第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
パソナキャリア 利用者満足度が驚異の96%となる転職エージェント。
「社会の問題点を解決する」という企業理念を元に、障害者雇用や社会貢献活動にも積極的なパソナグループの一員として、丁寧な転職サポートに定評あり。
とにかく丁寧な転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
ワークポート WEB・IT関連の転職に強みを持ち「GOOD AGENT RANKING ~2016年度下半期」の転職決定人数ランキングで1位を獲得した実力ある転職エージェント。
WEB・IT関連の仕事へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
MS-Japan 経理・財務・人事・法務などの管理部門に特化した転職エージェント。
1990年の創業以来、2万人以上の転職サポート実績があり、管理部門へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
クライス&カンパニー マネージャークラスのハイキャリア求人を中心に転職サポートを行い、アメリカの国家資格である「GCDF」を取得しているキャリアコンサルタントも多数在籍。
質の高い転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
就職Shop リクルートエージェントと同じリクルートが運営する転職エージェント。
社会人未経験者やフリーターなど、職務経歴に自信のない人への転職サポートに特化し、紹介される求人は全て書類選考が免除!応募後はいきなり面接へ進むことができる。
社会人未経験者やフリーターの人におすすめの転職エージェント。

まとめ

ロバート・ウォルターズの登録方法から登録後にできることまでを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ロバート・ウォルターズを利用することで、様々な転職サポートを受けながら外資系やグローバル企業の求人へ効率的に転職活動を進めていくことができます。

ロバート・ウォルターズをうまく活用しながら、あなたが希望する仕事に転職できることを願っています。

公式サイト:ロバート・ウォルターズを利用する(無料)