女性の転職

シングルマザーの20代女性が保険外交員に転職して手に入れた生活とは?

ウーマンコンシェルジュ
ウーマンコンシェルジュ
今回、転職活動の体験談を寄せて頂いたのは、ショップ店員から保険外交員の仕事に転職した20代女性のA.Kさん。

前職のショップ店員時代に離婚を経験され、シングルマザーとして働く中で、経済的な安定を求めて保険外交員に転職することを決意したA.Kさん。

この記事では、シングルマザー女性のA.Kさんが、保険外交員に転職したことで手に入れた生活について紹介しています。

A.Kさんと同じように、経済的な不安から保険外交員の仕事に興味を持っている20代のシングルマザー女性は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

転職者情報

  • 名前:A.Kさん
  • 年齢:20代後半
  • 性別:女性
  • 家族構成:シングルマザー(子供1人)
  • 転職活動のタイミング:在職中
  • 転職方法:転職サイト
  • 転職決定までの応募社数:2社
  • 転職活動期間:2ヶ月
  • 転職理由:労働条件
  • 転職前の勤務地:東京
  • 転職後の勤務地:千葉
  • 転職前の職業:ショップ店員(アパレル)
  • 転職後の職業:保険外交員

シングルマザーの20代女性が転職した保険外交員の仕事内容

現在、私がやっている保険外交員の主な仕事内容は、次のようなものになります。

  • 保険加入の新規獲得
  • 保険契約者のアフターケア
  • 解約手続きや保険見直しのアドバイス

保険外交員になるには保険の勉強に加えて、一般常識や資格の獲得など、様々な条件が必要になります。

さらに、一緒に勤務してくれる求人募集の声掛けも、大切な仕事の1つになります。

シングルマザーの20代女性が保険外交員に転職を考えたきっかけ

  • 1年勤務できたら上出来
  • 保険のセールスレディーは使い捨て
  • 色気で契約をとる

ネットなどであまり良い評判を見たことがない保険外交員ですが、私が保険外交員の仕事に転職を決意したきっかけは、給料や会社の福利厚生に魅力を感じたことです。

前職のアパレルショップ店員の時に離婚を経験し、シングルマザーとして生活をしていく必要が出てきました。

そのため、給料の安いショップ店員では生活していくことが難しく、もう少し条件のいい仕事へ転職する必要がありました。

また、子供が小学生だったので、何かあった時にはすぐ家に戻れる仕事が理想的で、そのような条件を考えていく中で保険外交員の仕事へ転職を考えるようになりました。

シングルマザーの20代女性が保険外交員に転職して悩んだこと

私は今までアパレル関係の仕事しか経験がなく、保険外交員の仕事に転職して契約をとることの難しさに悩みました。

前職のアパレルショップでは、お客様がショップに立ち寄り気に入った商品があれば自然と購入してくれるため、接客から商品の購入まで持ち込むのはそれほど難しくはありませんでした。

しかし、保険外交員はその人の一生に関わる保険を売る仕事になるため、お客様から信頼を得ることが必須となり、思うように契約をとることができませんでした。

外回りでいきなりインターホンを鳴らして保険を勧めることもありますが、このご時世なので、いきなり行っても不信感しか与えず、出てくるお客様の態度も冷たい方がほとんどです。

また、夏の暑い時や冬の寒い時などに外回りをして思うように話を聞いてもらえない時は、その辛さもより大きなものになります。

ノルマを課せられているので精神的にプレッシャーからうつ病になるスタッフもいますが、営業回りをしていて思うように契約が取れない時は本当に辛く感じることがよくあります。

シングルマザーの20代女性が保険外交員に転職して意識した事

保険外交員の仕事は各個人が契約を獲得していく「個人プレー」がメインの仕事となります。

そのため、長年勤務している方を敬って、職場で一番若かった私が進んで挨拶をしたり、一番最初に出勤して掃除やコーヒー・お茶を入れなどを行なっていました。

また、花見やバーベキュー、紅葉シーズンになればみんなで出かけることを大切にしている会社なので、お弁当の手配やスケジュール管理も積極的に行いました。

やはり、女性が多い職場なので、関係がこじれると色々と働き辛くなるため(アパレルショップ時代に経験済み)、自分から先手?を打っていきました。

そうすることで、分からないことがあった時や困った時も助けてもらうことができ、何も分からない状態で保険外交員の仕事を始めても、スムーズに仕事を進めやすくなります。

また、契約が取れても言わないことを意識しています。

必ずノルマがある仕事なので、契約が取れた時には奪い合いになることもあります。

どこのエリアで契約が取れたのか、お客様の名前や住所などを詳しく聞かれ「そのお客さん知っている」などと嘘か本当か分からないことを言われ、契約を取られたこともあります。

そのため、契約が取れた時は所長や事務員さんにだけ伝え、先輩方に成績が取れたことを話さないようにしました。

シングルマザーの20代女性が保険外交員に転職して手に入れた生活

実際に保険外交員の仕事に転職してみると、ノルマなどの面では確かにきついこともありますが、様々な魅力がある仕事だと感じています。

ショップ店員時代は周りのスタッフと調整しながら休みをとるシフト勤務だったので、子供のことで休みをとる時も簡単ではありませんでした。

しかし、保険外交員は個人で進められる仕事なので、自分が休んでも自分の給料が減るだけで、他の方に迷惑をかけません。

そのため、子供が熱を出しても気軽に早退することができ、体調が悪ければ休みを簡単に取ることもできます。

また、勤務するスタッフは女性が多いので、女性向けの様々な福利厚生が充実しているのも大きな魅力です。

  • 生理休暇
  • 特別休暇
  • 産休育児休暇
  • 出産祝い金40万円
  • 子供の保育料を半分負担

これらの魅力に加えて、たとえ仕事が大変でも自分が頑張れば頑張るほど給料やボーナスが大幅に上がるので、シングルマザーの私にとって魅力的な仕事だと感じています。

保険外交員に転職したいシングルマザーの20代女性へアドバイス

保険外交員の仕事に転職を考えている20代のシングルマザー女性は、保険外交員はノルマを達成することが最も大切だということを意識しておく必要があります。

保険外交員の仕事に限らず、営業の仕事全般に言えることかもしれませんが、結果は全て数字となって現れるので、上司からの評価も最終的には全て数字で判断されることになります。

その数字を出すためには、お客様から信頼を勝ち取ることが必要になりますが、信頼を得ることは簡単なことではありません。

当然、時間もかかりますし、何か問題があった時は一瞬で今まで築いた信頼が崩れてしまうこともあります。

そのため、自分が担当しているエリアのお客様が加入している保険を覚えたり、年末にはお客様にカレンダーを配って名前を覚えてもらうなど、細やかな心遣いが大切だと思います。

このように辛いことも多い保険外交員の仕事ですが、私はその辛さに見合うだけのやりがいがある仕事だと思っています。

特に、私と同じようにシングルマザーの女性は、生活する上である程度の収入を確保する必要があると思いますが、保険外交員の仕事は自分の頑張りでそれを実現することができます。

男女平等と言われていますが、女性が「給与」という形で仕事の評価をしてもらえる仕事は、そう多くないと思います。

私はノルマを達成することでボーナス4ヶ月分に加えて特別賞も貰うことができ、子供のためにも、これからもっと保険外交員の仕事を頑張っていこうと考えています。

まだまだシングルマザーの女性が生活しやすい環境が整っている社会ではありませんが、やってみて損のない仕事だと思いますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

まとめ

ウーマンコンシェルジュ
ウーマンコンシェルジュ
A.Kさん、転職体験談を寄せて頂きありがとうございました。

A.Kさんと同じように、これから保険外交員の仕事に転職を考えている20代のシングルマザー女性もいるかもしれません。

A.Kさんも言われているように、保険外交員の仕事は充実した福利厚生や自分の頑張りによって収入を大きく伸せる点など、子育てと経済的な自立を求められるシングルマザー女性が働きやすい仕事になります。

保険外交員の仕事を探す時には、転職後のノルマや職場の雰囲気、人間関係といった「保険外交員のリアルな情報」が気になる人も多くいますが、一人だけで転職活動を行う時には、そのようなリアルな情報を知ることには限界があります。

そのため、転職前に保険外交員のリアルな情報を知りたい人は、転職エージェントを利用しながら転職活動を進めてみて下さい。

転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入って、転職活動のサポートをしてくれる転職サービスになります。

転職エージェントの具体的な転職サポートには、次のようなものがあります。

転職エージェントの転職サポート
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 給与交渉をしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方のアドバイス等)
  • 転職前に転職先の現場情報を教えてくれる(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報等)

これらの転職サポートを全て無料で利用することがきます。

転職エージェントを利用することで、第三者の立場である転職エージェントから転職先の本当のノルマや職場の雰囲気、職場の人間関係といった「保険外交員のリアルな情報」を転職前に教えてもらうことができます。

また、自分一人で転職活動をする時には難しい給与交渉や面接の日程調整もしてくれるため、在職中の転職活動も無理なく進めることができます。

全国には約18,000もの転職エージェントがありますが、保険外交員に転職する20代のシングルマザー女性におすすめの転職エージェントはマイナビエージェントになります。

マイナビエージェントは就職活動でお世話になった人も多い「マイナビ」や転職サイトの「マイナビ転職」を運営するマイナビ株式会社が運営する安心の転職エージェントになります。

「マイナビエージェントHP」より

マイナビエージェントは女性への転職サポートを積極的に行なっており、それぞれの転職地域や分野には女性のキャリアアドバイザーが在籍しており、男性キャリアアドバイザーから転職サポートを受けることに抵抗のある女性も安心して利用することができます。

「マイナビエージェントHP」より

また、マイナビエージェントは求人全体の約80%が非公開求人となっています。

「マイナビエージェントHP」より

非公開求人はその名の通り一般には公開されていない求人で、企業が求人を非公開にする理由には次のようなものがあります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 専門的なスキルや経験など、ピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 在籍している従業員より募集者の給与が高い場合
  • 他企業に採用活動を知られたくない場合

非公開で求人を募集することでピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあるため、非公開求人には条件のいい求人も数多く存在します。

さらに、非公開求人はマイナビエージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べてライバルの少ない求人の中から、自分に合った求人を紹介してもうらことができます。

保険外交員に転職を考えている20代のシングルマザー女性がマイナビエージェントを利用することで、女性キャリアアドバイザーから細やかな転職サポートを受けながら、ライバルの少ない好条件の求人を紹介してもらうことができます。

転職することが全て正しい選択ではありませんが、今の状況が続いた1年後、3年後の自分の姿を想像しながら、これからの行動を考えてみて下さい。

実際に転職するかどうかはともかく、あなたが今より自分らしく働けるようになることを願っています。

公式サイト:マイナビエージェントを利用する(無料)