転職成功マニュアル

永久保存版!|20代が希望の仕事へ転職する転職成功完全マニュアル

ヤングコンシェルジュ
ヤングコンシェルジュ
「20代って転職に有利って聞くけど、今すぐ転職した方がいいのかな?希望の仕事に転職するためには、どうすればいいんだろう?」

このような疑問を持っている20代の人はいないでしょうか?

この記事では、前職を短期間で退職した20代や異業種の仕事へ挑戦する20代など、20代が転職を成功させる方法をケース別に紹介しています。

次の転職を絶対に成功させたい20代の人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

20代の転職状況

20代の転職を成功させるためには、まず20代の転職状況を知ることが大切です。

年代別の転職状況を表した下のデータでは20代で転職経験のある人は63%にのぼり、20代では転職経験者が多数派となっています。

enミドルの転職 参照

また、20代で転職を2回以上した人は24%となり、20代の4人に1人が複数回の転職を経験しているとが分かります。

20代の転職理由として仕事内容や給与への不満、残業や休日といった労働環境による不満が上位を占めています。

20代転職理由
1位 ほかにやりたい仕事がある 15.4%
2位 給与に不満がある 10.3%
3位 残業が多い/休日が少ない 9.2%
4位 会社の将来性が不安 7.9%
5位 専門知識・技術力を習得したい 5.1%
6位 土日祝日に休みたい 4.1%
7位 幅広い経験・知識を積みたい 3.9%
8位 U・Iターンしたい 3.6%
9位 市場価値を高めたい 3.5%
10位 雇用形態を変えたい 3.1%

「DODA 転職理由ランキング2018<年代別>」より引用・作成

このように、会社への不満から20代の多くが転職を経験しており、20代の転職が珍しいものではなくなっていることが分かります。

20代の転職は何回まで大丈夫?

20代の転職が珍しいものではなくなっている一方、転職回数が増えることで、今後の転職が難しくなることに不安を感じる20代の人も少なくありません。

20代の転職回数別の転職成功率を見ると、転職1回目ではほとんど変わらない転職成功率も、転職2回目以降から急激に転職の成功率が下がります。

「DODAキャリアコンパスHP」より

転職回数を重ねるごとに転職の成功率も大きく下がりますが、採用担当者の中には、次のような声も紹介されています。

  • 採用担当者の声

短期間で転職を繰り返す方は、入社いただいても長続きはしないと判断しています。ただし、4回転職しても明確な理由があれば特に問題にしません。

「リクナビネクスト 転職回数の平均は?年代別の平均転職回数と採用実態」より

  • 採用担当者の声

少なければ良いという訳でもない。年齢と経験によって判断は異なります。本人に聞いて妥当性や要因を確認した後に判断しています

「リクナビネクスト 転職回数の平均は?年代別の平均転職回数と採用実態」より

また、転職回数を気にしないという採用担当者の声も紹介されています。

  • 採用担当者の声

個人の能力と転職歴に関連がないと考えるから

  • 採用担当者の声

回数だけではなく、総合的な内容(年齢、勤続年数、回数など)を確認したいから

また、転職の成功率は職種によっても大きく異なり、転職回数の多さが不利になる職種と、あまり不利にならない職種があります。

「DODAキャリアコンパスHP」より

特に、次のような職種では転職回数の多さだけで採用の判断がされないため、転職回数の多さがそれほど大きな問題にならないことがあります。

  • 人の出入りが活発な職種
  • 採用ニーズが高い職種
  • 専門的なスキルや資格が重視される職種

このように、20代の転職では転職回数が採用時の大きな判断材料になるものの、転職回数の多い人も転職理由を明確にすることや、転職する職種を考えることで、転職回数による問題を解決することができます。

20代の転職を成功させる5つのポイント

20代の転職では、転職回数や転職する職種が転職成功率に大きく影響することを見てきましたが、20代の転職では気をつけるべきポイントが、他にもあります。

20代の転職を成功させるために、次のポイントを意識しながら転職活動を進めるようにして下さい。

自分の年齢を意識する

20代と一言でいっても、20代の前半と後半では、転職時のアピールポイントも大きく異なります。

20代前半では企業側が転職者に業務スキルを求めることは少なく、社会人としての最低限のマナーが身についていることや、仕事に対する姿勢や意欲がアピールポイントになります。

一方、20代後半では自分で仕事を調整することはもちろん、新人の指導経験を求められることもあります。

そのため、仕事をする上での工夫や即戦力として活躍できることがアピールポイントとなり、20代前半の時とは状況が大きくことなります。

20代の転職を成功させるためには自分の年齢を意識し、自分の年齢に合った転職活動をすることが大切になります。

就職活動との違いを意識する

どれだけ短期間であれ、一度社会に出て働いた人は企業から一人の社会人として見られことになります。

そのため、就職活動と同じ感覚で転職活動に臨むことで、思うように転職活動が進まないこともあります。

就活時には精神論で話しがちな面接でのアピールも、転職時の面接では今までにどのような仕事を経験し、会社にどのような貢献ができるのか具体的な成果を求められます。

また、面接時の話し方や振る舞いなど、社会人としての行動を求められることになり、学生時代の感覚で転職活動に臨んだ時には、内定を勝ち取ることは難しくなります。

20代の転職を成功させるためには就活時代の意識を切り替え、社会人として見られていることを意識することが大切になります。

転職で「20代」が武器になる

20代の転職が難しいことを紹介してきましたが、転職する時には20代という年齢が大きな武器にもなります。

社会に出てからの経験が短いということで、企業としては即戦力として20代を採用するメリットは少ないものの、今後の活躍を期待したポテンシャル採用が行われることがあります。

年齢が若いということで、次のような点を評価され、ポテンシャル採用されることになります。

  • 仕事を覚えるのが早い
  • 将来の伸び代が大きい
  • 他の会社の色に染まっていない
  • 会社の中心人物として育てやすい

また、ポテンシャル採用によって、20代は未経験の仕事や異業種への転職もしやすくなっており、転職する時には20代という年齢が大きな武器になることを意識しておくことが大切になります。

30代以降の働き方を意識する

これまで見てきたように、20代という年齢は転職回数や職種によっては今後の転職が難しくなる一方、年齢を武器に様々な仕事にチャレンジできる年齢にもなっています。

20代の経験が30代以降の人生に大きな影響を与えることになり、20代の時の働き方がその後の人生を大きく左右すると言っても過言ではありません。

そのため「20代」という目先のことだけにこだわらず、30代以降の「少し未来の自分」を意識しながら、転職活動を進めることが大切になります。

例えば、転職先を選ぶ時には給与額が仕事を選ぶ上での大きな判断基準になりますが、目先の給料額にこだわらないことも大切です。

学生時代の同級生と久々に再開し、居酒屋でお酒を飲みながら上司の悪口を言いつつ、給与の話もすることもあります。

その時に、人によっては少し悲しい気持ちになってしまう人もいます。

こいつ、自分と同時に働き始めたのに、自分よりずいぶん給料貰ってるな、、、

そのような気持ちから、もっといい給与の仕事へ転職を考える人もいます。

しかし、給与額は20代で身につけたスキルや築いた人脈などによって、20代後半や30代以降から大きく変わることがよくあります。

20代の転職を成功させるためには、目の前の給与額などに振り回されることなく、30代以降の自分を意識しながら「自分が身につけられる事」を基準に転職先を選ぶことで、長い人生の中で自分が希望する働き方を手に入れることができます。

会社にしがみつかない

少し乱暴ない方ですが、20代はまだこれからどうのようにでも自分の働き方や仕事を選んでいける年代です。

終身雇用が基本となっていた一昔前には珍しかった転職も、先ほど見たデータからも分かるように、現在では転職自体が珍しいものではなくなっています。

長年1つの会社で働いている人からみると不自然に感じる働き方も、これからは新しい視点で「仕事」を見直し始めた20代の人ならではの働き方があります。

  • 複数の仕事を掛け持つ
  • 仕事終わりや休日に本業以外の副業を始める
  • 仕事は都内で住まいは地方のデュアルライフを送る
  • 週一回の社内会議以外は出社せず、在宅で仕事をする

1つの会社にこだわらず、自分が希望する働き方を実現するための転職活動をしていくことも大切です。

20代の転職を成功させるケース別対策

20代の転職を成功させる5つのポイントを見てきましたが、5つのポイントは20代全ての人に当てはまるポイントになります。

しかし、先ほど年齢のところでも紹介したように、20代と一言でいっても、状況が大きく異なることになり、20代のそれぞれの人にあった対策が必要になります。

そこで、20代の転職を成功させるための方法を、それぞれの転職者に合ったケース別に紹介するので、自分の状況に当てはまるケースを確認してみて下さい。

アピールする経験がない20代の転職対策

20代の人の中には、仕事で十分な経験を積む前に退職をしてしまい、転職する時にアピールできる経験がないことで悩む人も少なくありません。

このような人は、転職エージェントの就職Shopをおすすめします。

就職Shopは転職サイトの「リクナビ」などを運営する、業界最王手のリクルートが運営する転職エージェントになります。

就職Shopは20代の既卒や第二新卒、フリーターといった職務経歴に自信のない人を専門に転職サポートを行う転職エージェントになります。

自分にアピールするだけの経験がない人には、転職したい気持ちは強くあるものの、その気持ちを評価してくれる企業に出会えないことで、転職活動がうまくいかない人が多くいます。

就職Shopから紹介される求人の多くは、転職者の今までの経歴だけでなく、人柄や仕事への熱意を採用基準にしている企業が多くなっています。

「就職Shop HP」より

そのため、就職Shopを利用することで、自分にアピールするだけの経験がない20代の人も、自分の転職に対する熱意や気持ちを伝えることで、転職成功の可能性を高めることができます。

公式サイト:就職Shopを利用する(無料)

異業種に転職する20代の転職対策

異業種の仕事へ転職する時には「なぜ異業種の仕事を選び、異業種の仕事の中でも、なぜその会社を選んだのか」を、面接や応募書類を通してしっかりと伝えることが大切になります。

しかし、未経験の仕事への転職ということで、書類選考の段階で落とされてしまうケースも少なくありません。

このような異業種の仕事へ転職する20代の人は、転職エージェントのハタラクティブを利用してみて下さい。

 

ハタラクティブは未経験業界への転職に特化した転職エージェントになります。

未経験の仕事に挑戦する人をサポートするということで、転職サポートには定評があり、
書類審査通過率が91.4%となっています。

応募した10人中9人以上が書類審査を通過することになり、ほとんどの応募者が面接に挑戦することができます。

書類審査を通過し、面接に挑戦した人が内定を獲得する転職内定率は80.4%と高い数値になっています。

この転職内定率の数値は、各転職エージェントが転職内定率を公表していないので、一概に比較することは難しくなっています。

しかし、次の一般的な転職エージェントの内定率のデータを見てもらうと、ハタラクティブの転職内定率の高さが分かります。

  • 書類選考通過率:30%程度
  • 1次面接通過率;30~40%程度
  • 最終面接通過率:30~50%程度

もし上記の歩留まり率で選考が推移したとして、高めに見積もっても、30%×40%×50%=6%の内定獲得率という事になります。

「すべらない転職」より

このように、ハタラクティブを利用することで、イメージではなく、実際に未経験の仕事へ高い確率で転職できることが分かります。

公式サイト:ハタラクティブを利用する(無料)

前職を短期間で辞めた20代の転職対策

前職を短期間で辞めた20代の人が最初にぶつかる壁として「書類選考」があります。

いくら転職したい強い気持ちを持っていても、提出した職務経歴に書かれている短い在職期間を理由に、書類選考の段階で落とされてしまうことがあります。

書類選考で落とされた場合、いくら転職したい強い気落ちを持っていても、面接でその思いを伝えることはできません。

前職を短期間で辞めてしまった20代の人は、転職エージェントのDYM就職をおすすめします。

DYM就職の大きな特徴として、紹介される全ての求人が書類選考を免除されていことがあります。

「DYM就職 HP」より

DYM就職では企業の採用担当者や社長と事前に直接交渉を行う仕組みが整っているため、書類選考をすることなく、面接に進むことができるようになっています。

そのため、前職を短期間で辞めてしまった20代の人がDYM就職を利用することで、書類選考で落とされてしまい、面接で自分の気持ちを伝えられないような悔しい思いをすることもなくなります。

公式サイト:DYM就職を利用する(無料)

まとめ

20代が転職を成功させる方法をケース別に紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

20代の転職では、年齢や転職者の状況によって、おすすめの転職方法も大きく異なります。

自分の状況に合った転職エージェントをうまく活用しながら、あなたが希望する仕事に転職できることを願っています。