転職成功マニュアル

未経験の仕事へ転職したい人が、転職成功のためにやるべきこと

チーフコンシェルジュ
チーフコンシェルジュ
  • 「未経験歓迎の仕事って、本当に未経験でも転職できるの?」
  • 「未経験の仕事に転職する時は、どんな対策をすればいいの?」

このような悩みを抱えている人はいないでしょうか?

この記事では、未経験の仕事へ転職したい人が、転職成功のためにやるべきことを紹介しています。

今まで経験したことのない仕事へ挑戦することに不安を感じている人は、是非この記事を読んでみて下さい。

この記事が、未経験の仕事へ挑戦するあなたの助けになれば、嬉しく思います。

「未経験OK」の「未経験」とは?

求人を見ていると「未経験OK」「未経験者歓迎」と書かれている求人を見ることがありますが、「未経験」と一言でいっても、未経験には次の3種類があります。

完全な未経験

まずは字の通り、その仕事を全くやったことがない「完全な未経験者」を指します。

社会人経験はあるものの、その仕事を全くやったことがない転職者を募集しており、多くの未経験者が求人に応募することができます。

しかし「未経験OK」「未経験可」には、社会人経験のない新卒者やフリーターは対象に含まれていない可能性もあるので、応募する前に確認が必要となります。

業界の未経験

不動産会社で経理の仕事をしていた人がアパレル会社で経理をする場合など、仕事の経験はあるものの、今までと違う業種に転職する人も「業界の未経験者」となります。

転職者は前職の経験を生かしながら仕事ができるため、会社独自の仕事のやり方を覚えれば短期間で仕事に慣れることができます。

一方の企業側も全くの未経験者と異なり、一から仕事を教える必要がないため、即戦力としての働きを期待することができます。

職種の未経験

建設会社で営業をしていた人が他の建設会社で人事をする場合など、同じ業界で働くものの、違う職種の仕事に転職する人も「職種の未経験者」となります。

経験した2つの職種から、それぞれ違った視点で1つの業界を見ることができる人材として独自のポジションを得ることができます。

一方、どちらの職種も中途半端になってしまい、ただの便利屋として仕事をするだけの存在になる可能性もあります。

このように「未経験者」には3つの種類があるため、求人に応募する時はどの「未経験者」に該当するのか、確認することが大切になります。

未経験でも転職OK!企業が未経験者を採用する理由とは?

「未経験者」にも3つに種類があることをみてきましたが、企業が中途採用を行う場合は特定のポジション・地位の従業員が欠員になった時の「欠員補充」と、企業の成長・業務拡大に伴う「人員増強」の2つがあります。

どちらも即戦力を求めた採用になりますが、企業が未経験の転職者を採用する理由には、何があるのでしょうか?

自社に合った人材に育てやすい

未経験者は他社の色に染まっていないことから、自社に合った人材に育てやすくなります。

経験者のように仕事の変な癖ややり方も身についていないため仕事の吸収も早く、自社の企業風土に合った人材として活躍が期待できます。

経験者のような即戦力としての活躍は難しいものの、自社の企業風土に合った人材に育てやすいことから、未経験者を採用することがあります。

応募が集まらない

求人に対して応募が集まらず、応募者の数を増やすために、未経験者を募集することがあります。

資格が前提の仕事

資格が必要で専門性が必要な仕事は未経験者が応募するには難しいイメージがありますが、企業は社内の教育体制を整えて、未経験者をイチから育てていこうとする傾向があります

そのため、税理士や弁護士など、仕事をする上で資格の取得が前提となる仕事は「資格の取得=業務遂行が可能」と判断し、実務経験のない未経験者を募集することがあります。

未経験の仕事へ転職するメリット

企業が未経験者を採用する理由には、未経験者の特徴や会社の都合が大きく影響していることを見てきました。

企業が未経験者を採用する様々なメリットがある一方、転職者が未経の仕事へ転職することで、どのようなメリットがあるのでしょうか?

自分がやりたい仕事に挑戦できる

「実務経験2年以上」など、求人募集の段階で経験を求められた場合、どんなに魅力的な求人でも未経験者は応募することができません。

しかし、未経験者歓迎の求人では今までの経歴に関わらず、自分のやりたい仕事に挑戦することができます。

  • 前職で興味を持った仕事
  • 小さい時から興味はあったものの、新卒時に就職できなかった仕事

未経験者歓迎の仕事へ応募することで、実際に内定をもらえるかどうかはともかく、最低でも自分がやりたい仕事に挑戦できるメリットがあります。

仕事を覚える期間がある

経験者として採用された場合、入社後は即戦力としての働き方を求められるようになり、仕事をする上で大きなプレッシャーを感じながら働くことになります。

一方、未経験者として採用された場合は、企業も転職者を即戦力として採用したわけではないため、仕事を覚える期間をあらかじめ設けていることになります。

未経験者として採用された場合、失敗を気にせず仕事に取り組める期間があるメリットがあります。

仕事のモチベーションが上がる

今までやってきた仕事に転職すればいいところを、わざわざ大変な思いをして転職する未経験の仕事です。

自分がやりたいと思う未経験の仕事に転職することで、仕事へのモチベーションを上げることができます。

仕事のモチベーションが上がることで自然と仕事の結果も出ることになり、ますます仕事のモチベーションが上がる好循環が生まれます。

未経験の仕事へ転職することで、仕事のモチベーションが上がるメリットがあります。

未経験の仕事へ転職するデメリット

未経験の仕事へ転職することで様々なメリットがある一方、次のようなデメリットもあります。

給料が安い

企業は未経験者に即戦力としての働きを求めない一方、経験者に比べて給料を安く設定することになります。

働いた分の対価として給料をもらうため仕方のないことではありますが、未経験歓迎の仕事に応募することで、給料が安くなるデメリットがあります。

競争率が高い

未経験から応募できる仕事は応募のハードルが低いため、多くの人が求人へ応募することになります。

応募者が多くなればなるほど競争率が高くなり、転職成功の可能性も低くなります。

未経験の仕事へ転職する時には、高い競争率に勝ち抜かなければいけないデメリットがあります。

年齢制限がある

未経験者を募集している求人は、転職後に仕事を覚えていき、会社で育てていくことが前提になります。

そのため、募集対象は将来性やポテンシャルのある20代が中心となり、年齢が高くなればなるほど、未経験の仕事へ挑戦することが難しくなります。

未経験の仕事に限ったことではありませんが、年齢を理由に未経験の仕事へ転職することが難しくなるデメリットがあります。

キャリアがリセットされる

未経験の仕事に転職することで、今まで築いてきたキャリアがリセットされることになります。

今まで仕事で身につけたスキルや経験が無駄になることはありませんが、未経験の仕事は一から覚える必要があり、再びキャリアを築くまでには時間がかかることになります。

また、前職で身につけた仕事のやり方や癖がネックとなり、思うように仕事を覚えられないこともあります。

未経験の仕事に転職することで、今までのキャリアがリセットされてしまうデメリットがあります。

未経験の仕事へ転職成功する4つのポイント

未経験の仕事に転職することで、様々なメリットとデメリットがあることを見てきました。

競争率の高い未経験の仕事へ転職するためには、次の4つのポイントを意識しながら転職活動を進めるようにして下さい。

アピールポイントを整理する

未経験者を募集する求人の中に経験者がいた場合、企業は即戦力となる経験者を優先的に採用する可能性が高く、内定を獲得することは難しくなります。

そのため、未経験の仕事へ転職する時には、自分ができることをアピールする必要ありますが、自分のアピールポイントが分からない人も少なくありません。

自分のアピールポイントが分からない人は、次のポイントを参考にしながら、自分のアピールポイントを考えてみて下さい。

前職の実績

前職の実績がある人は、それをアピールするようにしましょう。

現職が転職先の業界・職種と全く関係ない場合でも、現職である程度の実績を残している人はポテンシャルへの期待から、仕事の実績が大きなアピール材料となります。

具体的な取り組みや数値をまとめながら、採用担当者に伝わりやすく自分の実績をまとめるようにして下さい。

仕事への積極性

仕事でアピールできる実績がない人は、仕事への積極性をアピールポイントにすることができます。

  • 自分から新しい職場に溶け込む努力ができる人
  • 指示待ちではなく自分から仕事を覚えようとする人

企業側にとって積極性のある人は、魅力的な人材となります。

仕事への積極性をアピールする時には抽象的な表現でアピールするのではなく、具体的なエピソードを交えることで、より相手に伝わりやすくなります。

  • 部署内でヒアリングを行い、月1回行なっていた部署会議を週1回に増やした
  • 業務フローを見直し、上司の承認回数を3回から1回に省略した
  • 社用車利用の規定を作り、曖昧だった利用者やガソリンの利用料が明確になった

具体的なエピソードを交えながら仕事の積極性をアピールすることで、経験者にはないポイントからアピールすることができます。

志望動機を作り込む

未経験の仕事へ転職する場合、内定を左右する最も大きなポイントの1つに「志望動機」があります。

なぜ今までの仕事と関係のない仕事へ転職するのか、担当者に納得してもらう志望動機が転職成功には不可欠になります。

この志望動機で担当者を納得させられない場合、書類選考の段階で落とされてしまい、面接で自分の気持ちを伝えることすらできません。

志望動機を考えていく時には、志望動機を明確にすることが大切になります。

次の例文を参考にしながら、自分なりの志望動機をまとめてみて下さい。

  • 男性
  • 25歳
  • 営業から経理への転職

「大学卒業後、メーカーでBtoBの営業職とし3年間勤務しました。

仕事上、経費精算の時などに経理の方接する機会があり、仲良くなった経理の同僚から話を聞くうちに、経理の仕事に興味を覚えるようになりました。

数字の視点から営業の仕事を見直す中で営業成績も伸び、営業成績優秀賞に選ばれることもできました。

数字の視点から会社を見直すことがさらに面白くなり、独学ですが日商簿記3級を取得し、現在は日商簿記2級の取得に向けて勉強中です。

転職後は経理の仕事をさらに深めていくことはもちろん、営業で身につけた経験を生かして、営業を含めた社内全員が数字を意識した仕事への取り組みができる環境を作りながら貴社に貢献していきたいと思います。」

「ポイント」

  • 未経験の仕事に興味を持ったきっかけ
  • 簿記試験のように、未経験の自分が出来ることの取り組み
  • 転職後に自分が貢献できることのアピール

完全な未経験求人を狙う

「3つの未経験」があることを冒頭で紹介しましたが、未経験の仕事へ応募する時には「完全な未経験者」を募集している求人を狙うようにして下さい。

企業が求人募集をする時は、欠員を補充する「欠員補充」と、企業の業務拡大に伴う「人員増強」の2つがあります。

完全な未経験者を募集する時は多くの場合が人員増強の募集となるため、即戦力としての働きは強く求められません。

そのため、先ほど紹介した仕事の実績や仕事への積極性をうまくアピールすることで、転職成功の可能性を高めることができます。

未経験者募集の求人の中で、完全な未経験者を募集している求人に応募することで、転職成功の可能性を高めることができます。

職種別の対策を考える

未経験の仕事に転職する時は、自分が転職する職種後ごとの対策を立てることが大切になります。

下の表は未経験者歓迎の求人割合を職種ごとに表したものになりますが、職種によって未経験者を歓迎している割合が大きく異なることが分かります

「マイナビ転職HP 転職ノウハウ」より
  • 成長産業や業績が好調で積極的に増員募集をしている職種
  • 新卒採用で採りきれなかった人材を中途採用で補う職種
  • 接客という仕事から人物重視で採用を行う職種

未経験者を歓迎する理由は職種によって異なり、それぞれの職種に合った転職対策をする必要があります。

しかし、自分一人では職種に合った履歴書や職務経歴書の作成や面接対策をすることは難しくなります。

そのような時には、転職エージェントを利用しながら転職活動を進めるようにして下さい。

 

転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入って、転職活動のサポートをしてくれる転職サービスになります。

転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントのメリット・デメリット
メリット
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 給与交渉をしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先の生の情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報等)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
デメリット
  • 自分に合わない転職エージェントを選ぶと足手まといになる
  • 担当者によってサービスにばらつきがある

転職エージェントを利用することで、職種に合った履歴書や職務経歴書の作成や面接対策をすることができます。

また、1人で転職活動をする時には知ることが難しい「職場の人間関係」「職場の雰囲気」「本当の残業時間」といった転職先の生の情報を、転職エージェントを通して転職前に知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

しかし、一口に転職エージェントと言っても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国には約18,000もの転職エージェントがあります。

そのため、全く同じ求人を紹介された場合でも、ある転職エージェントでは人事部長から始まる面接も、別の転職エージェントではいきなり社長面接から始められるなど、利用する転職エージェントによって受けられる転職サポートの内容や質も大きく異なります。

未経験の仕事へ転職する人は、転職エージェントのハタラクティブをおすすめします。

 

ハタラクティブは未経験業界への転職に特化した転職エージェントになります。

未経験の仕事へ挑戦する人をサポートしているため転職サポートに定評があり、書類審査通過率が91.4%となっています。

応募した10人中9人以上が書類審査を通過することになり、ほとんどの応募者が面接に挑戦することができます。

書類審査を通過し、面接に挑戦した人が内定を獲得する転職内定率は80.4%と高い数値になっています。

転職内定率は各転職エージェントが公表していないため一概に比較することは難しくなりますが、次の一般的な転職エージェントの内定率データを見ることで、ハタラクティブの転職内定率の高さが分かります。

  • 書類選考通過率:30%程度
  • 1次面接通過率;30~40%程度
  • 最終面接通過率:30~50%程度

もし上記の歩留まり率で選考が推移したとして、高めに見積もっても、30%×40%×50%=6%の内定獲得率という事になります。

「すべらない転職」より

このように、ハタラクティブを利用することで、イメージではなく、実際に未経験の仕事へ高い確率で転職できることが分かります。

 

ハタラクティブの高い書類審査通過率や内定率の理由は、紹介されている求人が実際に足を運び確認されている会社ということがあります。

そのため、会社側がどのような人材を欲しがっているのかが事前に確認されている求人となり、あなたの「未経験の仕事に挑戦したい」という気持ちと、会社側の「こんな人と一緒に働きたい」という気持ちを、しっかりとマッチングしてくれます。

  • 未経験の仕事ということで、書類審査に落とされないか不安
  • 本当に未経験の仕事に転職できるのか不安
  • 転職後に思っていた会社と違い、転職を後悔しないか不安

このような不安を感じている人は、ハタラクティブを利用することで不安を解消することができます。

公式サイト:ハタラクティブを利用する(無料)

まとめ

未経験の仕事へ転職したい人が、転職成功のためにやるべきことを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

未経験の仕事へ転職する時は、経験以外の部分で自分が会社に貢献できることをアピールすることが大切になります。

転職エージェントをうまく利用しながら、あなたが自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。