転職成功マニュアル

教師からエンジニアの仕事へ転職を成功させるための方法

チーフコンシェルジュ
チーフコンシェルジュ
「教師からエンジニアの仕事に転職したいけど、どうすればいいの?」

このような悩みを抱えている人はいないでしょうか?

この記事では、教師からエンジニアの仕事に転職したい人が、転職活動を成功させるための方法を紹介しています。

現在、教師をやっている人の中で、エンジニアの仕事へ転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

教師の離職率はどれくらい?

教員試験を突破し、安定した生活を送れるイメージの教師ですが、仕事内容は決して楽なものではありません。

担任するクラスはもちろん、担当する部活動や保護者の対応など、他の仕事と同じように、日々神経を使いながら仕事をする事になります。

また、授業や行事の準備など、残業時間の多さも問題になっています。

このような仕事の大変さもあり、教師の離職率は職業別に見ても高いものになっています。

「厚生労働省 新規学卒就職者の離職状況(平成26年3月卒業者の状況)」より

新規高卒就職者の産業別就職3年後の離職率 TOP5
1 宿泊業・飲食サービス業 64.4%
2 生活関連サービス業・娯楽業 59.4%
3 教育・学習支援業 56%
4 小売業 50.4%
5 建設業 47.7%

「厚生労働省 新規学卒就職者の離職状況(平成26年3月卒業者の状況)」より作成

このデータから、教師になった人の2人に1人が3年以内に転職していることが分かります。

他の職業と同じく、現在では教師も転職することが珍しくない職業となっています。

教師からエンジニアの仕事に転職できる?

教師からエンジニアの仕事へ転職を考えた時に、エンジニアの求人状況がどうなっているのかを確認してく必要があります。

下のグラフは過去3年間にわたる業種別の求人倍率を表したものになりますが、エンジニアの「IT・通信」の求人倍率が、他の業種に比べて圧倒的に高くなっていることが分かります。

「DODA 転職求人倍率レポート(データ)」より

2017年の1年間だけをみても、IT・通信系の求人倍率が他の業種に比べて高くなっています。

「DODA 転職求人倍率レポート(データ)」より

この高い求人倍率の背景には、スマホやタブレットなどの普及により、Webビジネスでアプリ開発やWebコンテンツ制作などの需要が高まり、多くの人手を必要としていることがあります。

また、ITエンジニアは仕事量の多さから、残業が多いといった「過酷な勤務」イメージがあり、なり手の少なさも求人倍率の上昇に影響を与えています。

このように、各企業は人手不足を解消するために、異業界や未経験エンジニアを積極的に採用しており、教師からエンジニアの仕事へ未経験でも転職できる多くのチャンスがあります。

教師からエンジニアの仕事に転職した時の年収比較

転職するときに多くの人が気になる年収ですが、教師からエンジニアの仕事に転職することで、年収の変化はどうなるのでしょうか?

下の表は316職種の年収をランキングしたものになりますが、エンジニアが上位にランクインしていることが分かります。

「マイナビ転職 職種別・業種別・年齢別モデル年収平均ランキング 」より

一方の教師も316位中32位と、全体から見ると上位にきていますが、エンジニアに比べて年収は低くなっています。

「マイナビ転職 職種別・業種別・年齢別モデル年収平均ランキング 」より

教師からエンジニアの仕事に転職することで、年収アップの可能性も高くなります。

教師からエンジニアの仕事に転職する時の注意点

教師からエンジニアの仕事に未経験の状態で転職する時には、転職前にJava、C言語、PHSなど、各言語の習得を事前にしておくことで、スムーズに転職活動を進めることができます。

言語の学習方法としてはサイトや書籍、勉強会やスクール学習など、様々な方法があります。

スクール学習には全額返金保証付いた「TECH::CAMP(テックキャンプ)」のようなスクールもあります。

「TECH::CAMP HP」より

自分に合った学習方法で、勉強を進めていって下さい。

公式サイト:TECH::CAMPを利用する

教師からエンジニアの仕事に転職する方法

言語習得と並行して教師からエンジニアへの転職活動を進めていきますが、転職活動は自分1人で転職サイトを使いながら求人を探すのではなく、転職の専門家である転職エージェントを利用しながら転職活動を進めることをおすすめします。

転職エージェントは、転職者であるあなたと企業の間に入って、転職活動の調整をしてくれる転職サービスになります。

転職エージェントを利用する主なメリットとデメリットには、次のようなものがあります。

転職エージェントのメリット・デメリット
メリット
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 給与などの条件交渉をしてくれる
  • 自分の市場価値が分かる
  • 履歴書、職務経歴書の添削で書類選考通過率が上がる
  • 模擬面接を通して企業業別の面接対策ができる(過去の面接で聞かれた質問内容や答え方の確認等)
  • 転職前に転職先の情報が分かる(職場の雰囲気や人間関係、本当の残業時間等)
  • 全てのサービスが無料
デメリット
  • 自分に合わない転職エージェントを選ぶと足手まといになる
  • 担当者によってサービスにばらつきがある
  • 企業の方だけを向いたブラック転職エージェントもいる

転職エージェントを利用することで、転職先企業についての情報を転職前に知ることができます。

そのため、職場の人間関係や本当の残業時間など、実際に働かなければ分からない「現場の情報」を転職前に知ることができ、転職の後悔に繋がる転職前後のギャップを小さくすることができます。

また、転職前に会社内の未経験エンジニアに対するサポート体制を確認できるため、転職後にただ仕事を振られて放置されるようなこともありません。

このように、転職エージェントを利用すれば全ての転職活動がうまくいくように思えますが、デメリットにも書いたように、転職エージェントでは利用する転職エージェント転職サポートをしてくれる担当者によって、転職結果に大きな違いが生じることになります。

担当者に関しては転職者との相性もあり、実際に面談を通して転職サポートを受けるまでは分からない部分も現実問題としてあります。

しかし、利用する転職エージェントを間違えた場合、無理に求人を押し付けられてしまうなど、転職サポートどころか転職の大きな妨げになる可能性もあります。

チーフコンシェルジュ
チーフコンシェルジュ
ここがポイント

転職エージェントの人材紹介業は、転職を成立させることによって初めて、企業側から紹介料を受け取ることができる「成功報酬型」のビジネスとなっています。

そのため、転職エージェントは企業からもらう紹介料を元に運営されることになるため、転職者は全てのサービスを無料で受けられる仕組みになっています。

しかし、この企業から支払われる紹介料は、一般的に転職者の年収の30%前後と言われており、転職の成立件数を増やし、転職者の年収が高ければ高いほど、受け取る紹介料も多くなります。

そのため、転職エージェントの中には転職者の希望を十分に聞かず、無理に転職をさせようとするようなブラック転職エージェントも存在しているため、注意しながら利用する必要があります。

しかし、そのブラック転職エージェントはブラック企業と同じく、実際に利用しなければ分からないことも多いため、名前をあまり聞いたことがない転職エージェントではなく、利用実績のある大手転職エージェントの中から選ぶことをおすすめします。

このように、転職エージェントを利用する時には「転職エージェント選び」が重要な鍵になりますが、一口に転職エージェントと言っても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国には約18,000もの転職エージェントがあります。

そのため、利用する転職エージェントによって紹介してもらえる求人内容求人数はもちろん、受けられる転職サポートの内容や質も大きく変わることになります。

様々な転職エージェントがある中で、教師からエンジニアに転職するのにオススメの転職エージェントとしてワークポートがあります。

 

ワークポートはエンジニアをはじめとしたIT系の仕事への転職サポートに特化した転職エージェントになります。

ワークポートの最大の特徴は「実際に結果が出せる転職エージェント」になります。

転職サイト最王手のリクナビネクストが実施している「GOOD AGENT RANKING ~2016年度下半期」において、ワークポートはリクナビネクストが提携している400社以上の転職エージェンの中から、数々の大手転職エージェントを抑えて転職決定人数ランキング」1位を獲得しています。

「リクナビネクストHP」より

転職者の8割が利用し、転職サイトの中で最も会員数が多いリクナビネクストが実施しているランキングのため、信頼性もあります。

「リクナビネクストHP」より

※ちなみに、リクルートが運営している転職エージェントはしっかりと除外し、客観性も確保しています。

「リクナビネクストHP」より

このように、ワークポートは「何となく良い転職エージェント」ではなく、実際に転職で結果が出せる転職エージェントにななります。

この転職決定数の多さを裏付けるように、ワークポート利用者の中には、教員からエンジニアになった人の声も紹介されています。

  • 教員からエンジニアへの転職に成功しました。(28歳 男性)

―今回転職しようと思ったきっかけを教えてください。
教員をしていたが、再び「ものづくり」に関わりたいと考えたため。

―人材紹介サービスを利用しようと思った理由を教えて下さい。
経験もないため、アドバイスをいただきながら進めたいと考えたため。

―ワークポートを利用しようと思った理由を教えて下さい。
紹介をしていただき、話をさせていただいて、信頼できると感じたため。

―ワークポートを利用して良かった点、悪かった点を教えて下さい。

良かった点
様々な点について手厚くサポートしていただいた点。

悪かった点
特になし。

「ワークポートHP」より

「ワークポートHP」より

このように、ワークポートを利用することで、教師からエンジニアのへ転職成功の可能性を高めることができます。

ワークポートを利用する時の主な流れは、次のようになります。

「ワークポートHP」より

ワークポートを利用するためには、まず無料会員登録をする必要がありますが、ワークポートの登録は職務経歴の入力もないため、1分もあればほとんどの方が入力を終えることができます。

入力する時の手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

  • 1.ワークポート 無料登録開始
  • 2.応募フォーム

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

ワークポート登録時の入力項目
応募フォーム
  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 住所
  • 直近の経験業種
  • 直近の経験職種
  • 希望勤務地
チーフコンシェルジュ
チーフコンシェルジュ
全ての項目を入力して、下の登録完了画面が出てくれば登録完了となります。担当者からの連絡をもらった後は、面談日を決めて「転職相談」「求人紹介」と転職サポートが進んでいきます。

まとめ

教師からエンジニアの仕事に転職したい人が、転職活動を成功させるための方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

エンジニアの求人倍率も高まり、教師からエンジニアの仕事へ転職しやすい環境が整っています。

転職活動を始めたからといって、必ず転職をする必要はありません。

実際に転職するかどうかはともかく、悩んでいる今の状態を打開するためにも、まずは転職活動を始めてみて下さい。

転職エージェントをうまく活用しながら、あなたが自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。

公式サイト:ワークポートを利用する(無料)