リクナビネクストの評判は?転職活動で利用すべきか利用者口コミから徹底調査!

リクナビネクストの「応募しませんか?」オファーは必ず転職できる?

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

リクナビネクストを利用していると「応募しませんか?」という、転職者にとっては何とも魅惑的な応募歓迎のオファーが企業から届くことがあります。

この記事では、リクナビネクストから届く魅惑的な応募歓迎オファーの仕組みから実際に応募すれば必ず転職できるのかという核心部分について紹介しています。

リクナビネクストの「応募しませんか」オファーについて少しでも気になる人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

リクナビネクストの「応募しませんか」オファーとは?

「応募しませんか」オファーとは?

リクナビネクストの「応募しませんか」オファーとは、あなたが登録した職種や勤務地などのデータを元に、条件にマッチした企業から届く応募歓迎のオファーとなります。

「応募しませんか」オファーは、ログイン後のマイページ内にある「気になるリスト」で確認することができます。

リクナビネクスト 応募しませんかオファー 確認方法

「応募しませんか」オファーの種類

「応募しませんか」オファーには、あなたが登録したデータに1つでもマッチすれば送られる「コメント無し」のオファーと、企業が実際にあなたの登録データを確認して送る「コメント有り」のオファーの2種類があります。

コメント無し

リクナビネクスト 応募しませんかオファー コメントなし引用:リクナビネクストHP

コメント有り

リクナビネクスト 応募しませんかオファー コメントあり

また、「応募しませんか」オファーを受け取った企業に対して、あなたが「気になるリスト」に入れていたかどうかで、オファーの色がピンク色とターコイズ色の2色に分かれています。

リクナビネクスト 応募しませんかオファー 気になるリスト引用:リクナビネクストHP

少しややこしいので下の表にまとめてみました。

「応募しませんか」オファーの種類
ピンク色 「気になるリスト」に入れていた企業から届いたオファー
ターコイズ色 「気になるリスト」に入れていなかった企業から届いたオファー
コメント有 企業が実際に登録データを見て送ったオファー
 コメント無 登録データに合致した人へ自動的に送られるオファー

このような「応募しませんか」オファーの分類から「ピンク色+コメントあり」のオファーが転職者にとって最も魅力的なオファーとなります。

リクナビネクストの「応募しませんか」オファーに応募すると必ず転職できる?

リクナビネクストの「応募しませんか」オファーは、企業から届く魅惑的な応募歓迎オファーであることが分かりましたが、このような魅惑的な誘いを受けた多くの人は次のように考えます。

わざわざ自分にオファーを送ってくれるなんて♪よし、早速応募しよう!オファーをくれたんだから応募すれば受かるんだよね?

「応募しませんか」オファーの最も大切な点になりますが、その核心部分はどうなっているのでしょうか?

結論:必ず転職できるわけではない

残念ながら「応募しませんか」オファーが届いたからといって、オファーをもらった企業へ必ず転職できるわけではありません。

リクナビネクスト 応募しませんかオファー 採用結果引用:リクナビネクストHP

やはり転職活動はそう甘いものではないようです。

しかし、「応募しませんか」オファーはあなたの登録したデータと1箇所でもマッチしていた求人で、全く関係のない求人に比べてあなたと何かしら縁のあった求人であることは間違いありません。

特に「応募しませんか」オファーの中でも、自動的に送られているオファーではなく、実際にあなたの登録データを確認しているコメント付きの「応募しませんか」オファーは、絶対転職できるというわけではありませんが、あなたに強い関心を持っている企業となります。

オファーが届いた時は、積極的に応募していくようにしましょう。

→リクナビネクストの「応募しませんかオファー」をチェックする

「応募しませんかオファー」は100%転職を成功させる方法ではありませんが、リクナビネクストは転職決定数がNO1の転職サイトになります。

リクナビネクスト 転職決定数引用:リクナビネクストより

また、リクナビネクストは全国全ての地域で求人数が最も多いた転職サイトになります。

リクナビネクスト 転職サイト 求人数

そのため、自分が転職する地域を気にせず少しでも多くの求人をチェックしたい人はリクナビネクストを利用してみて下さい。

リクナビNEXT LP公式サイト:リクナビネクストに登録する

リクナビネクストの求人に申し込んだからといって必ず転職をする必要はありません。
どの企業に転職するかはあなた自身が決めることで、面接後に思っていた企業と違う時は断ることもできます。
一方、人気の求人は採用途中で募集を締め切ることもあるので、求人更新の水・金曜日を中心に求人をチェックし、気になる求人がある時は積極的に応募して下さい。

100%面接できる「面接確約オファー」を受け取る裏技

リクナビネクストの「応募しませんか」オファーをもらっても必ず転職できるわけではないことをみてきましたが、世の中に100%内定が保証された転職活動はないものの、オファーが届いた企業と100%面接できる裏技が存在します。

この裏技を使いたい人は、CMなどでおなじみのミイダスを利用してみて下さい

「ミイダスが分かる15秒動画」

ミイダスは自分の市場価値を診断しながら転職活動を進める転職サービスで、登録時に選択方式の質問に答えるだけ「自分の市場価値」「仕事の適正」「生まれ持った個性」などを簡単に知ることができます。

ミイダス 企業数 想定年収オファー

この登録されたデータを元に、あなたに興味を持った企業からオファーが届くようになりますが、ミイダスのオファーは100%面接が確約されたオファーとなります。

ミイダス 面接確約オファー

ミイダスの登録は全てが選択方式のため5分ほどで簡単に終わりますが、答えていく質問の数が他の転職サイトに比べて圧倒的に多くなります。

ミイダス登録時の選択項目
  1. プロフィール
  2. 第一言語
  3. 最終学歴
  4. 最終学歴 詳細
  5. 離職経験
  6. 経験社数
  7. 在職状況
  8. ビジネススキル
  9. Excelスキル
  10. 自動車運転免許の有無
  11. 条件にマッチした企業数、想定オファー年収
  12. facebook or メールでアカウント登録

この細かい質問により企業が書類選考で行なう「転職者の振り分け作業」をミイダスが代わりに行なうことになり、企業側は転職者の答えを見ることで自動的に書類選考を済ませることができます。

そのため、ミイダスがオファーを出す相手は書類選考を通過した転職者だけとなるため、リクナビネクストのように応募を歓迎するだけのオファーではなく、100%面接ができるオファーとなります。

面接が保証されたオファーをもらいながら効率的に転職活動を進めていきたい人は、ミイダスも併せて利用してみて下さい。

≫ミイダス公式サイト

ミイダスは気軽に利用しながら面接確約オファーを受け取ることができますが、転職者側から企業へ応募することはできません。そのため、どうしても受け身の転職活動になる傾向があるので、自分から求人を探して応募できるリクナビネクストのような転職サイトと併用することをおすすめします。

まとめ

リクナビネクストから届く魅惑的な応募歓迎オファーの仕組みから実際に応募すれば必ず転職できるのかという核心部分について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

リクナビネクストの応募歓迎オファーに応募しても必ず転職できるわけではありませんが、自分に興味を持ってくれた企業に応募することで、転職成功の可能性を高めることができます。

また、面接が確約されたオファーを受け取れるミイダスを併用することで、より効率的に転職活動を進めることができます。

自分に合った転職サービスをうまく使い分けながら、あなたに合った求人に出会えることを願っています。

おすすめな人
  • リクナビネクスト
    ・応募歓迎オファーを受け取りたい人
    ・自分で求人を探し応募したい人
  • ミイダス
    ・100%面接できるオファーを受け取りたい人
    ・自分の市場価値を知りたい人