転職サイト

【1分で完了】転職サイトのリクナビネクストが合わない時の退会方法

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
  • 思うような求人が見つからない
  • 転職先が決まった
  • 求人紹介のメールが鬱陶しい

このような理由から、リクナビネクストの退会を考えている人はいないでしょうか?

この記事では、リクナビネクストの退会方法から退会する時の注意点を紹介しています。

これからリクナビネクストの退会を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

リクナビネクストの退会方法

リクナビネクストの退会方法を今すぐ知りたいという人のために、まずはリクナビネクストの退会方法を紹介します。

リクナビネクストの退会は、トップページの「各種設定」から1分ほどで簡単にすることができます。

退会する時の方法をスライドにまとめましたので、退会する時の参考にして下さい。

  • 1.トップページの「各種設定」を選択
  • 2.マイページのページ下にある「退会する」を選択
  • 3.「退会前にご確認ください」を確認後、「退会手続きへ」を選択
  • 4.「リクナビNEXTからの退会手続き」で退会理由を選択
  • 5.「上記内容を確認し、了承しました。」にチェックを入れ「退会する」を選択
    これで退会手続きの完了です。

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

しかし、退会する前に「3分だけ我慢できるよ」という人は、下の文章を読んでから退会することをおすすめします。

退会前に考えよう。退会するとどうなるの?【リクナビネクスト退会規定】

リクナビネクストの退会に費用は発生する?

リクナビネクストの登録が無料で出来たように、退会にも費用は一切かからず、無料で退会することができます。

登録したデータはどうなるの?

職務経歴書や自己PRなど、リクナビネクストに登録したデータがどうなるのか気になる人もいますが、退会することで登録した全てのデータが削除されます。

退会手続きの画面で、登録したデータが削除されることを了承した上で、退会することになります。


「リクナビネクストHP」より

リクナビネクストを退会すると、再開(再登録)はできないの?

リクナビネクストを退会しても、もう一度再開(再登録)することはできます。

しかし、退会することで登録した職務経歴などのデータも消えてしまうため、再登録する時は最初からデータを登録し直す必要があります。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
登録者によって退会の方法が異なる場合もあるので、詳しくは下の公式サイト参照して下さい。

退会前に考えよう。リクナビネクストを退会したい理由は何ですか?

退会は1分ほどで簡単にできますが、退会することで今まで登録した職務経歴書や自己PRのデータが消えてしまい、もう一度リクナビネクストを利用する時に大きな手間となります。

そのため、退会する前にあなたがリクナビネクストを退会したい理由について考えてみて下さい。

これから退会理由で考えられる事例を紹介していきますが、退会理由の中には退会せずに解決できる問題もあります。

リクナビネクストを退会する前に自分の退会理由に該当するものがないか、一度確認してみて下さい。

希望の求人が見つからない

リクナビネクストで求人を探しても、利用者によっては希望の求人が見つからない人もいます。

そのような人は、退会前に次の3つのことを試してみて下さい。

  1. 転職希望の優先順位を考える
  2. 求人の更新日に求人チェックする
  3. 他の転職サイトも利用する

転職希望の優先順位を考える

自分が希望する条件の求人が見つからない時は、転職条件を一度見直し、今度の転職で何を一番実現したいのか「転職希望の優先順位」を考えてみて下さい。

次のような転職者がいた場合、転職希望の優先順位はどうなるでしょうか?

「今の職場は毎日の残業と休日出勤で、プライベートの時間がほとんどない。今度の転職では、プライベートの時間をもてるようにしたい。

・今度の転職で希望する条件

  1. 残業の少ない仕事
  2. 土日祝日休み
  3. 月収30万円以上
  4. 勤務希望地は東京

給与や勤務地も大切ですが、プライベートの時間が持てなかったことによる転職です。

今度の転職では、4つの転職希望の中で残業の少ない仕事」と「土日祝日休みの2点を優先することで、プライベートの時間を確保しやすい仕事に転職することができます。

そのため2つの転職希望は固定しつつ、残りの給与面や希望勤務地の条件を変えることで、新たな求人に出会うことができます。

勤務地など、自分の住んでいる場所によっては隣の県の方が通勤距離が短い場合もあります。

次の転職で自分が実現したい優先順位を考えながら、もう一度求人探しをしてみて下さい。

求人の更新日に求人チェックする

リクナビネクストは水・金曜日に新しい求人が更新されます。

そのため、希望の求人が見つからない人は、更新日にもう一度求人をチェックしてみて下さい。

「リクナビネクストHP」より

更新日には、多くの新しい求人が更新されています。

どうしても希望の求人が見つからない人は、求人更新日にもう一度求人をチェックするようにして下さい。

他の転職サイトも利用する

リクナビネクストでどうしても希望の求人が見つからない人は、リクナビネクスト以外の転職サイトも利用してみて下さい。

転職サイトによって、掲載されている求人数や求人内容も大きく異なります。

自分の転職目的に合った転職サイトを利用することで、希望の求人に出会える可能性を高めることができます。

【目的別】おすすめ転職サイト
リクルートエージェント 業界NO1の転職エージェント。
求人数、転職成功実績ともにNO1で、全国にも対応していることから、どの転職者も利用して損はない転職
エージェント。
DODA 業界第2位の転職エージェント。
他には掲載されていないDODA独自の求人も多数あり。
リクルートエージェントでカバーできない
求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
JACリクルートメント 年収UPの転職に加えて、細やかな転職サポートからスピード転職も可能。求人数がやや少ないため、他の転職エージェントとの併用で「スピード+より確実な転職」を実現。
ハイキャリア案件を中心に求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
マイナビエージェント 20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多い。
第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
パソナキャリア 利用者満足度が驚異の96%となる転職エージェント。
「社会の問題点を解決する」という企業理念を元に、障害者雇用や社会貢献活動にも積極的なパソナグループの一員として、丁寧な転職サポートに定評あり。
とにかく丁寧な転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
ワークポート WEB・IT関連の転職に強みを持ち「GOOD AGENT RANKING ~2016年度下半期」の転職決定人数ランキングで1位を獲得した実力ある転職エージェント。
WEB・IT関連の仕事へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
MS-Japan 経理・財務・人事・法務などの管理部門に特化した転職エージェント。
1990年の創業以来、2万人以上の転職サポート実績があり、管理部門へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
クライス&カンパニー マネージャークラスのハイキャリア求人を中心に転職サポートを行い、アメリカの国家資格である「GCDF」を取得しているキャリアコンサルタントも多数在籍。
質の高い転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
就職Shop リクルートエージェントと同じリクルートが運営する転職エージェント。
社会人未経験者やフリーターなど、職務経歴に自信のない人への転職サポートに特化し、紹介される求人は全て書類選考が免除!応募後はいきなり面接へ進むことができる。
社会人未経験者やフリーターの人におすすめの転職エージェント。

スカウト機能のオファーメールがうっとうしい

リクナビネクストには、登録した職務経歴や転職希望のデータにマッチした求人情報が届く「スカウト機能」があります。

転職者の中には、このスカウト機能で届くオファーメールが鬱陶しいことで、退会を考える人もいます。

リクナビネクストのスカウト機能は使えない?転職者へのインタビューで検証!

退会理由が「オファーメールが鬱陶しい」という人は、スカウト機能を停止することで問題を解決することができます。

スカウト機能の停止方法は、退会方法と同じマイページ(退会方法のスライド2ページ目)内にある「オファー設定」をOFFにするだけで、オファーメールが届かなくなります。

「リクナビネクストHP」より

スカウト機能を停止することでオファーメールは届かなくなるため、今まで感じていた鬱陶しさはなくなります。

また、スカウト機能を停止しても求人の検索と応募はできるので、今まで通りリクナビネクストを利用することもできます。

新着求人メールがうっとうしい

サイトの求人が更新される水・金曜日に配信される「新着求人メール」が鬱陶しいことで退会を考える人もいますが、オファーメールと同じようにメール機能を停止することで、新着求人メールが届かなくなります。

新着求人メールの停止方法も、スカウト機能と同じマイページ(退会方法のスライド2ページ目)内にある「情報配信設定」の「新着求人お知らせメール」をOFFにするだけで、新着メールが届かなくなります。

「リクナビネクストHP」より

その他に届くメールの設定もここで全て出来ますので、届くメールが鬱陶しいことで退会を考えている人は、ここで機能を停止することで問題を解決することができます。

転職活動を止めた

転職活動を途中で止めて、今の会社で働き続ける選択をする人もいます。

転職活動をしたからといって、必ず転職をする必要はありません。

転職するのを止めて、今の会社で働き続けるという選択も、1つの転職活動です。

一方、転職先が決まったことにより、転職活動を止めた人もいます。

そのような皆さんは、おめでとうございます。

転職を止めて今の会社で働く選択をした人や転職先が決まった人など、転職活動を止めた人は、これ以上リクナビネクストを利用する必要はなく、使わずに済むことが一番です。

しかし、先ほども紹介したように、退会することで職務経歴などの登録データが全て消去されてしまいます。

登録したままにしておくことで、万が一?の時にも、すぐに転職活動を始めることができます。

しかし、転職先が決まった人の中には、次のような人もいます。

もう転職活動してないのに、なんか登録してるのは気持ち的にスッキリしない

このような人は、退会してスッキリしましょう。

もう、リクナビネクストが嫌いになった

リクナビネクストが嫌いになった。

そんなあなたは、、、退会しましょう。

転職サイトはリクナビネクスト以外にもたくさんあるので、あなたに合った転職サイトを利用してみて下さい。

【目的別】おすすめ転職サイト
リクルートエージェント 業界NO1の転職エージェント。
求人数、転職成功実績ともにNO1で、全国にも対応していることから、どの転職者も利用して損はない転職
エージェント。
DODA 業界第2位の転職エージェント。
他には掲載されていないDODA独自の求人も多数あり。
リクルートエージェントでカバーできない
求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
JACリクルートメント 年収UPの転職に加えて、細やかな転職サポートからスピード転職も可能。求人数がやや少ないため、他の転職エージェントとの併用で「スピード+より確実な転職」を実現。
ハイキャリア案件を中心に求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
マイナビエージェント 20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多い。
第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
パソナキャリア 利用者満足度が驚異の96%となる転職エージェント。
「社会の問題点を解決する」という企業理念を元に、障害者雇用や社会貢献活動にも積極的なパソナグループの一員として、丁寧な転職サポートに定評あり。
とにかく丁寧な転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
ワークポート WEB・IT関連の転職に強みを持ち「GOOD AGENT RANKING ~2016年度下半期」の転職決定人数ランキングで1位を獲得した実力ある転職エージェント。
WEB・IT関連の仕事へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
MS-Japan 経理・財務・人事・法務などの管理部門に特化した転職エージェント。
1990年の創業以来、2万人以上の転職サポート実績があり、管理部門へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
クライス&カンパニー マネージャークラスのハイキャリア求人を中心に転職サポートを行い、アメリカの国家資格である「GCDF」を取得しているキャリアコンサルタントも多数在籍。
質の高い転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
就職Shop リクルートエージェントと同じリクルートが運営する転職エージェント。
社会人未経験者やフリーターなど、職務経歴に自信のない人への転職サポートに特化し、紹介される求人は全て書類選考が免除!応募後はいきなり面接へ進むことができる。
社会人未経験者やフリーターの人におすすめの転職エージェント。

まとめ

リクナビネクストのの退会方法から退会する時の注意点を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

全国には様々な転職サイトがあり、利用する転職サイトよって求人数やサイトデザイン、求人検索のしやすさなど、特徴も大きく異なります。

自分の転職目的に合った転職サイトをうまく利用しながら、あなたが希望する仕事に転職できることを願っています。