転職サイト

東京の転職でワークポートを利用する時の流れから注意点までを詳しく紹介

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
  • 「東京での転職を考えているけど、ワークポートの評判はどうなの?」
  • 「東京でワークポートを利用する時、どうやって利用すればいいの?」

このような疑問を持っている人はいないでしょうか?

この記事では、東京の転職でワークポートを利用する時の流れから注意すべきことについて詳しく紹介しています。

これから東京でワークポートを利用した転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

東京の転職でワークポートを利用する時の流れ

東京の転職でワークポートを利用する時の主な流れは、次のようになります。

「ワークポートHP」より

無料登録

東京でワークポートを利用するためには、まず無料登録をする必要があります。

登録時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

  • 1.ワークポート 無料登録開始
  • 2.応募フォーム

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

ワークポート登録時の入力項目
応募フォーム
  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 住所
  • 直近の経験業種
  • 直近の経験職種
  • 希望勤務地

全ての項目を入力すれば登録完了となります。

面談(キャリアカウンセリング)

ワークポートに登録後は、キャリアアドバイザーとのキャリアカウンセリングを行います。

この面談の時に転職希望を伝え、自分に合った求人を紹介してもらうことができます。

ワークポートの東京での面談場所は、最寄駅より徒歩5分前後の駅近にあるため、気軽に面談を受けることができます。

  • 住所:〒141-0032 東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F・6F
  • アクセス:JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線「大崎駅」北改札口から徒歩5分※大崎駅から雨に濡れずにお越しいただけます。
「ワークポートHP」より

面談時間も平日21:30まで受け付けているため、仕事帰り寄ることもできます(転職相談の開始は20:30~が最終)

また、ワークポートは土日も面談を受け付けているため、平日の仕事が忙しい人も対面での面談を受けることができます。

面談場所まで距離が遠く、どうしても対面での面談が難しい人には電話面談にも対応しているので、直接面談が難しい人も転職サポートを受けることができます。

求人の紹介

キャリアカウンセリング終了後、あなたが伝えた転職希望を元に求人を紹介してもらうことができます。

ワークポートは非公開求人数が公表されていないため、他の転職エージェントと正確な求人数の比較は難しくなっていますが、東京の公開求人数だけを比較すると、業界最王手のリクルートエージェントと変わらない求人数があることが分かります。

※2018.3.19時点

また、ワークポートの利用者の多くが、IT系やゲーム関連の職種となっています。

「ワークポートHP」より

一方、リクルートエージェントの利用者は営業や販売・サービス、バックオフィスが多くなっており、ワークポートの利用者と職種が大きく違うことが分かります。

「リクルートエージェントHPより」

このように、ワークポートは東京の求人数が多く、IT系やゲーム関連の求人に大きな強みを持っているため、転職希望の職種が合う人は利用すべき転職エージェントになります。

履歴書・職務経歴書の添削

1人で転職活動を行う時には作成した履歴書や職務経歴書をそのまま企業へ提出することになりますが、ワークポートを利用することで、企業へ提出する前に応募書類を添削してもらうことができます。

「ワークポートHP」より

事前にチェックしてもらうことで、平均25%前後となっている書類選考通過率を高めることができます。

「パソナキャリアHP」より

提出前に応募書類を第三者の目でチェックしてもらうことで、書類選考通過率を上げるだけでなく、応募書類を元に行われる面接対策もすることができます。

また、ワークポートの本社である東京で面談を行う時には、会社内にある証明写真機を無料で利用することができます。

「ワークポートHP」より

何かと出費が多くなる転職活動中だけに、ワークポートで面談をするときは、ぜひ活用して下さい。

企業への応募・面接の日程調整

ワークポートから求人の紹介を受けて応募書類の添削をしてもらった後は、企業への応募から面接の日程調整まで、全ての段取りをワークポートに調整してもらうことができます。

働きながら転職活動を行う人は、特に面接の日程調整が大きな負担となります。

自分の仕事の調整はもちろん、応募先企業とのスケジュールを合わせる必要があり、複数の企業に応募した時などは、自分だけでは調整できない状態になることもあります。

しかし、ワークポートを利用することで、自分が希望する面接日をキャリアアドバイザーに伝えるだけで、企業と直接やり取りをすることなく、面接日を決めることができます。

「ワークポートHP」より

 東京の転職でワークポートを利用した人の評判、口コミ

東京の転職で実際にワークポートを利用した人の声が、ワークポートのHP内に紹介されています。

  • ワークポート開催の合同セミナーが土曜日に開催されていたので参加しやすかったです。(43歳 女性)

―今回転職しようと思ったきっかけを教えてください。
会社の業績が良くない、仕事のきりがよかった。

―人材紹介サービスを利用しようと思った理由を教えて下さい。
アドバイスをいただきながら、幅広く紹介して欲しかったため。

―ワークポートを利用しようと思った理由を教えて下さい。
ダイレクトメールを何度ももらっていたため。

―ワークポートを利用して良かった点、悪かった点を教えて下さい。

良かった点
コンシェルジュが積極的に動いてくれる。
合同企業説明会が土曜日に開催されている。

悪かった点
なし。

「ワークポートHP」より

接客業をしたくなって、こちらで転職しました。(22歳 男性)

―今回転職しようと思ったきっかけを教えてください。
会社に居るのが不安になった。接客業をしたくなった。

―人材紹介サービスを利用しようと思った理由を教えて下さい。
初めての転職で不安があったため。

―ワークポートを利用しようと思った理由を教えて下さい。
家族に教えてもらった。

―ワークポートを利用して良かった点、悪かった点を教えて下さい。

良かった点
エージェント様の対応がとてもすばらしかった。

悪かった点
家から支社が遠かった。

「ワークポートHP」より

  • 自分自身にしっかりと向き合っていただけました。(29歳 女性)

―今回転職しようと思ったきっかけを教えてください。
前職でパワーハラスメントを受けていたため。

―人材紹介サービスを利用しようと思った理由を教えて下さい。
スカウトをいただいたのと、利用しようと考えていたタイミングだったため。

―ワークポートを利用しようと思った理由を教えて下さい。
1番初めにスカウトをいただいたのと、連絡が早かったため。

―ワークポートを利用して良かった点、悪かった点を教えて下さい。

良かった点
1対1で、しっかり向き合ってくれていて、時間をかけてくれていることが分かったので、そこが良かった。

悪かった点
初回面談後、転職を少し急かされたと感じたところがあったので、ひとりひとりのパースを見て、そこに沿ったサポートをしていただけたら更に良いと感じた。

「ワークポートHP」より

  • IT系の求人が多く、幅広い、利用して良かったです。(25歳 男性)

―今回転職しようと思ったきっかけを教えてください。
現職で働き続けることに限界を感じ、不安があったため。

―人材紹介サービスを利用しようと思った理由を教えて下さい。
ITに強みのある媒体を利用したかった。

―ワークポートを利用しようと思った理由を教えて下さい。
友人が利用していて、信頼できた。

―ワークポートを利用して良かった点、悪かった点を教えて下さい。

良かった点
求人の数が多く、種類も豊富だった。

悪かった点
レスポンスの悪いときがしばしば。

「ワークポートHP」より

ワークポートの評判は、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

転職時にワークポートは登録すべき?評判、口コミ、体験談を元に徹底調査!

東京の転職でワークポートを利用する時の注意点

ワークポートのHP内に紹介されている口コミを紹介しましたが、自社のHP内ということもあり、いい評判が多く見られました。

しかし、東京の転職でワークポートを利用する時には、次のことに注意する必要があります。

IT系の職種以外は求人が少ない

先ほど「求人の紹介」のところで見たように、東京でのワークポートの求人数は決して多くありません。

特に、IT系やゲーム関連以外の求人は少なくなっているため、転職者によっては希望の求人が見つからない人もいます。

そのため、自分が希望する求人に出会える可能性を少しでも高めるためにも、ワークポート以外に複数の転職エージェントを利用しておくことをオススメします。

複数の転職エージェントを利用することで、次のようなメリットがあります。

複数の転職エージェントを利用するメリット
  • 各転職エージェントの転職サポートを比較できる
  • 各転職エージェントの独自求人をチェックできる
  • キャリアアドバイザーとの相性が悪い場合、他の転職エージェントでリスク回避できる

「自分が転職エージェントに望む事」「各転職エージェントの特徴」を照らし合わせながら、ワークポート以外に1〜2社の転職エージェントに登録しておくことで、自分が希望する転職活動をしやすくなります。

〜各転職エージェントの特徴〜
リクルートエージェント 業界NO1の転職エージェント。
求人数、転職成功実績ともにNO1で、全国にも対応していることから、どの転職者も利用して損はない転職
エージェント。
DODA 業界第2位の転職エージェント。
他には掲載されていないDODA独自の求人も多数あり。
リクルートエージェントでカバーできない
求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
JACリクルートメント 年収UPの転職に加えて、細やかな転職サポートからスピード転職も可能。求人数がやや少ないため、他の転職エージェントとの併用で「スピード+より確実な転職」を実現。
ハイキャリア案件を中心に求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
マイナビエージェント 20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多い。
第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
パソナキャリア 利用者満足度が驚異の96%となる転職エージェント。
「社会の問題点を解決する」という企業理念を元に、障害者雇用や社会貢献活動にも積極的なパソナグループの一員として、丁寧な転職サポートに定評あり。
とにかく丁寧な転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
MS-Japan 経理・財務・人事・法務などの管理部門に特化した転職エージェント。
1990年の創業以来、2万人以上の転職サポート実績があり、管理部門へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
クライス&カンパニー マネージャークラスのハイキャリア求人を中心に転職サポートを行い、アメリカの国家資格である「GCDF」を取得しているキャリアコンサルタントも多数在籍。
質の高い転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
就職Shop リクルートエージェントと同じリクルートが運営する転職エージェント。
社会人未経験者やフリーターなど、職務経歴に自信のない人への転職サポートに特化し、紹介される求人は全て書類選考が免除!応募後はいきなり面接へ進むことができる。
社会人未経験者やフリーターの人におすすめの転職エージェント。

担当者と合わない時は遠慮しないで変更する

ワークポートでは様々な転職サポートを無料で受けられますが、転職サポートはボランティアではなく「ビジネス」として行われています。

転職エージェントは、転職が成立することで企業から紹介料をもらうことができる「成功報酬型」のビジネスになっており、1件でも多くの転職を成立させることが大切になります。

そのため、あなたの転職サポートをしてくれる担当者が、転職を成立させることだけを考えた「企業の方だけを向いた担当者」の場合は、すぐに担当者を変えてもらう必要があります。

担当者を変更してもらうことは少し気まずいですが、ワークポートはメールで担当者の変更をすることができます。

担当者本人に直接言う必要もないため、変に気を遣うこともありません。

どうしても担当者と合わない時は、遠慮せずに担当者を変更してもらうようにしましょう。

ワークポートの担当者変更はコチラ → お問い合わせ

まとめ

東京の転職でワークポートを利用する時の流れから注意すべきことについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ワークポートは東京で転職をする時に無料で様々な転職サポートが受けられる一方、求人内容に偏りがあるデメリットもありました。

自分の転職目的に合った転職エージェントを利用しながら、あなたに合った仕事に転職できることを願っています。

公式サイト:東京でワークポートを利用する(無料)