転職体験談

自分に合った職場環境を求めて転職した20代男性が転職成功の為にやった事

今回、転職活動の体験談を寄せて頂いたのは、職場環境を理由に転職することになった20代男性のK.Kさん。

慣れない仕事や上司からのプレッシャーにより、精神的に仕事を続けていくことが難しくなり、自分に合った職場環境を求めて転職することを決意したK.Kさん。

この記事では、自分に合った職場環境を求めて転職した20代男性のK.Kさんが、転職成功のためにやった事を紹介しています。

K.Kさんと同じように、職場環境を理由に転職したいと考えている20代の男性は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

転職者情報

  • 名前:K.Kさん
  • 年齢:20代中頃
  • 性別:男性
  • 家族構成:独身
  • 転職活動のタイミング:退職後
  • 転職方法:転職サイト
  • 転職決定までの応募社数:2社
  • 転職活動期間:3ヶ月以内
  • 転職活動中の悩み:自分に合った職場の見極め方がわからない
  • 転職前の勤務地:静岡
  • 転職後の勤務地:静岡
  • 転職前の職業:小売店店長
  • 転職後の職業:施工管理

自分に合った職場環境を求めて転職した20代男性の転職前・後の仕事内容

転職前は小売店の店長を担当していました。

主な仕事内容としては、とある学校内にある小売店で、店舗の営業や商品の発注、取引先への納品などを行っていました。

転職後は全く異なる施工管理の仕事をしています。

全国に展開する小売店で静岡県と山梨県エリアの看板施工管理を担当しております。

新店舗がオープンするにあたって、敷地内にどのような看板を製作しどの位置に設置するのかを現場で調したり、施工会社の手配をしています。

自分に合った職場環境を求めて転職した20代男性が転職を考えたきっかけ

私が転職しようと思ったきっかけは、自分自身が気持ちよく働ける環境に移りたいと思うようになったからです。

前職では会社の規模がとても小さかったこともあり、商品管理や売上管理などやるべき業務が色々とあり、小売店を担当したことのない私が店長をするには難易度が高い仕事でした。

品薄の商品をどのタイミングでどれほど発注すべきなのかを見極めることができず、何度も在庫切れになったり、取引先とうまく交渉ができずに、仕入れ額が倍になってしまうこともありました。

当然ながら上司から重圧を感じるようになり、出勤するのが憂鬱に感じてしまうほど精神的にも疲れ切ってしまいました。

自分自身が気持ちよく働ける環境が一番だと思うようになり、転職することを決意しました。

自分に合った職場環境を求めて転職した20代男性が選択した転職方法

転職活動では転職エージェントを利用しましたが、面談に力をいれている転職エージェントを選びました。

新卒時の就職活動では、とにかく数多くの企業にエントリーして、多くの面接を経験する中で自分のやりたいことが分かったり、面接での話し方を学んでいきました。

また、エージェントからもアドバイスをもらいながら長い時間をかけて就職活動を進めていきましたが、結果的には自分に合っていない店長として働くことになりました。

このような就職活動の失敗も踏まえて、面談に力を入れている転職エージェントを選びました。

自分に合った職場環境を求めて転職した20代男性が転職活動で悩んだ事

私が転職活動で悩んだことは、自分に適した職場を見極めることでした。

求人を応募する段階で自己分析は全て終わらせていたので、自分に適した職場がどのようなところなのかは、自分の中では分かっている状態でした。

そのため、面接では回答に迷うこともありませんでしたが、判断材料が求人票や面接官の話す内容でしかなかったので、本当に自分に適した職場なのかどうかを判断することが難しかったです。

最終的に応募したのは2社だけでしたが、いずれも採用の連絡を頂き、不明な点があれば気軽にメールしてほしいとのことでした。

分からないことがない状態で入社したかったので、気になることは全て確認するようにしました。

結果的には細かい点まで確認したことで転職前後のギャップはほとんどありませんでしたが、自分に合った仕事・職場であるかを見極めるのがすごく難しいと感じました。

自分に合った職場環境を求めて転職した20代男性が転職成功の為にやった事

私が転職を成功させるために意識してやったことは、自分がどのような時に、どのような感情になるのかを徹底的に分析しました。

前職では就業時間のほとんどが精神的に疲労を感じた状態で働いており、それが退職することに結びつきました。

そのような精神的に疲労を感じる時間が限りなくゼロに近づけば問題なく働き続けられる確信が自分の中にあったので、どういう時にどのような感情が生まれるのかを、過去の経験を全て思い出して紙に書き出してみました。

紙に書き出すことで、悩む必要のないことや、逆に何も考えずにやった方がうまくいく場合など、様々な発見がありました。

また、分析した結果を友人に話して、第三者の目線から自分につい教えてもらいました。

そうすることで、自分が見逃している部分に気がつくことも多く、これを繰り返すことで自分自身についての分析の精度が高まっていき、自分が働きやすいと感じる職場を探す時の新たな基準を見つけることができました。

自分に合った職場環境を求めて転職した20代男性が転職して良かった事、後悔した事

転職した良かったことは、前職の悩みが大幅に解決されたことです。

前職では経験したことのない職種を担当して失敗し、上司からの重圧によって仕事を続けることが自体が辛くなりました。

転職後も経験したことのない職種を担当することもありましたが、研修制度が整っており、独り立ちするころには仕事に対する自信もついていました。

たとえ失敗しても複数の上司にフォローしてもらうこともできたので、精神的に重圧を感じることもほとんどありません。

転職して後悔したことは、特にありません。

自分に合った職場環境を求めて転職を考えている20代男性へアドバイス

20代の若い世代の方々には、転職は何度しても大丈夫なので、ためらわないでほしいと思います。

大学を卒業してから新卒で入社した人の多くは、おそらく今の仕事を楽しめていないと思います。

私の大学時代の友人の多くは仕事がつまらないと思いながらも、未だに同じ仕事を続けています。

私は合わない、つまらないと感じたらすぐに行動するように心がけ、何度も転職を経験しましたが、結果的には今が一番楽しいと感じています。

同じ職場で働き続けることで学べることもあると思いますが、様々な職場を経験したことで、初めて分かることもあると思います。

「転職=悪いこと」ではないので、自分の気持ちに素直になって働くようにして下さい。

まとめ

K.Kさん、転職体験談を寄せて頂きありがとうございました。

K.Kさんと同じように、職場環境を理由に転職したいと考えている20代の男性もいるかもしれません。

K.Kさんも言われているように、転職すること自体は悪いことではなく、自分らしく働ける環境を求めて行動していくことは大切なことになります。

しかし、職場環境を理由に転職をする場合、K.Kさんのように細かく転職先について確認することは大切ですが、職場の雰囲気や人間関係など、実際に働くまで分からないことも少なくありません。

そのため、転職後に働き始める中で「こんなはずではなかった…」と転職自体を後悔するケースもあるので、事前に転職先の情報を詳しく教えてもらえる転職エージェントを利用しながら転職活動を進めることをお勧めします。

転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入って、転職活動のサポートをしてくれる転職サービスになります。

転職エージェントの具体的な転職サポートには、次のようなものがあります。

転職エージェントの転職サポート
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 給与交渉をしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 面接日の日程調整をしてくれる
  • 企業別の面接対策(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方のアドバイス等)
  • 転職前に転職先の現場情報を教えてくれる(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報等)

これらの転職サポートを全て無料で利用することがきます。

転職エージェントを利用することで、転職希望を伝えた後は担当のキャリアアドバイザーが希望に合った求人を探してくれるため、自分一人では見つけることができない求人をチェックすることができます。

また、自分一人で転職活動をする時に難しい給与交渉や面接の日程調整をしてくれるだけでなく、転職先の職場の雰囲気や人間関係、実際の仕事内容も転職前に教えてもらえるため、転職前後のギャップを小さくすることができます。

全国には約18,000もの転職エージェントがありますが、職場環境を理由に転職したいと考えている20代の男性におすすめの転職エージェントはリクルートエージェントになります。

リクルートエージェントは転職でお世話になった人も多い「リクナビNEXT」や「タウンワーク」を運営するリクルートグループが運営する安心の転職エージェントになります。

「リクルートホールディングスHP」より

リクルートエージェントは業界最王手の転職エージェントで、他の大手転職エージェントに比べて求人数が多くなっています。

また、リクルートエージェントは求人数が多いだけでなく、求人全体の約80%が非公開求人となっています。

非公開求人はその名の通り一般には公開されていない求人で、企業が求人を非公開にする理由には次のようなものがあります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 専門的なスキルや経験など、ピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 在籍している従業員より募集者の給与が高い場合
  • 他企業に採用活動を知られたくない場合

非公開で求人を募集することでピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあるため、非公開求人には条件のいい求人も数多く存在します。

さらに、非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べてライバルの少ない求人を紹介してもらうことができます。

職場環境を理由に転職したいと考えている20代の男性がリクルートエージェントを利用することで、豊富な求人の中からライバルの少ない好条件の求人を紹介してもらうことができます。

転職することが全て正しい選択ではありませんが、今の状況が続いた1年後、3年後の自分の姿を想像しながら、これからの行動を考えてみて下さい。

実際に転職するかどうかはともかく、あなたが今より自分らしく働けるようになることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)