職種

職場の人間関係から異業種に転職した20代看護師が転職後に手に入れた生活とは?

ウーマンコンシェルジュ
ウーマンコンシェルジュ
今回、体験談を寄せて頂いたのは、職場の人間関係から転職することになった20代の女性看護師C.Hさん。

職場の人間関係ついて悩む中、自分が本当にやり事を考えていく中で異業種の仕事に転職することを決意したC.Hさん。

この記事では、20代の女性看護師C.Hさんが、看護師から異業種の仕事に転職した事で手に入れた生活について紹介しています。

C.Hさんと同じように、職場の人間関係から異業種の仕事に転職を考えている20代の看護師女性は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

転職者情報

  • 氏名:C.Hさん
  • 性別:女性
  • 年齢:28歳
  • 家族構成:独身
  • 転職のきっかけ:職場の人間関係
  • 転職方法:転職サイト、転職エージェント
  • 転職決定までの応募者数:5社
  • 転職活動期間:1ヶ月半ほど
  • 転職活動中の悩み:転職先選び
  • 転職前の職業:看護師
  • 転職後の職業:精神保健福祉士
  • 転職前の勤務地:兵庫
  • 転職後の勤務地:大阪

異業種に転職した20代看護師の転職前の仕事内容

転職前は入院患者の身の回りの世話をする病棟看護師として働いていました。

主な仕事には入院患者のバイタルサインチェックから食事、入浴、排泄の補助、担当患者のカルテ記録などがありました。

勤務は2交代制でしたが、休みをうまく繋げると3連休も取りやすく、プライベートの時間も確保しやすかったので、自分の中では働きやすく感じていました。

異業種に転職した20代看護師が転職前に苦しんだ事

私が病棟看護師として働いていた時に苦しんだことは、職場の人間関係です。

1フロアを仕切る師長との関係がうまくいかず、退職を考えるようになりました。

自分と合わない相手が一般の看護師なら大きな問題になりませんでしたが、合わない相手が師長のため、自分の仕事をする上で様々な支障が出てきました。

師長はかなり気の強い性格の方で、自分の意見に従わない人に対してはかなり強い態度をとることが度々あり、師長に泣かされている人を何人も見たことがありました。

そのため、師長の周りには数多くのイエスマンがいて、そのイエスマンが師長に告げ口をするような体制ができていたので、現場で誰かが師長の陰口を言おうものなら、すぐに師長の耳に入り徹底的に叩きのめされることになります。

このような職場環境の中で仕事をしているため、みんながお互い疑心暗鬼を持ちながら働くことになり、職場の雰囲気も決していい雰囲気とは言えませんでした。

私は陰口は絶対に言いませんでしたが、師長が言っていることの中でおかしいと感じたことに対しては割とハッキリものを言っていたので、師長からするとあまりかわいい部下ではなく、むしろ最も嫌われている1人でした。

そのため、何かあるたびに私が標的にされることが多くあり、次第に仕事にいく事自体が辛くなっていきました。

最初は部署内に私のことを庇ってくれる同僚たくさんいて、「気にすることないよ」「あなたの味方もたくさんいるよ」と声をかけてくれました。

しかし、師長の私への嫌がらせが誰の目に見ても分かるようになると、同僚たちも自分に火の粉がかかることを恐れて、次第に私との関わりを避けるようになりました。

このような職場環境で働き続けるのは精神的に辛だけでなく、周囲との連携が取れないことから患者様に迷惑をかけるようになりました。

師長は患者様の前でも気にせず私に怒鳴ることもよくあったので、それを見かねた患者様が声をかけて下さることもありました。

看護師は病気に苦しむ患者様を癒すために存在しているのに、逆に患者様に気を遣わせていることが辛く、仕事中に涙してしまうこともありました。

「患者さんの癒しになる」という自分の信念のもとに仕事をするためにも、退職のことが頭にちらつくようになりました。

最後の頼みの綱として人事部や総師長に話をしてみましたが「あなたが過剰に反応しているだけでは?」と聞く耳をもってくれず、このまま働き続けるのは精神的にも厳しい状況になっていたので、転職することを決意しました。

異業種に転職した20代看護師が転職を決意した後にやった事

転職を決意した後は在職中に転職活動を始めようとも考えましたが、転職活動に集中したかったことや、一刻も早く今の職場から解放されたかったので、先に退職してから転職活動を始めました。

退職手続きは大変そうに思うかもしれませんが、早ければ3日程度で終わります。

退職することで気持ちや時間に余裕ができ、効率的に転職活動に集中することができました。

すぐに雇用保険の受給手続きも済ませ、生活の不安も軽減されました。

そして「人の癒しになる仕事は看護師だけではない」と考え、視野を広げるために3か月かけて様々な転職セミナーに通いました。

多くのセミナーを受講する中で、いかに自分が世間知らずだったかを思い知り、自分が知らない職業が世の中に沢山あることを知ることができました。

また、世の中の仕組みをよく勉強しました。

図書館で新聞を読んだりと、以前よりニュースをこまめにチェックするようにしました。

異業種に転職した20代看護師が転職後に選んだ仕事

セミナーで知ったことや最近の社会情勢、自分が看護師になった原点の「人の役に立ちたい」という気持ちを踏まえて、私が転職先として選んだ仕事は「精神保健福祉士」という職業でした。

医療系の学歴や看護師の経験を活かせ事と、その専門性の高さが決め手となりました。

精神保健福祉士になる事を決めた後は専門学校に通い、国家資格の取得を目指しました。

専門学校に通っている間は経済的にも収入を確保する必要があったので、看護師資格を活かして老人ホームでアルバイトをしました。

無事に資格を取得した後は、すぐに実務経験を積むために転職サイトを利用して求人を探しましたが、多くの事業所が実務経験のある人を募集していたので、思うような求人が見つかりませんでした。

そのため、途中からは少しでも多くの求人をチェックして転職成功の可能性を少しでも高めようと、転職エージェントも併せて利用しました。

利用した転職エージェントの担当者がとても親身になって相談にのってくれ、私の地元にある生活支援センターにたまたま欠員ができたということで、見習いからという条件付きで採用を勝ち取ることができました。

異業種に転職した20代看護師が転職後に手に入れた生活

転職後は精神保健福祉士の見習いとして働いているため、給料は看護師時代の半分以下になっています。

しかし、毎日新しいことに挑戦しながら自分のやりたいことに1歩ずつ前進していることが本当に嬉しく、ウキウキした気持ちで毎日を過ごしています。

転職前するきっかけになった職場の人間関係ですが、現在の職場に転職したからといって、職場の人間関係が全て順調にいっているかといえば、そんなことはありません。

今でも職場の人間関係で悩むことはありますし、思うように仕事ができずに、全てを投げ出したいような気持ちになることもあります。

しかし、今やっている目の前の仕事が自分のやりたいことに繋がっていることを考えると、人間関係の悩みが小さなものに感じるようになり、充実した毎日を過ごすことができています。

自分がどこを見て仕事をしているかで、こんなに仕事に対する気持ちが変わるのかと驚きますが、このことを知ることができただけでも、転職して本当に良かったと思います。

異業種に転職を考えている20代看護師へアドバイス

看護師という仕事は、大きな可能性を秘めた仕事だと思います。

看護師としてキャリアを積んでいくことはもちろん、看護師以外にも様々な業種・職種に挑戦しやすい魅力的な仕事です。

私のように職場の人間関係から転職を考える20代の看護師女性もいると思いますが、看護師として新しい職場で働くだけでなく、看護師の経験を生かしてどんな仕事ができるのか真剣に考えてみて下さい。

20代は、どんな仕事にも挑戦できる年齢ですし、少し視野を広げることで、今まで考えても見なかった新しいキャリアを築くことができるかもしれません。

まとめ

ウーマンコンシェルジュ
ウーマンコンシェルジュ
C.Hさん、転職体験談を寄せて頂きありがとうございました。

C.Hさんと同じように、異業種の仕事に転職を考えている20代の看護師女性もいるかもしれません。

C.Hさんが言われているように、看護師という仕事には大きな可能性が秘められており、看護師以外の異業種の仕事に転職する時も、看護師の経験が大きな武器になります。

しかし、異業種の仕事に転職する時は未経験の仕事へ転職することも多く、転職活動では書類選考が大きな関門となります。

いくら異業種の仕事に挑戦する熱意を持っていても、書類選考で落とされてしまうと、その熱意を面接で伝えることもできません。

このようなリスクを防ぐためにも、就職Shopを利用しながら転職活動を進めてみて下さい。

就職Shopは業界最王手のリクルートが運営する転職エージェントで、未経験・異業種の仕事へ転職する20代の人を専門に転職サポートを行なっています。

そのため、就職Shop利用者の4人に3人は正社員未経験となり、未経験・異業種の仕事に転職する時でも、安定した働き方のできる「正社員」として転職することができます。

「就職Shop HP」より

また、未経験・異業種の仕事へ転職する時には大きな関門となる書類選考も就職Shopでは免除され、応募後はいきなり面接に進むことができます。

「就職Shop HP」より

書類選考が免除される理由として、就職Shopで紹介している求人先の企業が、転職者の人柄や仕事への意欲を大切にしている企業となっていることがあります。

「就職Shop HP」より

そのため、応募者の今までの経歴を元にした書類選考は行わず、未経験・異業種の仕事へ挑戦する熱意や想いを、応募者から直接聞くようになっています。

もちろん、面接をしたからといって必ず採用されるわけではありません。

しかし、今まで書類選考の段階で落とされてしまい、面接で自分の気持ちを伝えるチャンスがなかった人も、就職Shopを利用することで、自分の気持ちを面接で確実に伝えられる機会を得ることができます。

転職することが全て正しい選択ではありませんが、今の状況が続いた1年後、3年後の自分の姿を想像しながら、これからの行動を考えてみて下さい。

実際に転職するかどうかはともかく、あなたが今より自分らしく働けるようになることを願っています。

公式サイト:就職Shopを利用する(無料)