20代

年収アップのために異業種へ転職した20代男性が転職成功のためにやった事とは?

ヤングコンシェルジュ
ヤングコンシェルジュ
今回、転職活動の体験談を寄せて頂いたのは、年収アップを求めて異業種の仕事へ転職した20代男性のY.Hさん。

自分の将来のことを考え、給与水準の低い栄養士から異業種の仕事へ転職することを決意したY.Hさん。

この記事では、年収アップを求めて異業種の仕事へ転職したY.Hさんが、転職成功のためにやった事を紹介しています。

Y.Hさんと同じように、年収アップのために異業種の仕事へ転職を考えている20代の男性は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

転職者情報

  • 名前:Y.Hさん
  • 年齢:20代後半
  • 性別:男性
  • 家族構成:独身
  • 転職活動のタイミング:退職後
  • 転職方法:ハローワーク、転職エージェント
  • 転職決定までの応募社数:4社
  • 転職活動期間:半年以内
  • 転職活動中の悩み:転職活動中の資金繰り
  • 転職前の勤務地:静岡
  • 転職後の勤務地:静岡
  • 転職前の職業:栄養士
  • 転職後の職業:工場オペレーター

年収アップのために異業種へ転職した20代男性の転職前後の仕事

転職前は病院で入院患者の病院食を調理していました。

多種多様な患者への調理でしたので、調理する形態も様々で、全ての料理が細かく設定されていました。

転職後は大手企業の野菜加工工場で製品の出荷管理、原料の入荷管理、現場の管理等の仕事をしています。

生鮮食品なので消費期限がとても短く、完成後はすぐにトラックに積み込むため、短時間のうちに確認する作業がたくさんあります。

原料も膨大な量を入荷するので、在庫管理も大変な仕事になっています。

年収アップのために異業種へ転職した20代男性が転職を考えたきっかけ

栄養士業界は給料水準低く、将来的な不安から転職を考えるようになりました。

また、病院食を調理する仕事だったので水に触れる機会が多くあり、昔から肌の弱い自分は手が動かせなくなるほど酷い手荒れに悩まされ続けていたことも、転職を考えたきっかけの1つです。

職場の人間関係は非常に良好で、対人ストレスもほとんどなかったので、転職したいとは思いつつ、なかなか転職に踏み切ることはありませんでした。

しかし、転勤によって勤務先が住まいから離れた地域になり、転勤後に勤務地が営業赤字により撤退したことをきっかけに、転職することを決意しました。

年収アップのために異業種へ転職した20代男性が選択した転職方法

転職活動では、ハローワークと転職エージェントを利用しました。

離職票の手続きや失業給付金、再就職手当などの確認でハローワークへ行く機会があり、その流れでハローワークを利用しました。

それほどいい求人はありませんでしたが、以前にハローワークを利用して転職したこともあるので、慣れている分、利用しやすかったです。

また、今度の転職では異業種の仕事へ転職を考えていたので、自分に合った職業を幅広く探すために、専門家からアドバイスを受けられる転職エージェントも利用しました。

実際に転職エージェントを利用すると、転職の専門家から具体的なアドバイスや求人に関する情報をもらえるので、とても役立ちました。

また、担当者の方に分からないことも相談できたので、失業中の自分には精神的な支えにもなりました。

年収アップのために異業種へ転職した20代男性が転職活動で悩んだ事

転職活動中は、次の3つのことに悩みました。

希望の求人が見つからない

栄養士は専門色の強い職業だったので、他業界へ転職するには勇気がいりました。

  • 会社の将来性
  • 給与条件
  • 将来的なキャリア形成が可能な職場
  • 可能なら今まで経験した食品業界のスキルを生かせる職場

様々な転職希望があり、自分が思っているような求人に出会えず苦労しました。

書類選考が通過しない

異業種の仕事へ挑戦したので、書類選考が通過しないことにも苦労しました。

また、書類選考を通過しても、栄養士からなぜ異業種に転職するのかをうまく説明できず、手荒れの経緯を説明した時などは、仕事に対する考えが甘いと怒られてしまったこともあります。

精神的な不安

退職後に転職活動を始めたので、失業中の状態に大きな不安を感じました。

今までは会社員として働いていたので、1日の大半を仕事に費やしていましたが、退職したことで転職活動の時間を確保できるメリットがある反面、常に転職活動のことが頭から離れず、プレッシャーを感じながら転職活動をしていました。

年収アップのために異業種へ転職した20代男性が転職成功のためにやった事

自分が納得のいく転職にするために、自分の中で転職先の企業に求める優先順位を決めました。

栄養士時代は好きな仕事をしていたので、たとえ給料が低くても「給与面は仕方がない。いつかどうにかなるだろう」と現実から逃げていました。

しかし、今度の転職は企業の将来性や給与額、キャリアアップの可能性など、将来的な生活を安定させることを基準に転職先を探していきました。

そのため、内定を頂いた時点でどのような条件なのかを、納得がいくまで確認しました。

企業に対して下から行くのではなく、常に対等な立場を意識し面接に臨めば交渉もしやすくなるので、そこで不採用になるなら仕方がないと割り切っていました。

あとは精神的に焦ってしまうので、そこだけは本当に気を付けていました。

焦ってもいい結果は生まれないので、常に心に余裕をもちながら転職活動を進めることを意識していました。

年収アップのために異業種へ転職した20代男性が転職して良かった事、後悔した事

転職して良かった事は、給料面で前職に比べて年間80万円ほど年収アップすることができました。

そのため、仕事に対するモチベーションも高まり、仕事への取り組みも以前より良いものになっていると思います。

また、年間休日数も増え、休みの日の計画が立てやすくなりました。

転職して後悔した事は、異業種へ転職したことで今までの経験がほとんどリセットされてしまい、仕事の出来ない自分に焦りを覚えました。

また、人間関係も一から築く必要があり、年下の先輩も多くいるので、最初の数か月はとても気を遣いました。

あと、前職に比べて年収は良くなったものの残業も多くなったので、仕事が終わった後のプライベートの時間は少なくなりました。

年収アップのために異業種へ転職する20代男性へアドバイス

退職後に転職活動を行うことは精神的にも経済的にも余裕を感じることが難しいと思います。

しかし、決して焦って転職先を見つけることは一時的なプレッシャーからは解放されても、将来的には後悔する事の方が多いと思います。

焦って転職先を決めないためにも、転職活動中の生活資金や自分が仕事をする上で何を大切にしたいのかを、事前に考えておくことが大切になります。

そうすれば冷静に転職先を探すことができ、自分が納得のいく転職先を見つけることができると思います。

また、今まで経験したことがない異業種の仕事へ転職する人は、自分一人だけで転職活動を進めることが難しいこともあります。

そのような時はハローワークや転職エージェントの担当者に相談しながら転職活動を進めて下さい。

精神的な支えにもなりますし、様々なアドバイスをもらうこともできます。

最後まで諦めずに頑張って下さい。

まとめ

ヤングコンシェルジュ
ヤングコンシェルジュ
Y.Hさん、転職体験談を寄せて頂きありがとうございました。

Y.Hさんと同じように、年収アップのために異業種の仕事へ転職を考えている20代の男性もいるかもしれません。

Y.Hさんも言われているように、異業種の仕事へ転職する時は求人探しから面接対策まで、それぞれの段階で対策をしていく必要があり、自分一人だけで転職活動を行うには限界もあります。

このような時は、Y.Hさんも利用した転職エージェントで転職活動を進めてみて下さい。

転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入って、転職活動のサポートをしてくれる転職サービスになります。

転職エージェントの具体的な転職サポートには、次のようなものがあります。

転職エージェントの転職サポート
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 給与交渉をしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 面接日の日程調整をしてくれる
  • 企業別の面接対策(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方のアドバイス等)
  • 転職前に転職先の現場情報を教えてくれる(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報等)

これらの転職サポートを全て無料で利用することがきます。

転職エージェントを利用することで、転職希望を伝えた後は担当者から条件に合った求人の紹介してくれるため、自分では気づかない求人に出会うこともできます。

また、第三者の立場である転職エージェントが転職先の職場の雰囲気や人間関係といった「リアルな転職先」を転職前に教えてくれるため、転職前後のギャップによる転職の後悔や失敗を防ぐことができます。

全国には約18,000もの転職エージェントがありますが、年収アップのために異業種の仕事へ転職を考えている20代男性におすすめの転職エージェントは、リクルートエージェントになります。

リクルートエージェントは転職でお世話になった人も多い「リクナビNEXT」や「タウンワーク」を運営するリクルートグループが運営する安心の転職エージェントになります。

リクルートエージェントは業界最王手の転職エージェントで、他の大手転職エージェントに比べて求人数が多くなっています。

そのため、異業種の仕事に転職する時も、自分に合った求人を紹介してもらえる可能性を高めることができます。

また、リクルートエージェントは求人数が多いだけでなく、求人全体の約80%が非公開求人となっています。

非公開求人はその名の通り一般には公開されていない求人で、企業が求人を非公開にする理由には次のようなものがあります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 専門的なスキルや経験など、ピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 在籍している従業員より募集者の給与が高い場合
  • 他企業に採用活動を知られたくない場合

非公開で求人を募集することでピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあるため、非公開求人には条件のいい求人も数多く存在します。

さらに、非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べてライバルの少ない求人を紹介してもらうことができます。

その結果、転職によって年収アップする人の割合が3割に止まるのに対して、リクルートエージェントを利用した人の6割以上が転職により年収アップを実現しています。

「厚生労働省 転職入職者の賃金変動に関する状況」より作成
「リクルートエージェントHP」より

年収アップのために異業種の仕事へ転職を考えている20代男性がリクルートエージェントを利用することで、豊富な求人の中からライバルの少ない好条件の求人を紹介してもらうことができます。

転職することが全て正しい選択ではありませんが、今の状況が続いた1年後、3年後の自分の姿を想像しながら、これからの行動を考えてみて下さい。

実際に転職するかどうかはともかく、あなたが今より自分らしく働けるようになることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)