転職体験談

職場環境をきっかけに転職した30代男性が転職成功のためにやった事とは?

今回、転職活動の体験談を寄せて頂いたのは、職場環境の変化から転職することになった30代男性のS.Aさん。

仕事自体は好きだったものの、配置換えによって変わたった上司との関係から仕事を続けることが難しくなり、転職することを決意したS.Aさん。

この記事では、職場環境の変化をきっかけに転職をした30代男性のS.Aさんが、転職成功のためにやったことを紹介しています。

S.Aさんと同じように、職場環境の変化から転職を考えている30代の男性は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

転職者情報
  • 名前:S.Aさん
  • 年齢:30代後半
  • 性別:男性
  • 家族構成:独身
  • 転職活動のタイミング:退職後
  • 転職方法:ハローワーク、転職サイト
  • 転職決定までの応募社数:8社
  • 転職活動期間:3ヶ月以内
  • 転職活動中の悩み:転職先が決まらない
  • 転職前の勤務地:富山
  • 転職後の勤務地:富山
  • 転職前の職業:工場勤務
  • 転職後の職業:警備員

職場環境から転職した30代男性の転職前・後の仕事内容

転職前の仕事は、工場で製品の品質保証を担当していました。

道路に使用する製品だったため、行政やネクスコなどの発注担当者の方に、製品の大きさや寸法が規格の範囲内であることをノギスやデプス、コンベックスを使用して見せる仕事でした。

転職後は、ショッピングセンターの警備員をしていました。

  • 施設内の巡回やお客様への案内
  • 救急案件や災害時の救護、誘導
  • 開閉館に関わる鍵の開施錠業務

などを行っていました。

職場環境から転職した30代男性が転職を考えたきっかけ

職場の配置換えから新しい部署に移りましたが、そこの先輩の指導が厳しく、1ミリの間違いも許されない状況でした。

なんとか仕事を覚えようと必死にくらいつきましたが、体の方が先に不調を訴え、最初は動機ややる気の減退。

徐々に仕事のことを考えると気分が悪くなり、食事の味もわからなくなる状態になっていきました。

最終的には朝起きるのもつらくなり、ますます仕事でミスを重ねて怒鳴られるようになり、心療内科に駆け込みました。

医師から休養を勧められ、「体調を回復させるには職場を変えることも必要かも・・・」と考え、特に転職先のあてはなかったのですが、体のことを第一に考えて退職をしました。

職場環境から転職した30代男性が選択した転職方法

最初はハローワークを利用していましたが、ハローワークのある場所がバスなどの公共交通機関を使用しないと気軽に行けない場所にあり、途中からは自宅にネット回線を引き、転職サイトで求人探しをしました。

月々の回線利用料は発生しますが、ハローワークへの往復時間やお金を計算してみて、ネットの方が利便性が高いと判断して、転職サイトを利用して仕事を探すことにしました。

実際に転職サイトを利用してみると、自宅に居ながら求人を探せることは想像以上に便利で、途中から転職サイトに切り替えて良かったと思います。

職場環境から転職した30代男性が転職活動で悩んだ事

転職の準備を全くすることなく前職を退職したため、保険や年金の切り替え方法などを調べるのに時間がかかり、転職活動を始めるまでに時間がかかりました。

前職の仕事自体が嫌いで辞めた訳ではないので、気持ちの面でも整理がつかず、新しい職業に対しても前向きな気持ちになるまでに1ヶ月ほど必要でした。

また、自己都合の退職だったため、失業保険を貰えるまでには時間がかかり、日々減っていく貯金残高を見ながら、「いつになったら転職できるのか」と、プレッシャーを感じていました。

転職自体も初めての経験で、転職活動の進め方が分からない事にも悩みました。

周囲に相談できる相手もいなかったため、転職サイトでひたすら求人を探す毎日となり、精神的にも追い詰められた状態で転職活動を続けていまし

職場環境から転職した30代男性が転職成功の為にやった事

まずは体調を回復をするためにも、転職活動中は無理をしないで早寝早起きをするようにしました。

適度な運動や筋トレを行い、少しずつではありますが体調が回復しました。

あとは新聞やニュースを意識的に見ていました。

転職希望先につながるようなニュースがあれば、メモ書き程度ではありましたが残しておきました。

履歴書などに志望動機を記載するときには、型通りのテンプレ内容ではなく、自分の言葉で志望動機を書くように意識しました。

また、インターネットで企業や業界、関連企業などを調べておくこともしました。

業界自体の問題や発展性を調べておくことで、今転職しようとしている会社が将来的にどうなるか?この業界全体は社会的に必要な業種で、将来的にもまだまだ成長するのか?を推測できるからです。

業界自体が成長している場合、仮に転職先が倒産しても業界内で転職しやすいので、業界研究はしておいた方が思います。

職場環境から転職を考えている30代男性へアドバイス

例えがあっているか分かりませんが、転職ができるかどうかはオモチャのガチャガチャに似ていると思いました。

最初に面接に行った会社で転職が決まる場合もあれば、何度受けても決まらないときもあります。

決まらないからといって、落ち込むことはないと思います。

たまたま「ハズレ」だっただけかもしれないので。

とはいえ、面接で落ちた時は、何がいけなかったのかを検証する必要はあると思います。

私は転職サイトをメインに利用していたので、苦手な面接対策などはハローワークに行き、係りの人にアドバイスをもらいながら面接対策をしていました。

客観的に自分のことを見ることで、苦手な人も多い面接もスムーズにできると思います。

まとめ

S.Aさん、転職体験談を寄せて頂きありがとうございました。

S.Aさんと同じように、職場環境の変化から転職を考えている30代の男性もいるかもしれません。

S.Aさんも言われているように、職場環境の変化から転職を考えている人はストレスにより体調を崩している人もいるため、まずは自分の体調を整えてから転職活動を進めていくことが大切になります。

S.Aさんも利用していたように、転職サイトは自宅に居ながら気軽に求人を探すことができますが、転職活動では自分が希望する求人に出会うだけでなく、実際に転職することが大切になります。

そのため、転職成功の可能性を少しでも高めたい人は、転職サイトのリクナビネクストを利用しながら転職活動を進めてみて下さい。

リクナビネクストは業界最王手のリクルートが運営する転職サイトで、転職者の約8割が利用し、毎週2.6万人以上が新規に会員登録している転職サイトになります。

「リクナビネクストHP」より

リクナビネクストは多くの転職者が利用しているだけでなく、実際に利用した人の多くが結果を出しています。

「リクナビネクストHP」より

転職サイトによっては「転職成功多数」など、イメージで実績をアピールしている転職サイトもありますが、リクナビネクストは「なんとなく良い転職サイト」というイメージではなく、利用することで実際に結果が出せる転職サイトになります。

また、リクナビネクストで掲載されている求人の約9割は、他の転職サイトでは見ることができない「限定求人」となっています。

「リクナビネクストHP」より

限定求人はリクナビネクストの利用者以外は見ることができない「ライバルの少ない求人」となるため、転職活動を有利に進めることができます。

職場環境の変化から転職を考えている30代の男性がリクナビネクストを利用することで、ライバルの少ない求人をチェックしながら、転職活動で実際に結果を出していく事ができます。

転職することが全て正しい選択ではありませんが、今の状況が続いた1年後、3年後の自分の姿を想像しながら、これからの行動を考えてみて下さい。

実際に転職するかどうかはともかく、あなたが今より自分らしく働けるようになることを願っています。

公式サイト:リクナビネクストを利用する(無料)