性別

やりがいのある仕事を求めて転職した30代男性が転職成功のためにやった事とは?

チーフコンシェルジュ
チーフコンシェルジュ
今回、転職活動の体験談を寄せて頂いたのは、今の仕事にやりがいを感じられず転職することを決意した30代男性のK.Oさん。

自分がやりがいを感じられる仕事を求めて転職を繰り返し、満足のいく職場へ転職することができたK.Oさん。

この記事では、やりがいを感じられる仕事を求めて転職した30代男性のK.Oさんが、転職成功のためにやったことを紹介しています。

K.Oさんと同じように、今の仕事にやりがいを感じられずに転職を考えている30代の男性は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

転職者情報

  • 名前:K.Oさん
  • 年齢:30代前半
  • 性別:男性
  • 家族構成:既婚
  • 転職活動のタイミング:退職後
  • 転職方法:ハローワーク、転職サイト
  • 転職決定までの応募社数:20社以上
  • 転職活動期間:半年
  • 転職の悩み:仕事にやりがいを感じられない
  • 転職前の勤務地:東京
  • 転職後の勤務地:東京
  • 転職前の職業:事務職
  • 転職後の職業:事務職

やりがいのある仕事を求めて転職した30代男性の転職前後の仕事内容

現在の仕事に就くまでは、福祉系の事務職と地方公務員の総合職で、2度の転職を経験しました。

福祉系の仕事では、事務職という肩書ではありますが、関係機関との調整や他業種の方々との共同プロジェクトなどを行なっていました。

地方公務員では各個人で仕事を進める業務が多く、自分には合っていないと感じていました。

現在は教育機関の事務職で働いており、様々な業種の方々と協力しながら、新しい教育施設を建設するプロジェクト等を担当しており、とてもやりがいを感じています。

やりがいのある仕事を求めて転職した30代男性が転職を考えたきっかけ

転職しようと思ったきっかけは、仕事をする上で、自分が大切だと思うことを職場で共有できなかったためです。

私が仕事で大切にしている事は、仕事を通して社会に貢献する事と、一緒に働く仲間に貢献することです。

会計、財務、労務、地域振興、講師など、今まで様々な業務を経験してきましたが、私にとって「何の仕事をするか」はそれほど重要ではなく、「何のためにその仕事をするのか」が最も重要なことでした。

世の中には理由を考えて試行錯誤するよりも、決められた作業を繰り返すことが重要な仕事もありますが、前職はそうした職場でした。

定型化された業務の見直しを上司や同僚に相談しても、「それはやっても無駄だ」という返答しか返ってきませんでした。

こうした環境にやりがいを見出すことができず、転職を決意しました。

やりがいのある仕事を求めて転職した30代男性が選択した転職方法

転職方法として、ハローワークと転職サイトを中心に転職活動を進めました。

友人の紹介や転職エージェントを利用する選択肢もありましたが、自分自身で求人を見て判断しないと納得のいく転職ができないと思ったため、利用しませんでした。

例えば、友人から仕事を紹介してもらった場合、転職後に自分が思っていた職場と違った時にもすぐに職場を変えることは難しくなり、仕事を紹介してもらった友人にも迷惑をかけてることになります。

そのため、自分自身で求人を探しながら、自分が納得できる求人に出会えるまで転職活動を進めていこうと考えていました。

やりがいのある仕事を求めて転職した30代男性が転職活動中に悩んだ事

転職活動中の最も大きな悩みは、お金に関する事でした。

結婚していたため、収入の減少は自分だけの問題ではなく、家族の生活に関わる大きな問題でした。

在職中は仕事の忙しさから思うように転職活動ができず、本格的に転職活動を始めたのは退職してからになります。

そのため、貯金を取り崩しながらの転職活動となり、精神的なプレッシャーから「どこでもいいから、一刻も早く転職先を決めてしまおう」と思ったこともありました。

退職してから次の職場が決まるまでに20社以上に応募し、実際に転職先が決まるまでに半年ほどかかりましたが、転職活動中に行なった資格取得や業界の勉強、面接地に行くまでの交通費等、転職活動には様々な費用がかかります。

自分が余裕をもって転職活動ができる期間がどれくらいあるのか、転職前に自分の正確な経済状況を知っておくことが大切だと痛感しました。

やりがいのある仕事を求めて転職した30代男性が転職成功のためにやった事

転職活動中は、視野を広げることを意識して行なっていました。

転職活動を始めた最初の頃は、「今までやっていた業界と似ている」「似たような作業がある」など、仕事内容だけで転職先を探していました。

これでは、結局前の会社と同じような所しか目に入らず、就労条件を改善しようとすると、大きな会社ばかりが目に入るようになります。

すると必然的に競争率が高くなり、特殊な技能や経験が無ければ不利になります。

転職するのは、今までの条件を良くしたいと思うからですが、それは待遇等の条件面だけではないはずです。

  • 人の役に立っている実感が欲しい
  • 仲間が欲しい
  • 人を笑顔にしたい

など、数値だけでは見えない要素もあるはずです。

このような要因を自覚するには自分の視点を変えることが重要だと思い、新しいことに挑戦してみたり、色々な人に会うことを意識して行なっていました。

そうする中で、仕事内容や条件以外の部分でも転職先を探せるようになり、結果的に満足のいく転職先に出会うことができました。

やりがいのある仕事を求めて転職を考えている30代男性へアドバイス

転職活動をしている時に、「仕事はお金を稼ぐためにやるもの。それ以上の意味はない」と言われたことがあります。

しかし、お金のためだけと割り切って仕事を出来る人は、そんなに多くはないように思います。

仕事を通して人の役に立ちたい、周囲から認められたいなど、人間には様々な欲求があります。

自分が何をしたいのか、なぜ仕事をするのか、この点が納得できていないと、面接や仕事でも、面接官や一緒に働く人々の気持ちを動かすことができないように思います。

周りの人と自分を比べて、時にはみじめな思いをしたり、悩んだりすることがあるかもしれませんが、自分の考えを深めるために、転職活動はとても貴重な経験であると思います。

時には休みながらゆっくり進むこともありますが、辛いことがあっても、未来の自分への投資だと考え、自分が納得いくまで転職活動を続けてほしいと思います。

まとめ

チーフコンシェルジュ
チーフコンシェルジュ
K.Oさん、転職体験談を寄せて頂きありがとうございました。

K.Oさんと同じように、今の仕事にやりがいを感じられずに転職を考えている30代の男性の方もいるかもしれません。

K.Oさんも言われているように、仕事に求めるものは人それぞれ異なり、転職活動の中で自分の大切にしたいものを再確認することで、自分がやりがいを感じる仕事も見つけやすくなります。

K.Oさんは転職先が決まるまで半年ほどの期間がかかり、退職後に転職活動を本格化したことから、経済的な面からもかなりのプレッシャーを感じながら転職活動をされていました。

経済的なプレッシャーは、在職中から転職活動を始めることで軽減する事ができますが、在職中の転職活動は仕事との両立が難しく、思うように転職活動が進まないことも人も少なくありません。

このような時は、転職エージェントを利用しながら転職活動を進めてみて下さい。

転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入って、転職活動のサポートをしてくれる転職サービスになります。

転職エージェントの具体的な転職サポートには、次のようなものがあります。

転職エージェントの転職サポート
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 給与交渉をしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 面接日の日程調整をしてくれる
  • 企業別の面接対策(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方のアドバイス等)
  • 転職前に転職先の現場情報を教えてくれる(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報等)

これらの転職サポートを全て無料で利用することがきます。

転職エージェントを利用することで、転職希望を伝えた後は担当のキャリアアドバイザーが希望に合った求人を探してくれるため、在職中の転職活動も無理なく進めることができます。

また、自分一人で転職活動をする時に難しい給与交渉や面接の日程調整をしてくれるだけでなく、転職先の職場の雰囲気や人間関係、実際の仕事内容も転職前に教えてもらえるため、転職前後のギャップを小さくすることができます。

全国には約18,000もの転職エージェントがありますが、やりがいのある仕事を求めて転職活動を始めた30代の人におすすめの転職エージェントは、リクルートエージェントになります。

リクルートエージェントは転職でお世話になった人も多い「リクナビNEXT」や「タウンワーク」を運営するリクルートグループが運営する安心の転職エージェントになります。

リクルートエージェントは業界最王手の転職エージェントで、他の大手転職エージェントに比べて求人数が圧倒的に多くなっています。

また、リクルートエージェントは求人数が多いだけでなく、求人全体の約80%が非公開求人となっています。

非公開求人はその名の通り一般には公開されていない求人で、企業が求人を非公開にする理由には次のようなものがあります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 専門的なスキルや経験など、ピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 在籍している従業員より募集者の給与が高い場合
  • 他企業に採用活動を知られたくない場合

非公開で求人を募集することでピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあるため、非公開求人には条件のいい求人も数多く存在します。

さらに、非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べてライバルの少ない求人を紹介してもらうことができます。

やりがいのある仕事を求めて転職活動を始めた30代の人がリクルートエージェントを利用することで、豊富な求人の中からライバルの少ない好条件の求人を紹介してもらうことができます。

転職することが全て正しい選択ではありませんが、今の状況が続いた1年後、3年後の自分の姿を想像しながら、これからの行動を考えてみて下さい。

実際に転職するかどうかはともかく、あなたが今より自分らしく働けるようになることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)