転職体験談

シングルマザーの30代女性教師が職場環境から転職して手に入れた生活とは?

ウーマンコンシェルジュ
ウーマンコンシェルジュ

今回、転職体験談を寄せて頂いたのは、2人のお子さんを育てながら中学校教師として働かれている30代シングルマザー女性のD.Aさん。
2つの部活動掛け持ちや深夜までの残業など、シングルマザーとして働きにくい様々な職場環境から転職を決意したD.Aさん。
この記事ではシングルマザーの女性教師D.Aさんが転職前に苦しんだ時の様子から転職したことでで手に入れた生活について紹介しています。
D.Aさんのように職場環境の苦しみから転職を考えているシングルマザーの女性は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

【D.Aさん】
  • 年齢:36歳
  • 家族構成:シングルマザー(子供2人)
  • 転職理由:職場環境
  • 転職活動のタイミング:在職中
  • 転職方法:知人の紹介
  • 転職決定までの応募社数:3社
  • 転職活動期間:2ヶ月
  • 転職前の職業:中学校教師(公立)
  • 転職後の職業:中学校教師(市立)
  • 転職前の勤務地:長野
  • 転職後の勤務地:埼玉

シングルマザーの30代女性教師が苦しんだ職場環境

転職前は公立中学校で英語教師をしていました。

学校の教師は給料が安定している反面、公立の場合は残業や休日出勤が多く、シングルマザーの私は子供と過ごす時間が取れないことに悩んでいました。

中学校では英語の授業以外に生徒会とバスケ部の顧問を掛け持ちしていたので、授業の準備や顧問としての仕事から、毎日のように深夜近くまで残業していました。

生徒会は学校運営に関わる委員会なので、昼休みや放課後に生徒会を開いて話し合うことになるため、平日の時間を多く取られました。

また、バスケ部は平日の練習に加えて土曜日も早朝から夕方まで練習があり、日曜日も試合を行うことが多くありました。

試合の時は丸1日試合会場にいる必要があったので、1ヶ月ほとんど休みがないことも度々ありました。

本来、顧問は私だけではないので休むこともできましたが、シングルマザーを理由に中途半端に仕事に取り組んでいると思われたくないという意地もあり、休みをもらうことを遠慮していました。

シングルマザーの30代女性教師が転職を考えたきっかけ

意地を張りながらなんとか教師の仕事をしていましたが、ある時小学生の下の息子が急な高熱を出したことから学校へ迎えに行くことになりました。

私自身は授業がなかったので仕事を抜けさせてもらい、息子を迎えに行き家へ送り届けてから学校へ戻りました。

学校へ戻ると男性上司(同じバスケ部の顧問)は私が学校から抜けたことを知らなかったらしく「だからシングルマザーはダメなんだよ」という嫌味を言われました。

今になって冷静に考えると完全なパワハラだと思いますが、当時の私は大きなショックを受けて何も言い返すことができませんでした。

母親として子供の面倒を見るのは当たり前ですが、私がこのような理由で仕事を抜けなければならなくなると、私の住んでいた場所が地方ということも影響していたのか、私がシングルマザーであることに注目が集まることが多々ありました。

  • 私の性格が悪いから離婚したと影で言われる
  • 必要以上に気の毒な目で見られる
  • 新しい男性を紹介すると何度も言われる

このような嫌な経験を何度もしました。

息子が熱を出したのが金曜日で日曜日はバスケの試合があったので、嫌味を言われた上司の男性に部活を休ませてほしいとお願いすると「家庭を犠牲にしているのは皆同じなんだから」とまた嫌味を言われてしまいました。

中学生の兄は部活で日曜日もいませんし、私の実家は遠いため両親に頼ることもできず、熱がある息子を1人置いていくわけにはいかなかったので直属の女性上司に相談しました。

  • 子供が熱を出して私しか面倒を見られないこと
  • 長男は中学1年生で1人任せるのは不安なこと
  • 実家は離れていて頼れないこと

しかし、世代の違いなのか、女性上司からは「それでも母親は働かなければいけない」と言われました。

先ほども言ったように、私が住んでいたのが地方であったため、多くの人が両親が孫の面倒を見ることが当たり前と考えており、女性上司からは私の両親がなぜ孫の面倒を見にこないのかと、私の両親を責めるようになりました。

私と同じく中学生の息子を持つ女性(職場で唯一の味方)に相談してみると、彼女も帰宅が遅く、ご主人も仕事が遅いので息子は彼女の両親のところに預かってもらっているということで、実家が近くになければとっくに転職していると言われました。

彼女の話を聞いて、この職場で私が働き続けることが難しいと実感し、転職することを決意しました。

シングルマザーの30代女性教師がやった転職活動

今の職場を転職することは決意しましたが、努力して手に入れた教師という職業を簡単に諦めてしまうことはできませんでした。

ハローワークや転職サイトなど、自分が思いつく限りの方法で教師の経験を生かせる求人を探していきましたが、思うような求人に出会うことができませんでした。

そんな時、何気なく退職することを伝えていた隣県の私立中学校に勤めている友人の教師から学校内で寿退社で空きが出たという話をタイミングよくもらうことができました。

その私立中学校は部活動にそこまで力をいれておらず、週末は子供と過ごすことができることに大きな魅力を感じました。

面接も無事に終わり、その私立の学校で採用してもらえることになり、年度が終わったと同時に公立の学校を退職しました。

シングルマザーの30代女性教師が転職して手に入れた生活

実際に働き始めるまでは分かりませんでしたが、転職先の学校には私と同じシングルマザーの女性教師がおり、学校の先生方もシングルマザーに対して理解のある方が多く本当に助かりました。

シングルマザーの先生に話を聞くと、子供が熱を出した時はみんなから子供を迎えに帰るように言われるそうです。

私と全く違う待遇を受けていて羨ましいと感じましたが、みんなからよくしてもらえるからこそ、普段は自分が率先して学校行事などに取り組んでいると言われていました。

転職後は寿退社した先生の後を引き継ぐ形で美術部の顧問になりました。

美術部では以前のバスケ部のように日曜日に試合を行うこともなく、たまに土曜日に行う写生会以外は休日出勤をすることもなくなりました。

また、公立と私立の違いなのか教育方針によるものなのか分かりませんが、学校全体の雰囲気が以前よりゆったりしており、のんびりした私の性格にも合い気持ちよく働けています。

平日の学校が終わった後や休日に子供と過ごす時間が大幅に増え、何より子供に熱がある時に遠慮せずに帰れる今の環境がとても気に入っています。

転職を考えているシングルマザーの女性へアドバイス

シングルマザーの方は仕事内容だけでなく、生活のためにもある程度の給料を得なければいけない方が多くいると思います。

その点、安定的に働くことができ、子供を養っていくだけの給料を得られる教師の仕事はシングルマザーの女性にとってありがたい仕事だと思います。

私は職場環境を理由に転職しましたが、働く学校によってこんなにも職場環境が違うのかと本当に驚きました。

私と同じように残業や人間関係などの職場環境から転職を考えているシングルマザーの女性の方は、転職活動を始めてみるのもいいと思います。

もちろん、生活や子供のこともあるので仕事を続けながらの転職活動になると思いますが、自分の信頼できる人に転職したいことを伝えておくことで、私のように思わぬ形で転職先を紹介してもらえることもあります。

自分が納得できる職場が見つかるまで、諦めずに転職活動を続けていって下さい。

まとめ

ウーマンコンシェルジュ
ウーマンコンシェルジュ

D.Aさん、転職体験談を寄せて頂きありがとうございました。

D.Aさんと同じように、職場環境を理由に転職を考えているシングルマザーの女性の方もいるかもしれません。

シングルマザーの女性にとって安定的に働ける教師の仕事は魅力的な仕事で、自分に合った学校に出会うことで仕事とプライベートの時間を充実したものにすることができます。

しかし、シングルマザーの女性が全てD.Aさんのように安定した教師の仕事をしているわけではなく、D.Aさんのように働き口を知人から紹介してもらえるわけではありません。

また、D.Aさんも言われているようにシングルマザーの女性は生活や子供の面から働きながら転職活動をする人が多く、仕事の忙しさから転職活動に十分な時間をかけられない人も少なくありません。

このようなシングルマザーの女性は自分で求人を探す「検索型転職サイト」ではなく、自分の転職希望に合った求人を紹介してもらえる「転職エージェント」の利用をおすすめします。

検索型転職サイト 転職エージェント 違い

転職エージェントは転職者と企業の間に入り様々な転職サポートをしてくれる無料の転職サービスになります。

転職エージェント 仕組み

転職エージェントを利用することで様々な転職サポートを受けることができます。

転職エージェントの転職サポート
  • 転職希望に合った求人紹介
  • 転職先との給与・条件交渉
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接日の日程調整
  • 企業別の面接対策(過去の面接で聞かれた質問内容や答え方のアドバイス等)
  • 転職前に転職先のリアルな情報を教えてくれる(職場の雰囲気、人間関係、本当の残業時間等)

転職エージェントを利用することで転職希望を伝えた後は条件に合った求人を自動的に紹介してもらえるため、働きながらの転職活動も無理なく進めることができます。

また、自分1人では知ることが難しい「職場の人間関係」「職場の雰囲気」「本当の残業時間」といった転職先のリアルな情報が転職前に分かるため、転職前後のギャップによる転職の後悔や失敗を防ぐことができます。

全国には大小合わせて約18,000もの転職エージェントがあるため受けられる転職サポートの質や紹介される求人も大きく異なりますが、シングルマザーの女性におすすめの転職エージェントはパソナキャリアになります。

 

パソナキャリアは東証一部上場企業の株式会社パソナが運営する転職エージェントで、40年以上にわたり転職サポートを行う中で25万人以上の転職者をサポートしてきた安心の転職エージェントになります。

パソナキャリア 転職サポート実績引用:パソナキャリアHP

パソナキャリアは質の高い転職サポートと求人が最大の特徴で、オリコンが実施する「転職エージェントのランキング・比較」の中にある「担当者の対応」「紹介案件の質」の2部門で1位となっています。

担当者の対応 満足度ランキング
パソナキャリア オリコン 担当者の対応 満足度ランキング引用:オリコンHP
紹介案件の質 満足度ランキング
パソナキャリア オリコン 紹介案件の質 満足度ランキング引用:オリコンHP

また、パソナキャリアは株式会社パソナグループの一員として「社会の問題点を解決する」という企業理念の元、女性の社会進出を長年サポートしてきました。

パソナ 企業理念引用:株式会社パソナグループHP

転職ポートを行うキャリアアドバイザーの中には子育てと仕事を両立している「ママアドバイザー」も数多くおり、女性目線の転職サポートを受けることができます。

パソナキャリア ママアドバイザー引用:パソナキャリアHP

「女性×仕事」をテーマにしたセミナーやイベントも定期的に開催しており、転職サポートをいきなり受けることに不安を感じてい女性も利用しやすくなっています。

パソナキャリア 女性サポート セミナー引用:パソナキャリアHP

転職を考えているシングルマザーの女性教師がパソナキャリアを利用することで、女性キャリアアドバイザーに細やかな転職サポートを受けながら好条件の求人を紹介してもらうことができます。

転職することが全て正しい選択ではありませんが、今の状況が続いた1年後・3年後の自分の姿を想像しながら、これからの行動を考えてみて下さい。

実際に転職するかどうかはともかく、あなたが今より自分らしく働けるようになることを願っています。

パソナキャリア 女性 LP公式サイト:パソナキャリアを利用する(無料)