職種

警備員の仕事が辛い。警備員から転職したい人が歓迎されるおすすめの転職先とは?

チーフコンシェルジュ
チーフコンシェルジュ
「今日も夜勤。警備員の仕事が辛い。警備員から転職したいけど、転職先はどんな仕事がいいんだろう?」

このように、警備員の仕事から転職を考えている人はいないでしょうか?

この記事では、警備員から異業種の転職を考えている人に向けて、おすすめの転職先や転職方法を紹介しています。

警備員から転職したいのに、どうしても最初の一歩が踏み出せない人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

この記事はこんな人におすすめ
  • 警備員の仕事を続けることに不安を感じている人
  • 警備員の仕事から転職したいけど、転職方法がよく分からない人
  • 警備員から転職する時の「おすすめの転職先」を知りたい人

警備員から転職したい理由とは?

不規則な生活(夜勤が辛い)

警備員の仕事は夜勤などから不規則な生活になることも多くあります。

夜勤は人間が本来活動を控える夜間に仕事をすることになるため、精神的にも大きな負担となります。

慣れの問題と考える人もいますが、若い時には問題なくできた夜勤も、年齢を重ねるごとに夜勤の仕事による負担が増すことになり、夜勤を理由に転職を考える警備員も多くいます。

体力的に辛い

警備員の仕事は屋内だけでなく、施設周辺の警備や巡回など屋外の仕事も含まれます。

雨や雪、強風など悪天候の時はもちろん、夏の猛暑日や冬の寒い日など厳しい環境の中で仕事をしなければいけないことも多く、体力的な辛さを理由に転職する人も多くいます。

スキルアップが難しい

警備員の仕事は、基本的には毎日同じ業務の積み重ねとなり、仕事内容からスキルアップをすることが難しい面もあります。

警備員の仕事で出来る業務を増やせても、そのスキルを他の仕事に活かせるような資格が警備員の仕事にはありません。

そのため、特に若い警備員の人は、スキルアップが難しい警備員の仕事を続けていくことの不安から、転職を考える人がいます。

警備員から転職する時の注意点

警備員から異職種の仕事に転職する時は、次の点に気をつけながら転職活動を進めていく必要があります。

警備員から転職する目的をはっきりさせる

警備員の仕事に限らず、異職種の仕事に転職する時は、なぜ今と違う職種に転職する必要があるのか「転職目的」をはっきりさせておくことが大切になります。

  • 夜勤が嫌だから
  • スキルアップできないから
  • 体力的にきついから

警備員の仕事から転職する理由は人それぞれですが、転職目的をはっきりさせずに転職することで、転職後に自分が思っていたような転職ができず、転職を繰り返してしまう可能性もあります。

警備員の仕事から転職する人は、なぜ警備員の仕事を辞めて他の仕事に転職したいのか、転職目的についてもう一度よく考えてみて下さい。

転職前に資格取得の準備をする

警備員の仕事に取り組んできたことは評価されても、仕事内容を次の仕事に結びつけることが難しい場合もあります。

そのため、警備員の仕事から転職する時には、転職先の仕事で必要となる技術や資格を取得しておくことが大切になります。

先ほど紹介したように、事務や経理などの管理業務を行う仕事に転職したい人は簿記の資格を目指し、ビルメンテナンスを目指す人はビルメンテナンスの4資格を取得することで、転職活動を有利に進めることができます。

資格があれば全てうまくいく訳ではありませんが、転職先の仕事に関連した資格を取得することで面接でのアピールはもちろん、たとえ資格が取得ができていない時でも、資格を取得しようとしている取り組みをアピールすることができます。

今まで警備員の仕事で経験した取り組みのアピールに加えて、転職先の仕事に関連した資格の取得を通して、転職活動の準備を進めていくことが大切になります。

転職しない選択肢も持っておく

冒頭の警備員の転職理由でも紹介したように、警備員の経験が転職先の仕事によっては評価されないこともあります。

長年警備員として働いてきた50代、60代の人など、年齢によっては転職自体が難しこともあるため、転職すること自体を慎重に考える必要があります。

勢いで転職をせず、在職中に転職先を決めてから転職することが大切になります。

警備員から転職したい人におすすめの仕事とは?

警備員の経験は1つ1つの仕事を確実にこなしていく業務の積み重ねとなるため、転職先でも「信頼感」「誠実なイメージ」を持ってもらいやすメリットがあります。

このメリットを生かしたおすすめの転職先には、次のような仕事があります。

事務・経理

事務や経理などの管理業務を行う仕事では、1つ1つの仕事を正確に積み重ねていくことが求められます。

そのため、警備員の仕事と重なる部分も多くあり、警備員の仕事から転職を考えている人におすすめの転職先となります。

また、事務や経理などの管理業務の仕事は警備員のように辛い夜勤もないため、日勤に仕事を行い、休日も土日祝日など決まっていることから、安定した生活も送りやすくなります。

しかし、次の章で詳しく紹介しますが、未経験で管理業務の仕事に挑戦する人は、実務経験の無さを資格の取得などでカバーする必要があるため、在職中からの転職活動に加えて、簿記などの資格取得に向けた行動も並行して行う必要があります。

ビル管理士

ビル管理士も警備員と同じ職場であるビルで働くことができ、「ビルメンテナンスの4つの資格」と言われている資格の取得を通して、スキルアップもすることができます。

  1. 第2種電気工事士(2電工)
  2. 危険物取扱責任者乙種4類(乙4)
  3. ボイラー2級技士(2級ボイラー)
  4. 第3種冷凍機械責任者(3冷)

実際に警備員からビル管理士の仕事に転職する人も多く、おすすめの転職先の1つになります。

タクシードライバー

自分のペースでコツコツ取り組むことのできるタクシードライバーも、警備員から転職するのにおすすめの仕事になります。

タクシー会社には入社後の教育制度が整っている会社も多く、未経験から挑戦しやすい仕事となります。

また、転職する時の注意点でも紹介したように、年齢によっては警備員からの転職が難しい人もいますが、タクシー業界は深刻な人材不足から60以上の定年退職者を受け入れている企業も増加しており、年齢を理由に転職を躊躇している人にもおすすめの転職先になります。

タクシードライバーに対して不規則な生活をイメージする人もいますが、日曜日が定休日となっているタクシー会社もあるため、転職先をしっかり選ぶことで規則正しい生活を送ることもできます。

タクシードライバー求人 日曜日 定休日「転職道.COM HP」より

警備員から転職する時におすすめの転職方法

警備員から転職する時の注意点でも紹介したように、在職中から転職先を探していき、転職後はすぐに次の職場で働けることが理想的な転職活動になります。

しかし、転職活動は求人探しに始まり、履歴書や職務経歴書などの応募書類の作成、面接対策から応募先企業の研究など、やるべきことが多くあります。

そのため、在職中に転職活動を始める場合、夜勤の仕事が終わった後や休日を利用して転職活動をすることになり、転職活動の負担から途中で転職活動を諦めてしまう人も少なくありません。

しかし、一度転職を諦めた人は時間の経過と共に警備員の仕事に対する不満が溜まっていくため、転職したい気持ちが再び大きくなっていきます。

もう警備員の仕事は嫌だ!転職したい!

転職活動と転職の諦めを繰り返し、「気づいた時には1年が経っていた、、、」というこにもなりかねません。

このようなリスクを避けるためにも、警備員からの転職を成功させたい人は、転職サイトを利用した転職活動をおすすめします。

転職サイトはスマホで気軽に転職活動を始められるなど、様々なメリットがあります。

  • スマホで気軽に求人を探せる(場所や時間を選ばない)
  • 思い立ったらすぐに転職活動を始められる
  • 求人検索から応募まで、全て自宅で出来る
  • 自分のペースで転職活動を進められる

通勤時間の合間や休憩時間などを利用して求人探しも進められるため、在職中の転職活動も無理なく進めることができます。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
転職サイトを利用したことがない人は不安に感じる人もいますが、このサイトを見ることができる人は、問題なく転職サイトも利用することができます!

しかし、様々な種類の転職サイトがあることから、どの転職サイトを利用すればいいのか迷ってしまう人も少なくありません。

転職先を決めていない人は、あらゆる職種の求人が掲載されている「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」などの総合型転職サイトをおすすめします。

転職先の職種を決めていない人におすすめの転職サイト

一方、先ほど警備員からの転職でおすすめした事務職やビル管理士などの転職を考えている人は、それぞれの職種を専門に扱う「特化型転職サイト」の利用をおすすめします。

特化型転職サイトは特定の職種を扱う転職サイトで、総合型転職サイトに比べて特定の職種の求人数が多いだけでなく、総合型転職サイトには掲載されていない非公開求人も数多く掲載されています。

経理の求人を例に見ると、経理の求人に特化した特化型転職サイト「MS-Japan」の経理の求人数は、総合型転職サイトのリクナビNEXTに比べて2倍の求人数となっています。

総合型 特化型 経理求人数 比較

先ほど警備員の転職におすすめした仕事へ転職を考えている人は、次の転職サイトの利用をおすすめします。

おすすめの特化型転職サイト

警備員から事務職の転職におすすめの転職サイト

警備員から事務職の仕事へ転職を考えている人は、ジャスネットスタッフがおすすめです。

先ほど紹介したように、実務未経験の状態から事務職に転職することは簡単なことではありません。

そのため、在職中から資格の勉強をすることはもちろん、まずは派遣社員として実務経験を積むことをおすすめします。

派遣社員には紹介予定派遣といった正社員登用を前提とした雇用形態もあるので、派遣切りのような心配をする必要もありません。

【派遣社員のイロハ】正社員との違いからメリット・デメッリトまでを徹底紹介! そもそも派遣社員とは? 日本の派遣社員は1986年の「労働者派遣法」の施行によって始まり、2017年時点で129万人もの人が派遣社...

ジャスネットスタッフは、経理・財務をはじめとした管理部門の求人に特化した転職サイトになります。

求人の約90%を経理・財務が占め、残りの10%も人事や総務などの管理部門の求人が占めています。

「ジャスネットスタッフHP」より

求人には内資(65%)、外資(15%)、事務所(20%)と様々な形態の企業があり、業務内容も日常的な経理業務から決算業務まで幅広い仕事内容があるため、自分の知識や経験に合わせた求人を選ぶことができます。

「ジャスネットスタッフHP」より
  • 事務職で腰を据えて安定的に働きたい
  • 経理のスキルを身につけてステップアップしていきたい
  • 日商簿記2級は持ってるけど、経理の実務経験がない

ジャスネットスタッフを利用することで、警備員の仕事から安定的に働ける事務職の仕事へ挑戦することができます。

ジャスネットスタッフ TOPジャスネットスタッフ公式サイト

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
どうしても最初から正社員がいいという人は、ジャスネットスタッフと同じ会社が運営しているジャスネットキャリアも利用してみて下さい。紹介されている求人は正社員求人になりますが、派遣社員に比べて採用ハードルは高くなるので注意して下さい。

警備員からビル管理士の転職におすすめの転職サイト

警備員からビル管理士の仕事へ転職を考えている人は、ビル管理人.COMがおすすめです。

ビル管理人.COMはビル管理士の求人に特化した転職サイトで、全国のビル管理士求人に対応しています。

ビル管理に関わる様々な資格の情報も掲載されているので、未経験の状態からビル管理士に挑戦する人にもおすすめの転職サイトになります。

ビル管理人.COM ビル管理士 資格「ビル管理人.COM HP」より

≫ビル管理人.COM公式サイト

警備員からタクシードライバーの転職におすすめの転職サイト

警備員から事務職の仕事へ転職を考えている人は、転職道.COMがおすすめです。

転職道.COMはタクシー求人専門の転職サイトで、全国のタクシー求人に対応しています。

転職道.COM タクシー求人 全国「転職道.COM HP」より

電話・メール・対面での専門カウンセラーによる無料転職相談も実施しており、初めてタクシードライバーに挑戦する人のサポート体制も整っています。

転職道.COM 無料転職相談「転職道.COM HP」より

転職道.COMでは会員登録をせずに求人応募が可能なので、いいタクシー求人を見つけた時にはすぐに「応募」「面接」と転職活動を進めていくことができます。

転職道.COM LP転職道.COM公式サイト

チーフコンシェルジュ
チーフコンシェルジュ
ここがポイント

未経験でいきなりタクシードライバーに挑戦することに不安を感じる人もいますが、そのような人は実際に働き始める前に体験入社ができるタクシー体験入社.COMを利用してみて下さい。

タクシー体験入社.COMでは、タクシードライバーとして働く前に実際の仕事内容や職場の雰囲気などを自分の目で確認できるので、自分が納得した上でタクシードライバーの仕事を始めることができます

また、会員登録なども必要なく、体験入社したからといって必ずそのタクシー会社に入社する必要もありません。

体験入社で働いた分の報酬を貰うこともできるので、未経験からタクシードライバーへ挑戦することに不安を感じている人は利用してみて下さい。

タクシー体験入社.COM LPタクシー体験入社.COM公式サイト

まとめ

警備員から異業種の転職を考えている人に向けて、おすすめの転職先や転職方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

警備員の仕事に限らず、異業種の仕事に転職する時は同業種の転職に比べてハードルも高くなるため、転職目的を明確にしながら転職活動を進めていくことが大切になります。

転職することが全て正しい選択ではありませんが、今の状況が続いた1年後、3年後の自分の姿を想像しながら、これからの行動を考えてみて下さい。

実際に警備員の仕事から転職するかどうかはともかく、あなたが今より自分らしく働けるようになることを願っています。