転職活動マニュアル

転職が難しい警備員に捧ぐ!不利な警備員から転職するケース別対策

警備員から転職
転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

「今日も夜勤で仕事が辛い。警備員から転職したいけど転職方法もよく分からないし、警備員から未経験の仕事に転職できるのかな…」

このような悩みを抱えている人はいないでしょうか?
この記事では警備員から未経験の仕事へ転職する人が転職成功するおすすめのケース別転職対策(年代・職種)を紹介しています。
警備員から転職したいのに、どうしても最初の一歩が踏み出せない人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

先に結論
  • 警備員から未経験の仕事へ転職は難しいがポイントを押さえれば転職成功も可能
  • 警備員から未経験の仕事に転職する時は転職のプロである転職エージェントの利用が必須
  • 警備員から転職する時は年代・職種別に対策を立てることが転職成功のポイント

【警備員から転職】
転職成功の3ステップ

警備員から転職するのが難しい・不利な3つの理由

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

冒頭からネガティブな内容で申し訳ありませんが、警備員から転職を考えた人がまず頭に入れておくべきポイントは警備員からの転職は難しいという現実です。

カレン
カレン

なんで警備員からの転職が難しいんですか?

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

警備員から転職が難しい・不利になる主な理由には次の2つがあります。

1.「警備員=簡単な仕事」というイメージ

警備員と一言でいっても商業施設や企業などの施設警備を行う1号警備から交通誘導・雑踏警備を行う2号警備、輸送警備の3号警備から身辺警護を行う4号警備まで様々な種類の仕事があります。

仕事内容も多岐に渡り警備員に関する資格・検定にも様々なものがあります。

【警備員の主な仕事内容】

  • 定期巡回・設備の破損等のチェック
  • 入館受付
  • 施設内の接客・案内
  • 防災センターでのモニター監視
  • ご利用者様への道案内
  • 鍵の貸し出し・管理
  • 出入管理・安全管理
  • 緊急対応
  • 報告書作成
  • 各種管理など

【警備員に関する資格・検定】

  • 警備員指導教育責任者
  • 機械警備業務管理者
  • 警備業務検定
  • 雑踏警備業務検定
  • 貴重品運搬警備業務検定
  • 施設警備業務検定
  • 交通誘導警備業務検定
  • 空港保安警備業務検定

しかし警備員と聞くと駐車場での誘導や建物の警備をイメージする人も多く、人によっては立っているだけの楽な仕事と考える人もいます。

転職サイトにも未経験から始められる警備員の正社員求人が数多く掲載されており、特別なスキルや資格がなくても始めやすい「警備員=簡単な仕事」と考える人もいます。

警備員 求人 未経験引用:リクナビネクストHP

一般のサラリーマンに比べて警備員の平均年収が低めになっていることも警備員の仕事が簡単で始めやすい仕事と思われる原因の1つになっています。

サラリーマン平均年収

サラリーマン 平均年収引用:年収ガイドHP

警備員平均年収

警備員 平均年収引用:年収ガイドHP

実際には様々な業務をこなしている警備員の仕事ですが、募集求人や年収面のイメージから転職時に警備員の経験を評価してもらえないことがあります。

2.他の仕事で経験を生かしづらい(つぶしがきかない)

世の中には17,000以上もの職業がありますが、その中には仕事が変わっても経験を生かしやすいつぶしのきく仕事があります。

例えば全ての企業の基本となるモノやサービスを販売する営業の仕事はどの仕事に転職しても営業の経験を生かしやすく、転職時にも今までの経験をアピールすることができます。

同じよなうな理由から事務職や接客業なども様々な仕事で活かせる「つぶしのきく仕事」となり、つぶしのきく仕事には多くの求人も存在します。

つぶしのきく仕事 営業引用:リクナビネクストHP

一方、警備員の仕事は全ての企業にはない特殊な仕事となり、警備員から他の仕事へ転職する時は今までの経験をアピールすることが難しいつぶしのきかない仕事となります。

実際に警備員の求人は営業などに比べてはるかに少なく、警備員の仕事が特殊な仕事であることが分かります。

つぶしのきかない仕事 警備員引用:リクナビネクストHP

今までの仕事の経験が他の仕事で生かしにくいことから警備員からの転職が難しくなります。

警備員から転職する時に意識すべき4つのポイント

カレン
カレン

いきなり警備員から転職が難しい理由を言われて暗い気持ちになりました…
警備員から他の仕事に転職することはできないですか?

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

そんなことはありません。
これから紹介する転職時のポイントやおすすめの転職方法を踏まえながら転職活動を進めていくことで、転職成功の可能性を高めることができます。

カレン
カレン

警備員からの転職も大丈夫なんですね。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

はい。
警備員から転職を考えている人は次に紹介する4つのポイントを押さえた上で、まずは転職活動を始めて下さい。

1.転職目的を明確にする

警備員の仕事に限らず異職種の仕事に転職する時は今と違う職種になぜ転職するのか「転職目的」を明確にすることが大切です。

  • 給料が低いから
  • 夜勤が嫌だから
  • 休日が少ないから
  • スキルアップできないから
  • このまま仕事を続けても明るい未来が見えないから
  • 体力的にきついから

警備員の仕事から転職する理由は人それぞれですが、転職目的をはっきりさせずに勢いで転職した人は短期間で転職を繰り返す可能性があります。

警備員の仕事から転職する人は、なぜ警備員の仕事を辞めて他の仕事に転職したいのか転職目的についてもう一度よく考えてみて下さい。

2.転職前にできることを考える(資格取得等)

警備員から転職が難しい理由でも紹介したように、警備員の仕事は異業種の仕事へ転職する時に今までの経験をアピールしにくい「つぶしのきかない仕事」となります。

そのため警備員から新しい仕事へ転職する時は転職先の仕事で必要となる技術や資格を事前に取得しておくことが大切です。

  • 簿記
  • 宅建
  • MOS
  • 医療事務
  • 普通二種免許など

資格があれば転職活動が全てうまくいく訳ではありませんが、転職先の仕事に関連した資格を事前に取得しておくことで面接でのアピールはもちろん、資格が取得できていない時も資格を取得しようとしている取り組みをアピールすることができます。

今まで警備員の仕事で経験した取り組みに加えて転職先の仕事に関連した資格の取得など、転職前に自分のできることについて考えることが大切です。

ヒューマンアカデミー LPヒューマンアカデミーで資料請求する(無料)

3.自分の市場価値を知っておく

希望の転職先は自分自身で決めますが、実際に採用されるかは応募先の企業が決めることになります。

企業が採用者を決める基準には転職者のスキルや人間性、市場における希少性といった「市場価値」が大切なポイントになります。

この市場価値は転職先の業種や職種に関係になく企業が採用者を選ぶ時のポイントになるので、転職前に自分の市場価値について確認しておくことが大切です。

転職活動マニュアル 市場価値
転職活動で「自分の市場価値」を知る意味と5分で自分の市場価値を知る方法転職活動における市場価値の意味から、市場価値を簡単に知る方法について紹介しています。...

4.転職しない選択肢を持っておく

警備員から転職を考えている人の中には転職活動を始めると転職しなければいけないと考える人もいますが「転職活動=転職する」ではありません。

求人を探していく中でいい求人が見つかれば応募して転職活動を進めればよく、いい求人が見つからない時は今の職場で我慢して働き続けながら転職活動を続ければいいだけです。

転職活動を始めるあなたには何のリスクもなく、転職活動を始めても必ず転職する必要はありません

警備員から転職を考えている人は自分には転職しない選択肢があることを常に意識しながら気軽に転職活動を始めてみて下さい。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

警備員から転職を考えている人は警備員を続けることでキャリアアップする選択肢があることも頭に入れておいて下さい。

警備員 キャリア 年収引用:ジョブルートマップHP

警備員から転職する時のおすすめ転職方法

カレン
カレン

警備員から転職する時に意識するポイントは分かりましたが、具体的に転職活動を始めるタイミングやおすすめの転職方法はあるんですか?

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

そうですね。
結論から言うと警備員から転職を考えている人は在職中から転職活動を進めていき、自分で求人を探す「検索型転職サイト」ではなく、在職中から無理なく転職活動を進められる「転職エージェント」の利用がおすすめです。

まず転職活動を始めるタイミングですが「在職中」と「退職後」の2つあり、それぞれメリット・デメリットがあります。

転職活動開始のタイミング
在職中 退職後
メリット
  • 収入が途切れない
  • いつでも転職活動を停止・再開できる
  • 転職活動を始めるリスク0
  • 転職活動に専念できる
  • 転職活動がバレるリスクがない
デメリット
  • 仕事と転職活動の両立が難しい
  • 転職活動を途中で諦める
  • 転職活動が会社にバレる可能性あり
  • 転職活動のマンネリ化
  • 転職先が決まらない時のプレッシャー
  • 収入が途切れるリスク
  • 転職先を妥協するリスク

転職活動を始めるタイミングに正解はなく自分の好きなタイミングで始めればいいですが、退職後に転職活動を始める人は「収入が途切れるリスク」と「転職先を妥協するリスク」の2つは必ず頭に入れておく必要があります。

退職後は転職活動に専念できるメリットがある一方、専念しているが故に転職先が決まらない時は想像以上に強いプレッシャーを感じながら転職活動をすることになります。

経済面でも貯金を取り崩しながら転職活動を続けることになり、減る一方の通帳残高を見て続ける転職活動に強いプレッシャーを感じる中で当初の転職目的はどこかに消え去り、転職先を決めること自体が転職目的になる可能性があります。

妥協した条件で入社した会社で満足のいく働き方をすることは難しく、短期間で転職を繰り返し転職回数だけを増やしてしまう悪循環に陥ることもあります。

そのため警備員から転職する時は仕事との両立が難しいデメリットもありますが経済面の心配がなく、途中で転職活動を止めるリスクが0で自分が満足いくまで転職活動を続けやすい在職中からの転職活動をおすすめします。

 

在職中から始めることがおすすめの転職活動ですが転職活動には求人探しに始まり履歴書・職務経歴書の作成から応募先企業の研究までやるべき事が多くあり、在職中に転職活動を始める人は夜勤の仕事終わりや休日に行う転職活動の負担から途中で転職活動を諦めてしまう人も少なくありません。

転職活動を途中で諦めた人は警備員の仕事に対する不満が時間の経過と共に再び溜まることになり、転職活動と転職の諦めを繰り返す中で「気づいた時には1年が経っていた…」というこにもなりかねません。

このようなリスクを避けるためにも、警備員から転職を考えている人は自分で求人を探す「検索型転職サイト」ではなく、在職中から無理なく転職活を進められる「転職エージェント」の利用をおすすめします。

 

転職エージェントは転職者のあなたと企業の間に入り様々な転職サポートをしてくれる転職サービスになります。

検索型転職サイト 転職エージェント 違い

転職エージェントから受けられる転職サポートには次のようなものがあります。

転職エージェントの転職サポート
  • 転職希望に合った求人紹介
  • 転職先との給与・条件交渉
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接日の日程調整
  • 企業別の面接対策(過去の面接で聞かれた質問内容や答え方のアドバイス等)
  • 転職前に転職先の現場情報を教えてくれる(職場の雰囲気、人間関係、本当の残業時間等)

これらの転職サポートを全て無料で利用することがきます。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

転職エージェントを利用することで転職希望を伝えた後は担当のキャリアアドバイザーが希望に合った求人を探してくれるため、仕事が忙しい警備員の方も無理なく転職活動を進めることができます。

カレン
カレン

転職エージェントを利用することで在職中から無理なく転職活動を進められるんですね。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

はい。
また転職エージェントを利用することで自分一人で転職活動をする時には難しい給与交渉や面接の日程調整をしてくれるだけでなく、転職先の職場の雰囲気や人間関係といった「リアルな転職先」を転職前に教えてくれるため、転職前後のギャップによる転職の後悔や失敗を防ぐことができます。

カレン
カレン

転職した後に思っていた会社と違い短期間で転職を繰り返す人もいるので、事前に職場の雰囲気を教えてもらえるのは助かりますね。

【年代別】警備員におすすめの転職エージェント

カレン
カレン

警備員から転職する時には転職エージェントがおすすめなのは分かりましたが、どの転職エージェントを利用すればいいんですか?

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

全国には大小合わせて約18,000もの転職エージェントがあるため、利用する転職エージェントによって受けられる転職サポートの質や紹介される求人も大きく異なります。
そこでまずは年代別におすすめの転職エージェントを紹介します。

【年代別】警備員におすすめの転職エージェント

20代の警備員におすすめの転職エージェント:就職Shop

就職Shop LP

警備員から転職が難しい理由で紹介したように警備員の仕事は異業種へ転職する時に今までの経験をアピールするのが難しい「つぶしのきかない仕事」になります。

そのため書類選考で落とされてしまう可能性もありますが、20代の転職サポートに特化した就職Shopで紹介される求人は全て書類選考が免除され応募後は必ず面接を受けることができます。

就職Shop 書類選考なし引用:就職Shop HP

もちろん面接をしたからといって必ず採用されるわけではありませんが、就職Shopを利用することで書類選考の段階で落とされてしまい、面接で自分の気持ちを伝えられない悔しい思いをすることはなくなります。

また就職Shopで紹介される求人には幅広い業種・職種の求人があり全ての求人は担当者が実際に足を運んで確認した取材済みの安心求人となります。

就職Shop 紹介求人 取材済み引用:就職Shop HP

転職できたのはいいけど、実際に働き始めてみると残業代が支払われないブラック企業だった…

警備員から転職する時に就職Shopを利用することで、このような転職前後のギャップによる転職の後悔を防ぐことができます。

就職Shop公式サイト

30代の警備員におすすめの転職エージェント:リクルートエージェント

リクルートエージェントLP

20代は今までの職務経験だけでなく若さによる将来性も大きなアピールポイントになりますが、部下や後輩を持つ年齢の30代は即戦力としての働きも転職時にある程度求められます。

しかし何度も繰り返しているように警備員の経験は他の仕事へ転職する時のアピールポイントにすることが難しく、転職成功者の平均応募者数が17.7社となっているデータを見ても転職成功までにある程度の求人数に申し込む覚悟が必要になります。

 

doda 転職成功者 平均応募社数引用:doda 転職成功者の平均応募社数

1件でも多くの求人をチェックする必要のある30代にはおすすめの転職エージェントはリクルートエージェントになります。

リクルートエージェントは業界最王手の転職エージェントで他の大手転職エージェントに比べて圧倒的に多い求人数があります。

リクルートエージェント 求人数比較 ロゴ

またリクルートエージェントは求人数の多さだけでなく求人の多くが非公開求人となります。

非公開求人はその名の通り一般には公開されていない求人で企業が求人を非公開にする理由には次のようなものがあります。

求人を非公開にする理由
  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 専門的なスキル・経験などピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避ける場合
  • 在籍している従業員より募集者の給与が高い場合
  • 他企業に採用活動を知られたくない場合

求人を非公開で募集することでピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側に様々なメリットのある非公開求人には好条件の求人が数多く存在します。

また非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ見ることができないため、公開求人に比べてライバルの少ない求人を紹介してもらうことができます。

警備員から転職する時にリクルートエージェントを利用することでライバルの少ない好条件の求人を大量にチェックすることができます。

リクルートエージェント
公式サイト

40代の警備員におすすめの転職エージェント:パソナキャリア

パソナキャリア LP

会社内で重要な役職にもつき始め勤続年数も伸びてくる40代は年収も伸びてくる年齢になります。

勤続年数 平均年収引用:年収ガイドHP

社内では重要なポジションを担う40代ですが年齢から大きな将来性を求められることもなくなり、転職時は掛け値なしのリアルな職務経験を求められる年代となります。

そのためアピールできる経験のない人には転職が難しい年代となるため闇雲に多くの求人へ応募するスタイルではなく、腰を据えて応募先企業の調査や応募書類の作成に時間をかける転職活動が必要になります。

しっかりとした転職サポートの必要な40代には質の高い転職サポートに定評のあるパソナキャリアがおすすめです。

パソナキャリアは東証一部上場企業の株式会社パソナが運営する転職エージェントで、40年以上にわたり転職サポートを行ってきた老舗転職エージェントになります。

質の高い転職サポートと求人が最大の特徴でオリコンが実施する転職エージェントランキングでは「担当者の対応」「紹介案件の質」の2部門で1位にランキングしています。

担当者の対応 満足度ランキング
パソナキャリア オリコン 担当者の対応 満足度ランキング引用:オリコンHP
紹介案件の質 満足度ランキング
パソナキャリア オリコン 紹介案件の質 満足度ランキング引用:オリコンHP

パソナキャリアは転職が難しくなる40代以上の利用者も多くいるため40代以上に合わせた転職サポートのノウハウも蓄積されており、一律の転職サポートではなく各年代に合わせた転職サポート受けることができます。

パソナキャリア 利用者 年代引用:パソナキャリアHP

警備員から転職する時にパソナキャリアを利用することで自分の年代に合わせた質の高い転職サポートを受けながら転職活動を進めることができます。

パソナキャリア公式サイト

【年代別】警備員におすすめの転職エージェント

【職種別】警備員におすすめの転職エージェント

カレン
カレン

年代ごとにおすすめの転職エージェントが違い自分が利用すべき転職エージェントも分かりました。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

先ほど年代別に紹介した3つの転職エージェントは職種に関係なくおすすめの総合型転職エージェントになります。

転職エージェント 種類
カレン
カレン

職種に関係なく誰もが利用できる転職エージェントなんですね。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

そうです。
警備員からどんな仕事に転職するかはっきりと決めていない人は先ほど紹介した3つの転職エージェントから自分の年代に合わせたものを利用すれば問題ありません。
しかし転職したい職種が具体的に決まっている人は次に紹介する特化型転職エージェントも併せて利用することをお勧めします。

【職種別】警備員におすすめの転職エージェント

警備員から営業に転職したい人:いい求人net

いい求人net LP

あらゆる企業に存在し転職時も今までの経験をアピールしやすい営業は警備員とは対照的につぶしのきく仕事になります。

警備員から営業の仕事へ転職を考えている人は営業職の転職サポートに特化した転職エージェントのいい求人netがおすすめです。

いい求人netで転職サポートしてくれる担当者は全員が営業経験者となるため、営業の現場で実際に行う仕事を踏まえた専門的な転職サポートを受けることができます。

いい求人net 担当者引用:いい求人net HP

紹介される求人も営業未経験から挑戦できる求人や残業の少ない求人など幅広い営業の求人があるため、警備員から転職する人も自分に合った求人を見つけることができます。

いい求人net 求人引用:いい求人net HP

また、いい求人netの求人は75%が一般には公開されていない好条件の非公開求人となるため、警備員から営業に転職することで大幅な年収アップも可能になります。

いい求人net 非公開求人引用:いい求人net HP

オンラインの面談にも対応しているので警備員から営業の仕事へ転職したいと思った人はすぐに転職活動を始めることができます。

いい求人net公式サイト

警備員から事務職に転職したい人:マイナビスタッフ

マイナビスタッフ LP

事務職も営業と同じように全ての会社に存在するつぶしのきく仕事で資格や実務経験を積むことで手に職をつけることができます。

事務職へ転職する時は実務経験を求められるため警備員から転職する時は実務経験の不足を資格の取得などでカバーする必要がありますが、将来性がアピールポイントになる20代以外は実務未経験の状態で事務職に転職することが難しい現実もあります。

そのため30代以上の人は派遣社員として働き始め、まずは事務職の実務経験を積むことをおすすめします。

いつ契約を切られるか分からない派遣社員になることに不安を感じる人もいますが派遣社員には正社員を前提とした紹介予定派遣もあります。

派遣社員として働き始め事務職の実務経験を積んだ後に派遣先の会社で正社員になる方法や身につけた実務経験を生かして正社員として転職する選択肢もあります。

警備員から事務職へ転職する人は事務職の派遣求人に強みを持つマイナビスタッフがおすすめです。

マイナビスタッフは業界最王手のマイナビが運営する派遣会社で求人全体の40%を事務職が占めています。

マイナビスタッフ 求人 職種引用:マイナビスタッフHP

事務職の求人には未経験から挑戦しやすい一般事務や営業事務の求人も多くあるため、未経験から事務職の仕事に挑戦する人も無理なく利用できます。

マイナビスタッフ 事務職 未経験引用:マイナビスタッフHP

またマイナビスタッフの求人には派遣期間終了後に正社員になることを前提とした紹介予定派遣の求人も数多くあるため派遣後に安定した正社員として働くこともできます。

マイナビスタッフ 紹介予定派遣引用:マイナビスタッフHP

マイナビスタッフを利用することで警備員から未経験の状態で事務職の仕事に挑戦することができます。

マイナビスタッフ公式サイト

警備員からIT系に転職したい人:GEEK JOB

他の業種に比べて有効求人倍率が頭一つ飛び抜けた状態にあるIT業界は転職のチャンスが多い職種になります。

doda 2021.7有効求人倍率 業種別 IT業界引用:doda転職求人倍率レポート

専門知識を必要とすることから平均年収も高くシステムエンジニアはサラリーマンの平均年収を100万円以上回ります。

システムエンジン 平均年手引用:年収ガイドHP 
サラリーマン 平均年収引用:年収ガイドHP

このように魅力の多いIT系の仕事ですが警備員から未経験の状態で転職することは難しく、ITスキルや実務経験を事前に身につけておく必要があります。

しかし独学でITスキルを一から学ぶのは難しく時間もお金もかかるため、警備員からIT系の仕事へ転職する人は未経験から無料でエンジニアを目指せるGEEK JOBがおすすめです。

GEEK JOBは自宅学習を通して異業種・未経験からエンジニアに必要なプログラミングスキルを学べる無料のプログラミングカレッジになります。

参加者の7割がパソコンを触ったことがない人が占めほぼ全ての利用者がプログラミング未経験者となります。

GEEK JOB 未経験者引用:GEEK JOB HP

キャリアアドバイザーとの面談やプログラミング学習も全て自宅のオンラインで受講できるため、土日にまとめて学習するなど警備員の仕事を続けながら無理なくエンジニアのスキルを身に着けることができます。

GEEK JOB 学習時間引用:GEEK JOB HP

GEEK JOBを利用することで警備員の仕事とエンジニアの学習を並行して進められるためリスクなく転職活動を進めることができます。

GEEKJOB公式サイト

警備員から介護職に転職したい人:かいご畑

かいご畑 LP

団塊の世代800万人が75歳以上をむかえ超高齢化社会となる「2025年問題」を控え、慢性的な人手不足が続く介護業界はさらに人手が必要となります。

総務省統計局 高齢者人口 統計トピックスNo.113 統計からみた我が国の高齢者-「敬老の日」にちなんで-引用:総務省統計局

有効求人倍率が3.5倍以上(1人の求職者に3.5件以上の求人がある)の状況が続く介護業界へ警備員から転職することはできますが、介護の実務経験に加えて資格取得など自分でスキルアップをしていくことも必要です。

そのため警備員から介護職へ転職する人は無資格・未経験から介護職を始める人のサポートを積極的に行っているかいご畑を利用して下さい。

かいご畑ではキャリアアップ応援制度を利用することで働きながら介護職の資格を無料で取得することができます(※テキスト代はかかります)

かいご畑 資格取得 0円引用:かいご畑HP

利用者も約6割が介護資格のない未経験者となり介護未経験OKの求人も数多くあるため警備員から転職する時も今までの職歴を気にすることなく利用することができます。

かいご畑 無資格 利用者割合引用:かいご畑HP

かいご畑公式サイト

警備員からタクシードライバーに転職したい人:転職道

タクシー体験入社COM LP

タクシードライバーは運転免許(普通二種免許)さえあれば未経験から始めやすく給料は売り上げ金額が反映されるため頑張り次第では大きく収入を伸ばすこともできます。

警備員からタクシードライバーの仕事へ転職を考えている人は未経験でいきなりタクシードライバーに挑戦する前に実際の職場で体験入社ができるタクシー体験入社COMを利用して下さい。

タクシー体験入社COMはタクシードライバーとして働く前に社内見学や同乗体験などを通して自分の目で職場の雰囲気や仕事内容を確認することができます。

タクシー体験入社COM 体験入社例引用:タクシー体験入社COM HP

体験入社したタクシー会社には必ず入社する必要はなく体験入社で働いた分の報酬も貰うことができるので、警備員からタクシードライバーの転職を考えている人はまずタクシー体験入社COMを利用して下さい。

タクシー体験入社.COM公式サイト

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

ここがポイント

転職前にタクシーの入社体験ができるタクシー体験入社COMですが実際に体験入社できる求人数が少なく地域も関東に限定されています。

タクシー体験入社COM 求人数引用:タクシー体験入社COM HP

そのため警備員からタクシードライバーへ転職を考えている人はタクシー体験入社COMでタクシードライバーの仕事を実際に体験することに加えて転職道も利用することをおすすめします。

転職道はタクシー求人だけに特化した専門の転職サイトで関東だけでなく全国のタクシー求人に対応しています。

転職道.com 求人エリア引用:転職道.com

転職道には「入社祝い金30万円」「給料保証1年35万円」「社員寮・家族寮完備」「普通二種免許の取得費用全額負担」など様々な特典の付いた好条件求人も多くあり、警備員から転職する時の経済的な負担を軽くすることができます。

転職道 求人内容引用:転職道HP

専門カウンセラーによる電話・メール・対面での無料転職相談もあるので初めてタクシードライバーに挑戦する人も無理なく仕事を始められます。

転職道 転職サポート引用:転職道HP

転職道公式サイト

  1. タクシーの仕事体験
    タクシー体験入社.COM
  2. タクシーの求人検索:
    転職道

警備員から飲食系に転職したい人:フーズラボ

フーズラボ LP

飲食業は未経験から始めやすく身につけた接客業のスキルは職種に関係なくどの仕事でも生かすことができます。

しかし飲食業は業界の中で離職率の高い職種のため転職前後のギャップを少しでも小さくするため事前に転職先の様子について調べておく必要があります。

飲食業 離職率 厚生労働省 雇用動向調査結果の概況引用:厚生労働省 雇用動向調査結果の概況

警備員から飲食業に転職する人は飲食業界の転職サポートに特化したフーズラボを利用して下さい。

フーズラボで転職サポートをしてくれるキャリアアドバイザー全員が飲食業界経験者とのため

  • ランチタイムの忙しさ
  • 接客対応の難しさ
  • 仕入れ・発注業務の難しさ
  • 飲食業界のキャリアアップの難しさ
  • 残業の多さ、休日の少なさ

など、飲食業界で実際に働かなければ分からない「現場の大変さ」を理解したキャリアアドバイザーから専門的な転職サポートを受けることができます。

フーズラボ キャリアアドバイザー 飲食業界経験者引用:フーズラボHP

また飲食業界に特化していることの強みを生かし総合型の転職エージェントでは難しい体験入店や店舗視察を転職前に行うことができます。

フーズラボ 体験入店 店舗視察引用:フーズラボHP

警備員から飲食業の転職にフーズラボを利用することで事前に職場の様子を知った上で転職前後のギャップのない転職をすることができます。

フーズラボ公式サイト

【職種別】警備員におすすめの転職エージェント

まとめ

警備員から未経験の仕事へ転職する人が転職成功するおすすめのケース別転職対策(年代・職種)を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

警備員の仕事に限らず、異業種の仕事に転職する時は同業種の転職に比べてハードルも高くなるため、転職目的を明確にしながら転職活動を進めていくことが大切です。

転職することが全て正しい選択ではありませんが、今の状況が続いた1年後、3年後の自分の姿を想像しながら、これからの行動を考えてみて下さい。

実際に警備員の仕事から転職するかどうかはともかく、あなたが今より自分らしく働けるようになることを願っています。

5月は転職のチャンス!10万件以上あるリクルートエージェントの非公開求人をチェック!
公式サイトはコチラ
\ 5月は転職のチャンス!/
リクルートエージェントに転職相談