面接で好印象の服装は?転職活動のスーツ・ネクタイ・靴選びのポイントとは?

チーフコンシェルジュ

チーフコンシェルジュ
「面接ではどんな服装でいけばいいの?おすすめのスーツは?ネクタイ?」

このように、面接に着ていく服装に悩んでいる人はいないでしょうか?

この記事では、面接の時に着ていくスーツやネクタイ、靴など、面接で好印象を持ってもらえる服装について紹介しています。

面接に着ていく服装に悩んでいる人は、ぜひこの記事を参考にして下さい。

面接の服装が気になっている人は、こちらの記事も参考にして下さい。

【転職活動の身だしなみ】パーマや茶髪は大丈夫?面接で好印象の髪型・髪色を紹介!

転職活動の面接で着るスーツを選ぶ前に頭に入れておくこと

転職活動の面接は、応募者と採用者が初めて顔を合わせる場所になります。

初めて会った時に、相手の第一印象が決まりますが、この第一印象が面接でも大きな影響を与えることになります。

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」では、話し手が聞き手に与える影響が「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」の3つから構成され、それぞれの情報の影響力は以下の割合とされています。

「BizHint HR」より

「視覚情報」によって、相手の印象の半数以上が決まってしまうことが分かります。

つまり、面接で最初に顔を合わせた時の視覚から入ってくる第一印象が悪い時には、いくら面接で適切な言葉を使い転職の想いを伝えても、最初の悪い印象によって思うような結果が得られないこともあります。

これはあくまで数値上の話なので、現実が全てこの通りにいくわけではありません。

しかし、面接での第一印象が大切なことは間違いないため、相手に好印象を持ってもらえる服装で面接に臨むことが大切になります。

転職活動の面接で着るスーツを選ぶ時の3つのポイント

面接において第一印象が大切なことをみてきましたが、面接にどのようなスーツを着ていけばいいのか迷ってしまう人は少なくありません。

ファッションの好みは人によって分かれますが、転職活動に着て行く服装を考えた時に、まず考えるべきことは「面接官の目」になります。

転職活動では、自分が好きなファッションではなく「面接官にどう思われるのか?」を考えて、着ていくスーツを選ぶことが大切になります。

しかし、面接官には男性もいれば女性もおり、年齢層も様々です。

そのため、全ての面接官の好みに合わせた服装はできませんが、多くの面接官が納得・不快に感じない服装として、次の3つのポイントを押さえるようにして下さい。

派手なものを身につけない

男女共に、着て行くスーツの色はもちろん、持って行くカバンや履いて行く靴など、全てのものは黒やグレーのようにベーシックな色を選ぶことが大切になります。

みんな同じ格好で、個性がなくつまらないと感じる人もいますが、次のようなイメージが世間には定着しています。

リクルート活動=黒やグレーのベーシックな色の服装

このことは、転職者が黒やグレーのようなベーシックな色のものを身につけて面接に来ることを、面接官も無意識のうちに考えていると言うことができます。

また、黒やグレーといったベーシックな色は、年代に関係になく好まれる色になるため、派手な服装は避け、ベーシックな色の服装で面接に臨むようにして下さい。

※就職活動時に着ていたリクルートスーツも色としては問題ありませんが、見た目がどうしても学生のように幼く見えてしまう印象があります。

転職は就職活動のようにフレッシュさをアピールするのではなく、自分のできるスキルや今までのキャリアをアピール場となります。

そのため、リクルートスーツを着ることにより、学生感が出てしまうことが転職者にとってプラスに働かないケースもあります。

転職後に仕事で着ることもことも考えて、1着新しいスーツを揃えるようにして下さい。

スーツを着ない職種の人で、どうしてもスーツを買いたくない人は、スーツの中に着るワイシャツなどのインナーを工夫することで、雰囲気も大きく変わります。

スーツの専門店にリクルートスーツを持って行き、相談することをおすすめします。

清潔感のある格好をする

面接に限ったことではありませんが、清潔感は見た目の印象を決める大きな要素になります。

髪型に始まり、スーツのシワやワイシャツのシミや襟首の汚れ、靴についた泥、伸びた爪など、頭の上から足元まで細かく見れば様々なポイントがありますが、そのほとんどが意識すればすぐに変えることができるものになります。

だらしない服装に見せない

先ほどの清潔感とも関連しますが、いくら清潔な服を身につけても、だらしない服装に見えてしまうことがあります。

その人のサイズに合っていないスーツを着ている場合、いくらプレスを当て、シワひとつない綺麗なスーツを着ていても、どこかだらしなく感じてしまうことがあります。

また、買ったばかりの綺麗なカバンも、椅子に座った時に倒れたまま置いていると、同じようにどこかだらしなく感じてしまうものです。

このように、清潔感のある服装や綺麗なものを身につけることは大切ですが、自分に合っていないものや自分のちょっとした行動により、いい印象が大きく損なわれてしまうkとがあるので注意が必要です。

面接には「服装自由」「私服で来て下さい」と言われた時の服装

多くの企業ではスーツを着て面接に行くことになりますが、企業の中には、スーツではなく、私服で面接に来て下さいという、企業もあります。

ベンチャー企業やアパレル関係の企業で、このようなケースがありますが、自由と言われると、かえって着ていく服装に悩む人も少なくありません。

このような場合、アパレル関係など、その人の服装のセンスを確認する目的以外は、スーツで行っても問題ありません。

私服で行きたいという人はその企業の社風に合った服装を身につけることを意識して、着て行く服装を選んで下さい。

選ぶ時の参考として、現在は、多くの企業が自社のHPを持っています。

サイト内には従業員の働いている様子が出ていることもよくあるため、その人の服装を参考にしながら服装を選ぶと間違いがありません。

転職活動の面接で身につけるネクタイ、靴、バッグ選びのポイント

ネクタイ

身につけているネクタイの色や柄によって、印象は大きく変わります。

次の色を参考に、身につけるネクタイを選んでみて下さい。

「AOKI HP」より

また、派手な色のネクタイや、思わず目がいってしまうような柄のネクタイは身につけない方が無難です。

「AOKI HP」より

面接官は身につけるスーツやネクタイだけでなく、足元の靴もチェックしています。

スーツやネクタイ同様、履いていく靴にも注意しましょう。

男性用

「AOKI HP」より

女性用

「AOKI HP」より

バッグ

バッグは普段の仕事で使っているものでも問題ありませんが、長年使いくたびれているバッグなどは、新しいものに取り替えた方が第一印象も良くなります。

席に着きバッグを置いた時に、自立するバッグの方がスマートに見えます。

「AOKI HP」より

転職活動の面接で持っていた方がいい小物類

転職活動の時に、次のような小物類も持っていると便利です。

ハンカチ、ティッシュ エチケットで持っておきましょう
ウェットティッシュ 雨の日など、靴の汚れとりにも活躍します
薬(胃薬) 面接による緊張など、お腹が弱い人は持っているだけで安心
クリアファイル もらった書類などをクリアファイルに入れると、面接官に書類をしっかり管理している印象を与えられて◎

まとめ

転職活動の面接に着ていくスーツやネクタイなど、面接で好印象を持ってもらえる服装について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

服装選びは難しく、苦手にしている人も多くいますが、面接官の目の意識することで、自然と自分が身につける服装も見えてきます。

面接は内容が大切ですが、出会って3秒で決まるとも言われる第一印象を少しでも良くするために、服装にも十分気をつけながら面接に臨んで下さい。

皆様からの転職体験談、転職サイトの評判、口コミを募集しています。

転職compassは、転職経験者から寄せられた転職体験や転職経験者へのインタビューを元に作られています。

アンケートにご協力頂ける転職経験者の方は、下のアンケートフォームから協力して頂けると幸いです。

アンケートフォームはこちら

関連記事

参加しないと損!?多くの企業が出展する転職フェアをフル活用する方法

40代の転職者必見!40代が希望の仕事へ転職する転職成功完全マニュアル

教師からエンジニアの仕事へ転職を成功させるための方法

異業種の仕事へ転職したい人必見!異業種転職を成功させる3つのポイント

永久保存版!|20代が希望の仕事へ転職する転職成功完全マニュアル

未経験の仕事へ転職したい人が、転職成功のためにやるべきこと