転職サイト

リクルートエージェントは海外の転職に使える?求人数から対応地域まで調べてみた

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
「海外の企業で働きたいけど、リクルートエージェントは海外の転職にも使えるの?」

このような疑問を持っている人はいないでしょうか?

この記事では、海外の転職にリクルートエージェントが使えるのかどうかについて紹介しています。

海外の仕事へ転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

リクルートエージェントは海外求人への転職サポートをしてる?

リクルートエージェントは国内の求人だけでなく、海外の求人も扱っています。

自分が希望する海外の地域に求人があれば、国内と同じように転職サポートを受けることができます。

リクルートエージェントが転職サポートしている海外の地域

リクルートエージェントは海外の転職サポートに対応していますが、海外の全ての地域に対応しているわけではありません。

リクルートエージェントが海外の転職サポートに対応している地域は、下の地域になります。

また、地図で対応地域を見てみると、アフリカ以外のほとんどの地域に対応していることが分かります。

リクルートエージェントはこの対応地域以外で厚生労働大臣の職業紹介の許可を得ていないため、該当地域以外では転職サポートを受けることができません。

リクルートエージェントの海外求人数

リクルートエージェントの海外転職サポートが世界全体に広がっていることが分かりましたが、海外の求人数はどうなっているのでしょうか?

海外の転職サポートにも対応している大手転職エージェントの求人数を比較したものが、下のグラフになります。

※2018.2.18時点

国内では圧倒的な求人数を誇るリクルートエージェントですが、海外の求人数では他の転職エージェントと比べて大きな差はありませんでした。

グラフ内にあるJACリクルートメントは、ハイキャリア求人や海外の転職サポートに強いことで有名ですが、非公開求人の数が公開されていません。

公式サイト内に書かれている「非公開求人が全求人の6割を占める」から計算すると非公開求人数は446件となり、JACリクルートメントの海外での求人数は合計745件となることから、リクルートエージェントより多くの海外求人数があることになります。

海外の求人に対応している転職エージェントの中では、リクルートエージェントの求人が特別多いことはなく、複数の転職エージェントを利用した方がいいことが分かります。

リクルートエージェントの海外転職サポートが得意な地域

リクルートエージェントの海外求人数はJACリクルートメントに比べて少ないことが分かりましたが、海外の地域別の求人数をまとめると下のグラフになります。

※2018.2.18時点の求人数より作成

このグラフから、リクルートエージェントの海外求人の約80%がアジアに集中していることが分かります。

一方、リクルートエージェントより求人数の多かったJACリクルートメントの地域別求人割合は、下のグラフになります。

※2018.2.18時点の求人数より作成

リクルートエージェント同じくアジアの求人が中心になっていますが、リクルートエージェントに比べて北南米の求人割合が高くなっていることが分かります。

リクルートエージェントは海外の転職におすすめ?

リクルートエージェントは海外21カ国の求人に対応しているため、同地域への海外転職を考えている人にはおすすめできる転職エージェントになります。

特に、アジア地域に多くの求人が集中しているため、中国やインドをはじめとしたアジア地域への転職を考えている人は利用すべき転職エージェントになります。

しかし、求人数を見ても分かるように、十分な求人があるとは言えず、リクルートエージェント自身も求人数が少ないことをサイト内で説明しています。

「リクルートエージェントHP」より

そのため、海外への転職を考えている人はリクルートエージェントだけでなく、求人数の多いJACリクルートメントも併せて利用することで、より自分に合った求人に出会うことができます。

JACリクルートメントで海外の求人を探す(無料登録)

海外の仕事へ転職する時のリクルートエージェントの利用方法

リクルートエージェントを利用して海外へ転職を行う人は、日本国内の仕事へ転職する場合と同じく、下の流れに沿って転職サポートを受けることになります。

リクルートエージェントを利用するためには、まず申し込み(無料登録)をする必要がありますが、登録はほとんどが選択方式となるため、5分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

登録時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

入力項目は同じですが、スマートフォン用のスライドも作成しましたので、参考にして下さい。

パソコン用

  • リクルートエージェント 無料登録開始
  • 1.転職希望
  • 2.プロフィール・職務経歴

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

スマートフォン用

  • 1.転職希望時期、希望勤務地
  • 2.直近の年収、直近の経験職種、生年月日
  • 3.メールアドレス、性別、名前
  • 4.住所、電話番号、最終学歴
  • 5.英語力、就業状況、これまでの職歴
  • 6.直近の勤務先情報
  • 7.資格、サイトアクセスのきっかけ
  • 8.求人志向チェック
  • 9.登録完了

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

全ての項目を入力すれば、登録完了となります。

登録後は担当者から連絡がありますので、面談日を決めた後は「面談」「求人紹介」と転職サポートが進んでいきます。

海外への転職では、国ごとに状況が大きく異なるため、キャリアアドバイザーの方に現地の情報を含めて、しっかりと説明を受けて下さい。

まとめ

リクルートエージェントが海外の転職に使えるかどうかについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

リクルートエージェントの求人は、世界の多くの地域に対応しており、海外の仕事へ転職する人にはおすすめの転職エージェントになります。

しかし、求人数や転職先地域の問題など、リクルートエージェント以外の転職エージェントも併せて利用しながら転職活動を進めていくことが大切になります。

リクルートエージェントをうまく利用しながら、あなたが希望する海外の仕事に転職できることを願っています。

リクルートエージェントで海外の求人を探す(無料登録)