転職サイト比較・ランキング

徹底比較|税理士におすすめの転職サイト・エージェントランキング

転職サイトランキング 税理士
転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

「税理士の資格を生かして転職したいけど、どの転職サイトを利用すればいいんだろう…」

このような疑問を持っている税理士の方はいないでしょうか?

この記事では税理士や科目合格者におすすめの転職サイトをランキング形式で紹介しています。

税理士の資格を最大限に生かせる転職サイトを探している人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

【先に結論】税理士・科目合格者におすすめの転職サイト
  1. マイナビ税理士
    転職サポートや求人の質から転職を考えた税理士や科目合格者がまず利用すべき転職エージェント
  2. MS-Japan
    30年に及ぶ税理士の転職サポート実績から自分の転職ケースに合ったピンポイントの転職サポートを受けたい税理士におすすめの転職エージェント
  3. ジャスネットキャリア
    人材派遣や教育サポートを通して税理士の科目合格者や会計・税務分野のスキルが足りない人も気軽に利用できる転職エージェント

徹底比較|税理士の転職におすすめの転職サイトとは?

カレン
カレン

税理士の人って独立して自分で税理士事務所を開いてるイメージがあるけど…
転職サイトを使うということは企業に勤めている税理士もいるんですか?

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

カレンさんの言う通り独立開業のイメージが強い税理士ですが、税理士・会計事務所のスタッフとして働く税理士や一般企業の経理部等で企業内税理士をしている勤務税理士もいます。
また、会計事務所で働きながら税理士を目指している科目合格者の人も多くいます。

カレン
カレン

税理士といっても色々なタイプの税理士がいるんですね。
具体的にはどんな就業先があるんですか?

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

税理士の主な就業先にはBIG4と呼ばれる大手税理士法人からスタッフが100名以下の準大手会計事務所、会計事務所全体の9割を占めるスタッフが5名以下の小規模会計事務所などがあります。
最近では会計事務所に加えて中小企業のコンプライアンス意識の高まりから大手企業だけでなく、中小企業でも企業内税理士を雇うケースも増えています。

カレン
カレン

税理士のスキルを生かして様々なフィールドで活躍できるんですね。
そんなに活躍の場が広い税理士に私も挑戦したくなってきました。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

幅広い活躍の場がある税理士の人気は高まっており、税理士登路者数も年々増加しています。
また、独立を含め生涯現役で働ける税理士の仕事は「結婚」「出産」「子育て」などのライフイベントによってキャリアが中断されやすいカレンさんのような女性にとっても魅力的な仕事となっており、税理士の4人に1人が女性となるほど女性の活躍も進んでいます。

税理士登録者数
税理士登録者数国税庁HP 税理士制度より作表
女性税理士の登録者数
税理士 男女比 女性登録者数推移引用:日本税理士会連合会HP
カレン
カレン

そんなにたくさんの女性が税理士として活躍しているんですね!
税理士が男性だけでなく女性にも魅力的な仕事であることが分かりましたが、税理士が転職サイトを選ぶ時はどんな点に気をつければいいんですか?

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

税理士が転職する時には勤務税理士としてのキャリアや独立の可能性など、将来のキャリアプランを踏まえた上で転職先を決めていく必要があります。
そのため、転職のプロに将来のキャリアプランを相談しながら転職活動を進められる転職エージェントの利用をおすすめします。
特に転職エージェントの中でも全ての転職者を対象にしている総合型転職エージェント」ではなく、特定の転職者を対象にしている「特化型転職エージェント」の利用をおすすめします。

転職エージェント 種類
カレン
カレン

特化型転職エージェントを利用すると何が良いんですか?

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

特化型転職エージェントの中には税理士の転職サポートに特化した転職エージェントがあり、そのような特化型転職エージェントを利用することで次のようなメリットがあります。

  1. 税理士業界に精通した担当者から転職サポートを受けられる
  2. 税理士・科目合格者向けの独自求人が数多くある
カレン
カレン

税理士には特化型転職エージェントがおすすめなのは分かりましたが、どのようなポイントで利用する転職エージェントを選べばいいんですか?

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

税理士の転職には次の3つのポイントを元に転職エージェントを選ぶようにして下さい。

  1. 転職実績:
    今までの転職実績から「イメージ」ではなく「実際に結果を出せる転職エージェント」を利用することが大切です。
  2. 求人数:
    より多くの求人の中から求人を紹介してもらうことで、自分に合った求人に出会える可能性を高めることができます。
  3. サポート体制:
    転職できても、ブラック企業に転職しては意味がありません。転職者の立場に立った転職サポートをしてくれる転職エージェントを利用することが大切です。

税理士におすすめの転職サイト・エージェントランキング

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

3つのポイントを元に税理士におすすめな転職エージェントは次の3つになります。

税理士におすすめの転職エージェント
転職実績 求人数 サポート体制 総合評価
1.マイナビ税理士 4.4
4.5
4.4
4.4
2.MS-Japan 4.5
4.2
4.3
4.3
3.ジャスネットキャリア 4.0
4.2
4.4
4.2
4.リクルートエージェント 4.3
4.0
3.8
4.0
5.JACリクルートメント 4.1
3.8
4.3
4.0

 

マイナビ税理士
マイナビ税理士 LP

総合評価:(4.4)

4.4

転職実績

4.5

求人数

4.4

サポート体制

マイナビ税理士は業界最王手の株式会社マイナビが運営する税理士や科目合格者の転職サポートに特化した転職エージェントになります。

マイナビ税理士にはコンサルティング会社や税理士事務所で実際に働いたことのあるキャリアアドバイザーが多数在籍しており、税理士業界の専門知識を持った担当者から転職サポートを受けることができます。

マイナビ税理士 キャリアアドバイザー引用:マイナビ税理士HP

また、人材紹介業を40年近く行ってきたマイナビグループのネットワークを生かし、他の転職サイトでは紹介されていない非公開求人が全求人の80%を占めています。

マイナビ税理士 非公開求人引用:マイナビ税理士HP

非公開求人はその名の通り一般には公開されていない求人で、企業が求人を非公開にする理由には次のようなものがあります。

求人を非公開にする理由
  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 専門的なスキル・経験など、ピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避ける場合
  • 在籍している従業員より募集者の給与が高い場合
  • 他企業に採用活動を知られたくない場合

求人を非公開で募集することでピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など企業側に様々なメリットがあるため、非公開求人には条件の良い求人が数多く存在します。

また、非公開求人はマイナビ税理士に登録しなければ見ることができないため、公開求人に比べてライバルの少ない求人を紹介してもらうことができます。

マイナビ税理士は転職サポートや求人の質から転職を考えた税理士や科目合格者がまず利用すべき転職エージェントになります。

MS-Japan
MS-Japan LP

総合評価:(4.3)

4.5

転職実績

4.2

求人数

4.3

サポート体制

MS-Japanは経理・財務・人事などの管理部門や公認会計士・税理士などの士業に特化した転職エージェントで「登録率」「転職決定率」「転職相談率」の3部門で業界NO1の実績を誇ります。

MS-Japan 業界NO1引用:MS-Japan HP

1990年の会社設立から延べ20,000名以上の転職者をサポートした実績があり、税理士の転職サポートに強みを持つキャリアアドバイザーも在籍しています。

MS-Japan キャリアアドバイザー引用:MS-Japan HP

30年以上に及ぶ転職サポート実績から様々な転職成功事例もあり、転職成功者の中には税理士の資格を生かして新たな分野への転職を成功させた人もいます。

MS-Japan 転職成功事例引用:MS-Japan HP

MS-Japanは30年に及ぶ税理士の転職サポート実績から自分の転職ケースに合ったピンポイントの転職サポートを受けたい税理士におすすめの転職エージェントになります。

ジャスネットキャリア
ジャスネットキャリア TOP LP

総合評価:(4.2)

4.0

転職実績

4.2

求人数

4.4

サポート体制

ジャスネットキャリアは1996年に日本で初めて公認会計士が始めた転職エージェントで、正社員の人材紹介に加えて派遣社員の人材派遣も行なっています。

ジャスネットキャリア 人材紹介 人材派遣引用:ジャスネットキャリアHP
【派遣社員のイロハ】正社員との違いからメリット・デメッリトまでを徹底紹介! そもそも派遣社員とは? 日本の派遣社員は1986年の「労働者派遣法」の施行によって始まり、2017年時点で129万人もの人が派遣社...

ジャスネットキャリアに登録することで正社員と派遣社員の求人を同時に紹介してもらえるため、自分に合った方法で求人を探すことができます。

  • 正社員の転職先決定まで派遣社員として働き離職期間を作らない
  • 正社員として入るのが難しい大手企業に派遣社員として入る
  • 派遣社員として入り入社後に正社員へステップアップする

また、税理士の転職サポートに加えてオンライン動画の教育サイト「Accountant’s Library(アカウンタンツライブラリー)」の運営を通して経理・財務分野に役立つ様々な教育コンテンツも提供しています。

ジャスネットキャリア Accountant's Library引用:ジャスネットキャリアHP

そのため、一般的な転職エージェントのように企業の採用担当者だけでなく教育現場の現場責任者からも求人依頼があるため、他の転職エージェントでは掲載されていないジャスネットキャリア独自の求人も数多く存在します。

ジャスネットキャリア 非公開求人引用:ジャスネットキャリアHP

ジャスネットキャリアは人材派遣や教育サポートを通して税理士の科目合格者や会計・税務分野のスキルが足りない人も気軽に利用できる転職エージェントになります。

転職エージェントを利用する時の5つのポイント

カレン
カレン

税理士の転職におすすめの転職エージェントは分かりましたが、転職エージェントを利用する時に気をつけるポイントはありますか?

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

はい。
転職エージェントを利用する時には最低限気をつけておくべき5つのポイントがあります。
このポイントを頭の片隅に入れながら転職エージェントを利用することで、転職成功の可能性を高めることができます。

転職エージェントを利用する時のポイント
  1. 転職サイト、転職エージェントの仕組みを理解しておく
  2. 転職の意思があることをしっかり伝える
  3. 担当者が合わない時は変更する
  4. 複数の転職エージェントを利用する
  5. 評判・口コミは参考までに

ポイント1:転職サイト、転職エージェントの仕組みを理解しておく

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

転職サイトには転職者が自分で求人を探しながら企業と直接やり取りをする「検索型転職サイト」と、希望条件に合った求人を紹介してもらう「転職エージェント」があります。

検索型転職サイト 転職エージェント 違い

先ほどおすすめした3つの転職エージェントを利用することで、様々な転職サポートを受けながら転職活動を進めていくことができます。

転職エージェント 仕組み
カレン
カレン

転職エージェントを利用することで求人紹介をはじめ、色々な転職サポートを受けられるんですね。
でも、転職サポートを受けるのにお金はかからないんですか?

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

上のイラストにもあるように、転職エージェントは企業からもらう紹介料によって運営されているため、全ての転職サポートを無料で利用することができます。

企業から支払われる紹介料は一般的に転職者の年収の30%前後となるため、転職の成立件数を増やし、転職者の年収が高ければ高いほど受け取る紹介料も多くなります。

そのため、転職エージェントの中には転職者の転職希望を十分に聞かず無理に転職をさせようとする「ブラック転職エージェント」も存在するので、転職エージェントを選ぶ時には注意が必要です。

このように転職サイトや転職エージェントの仕組みを理解した上で利用することで、一方的に転職サポートを受けるだけではない「主体的な転職活動」をすることができます。

求人探しに不可欠?転職エージェントを利用するメリットとデメリット 転職エージェントを利用するメリット 転職エージェントを利用する主なメリットには、次の7つがあります。 転職エージェン...

ポイント2:転職の意思があることをしっかり伝える

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

先ほど紹介したように転職エージェントは転職を成立させることで紹介料が入るため、少しでも多くの転職を成立させようと考えます。
次のような2人の転職者がいた場合、キャリアアドバイザーは、どちらの転職者に積極的な転職サポートをするでしょうか?

  1. 転職者A:いい求人があった時に転職できればいいです
  2. 転職者B:何としても1ヶ月以内に転職したいです!
カレン
カレン

転職者Bの方が転職活動に積極的な感じがしますね。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

そうですね。
2人の転職者が同じ条件で転職を希望している場合、転職者Bのように転職する意思がより強い人に対して、より積極的な転職サポートが行われます。

もしあなたが転職者Aのような気持ちで転職エージェントを利用する場合でも、転職者Bのように1ヶ月とは言わないまでも、転職したい意思があることをしっかりとキャリアアドバイザーに伝えるようにして下さい。

2週間に1回程度キャリアアドバイザーにコンタクトをとるなど、転職の意思があることを伝えることでより多くの求人を紹介してもらえるようになり、転職成功の可能性を高めることができます。

転職エージェントから希望の求人を紹介してもらう5つのポイント 転職エージェントから的外れな求人を紹介される原因とは? 原因1:転職希望が正確に伝わっていない ...

ポイント3:担当者が合わない時は変更する

あなたを転職サポートしてくれるキャリアアドバイザーの中には強引に求人をすすめてくる担当者や、どうしても自分と合わない担当者がいる可能性もあります。

そのような時は自分が気に入らない求人へ無理に申し込む必要はなく、キャリアアドバイザーに無理に合わせる必要もありません。

転職するのはあなた自身です。

万が一、あなたの担当になったキャリアアドバイザーが強引に求人をすすめてきたり、どうしても自分と合わないキャリアアドバイザーが担当者になった時には、遠慮せずに担当者を変更するようにして下さい。

担当者の変更はメールや電話連絡で簡単にできるので、担当者本人に伝えて気まずい思いをすることもありません。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼もしっかりと伝えるようにして下さい。
下の「担当者変更依頼フォーマット」のように「別の担当者の視点でも求人を探したい」と伝えることで、スムーズに担当者の変更をすることができます。

担当者変更依頼フォーマット

〇〇〇〇(←利用した転職エージェント名)
担当×××様

いつもお世話になっております。

先日、転職相談をさせていただいた△△△△と申します。

誠に勝手ではございますが、別の担当者の視点からも求人を探したく連絡をさせて頂きました。

お忙しい中とは思いますが、よろしくお願い致します。

本当に変更して大丈夫?利用中の転職エージェントで担当者を変更する方法 転職エージェントの担当者とは? 転職エージェントの担当者と合わない理由 ...

ポイント4:複数の転職エージェントを利用する

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

全国には約18,000もの転職エージェントがあり、利用する転職エージェントによって紹介される求人や受けられる転職サポートも大きく異なります。

自分の転職目的に合った求人紹介や転職サポートを受けるためにも、複数の転職エージェントを利用することをおすすめします。

複数の転職エージェントを利用することで様々なメリットがあります。

複数の転職エージェントを利用するメリット
  • 各転職エージェントの転職サポートを比較できる
  • 各転職エージェントの独自求人をチェックできる
  • キャリアアドバイザーとの相性が悪い場合、他の転職エージェントでリスク回避できる

先ほど紹介した税理士におすすめの3つの転職エージェントをうまく活用しながら転職活動を進めるようにして下さい。

  1. マイナビ税理士
    転職サポートや求人の質から転職を考えた税理士や科目合格者がまず利用すべき転職エージェント
  2. MS-Japan
    30年に及ぶ税理士の転職サポート実績から自分の転職ケースに合ったピンポイントの転職サポートを受けたい税理士におすすめの転職エージェント
  3. ジャスネットキャリア
    人材派遣や教育サポートを通して税理士の科目合格者や会計・税務分野のスキルが足りない人も気軽に利用できる転職エージェント
転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
ここがポイント

複数の転職エージェントを利用した時は各転職エージェントの担当者にも伝えるようにしましょう。

先ほども紹介したように転職エージェントは企業の紹介料によって運営されているため、1件でも多く転職を成立させることを常に考えています。

そのため、複数の転職エージェントを利用していると伝えることで、何とかして自分のところで転職をしてもらおうと、それぞれの転職エージェントからより丁寧な転職サポートを受けることができます。

ポイント5.評判・口コミは参考までに

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

転職エージェントのネット上における評判や口コミは、利用する時の参考程度にすることをおすすめします。

ネット上には本当にたくさんの転職エージェントに関する評判や口コミが書かれたサイトがあるため、様々なサイトを見ていると目移りしてしまい、結局どの転職エージェントを利用すべきかどうか分からなくなってしまう人も少なくありません。

先ほど転職エージェントの仕組みでも紹介したように、転職エージェントは無料で利用することができるため、転職者には何のリスクもありません。

ネット上に出ている転職サイトの評判や口コミは参考にしつつも、最後は実際に自分で利用しながら自分自身で判断することが大切です。

口コミを徹底比較|あなたの求人探しにおすすめの転職エージェントは? リクルートエージェント リクルートエージェントは求人数・転職成功実績ともに業界NO1の転職エージェントになります。...

まとめ

税理士や科目合格者におすすめの転職サイトをランキング形式で紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

利用する転職サイトによって求人内容や転職サポートも異なり、転職結果にも大きく影響します。

自分に合った転職サイトをうまく活用しながら、あなたが希望する仕事に出会えることを願っています。

  1. マイナビ税理士公式サイト:
    https://zeirishi.mynavi-agent.jp/
  2. MS-Japan公式サイト:
    https://www.jmsc.co.jp/
  3. ジャスネットキャリア公式サイト:
    https://career.jusnet.co.jp/
転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ

転職目的やケース別に転職サイトを探したい人は、こちらの記事も参考にして下さい。