マイナビエージェント

沖縄の転職活動でマイナビエージェントを利用する時の流れと注意すべき事

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
  • 「沖縄の転職活動でマイナビエージェントの利用を考えているけど、どうやって利用すればいいの?」
  • 「沖縄でマイナビエージェントを利用する時、注意することはあるの?」

このような疑問を持っている人はいないでしょうか?

この記事では、沖縄の転職活動でマイナビエージェントを利用する時の流れから注意すべきことについて紹介しています。

これから沖縄でマイナビエージェントを利用した転職活動を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

沖縄の転職活動でマイナビエージェントを利用する時の流れ

沖縄の転職活動でマイナビエージェントを利用する時の主な流れは、次のようになります。

「マイナビエージェントHP」より

無料登録

沖縄でマイナビエージェントを利用するためには、まず無料登録をする必要があります。

登録時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

  • マイナビエージェント 無料登録開始
  • 1.プロフィールの入力
  • 2.最終学歴・職務経歴の入力(データ添付可能)
  • 3.希望条件の入力

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

マイナビエージェント登録時の入力項目
プロフィールの入力
  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 住所
最終学歴・職務経歴
  • 学歴
  • 学校名
  • 学部・学科
  • 卒業年
  • 勤務先企業名
  • 雇用形態
  • 勤務期間
  • 業種
  • 職種
  • 年収
  • 職務内容
希望条件
  • 希望勤務地
  • 希望業種
  • 希望職種

全ての項目を入力すれば登録完了となります。

登録後は担当者から電話またはメールで連絡があるので、面談日を決めた後は「キャリアカウンセリング」「求人の紹介」と転職サポートが進んでいきます。

公式サイト:マイナビエージェントに登録する(無料)

面談(キャリアカウンセリング)

マイナビエージェントに登録後は、キャリアアドバイザーとキャリアカウンセリングを行います。

このキャリアカウンセリングで転職希望を伝え、自分に合った求人を紹介してもらうことができます。

マイナビエージェントの拠点は全国に6ヶ所ありますが、沖縄には対面での面談を受ける拠点がありません。

「マイナビエージェントHP」より

そのため、沖縄でマイナビエージェントを利用する時には、電話でのキャリアカウンセリングを受けた後に、転職サポートを受けることができます。

「マイナビエージェントHP」より

求人の紹介

キャリアカウンセリング終了後、あなたが伝えた転職希望を元に求人を紹介してもらうことができます。

マイナビエージェントが抱えている求人の職種や業界割合は、次のようになっています。

「マイナビエージェントHP」より

求人は特定の職種や業界に偏ることなく、バランス良く様々な求人がありますが、マイナビエージェントの沖縄での求人数は、他の大手転職エージェントに比べて多いとは言えません。

特に、業界内で最も求人数の多いリクルートエージェントと比較すると、求人数の違いがはっきりと分かります。

そのため、沖縄で少しでも多くの求人を紹介してもらいたい人は、マイナビエージェントと併せてリクルートエージェントも利用することをおすすめします。

公式サイト:沖縄でリクルートエージェントを利用する(無料)

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
ここがポイント

求人数が多いリクルートエージェントですが、利用者の多くはマイナビエージェントと同じ20代〜30代が中心となっています。

リクルートエージェント利用者の年代

「リクルートエージェントHP」より

マイナビエージェント利用者の年代

「マイナビエージェント HP」より

一方、マイナビエージェントと求人数があまり変わらなかったパソナキャリアの利用者は40代以降が中心となっています。

パソナキャリア利用者の年代

「パソナキャリアHP」より

そのため、沖縄でマイナビエージェントを利用する人は、年代別に転職エージェントを使い分けることをおすすめします。

  • 沖縄でマイナビエージェントを利用する20代〜30代の転職者
    →リクルートエージェントも併用する
  • リクルートエージェント公式サイト:
    https://www.r-agent.com/
  • 沖縄でマイナビエージェントを利用する40代以上の転職者
    →パソナキャリアも併用する
  • パソナキャリア公式サイト:
    https://www.pasonacareer.jp/

応募先企業の事前調査

下のデータは転職をして後悔した理由のランキングになりますが、給料や残業などの労働条件や職場の人間関係や雰囲気といった労働環境など、転職前後のギャップによって転職を後悔していることが分かります。

転職して後悔したこと
1位 給料が希望と異なる
2位 経営者や社員と合わない
3位 社風が合わない
4位 経営状態や将来性が不安
5位 残業が多い
6位 仕事内容が希望と異なる
7位 組織や環境が整っていない
8位 休日が少ない
9位 正当に評価してもらえない
10位 キャリアアップできない

「DODA 転職して良かったこと・後悔したことTOP10」を元に作成

給料額や休日日数など、転職前に確認した労働条件が転職後に違っている場合もあります。

残業は月20時間程度と聞いていたが、実際は50時間以上だった

「DODA 転職して良かったこと・後悔したことTOP10」より

職場の人間関係や雰囲気といった労働環境は、実際に働き始めるまで知ることが難しく、転職前後のギャップを生み出す原因となります。

このような転職前後のギャップも、マイナビエージェントの応募先企業の事前調査によって防ぐことができます。

マイナビエージェントを利用することで、自分1人では知ることが難しい転職先の「人間関係」「職場の雰囲気」「本当の残業時間」といった転職先の生の情報を、転職前に知ることができます。

そのため、マイナビエージェントを利用することで

転職に失敗。こんなはずじゃなかった、、、

このような転職前後のギャップによる転職の後悔」を防ぐことができます。

履歴書・職務経歴書の添削

1人で転職活動を行う時には、作成した履歴書や職務経歴書をそのまま企業へ提出することになりますが、マイナビエージェントを利用することで、企業へ提出する前に応募書類を添削をしてもらうことができます。

「マイナビエージェントHP」より

さらに、キャリアアドバイザーが企業へ応募書類を提出する時に「推薦状」を通してあなたのことをアピールしてくれるため、マイナビエージェントを利用することで平均25%前後となっている書類通過率を高めることができます。

「パソナキャリアHP」より

面接対策

転職活動で大きな関門になる面接ですが、転職者の半数が面接に苦手意識を持っています。

「エン人事のミカタ アンケート調査から探る 求職者にとって、面接とは?」より

面接も経験するにつれて慣れていきますが、最後まで面接に慣れなかった人も少なくありません。

「AIDEM HP」より

この面接を乗り越えるための対策として、マイナビエージェントでは実際の面接を想定した「模擬面接」を行ない、過去に面接でよく聞かれた質問や回答ポイントを知ることができます。

「マイナビエージェントHP」より

また、各業界の動向や転職相談ができる転職セミナーを全国各地で定期的に開催しているので、業界研究をした上で面接に臨むことができます。

「マイナビエージェントHP」より

マイナビエージェントを利用することで、模擬面接や転職セミナーを通して面接対策をすることができます。

企業への応募・面接の日程調整

マイナビエージェントから求人の紹介を受けて応募書類の添削をしてもらった後は、企業への応募から面接の日程調整まで、全ての段取りをマイナビエージェントに調整してもらうことができます。

働きながら転職活動を行う人は、特に面接の日程調整が大きな負担となります。

自分の仕事の調整はもちろん、応募先企業とのスケジュールを合わせる必要があり、複数の企業に応募した時などは、自分だけでは調整できない状態になることもあります。

しかし、マイナビエージェントを利用することで、自分が希望する面接日をキャリアアドバイザーに伝えるだけで、企業と直接やり取りをすることなく、面接日を調整してもらうことができます。

 沖縄の転職活動でマイナビエージェントを利用した人の評判、口コミ

沖縄の転職で実際にマイナビエージェントを利用した人の声が、マイナビエージェントのHP内に紹介されています。

これから沖縄でマイナビエージェントの利用を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

  • 第二新卒を武器にできる企業を紹介いただけた

Q1転職前の職務内容をお教えください

中~大企業に向けたハードウェア、ソフトウェア等IT機器の販売。新規開拓。

Q2転職を考えたきっかけは何ですか?

経験・能力を生かしたい
会社の方針とご自身の意向との違い
残業・勤務時間・休日数

Q3転職に際して、不安に感じたことがあればお聞かせください

前職は新卒で入ってまだ一年も経っていなかったため、エージェントさんに相談しても多くのところはお断りか叱咤激励を受けた。社会人経験も浅いため、転職は非常に厳しいと言われていた。

Q4Q3の不安について、キャリアアドバイザーから
アドバイスはありましたでしょうか?

新卒でも前職で学んだことはあるはずで、特に前職で新規開拓を半年続けた点を強く推してくださり、いいところを見つけようと尽力していただきました。

Q5入社を決意された理由をお教えください

自分の雰囲気にあっていて、より私らしく働けると感じたから。また、面接してくださった方が配属先の課長さんで、とても気に入ってくださっていたため、きっと自分のことを重宝してくれると感じたから。

Q6マイナビエージェントをご利用になった感想をお聞かせください

第二新卒を武器にできる会社様を紹介していただけて、本当に心強かったです。担当の方が休日にも親切に対応してくださり、不安なときにいつでも相談できる相手としてお話させていただきました。

「マイナビエージェントHP」より

  • 思っていたよりも早く内定を貰うことができ満足しています

Q1転職前の職務内容をお教えください

お風呂やキッチンといった住宅設備機器を販売しておりました。法人のお客様にたいして営業をかけ、新規市場の開拓と既存ルートの深耕を行って参りました。まる3年営業として働き、商品の説明や研修会、合同展示会の企画実施、見積もりの作成等、多岐にわたる分野の仕事をして来ました。目標数字があり、それに向かって売上を達成し続けなければならず、非常にハードな環境でしたが自信のスキルアップに繋がったと思います。

Q2転職を考えたきっかけは何ですか?

会社の方針とご自身の意向との違い
残業・勤務時間・休日数

Q3転職に際して、不安に感じたことがあればお聞かせください

初めての転職活動でしたので、新卒の頃と違いプレッシャーもそれなりにありました。周りの友人は普通に仕事をしている中で、仕事もせずに転職活動をしている自分に負い目を感じることもありました。しかし、エージェントの方からアドバイスを頂きながら進めることで、自信も湧いてきて、最終的には納得のいく形で終えられたと思います。

Q4Q3の不安について、キャリアアドバイザーからアドバイスはありましたでしょうか?

前職の辞めた理由が、ハードワークが嫌になったという理由でしたので、面接で退職理由を聞かれた際にどのように答えればいいのかが分かりませんでしたが、エージェントの方が退職理由を一緒に考えてくださり、とてもためになりました。また、受けようとしている会社の情報や、面接時のアドバイスなどを細かく指導して頂いたので、準備をもって面接に望むことができました。

Q5入社を決意された理由をお教えください

前職の経験からコミュニケーションスキルが身についていたので、そのスキルを生かした仕事がしたいと思いました。人と接する仕事であり、将来を担う学生相手なので、自分としても非常にやりがいのある職種だと感じました。また職場環境や福利厚生もしっかりとしており、プライベートと仕事の両立が保てる環境が揃っていることも、入社しようと決意した要因です。

Q6マイナビエージェントをご利用になった感想をお聞かせください

担当していただいたエージェントの方のお陰で、思っていたよりもスムーズに転職活動を進めることができました。また、思い描いていた時期よりも早く内定を貰うことができ満足しています。とても丁寧にいろいろな求人の紹介や、親身になって相談にものっていただけたので、とても助かりました。

「マイナビエージェントHP」より

  • 私のキャリアにとって良い選択を示していただきました

Q1転職前の職務内容をお教えください

ノベルティ雑貨メーカー。無地商品を在庫し、広告代理店へ卸していました。その際、商品への名入れも受けており、具体的にはコンサート物販やコミケ物販などを製造していました。年数は4年半です。

Q2転職を考えたきっかけは何ですか?

キャリアアップに対する不安
会社の業績悪化による不安
残業・勤務時間・休日数
給与・年収などの待遇
人間関係の悪化

Q3転職に際して、不安に感じたことがあればお聞かせください

前職ではあまり経験を積めなかったため、転職で求められるスキルが身についていないのではないかと不安でした。

Q4Q3の不安について、キャリアアドバイザーからアドバイスはありましたでしょうか?

私の支離滅裂な話を元に、一から面接の回答や職務経歴書の内容を一緒に考えていただき、自分の経験はちゃんと転職で通用すると勇気づけてくれたため自信を持って面接に臨めました。

Q5入社を決意された理由をお教えください

歴史のある会社という部分への安心感と、お客様に対して丁寧に対応しているという部分に魅力を感じました。また、残業代全額支給や面接の際の交通費支給にきっちりとした会社という印象を持ちました。

Q6マイナビエージェントをご利用になった感想をお聞かせください

表面的な会社の紹介ではなく、担当の方の感じた会社の印象や面接官の雰囲気を伝えていただいたので面接の際に戸惑うことが少なかったです。また、会社選択の際にも私のキャリアにとって良い選択を示していただいたため、無駄に迷うことが無くスムーズに活動ができました。

「マイナビエージェントHP」より

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
マイナビエージェントの詳しい評判・口コミは、こちらの記事も参考にしてみて下さい。
マイナビエージェントの評判は?登録すべきか利用者の口コミ・体験談から詳しく紹介!

沖縄の転職活動でマイナビエージェントを利用する時の注意点

マイナビエージェントのHP内に紹介されている口コミを紹介しましたが、自社のHP内ということもあり、いい評判が多く見られました。

しかし、沖縄の転職でマイナビエージェントを利用する時には、次のことに注意する必要があります。

担当者と合わない時は遠慮しないで変更する

マイナビエージェントでは全ての転職サポートを無料で受けられますが、転職サポートはボランティアではなく「ビジネス」として行われています。

転職エージェントは、転職が成立することで企業から紹介料をもらうことができる「成功報酬型」のビジネスになっており、1件でも多くの転職を成立させることが大切になります。

そのため、あなたの転職サポートをしてくれる担当者が、転職を成立させることだけを考えた「企業の方だけを向いた担当者」の場合は、すぐに担当者を変えてもらう必要があります。

担当者を変更してもらうことは少し気まずいですが、マイナビエージェントではメールで簡単に担当者の変更をすることができるため、担当者本人に伝えて気まずい思いをする必要もありません。

どうしても担当者と合わない時は、遠慮せずに担当者を変更してもらうようにしましょう。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼もしっかりと伝えるようにしましょう。担当者を変更する時は「別の担当者の視点でも求人を探したい」と伝えることで、スムーズに担当者の変更をすることができます。
本当に変更していいの?利用中の転職エージェントで担当者を変更する方法

沖縄の求人は多くない

先ほど「求人の紹介」のところで見たように、沖縄でのマイナビエージェントの求人数は、決して多くありません。

そのため、マイナビエージェントで思うような求人が見つからない人は、複数の転職エージェントを利用しながら転職活動を進めてみて下さい。

複数の転職エージェントを利用することで、次のようなメリットがあります。

複数の転職エージェントを利用するメリット
  • 各転職エージェントの転職サポートを比較できる
  • 各転職エージェントの独自求人をチェックできる
  • キャリアアドバイザーとの相性が悪い場合、他の転職エージェントでリスク回避できる

「自分が転職エージェントに望む事」「各転職エージェントの特徴」を照らし合わせながら、マイナビエージェント以外に1〜2社の転職エージェントに登録しておくことで、自分が納得のいく転職活動をしやすくなります。

〜各転職エージェントの特徴〜
リクルートエージェント 業界NO1の転職エージェント。
求人数、転職成功実績ともにNO1で、全国にも対応していることから、どの転職者も利用して損はない転職
エージェント。
doda 業界第2位の転職エージェント。
他には掲載されていないDODA独自の求人も多数あり。
リクルートエージェントでカバーできない
求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
JACリクルートメント 年収UPの転職に加えて、細やかな転職サポートからスピード転職も可能。求人数がやや少ないため、他の転職エージェントとの併用で「スピード+より確実な転職」を実現。
ハイキャリア案件を中心に求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
パソナキャリア 利用者満足度が驚異の96%となる転職エージェント。
「社会の問題点を解決する」という企業理念を元に、障害者雇用や社会貢献活動にも積極的なパソナグループの一員として、丁寧な転職サポートに定評あり。
とにかく丁寧な転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
ワークポート WEB・IT関連の転職に強みを持ち「GOOD AGENT RANKING ~2016年度下半期」の転職決定人数ランキングで1位を獲得した実力ある転職エージェント。
WEB・IT関連の仕事へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
MS-Japan 経理・財務・人事・法務などの管理部門に特化した転職エージェント。
1990年の創業以来、2万人以上の転職サポート実績があり、管理部門へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
クライス&カンパニー マネージャークラスのハイキャリア求人を中心に転職サポートを行い、アメリカの国家資格である「GCDF」を取得しているキャリアコンサルタントも多数在籍。
質の高い転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
就職Shop リクルートエージェントと同じリクルートが運営する転職エージェント。
社会人未経験者やフリーターなど、職務経歴に自信のない人への転職サポートに特化し、紹介される求人は全て書類選考が免除!応募後はいきなり面接へ進むことができる。
社会人未経験者やフリーターの人におすすめの転職エージェント。

日曜日に面談ができない

マイナビエージェントのキャリアカウンセリングは平日と土曜日は行なっていますが、日曜日は行なっていません。

マイナビエージェントでは、日曜日しか都合がつかない人に対しては電話面談にも対応しています。

「マイナビエージェントHP」より

しかし、対面での面談と電話面談では大きな違いがあります。

転職者を目の前に行える対面での面談は、キャリアアドバイザーも転職アドバイスがしやすくなります。

細かい転職希望のヒアリングや、その人の持つ雰囲気、転職にかける意気込みなど、実際に会わなければ分からないことも少なくありません。

また、キャリアアドバイザーが転職サポートをしているのはあなただけではなく、多くの転職者にも同時に転職サポートを行なっています。

キャリアアドバイザーも人間です。

電話越しに声だけを聞いた転職者に比べて、直接面談で会った転職者に対して「何とかして転職を成功させてあげたい」と、より転職サポートに力が入ることも自然なことです。

日曜日しか都合のつかない人は、次の記事も参考にしながら、他の転職エージェントを利用することも考えてみて下さい。

転職エージェントの面談は土日もできる?分からないから調べてみました

まとめ

沖縄の転職でマイナビエージェントを利用する時の流れから注意すべき事について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

沖縄の転職活動にマイナビエージェントを利用することで、様々な転職サポートを無料で受けられる一方、求人数が少ないデメリットもありました。

沖縄の転職ではマイナビエージェントをベースに転職活動を進めていき、不足している部分は他の転職エージェントを併せて利用する事で、効率良く転職活動を進めていくことができます。

マイナビエージェントをうまく利用しながら、あなたが自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。

公式サイト:沖縄でマイナビエージェントを利用する(無料)