転職サイト

未経験の仕事へ転職する時にリクルートエージェントはおすすめ?

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
「今までやったことがない未経験の仕事に転職したいけど、リクルートエージェントでは未経験の転職でもサポートしてくれるの?」

このような疑問を持っている人はいないでしょうか?

この記事では、未経験の仕事へ転職する時にリクルートエージェントを利用すべきかどうかについて紹介しています。

未経験の仕事へ転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

リクルートエージェントに未経験者が応募できる求人はある?

リクルートエージェントを利用して未経験の仕事へ転職を考えた時に、そもそもリクルートエージェントに未経験者でも応募できる求人がなければ意味がありません。

リクルートエージェントの求人の中で、未経験でも応募が可能な求人を探したところ、全国に41,417件もの未経験者が応募できる求人がありました。

※2018.2.18時点

特に、非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ見ることができないライバルの少ない求人となるため、未経験の仕事へ転職を考えている人には転職成功の可能性をより高めることができます。

未経験の仕事へ転職する時にリクルートエージェントを利用するメリット

リクルートエージェントには、未経験者が応募できる求人が多くあることが分かりましたが、未経験の仕事へ転職する人が、リクルートエージェントを利用するメリットには何があるのでしょうか?

求人数が多い

先ほどリクルートエージェントに未経験者が応募できる求人が40,00件以上あることを紹介しましたが、この求人数は他の大手転職エージェントと比べても圧倒的に多いことが分かります。

※2018.2.18時点

非公開求人数が公表されていない転職エージェントもありますが、リクルートエージェントの未経験者が応募できる求人が圧倒的に多いことが分かります。

未経験の仕事に転職したい人がリクルートエージェントを利用することで、多くの求人の中から自分に合った求人を紹介してもらえるメリットがあります。

面接対策が充実

未経験の仕事に転職する人は、なぜ未経験の仕事に転職したいのか、その志望動機を面接で必ず聞かれることになります。

そのため、未経験の仕事に転職する人は、十分な面接対策をしてから面接に臨む必要がありますが、リクルートエージェントを利用することで、この面接対策を強化できるメリットがあります。

この面接対策として、リクルートエージェントでは応募先企業の情報をもとにした「模擬面接」「セミナー」の2つを行なっています。

模擬面接では、面接本番の雰囲気の中でシミュレーションをすることができ、担当者から具体的なアドバイスをもらうことができます。

リクルートエージェントの模擬面接はおすすめ?利用者の体験談を紹介します!

また、面接対策のセミナーとして「面接力向上セミナー」が行われています。

面接力向上セミナーは、セミナーを受講した人の面接通過率が35%UPし、受講者の99%がセミナーの内容を「大変満足」「満足」と回答している、セミナーの受講効果と満足度が高いセミナーとなっています。

セミナー内容が、面接をする意味から面接本番の具体的な行動まで「面接をトータルに考えるセミナー」となっています。

面接前の準備から面接本番で注意すべきことが具体的に分かるだけでなく、面接に臨む意識そのものを変えることができます。

リクルートエージェントを利用することで、未経験の仕事へ転職する時に重要な面接対策ができるメリットがあります。

未経験の仕事へ転職する時にリクルートエージェントを利用するデメリット

転職サポートを受けられないことがある

リクルートエージェントは、ある程度キャリアのある人をメインに転職サポートを行なっています。

そのため、フリーター前職を短期間で辞めてしまった第二新卒など、十分なキャリアがない人は転職サポートを受けられないこともあります。

転職活動でリクルートエージェントの登録を断られた!拒否理由と対処法

リクルートエージェントの利用方法

未経験の仕事へ転職したい人がリクルートエージェントを利用することで、様々なメリットがあることを見てきましたが、今までの話を聞いてリクルートエージェントを実際に利用したいと思った人のために、リクルートエージェントの利用方法を紹介します。

リクルートエージェントを利用する時の主な流れは、次のようになっています。

リクルートエージェントを利用するためには、まず申し込み(無料登録)をする必要がありますが、登録はほとんどが選択方式となるため、5分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

この5分間の手間をかけるだけで、40,000件以上の未経験者が応募可能な求人を紹介してもらえるようになり、面接対策も強化することができます。

登録時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

入力項目は同じですが、スマートフォン用のスライドも作成しましたので、参考にして下さい。

パソコン用

  • リクルートエージェント 無料登録開始
  • 1.転職希望
  • 2.プロフィール・職務経歴

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

スマートフォン用

  • 1.転職希望時期、希望勤務地
  • 2.直近の年収、直近の経験職種、生年月日
  • 3.メールアドレス、性別、名前
  • 4.住所、電話番号、最終学歴
  • 5.英語力、就業状況、これまでの職歴
  • 6.直近の勤務先情報
  • 7.資格、サイトアクセスのきっかけ
  • 8.求人志向チェック
  • 9.登録完了

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

全ての項目を入力すれば、登録完了となります。

登録後は担当者から連絡がありますので、面談日を決めた後は「面談」「求人紹介」と転職サポートが進んでいきます。

未経験の転職でリクルートエージェントに登録でなかった時の対処法

リクルートエージェントに登録することで、未経験の仕事へ転職する時に様々なメリットを受けることができます。

しかし、デメリットのところでも紹介したように、転職者の今までの職歴によっては、思うような転職サポートを受けられないこともあります。

そのような人は、リクルートエージェントの利用に加えて、未経験の仕事へ転職することを専門に転職サポートしているハタラクティブも利用してみて下さい。

ハタラクティブは、未経験の仕事へ転職する人への転職サポートに特化した転職エージェントになります。

転職サポートの相手が今までやったことのない仕事へ挑戦する「丁寧な転職サポートを必要とする転職者」となるため、細やかな転職サポートがハタラクティブの大きな特徴になっています。

この細やかな転職サポートを受けることで、利用者の書類審査通過率が91.4%となり、10人中9人が面接までいけるような高い割合となっています。

また、書類審査を通過した人の内定率が80.4%となっており、ハタラクティブを利用した人のほとんどが、実際に転職を決めています。

この内定率は、ほとんどの転職エージェントが公表していないため、簡単に比較することはできませんが、下にある内定率の計算式からは転職者の内定率が6%というデータもあります。

  • 書類選考通過率:30%程度
  • 1次面接通過率:30~40%程度
  • 最終面接通過率:30~50%程度

もし上記の歩留まり率で選考が推移したとして、高めに見積もっても、30%×40%×50%=6%の内定獲得率という事になります。

という事は、内定1件を獲得するためには、少なくとも17件以上の案件に応募しないといけない事になります。

「すべらない転職」より

内定率が6%の場合、内定を獲得するまでに17件以上の求人に応募しなければいけないことになりますが、この17件以上という応募数は、転職者が内定をもらうまでに平均して「17.7社」応募しているという下のデータともほぼ一致するため、転職者の内定率が平均すると10%前後となることが分かります。

「DODA 転職成功者の平均応募社数」より

転職者の内定率が10%前後となっているデータがあることを考えると、ハタラクティブの80%という内定率がいかに高い数値なのかが分かります。

このように、リクルートエージェントに加えてハタラクティブを利用することで、未経験の仕事への転職成功の可能性を大きく高めることができます。

公式サイト:ハタラクティブを利用する(無料)

まとめ

未経験の仕事へ転職する時にリクルートエージェントを利用すべきかどうかについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

リクルートエージェントを利用することで、未経験の仕事へ転職する時に様々なメリットがあることが分かりましたが、ハタラクティブも併せて利用することで、より転職成功の可能性を高めることができます。

リクルートエージェントとハタラクティブをうまく利用しながら、あなたが希望する未経験の仕事へ転職できることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)