転職活動はリクナビネクストで完璧?利用者の評判、口コミから徹底検証!

転職活動はリクナビネクストで完璧?利用者の評判、口コミから徹底検証!

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
今では転職活動をする時に多くの人が利用することになった転職サイト。

しかし、いざ転職サイトを利用すると、ネット上には本当にたくさんの転職サイトがあり、どの転職サイトを利用すればいいのか迷ってしまう人も少なくありません。

そんな人に向けて転職サイトの評判、口コミ、体験談などを交えながら、それぞれの転職者に合ったオススメの転職サイトを紹介していきます。

今回は数ある転職サイトの中から、転職者の8割が利用している「リクナビネクスト」について、他の転職サイトとの比較も交えながら紹介していきます。

リクナビネクストを利用する時の参考にしてもらえれば、嬉しく思います。

1.リクナビネクストの概要

リクナビネクスト
総合評価:(4.6)
運営会社 株式会社リクルートキャリア
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2
求人の量 (4.8)
全国・全職種の求人に対応し、転職サイトの中で最も多い求人量を誇る!
求人の質 (4.5)
求人の約9割はリクナビネクストしか掲載されていない限定求人となり、未経験で応募できる求人から大手企業のハイクラス求人まで、全ての求人の質は高い
交渉力 自分で求人を探すサーチ型のため該当なし
サポート体制 (4.5)
企業から面接の誘いが届くスカウト機能や、自分の強みがわかるグッドポイント診断など、一人で転職活動を進める時に役立つ様々なサポート機能が充実
対象年代 全年代
対応地域 全国
公式サイト next.rikunabi.com/

2.リクナビネクストの特徴

リクナビネクストは全国の求人に対応した転職サイトで、業界最王手のリクルートが運営している転職サイトになります

「転職=リクルート」というほど知名度も高く、転職者の約8割が利用している転職サイトになります。

リクナビネクストの特徴は、大きく分けて次の5つになります。

リクナビネクストの特徴
  1. 転職者の圧倒的な利用・転職成功実績
  2. 求人の数・バランスが◎
  3. リクナビネクストだけの限定求人が多い
  4. グッドポイント診断で、自分の強みが分かる
  5. スカウト機能で効率的に求人探しができる

それでは早速、リクナビネクストの特徴を1つずつ見ていきましょう。

1.転職者の圧倒的な利用・転職成功実績

リクナビネクストは、転職サイトの中で圧倒的な利用実績があります。

転職者の約8割がリクナビネクストを利用し、毎週2.6万人以上が新規に会員登録をしています。

「リクナビネクストHP」より

また、多くの転職者が利用しているだけでなく、リクナビネクストを利用した人の多くが実際に結果を出しています。

「リクナビネクストHP」より

転職サイトによっては「転職成功例多数」など、イメージで転職利用の実績をアピールしている転職サイトもありますが、リクナビネクストは「なんとなく良い転職サイト」というイメージではなく、利用することで実際に結果が出ている転職サイトになります。

2.求人の数・バランスが◎

転職サイトを利用する時には、少しでも多くの求人の中から自分に合った求人を探すことが大切になります。

そのため、求人数の多さが転職サイトを選ぶ時の1つの基準になりますが、大手転職サイトの求人数を比較すると、リクナビネクストの求人数が多くなっていることが分かります。

このグラフからは、全国どの地域においてもリクナビネクストの求人が最も多くなっていることが分かります。

また、マイナビは関東においてはリクナビネクストと変わらない求人数がありますが、北海道や東北など、その他の地域では求人数がenに比べても少なくなっていることが分かります。

このように、転職サイトによっては求人数が多い地域(得意な地域)がありますが、リクナビネクストは全国どの地域でもバランスよく求人があるため、リクナビネクストの利用者も全国各地に存在しています。

リクナビネクスト利用者の住所

「リクナビNEXT HP」より

このように、リクナビネクストは求人数の多さだけでなく、どの地域においても求人がバランスよくあるため、誰もが自分の転職地を気にせず利用することができます。

3.リクナビネクストだけの限定求人が多い

転職サイトで求人を探していると、同じ求人を複数のサイトで見ることがよくあります。

企業が複数の転職サイトに求人を出し、少しでも多くの転職者の目に触れようとしているので仕方のないことですが、自分に合った求人に出会うためには一件でも多くの新しい求人を見ることが大切になります。

リクナビネクストには、他の転職サイトでは見ることができない限定求人が多くあります。

「リクナビNEXT HP」より

リクナビネクストに掲載されている求人の87%がリクナビネクストにしか掲載されていない限定求人となります。

限定求人はリクナビネクスト利用者以外は見ることができないため、ライバルの少ない求人をチェック出来ることになりるため、リクナビネクストを利用することで、転職成功の可能性を高めることができます。

4.グッドポイント診断で自分の強みが分かる

リクナビネクストでは、無料登録することでグッドポイント診断を受けることができます。

面接では自分の強みを答えるように求められこともありますが、このグッドポイント診断を受診することで、18種類の強みの中から自分の強みを知ることができます。

「リクナビNEXT HP」より

また、自分の強みが分かるだけでなく、応募時に志望企業へ診断結果を添付できるため、企業への大きなアピール材料にもなります。

「リクナビNEXT HP」より

このように、転職活動時に活用することはもちろん、仕事で行き詰まった時など、自分の強みを確認することで、働き方を見直すことにも活用することができます。

 

グッドポイント診断はリクナビネクストに無料登録後、無料で受診することができます。

全ての質問に答えるには30分ほどかかりますので、時間のある時に挑戦してみて下さい。

グッドポイント診断を受診する(無料)

5.スカウト機能で効率的に求人探しができる

リクナビネクストには、自分が登録した職務経歴や自己PRに興味を持った企業からオファーが届く「スカウト機能」があります。

オファーには3種類あり、オファーによっては書類選考が免除されるなど、転職者にとって大きなメリットがあります。

「リクナビNEXT HP」より

企業から届くオファーは、内定を保証するものではありません。

しかし、事前に企業側の自分に対する気持ちを知ることで、面接に落ち着いて臨めるだけでなく、転職活動がうまくいかない時に企業から貰えるオファーによって転職活動のモチベーション維持にも繋がります。

スカウト機能を利用することで、大きな負担となる求人探しが効率的に進められるだけでなく、転職活動のモチベーション維持にも大きな効果があります。

リクナビネクストのスカウト機能は使えない?転職者へのインタビューで検証!
転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
ここがポイント

このスカウト機能は、企業があなたの公開しているレジュメを見て、オファーを出すことになります。

そのため、レジュメを公開する企業の中には、今働いている会社や昔に働いていた企業など、転職活動していることを知られたくない企業がある人もいます。


twitter上でもこのような声が出ていますが、そのような人は企業に対して「レジュメ公開ブロック」を設定をすることで、特定の企業に知られることなくスカウト機能を利用することができます。

「リクナビNEXT HP」より

スカウト機能は、下にあるリクナビネクストの公式サイトから登録後に利用することができます。

リクナビネクストのスカウト機能を利用する(無料)

3.リクナビネクストの評判・口コミから見るメリットとデメリット

リクナビネクストを実際に利用した人から寄せられた評判や口コミ、体験談から、リクナビネクストのメリットとデメリットは次のようになります。

リクナビネクストのメリット・デメリット
メリット
  • 求人数が多い
  • 様々な職種の求人がある
  • スカウトメールが使える
  • サイトが使いやすい
デメリット
  • 地域によっては希望の求人がない
  • スカウトメールが煩わしい

リクナビネクスト利用者の口コミ(高評価、おすすめ)

  • 様々な職種の求人がある

・女性
・20代前半
・ブライダル
・年収300万円台→400万円台
・評価:(5)

異業種への転職で、特殊な職種の仕事ということもあり、他の転職サイトは求人があまり多くなかったのですが、リクナビネクストには選べるだけの求人がありました。

他の職種は分かりませんが、様々な職種の求人があり、とても助かりました。

  • スカウトメールがいい

・男性
・30代後半
・社内SE
・年収500万円台→600万円台
・評価:(4.5)

初めての転職で、ひとまずリクナビネクストを利用しとけば大丈夫と、先輩に言われて利用しました。

登録後に定期的に企業から届くスカウトメールが良かったです。

自分が考えてもいない企業からオファーが来るので、様々な求人を見ることができ、求人を見る目が養えた気がする。

初めて転職する人には、スカウト機能を利用して、いろんな求人を見ることをお勧めします。

  • 検索画面が使いやすい

・女性
・30代前半
・人事総務
・年収400万円台→400万円台
・評価:(4)

求人の検索画面が見やすく、求人をスムーズに探すことができました。

細かい設定もできるので、求人探しが効率的にできました。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
ここがポイント

検索画面が使いやすいという声がありましたが、リクナビネクストの求人検索画面は、細かい条件まで絞り込みながらピンポイントの求人を探しやすくなっています。

離職率の高い会社の中にはブラック企業の可能性もあるため、「こだわり条件」の中にある「離職率5%以下」という項目などを利用しながら、ホワイト企業を探してみて下さい。

このような特殊な項目だけでなく、誰もが気になる年間休日数や月平均の残業時間なども絞り込むことができるため、自分が希望する求人をピンポイントで探すことができます。

リクナビネクスト利用者の口コミ(低評価、おすすめできない)

  • スカウト機能が使えない

・女性
・30代前半
・営業事務
・年収400万円台→400万円台
・評価:(2)

スカウト機能に登録しましたが、自分が興味のあるオファーは全くきませんでした。

むしろ、頻繁に届くオファーメールが鬱陶しかった。

  • 担当者の当たり外れがある

・男性
・20代前後半
・営業職
・年収500万円台→500万円台
・評価:(3)

就活でリクナビを使っていたので、その流れでリクナビネクストを利用しました。

就活の時はリクナビで就職先を決めましたが、今度の転職では自分の地域の求人がなく、転職が決まらなかった。

結局、enを利用して転職しました。

  • ライバルが多い

・男性
・30代前半
・SE
・年収500万円台→500万円台
・評価:(2)

限定求人が多いということで利用しましたが、私が申し込んだ大手企業は人気があったらしく、面接までに3週間かかりました。

知名度が高く、多く転職者が利用していることで、求人によっては申込者も増えてしまうと感じました。

4.リクナビネクストの利用がおすすめな人

ここまでリクナビネクストについて紹介してきましたが、リクナビネクストのメリットやデメリットなどの特徴から、次のような人にリクナビネクストの利用をおすすめします。

  • 初めて転職サイトを利用する人
  • どの転職サイトを利用すればいいのか迷っている人
  • 転職先がまだはっきりしておらず、多くの求人から自分に合う求人を選びたい人
  • 転職活動を始めていて、何はともあれ転職先を決めたい人

転職活動には求人探しから履歴書・職務経歴書の作成、面接対策から面接の日程調整など、やるべきことが多くあります。

特に、在職中に転職活動を始める人は仕事との両立もあり、転職活動は仕事が終わった後や休日を利用して進めることになります。

そのため、転職活動が大きな負担となり、その大変さから転職自体を途中で諦めてしまう人も少なくありません。

このように、転職活動を途中で諦めずに続けていくためには、少しでも転職活動の負担を減らすことが大切になります。

そのため、先ほど紹介した「スカウト機能」「グッドポイント診断」をうまく利用しながら、効率的に求人探しや面接対策を進めてみて下さい。

5.リクナビネクストを利用する時の5つのポイント

リクナビネクストに限らず、転職サイトを利用する時には最低限気をつけておくべきポイントがあります。

これから紹介する5つのポイントを頭の片隅に入れながら転職サイトを利用することで、転職成功の可能性を高めることができます。

転職サイトを最大限活用するポイント
  1. 様々な条件で求人を探す
  2. 気になる求人は早めに応募する
  3. 複数の転職サイトを利用する
  4. 転職サイトと転職エージェントを併用する
  5. 評判・口コミは参考までに

様々な条件で求人を探す

どの転職サイトにも、求人を探す時に様々な条件を設定できる検索機能があります。

職種や業種はもちろん、給料、勤務地、年間休日数と、希望の条件を設定することで、自分が探しているピンポイントの求人を探すことができます。

「リクナビネクスト 求人県検索画面」

しかし、検索条件を細かく設定し過ぎることで、いい求人との出会いを失ってしまう可能性もあります。

例えば、現在の年収が400万円で、今度の転職を機に100万円の年収アップをしたい人がいます。

その人は求人を検索する時に「年収500万円以上」という検索条件で求人を探すことになりますが、「年収450万円の求人」の中に、給料以外は好条件の求人がある可能性もあります。

年収は入社してからの働きによって上げることも十分可能ですが、転職時の年収額にこだわるあまり、いい求人との出会いを失ってしまうことになります。

同じように希望勤務地を最優先に求人を探している人も、電車の乗り継ぎによっては希望勤務地の隣の県の方が勤務時間が短くなる可能性もあります。

転職に求める条件は人それぞれ異なりますが、転職サイトを利用する時は自分がこだわっている転職条件を見直し様々な条件で求人を探すことで、今まで考えてもみなかった求人に出会えることがあります。

気になる求人は早めに応募する

転職サイトで転職活動を進めていると、様々な求人に出会うことになります。

出会った求人の中には応募しようか悩む「気になる求人」もあり、すぐに決断できない時はチェックだけしておき、応募の決断を後回しにします。

しかし、応募者多数による募集の締め切りや応募期間の終了など、応募の決断を後回しにしたことで、せっかくのチャンスを逃してしまうこともあります。

転職成功者の企業への平均応募社数は17.7社となっています。

「DODA 転職成功者の平均応募社数」より

求人に応募するか慎重に考えることも大切ですが、求人探しを続けているだけでは、内定を勝ち取ることはできません。

企業に応募することで履歴書や職務経歴書の作成スキルや面接での経験値も上がることになり、応募企業数が増えるほど転職活動を有利に進めることができます。

転職サイトは何社応募しても無料で利用することができ、応募したからといって必ず転職をする必要もありません。

転職サイトで気になる求人を見つけた時は、積極的に応募するようにして下さい。

複数の転職サイトを利用する

転職サイトには全ての転職者に合った求人を掲載している「総合型転職サイト」と、ある特定の転職者や分野に特化した求人を掲載している「特化型転職サイト」の2つに大きく分けることができます。

そのため、掲載されている求人も転職サイトによって大きく異なり、1つの転職サイトにこだわらず、複数の転職サイトをチェックすることが大切になります。

複数の転職サイトを利用することで、次のようなメリットがあります。

複数の転職サイトを利用するメリット
  • 各転職サイトの求人を比較できる
  • 各転職サイトの独自求人をチェックできる
  • 各転職サイトのサービスを比較できる(求人検索や応募のしやすさ、問い合わせに対するレスポンスの速さ等)

全く同じ条件で求人を探しても、Aという転職サイトでは希望の求人が見つからない時も、Bという転職サイトでは希望の求人が複数見つかることはよくあることです。

「自分が転職サイトに望む事」「各転職サイトの特徴」を照らし合わせながら、自分の転職目的にあった転職サイトを利用するようにして下さい。

〜各転職サイトの特徴〜
リクルートエージェント 業界NO1の転職サイト。
求人数、転職成功実績ともにNO1で、全国にも対応していることから、どの転職者も利用して損はない転職
サイト
doda 業界第2位の転職サイト。
他には掲載されていないDODA独自の求人も多数あり。
リクルートエージェントでカバーできない
求人をチェックしたい人におすすめの転職サイト。
JACリクルートメント 年収UPの転職に加えて、細やかな転職サポートからスピード転職も可能。求人数がやや少ないため、他の転職サイトとの併用で「スピード+より確実な転職」を実現。
ハイキャリア案件を中心に求人をチェックしたい人におすすめの転職サイト。
マイナビエージェント 20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多い。
第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職
サイト。
パソナキャリア 利用者満足度が驚異の96%となる転職サイト。
「社会の問題点を解決する」という企業理念を元に、障害者雇用や社会貢献活動にも積極的なパソナグループの一員として、丁寧な転職サポートに定評あり。
とにかく丁寧な転職サポートを受けたい人におすすめの転職
サイト。
ワークポート WEB・IT関連の転職に強みを持ち「GOOD AGENT RANKING ~2016年度下半期」の転職決定人数ランキングで1位を獲得した実力ある転職サイト。
WEB・IT関連の仕事へ転職を考えている人におすすめの転職サイト。
MS-Japan 経理・財務・人事・法務などの管理部門に特化した転職サイト
1990年の創業以来、2万人以上の転職サポート実績があり、管理部門へ転職を考えている人におすすめの転職サイト。
クライス&カンパニー マネージャークラスのハイキャリア求人を中心に転職サポートを行い、アメリカの国家資格である「GCDF」を取得しているキャリアコンサルタントも多数在籍。
質の高い転職サポートを受けたい人におすすめの転職サイト。
就職Shop リクルートエージェントと同じリクルートが運営する転職サイト。
社会人未経験者やフリーターなど、職務経歴に自信のない人への転職サポートに特化し、紹介される求人は全て書類選考が免除!応募後はいきなり面接へ進むことができる。
社会人未経験者やフリーターの人におすすめの転職サイト。

転職サイトと転職エージェントを併用する

複数の転職サイトを利用することで、自分が希望する求人に出会える可能性を高めることができます。

しかし、転職サイトだけを利用した転職活動は、求人探しから面接対策、企業への応募まで、全てを自分一人だけでやる「孤独な転職活動」となります。

転職活動はいつも順調にいくわけではなく、思うように求人が見つからない時や面接での不採用が続くなど、常に不安を抱えながら転職活動を進めることもあります。

さらに、在職中に転職活動を行う人は仕事と転職活動の両立が難しく、途中で転職活動を諦めてしまう人もいます。

  • 転職サイトで希望の求人が見つからない人
  • 自分一人で進める転職活動に不安を感じている人
  • 仕事が忙しく転職サイトで求人を探す時間がない人

このような人は転職サイトに加えて、転職エージェントも利用しながら転職活動を進めるようにして下さい。

転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入り転職活動のサポートをしてくれる転職サービスになります。

転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。

転職エージェントのメリット・デメリット
メリット
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 給与交渉をしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)
  • 転職前に転職先の生の情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報等)
  • 全てのサービスを無料で利用できる
デメリット
  • 自分に合わない転職エージェントを選ぶと足手まといになる
  • 担当者によってサービスにばらつきがある

転職エージェントを利用することで、あなたが日中仕事をしている間に転職エージェントが希望条件に合った求人を探してくれます。

そのため、あなたが疲れて家に帰り求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない時も、転職エージェントによって自動的に転職活動が進んでいくことになります。

また、1人で転職活動をする時には知ることが難しい「職場の人間関係」「職場の雰囲気」「本当の残業時間」といった転職先の生の情報を、転職エージェントを通して転職前に知ることができます。

そのため、転職エージェントを利用することで転職前後のギャップが小さくなり、転職の失敗を防ぐことができます。

転職サイトを利用しながら自分自身で転職活動を進めていくことに加えて、転職エージェントからは一人で転職活動をする時には難しい様々な転職サポートを受けることで、より自分が納得のいく転職活動をすることができます。

希望の求人に出会いたい人必見!転職エージェントをフル活用する方法

評判・口コミは参考までに

ネット上には、本当にたくさんの転職サイトに関する評判や口コミが書かれたサイトがあります。

そのため、様々なサイトを見ていると目移りしてしまい、結局どの転職サイトを利用すればいいのか、分からなくなってしまう人も多くいます。

こんなことを言っては身も蓋もありませんが、このサイトで紹介している転職サイトの評判や口コミも、実際に転職サイトを利用した人の「ほんの一部の人の意見」に過ぎません。

転職サイトは全てのサービスを無料で利用することができるため、転職者には何のリスクもありません。

ネット上に出ている評判や口コミは参考にしつつも、最後は実際に自分で利用した上で、自分に合った転職サイトを自分自身で判断することが大切です。

6.リクナビネクストの利用方法

最後に、リクナビネクストの利用方法を紹介します。

リクナビネクストの求人は今すぐ探すことができますが、リクナビネクストで見つけた求人に申し込むためには、まず無料会員登録をする必要があります。

初期登録はプロフィールの入力だけで出来るため、1分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

無料登録する時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

入力項目は同じですが、スマートフォン用のスライドも作成しましたので、参考にして下さい。

パソコン用

  • 1.メールアドレス登録
  • 2.受信したメールにあるURLをクリック
  • 3.会員情報入力

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

スマートフォン用

  • 1.メールアドレス登録
    受信したメールにあるURLをクリック
  • 2.会員情報入力

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

リクナビネクスト登録時の入力項目
会員情報の入力
  • パスワードの設定
  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所(任意)
  • 電話番号(任意)

全ての項目を入力すれば登録完了となります。

登録後はサイト内で見つけた求人に応募することができるので、応募後は「書類選考」「面接」と転職活動が進んでいきます。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
求人に申し込んだからといって、必ず転職をする必要はありません。どの企業に転職するのかを決めるのはあなた自身です。そのため、少しでも気になる求人には積極的に応募していきましょう。リクナビネクストの求人は毎週水曜日・金曜に更新されます。

7.まとめ

転職サイトのリクナビネクストについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

リクナビネクストは転職者の8割が利用し、転職者の45.8%が実際にリクナビネクストで転職を決めている「結果の出せる転職サイト」になります。

また、求人数の多さや全国求人の充実さから、どの転職者が利用しても損のないオールマイティーな転職サイトとなっています。

リクナビネクストをうまく利用しながら、あなたに合った求人に出会えることを願っています。


公式サイト:リクナビネクストで求人を探す(無料)