転職サイト

【5分で登録可能!】転職活動でリクルートエージェントの利用方法と登録後にできる事

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
  • 「転職活動でリクルートエージェントの利用を考えているけど、登録方法って簡単なの?」
  • 「リクルートエージェントに登録すると、結局何ができるの?」

このような疑問を持っている人はいないでしょうか?

この記事では、リクルートエージェントの登録方法から登録後にできる事、利用する時の注意点について紹介しています。

転職活動でリクルートエージェントを利用しようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

リクルートエージェントの登録方法

リクルートエージェントの登録方法を知りたい人のために、先に登録方法をお伝えします。

リクルートエージェントの登録はほとんどが選択方式となるため、5分ほどあれば多くの方が登録を終えることができます。

登録時に入力する項目と手順を下のスライドと表にまとめましたので、登録する時の参考にして下さい。

入力項目は同じですが、スマートフォン用のスライドも作成しましたので、参考にして下さい。

パソコン用

  • リクルートエージェント 無料登録開始
  • 1.転職希望
  • 2.プロフィール・職務経歴

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

スマートフォン用

  • 1.転職希望時期、希望勤務地
  • 2.直近の年収、直近の経験職種、生年月日
  • 3.メールアドレス、性別、名前
  • 4.住所、電話番号、最終学歴
  • 5.英語力、就業状況、これまでの職歴
  • 6.直近の勤務先情報
  • 7.資格、サイトアクセスのきっかけ
  • 8.求人志向チェック
  • 9.登録完了

※画面のBack/Nextを押すと、写真をめくることができます。

リクルートエージェント登録時の入力項目
転職希望
  • 転職希望時期
  • 希望勤務地
  • 現在の職種
  • 現在の年収
  • メールアドレス
プロフィール・職務経歴
  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 最終学歴
  • 経験社数
  • 現在の就労状況
  • 業種
  • 現在、直近の勤務先
  • 雇用形態
  • 在職期間
  • 英語力
  • 海外赴任経験

全ての項目を入力すれば登録完了となります。

登録後は担当者からメール又は電話で連絡がありますので、面談日を決めた後は「(電話)面談」「求人紹介」と転職サポートが進んでいきます。

リクルートエージェントに登録することで、求人紹介から面接対策など、全ての転職サポートを無料で利用できるので、転職を考えている人は登録してみて下さい。

登録後にリクルートエージェントが気に入らない時も、メール1つで簡単に退会することができます。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
リクルートエージェントを利用したからといって、必ず転職をする必要はありません。あなたが納得できる求人を紹介してもらった時のみ「応募」「面接」と進めば問題ありません。

公式サイト:リクルートエージェントに登録する(無料)

リクルートエージェントの特徴は下の記事で詳しく紹介していますので、登録する時の参考にして下さい。

リクルートエージェントの評判は?転職時に登録すべきか利用者の口コミや求人内容から詳しく紹介!

リクルートエージェントの登録後にできること

リクルートエージェントに登録後は、下の流れに沿って転職サポートを受けることができます。

「リクルートエージェントHP」より

面談(キャリアカウンセリング)

リクルートエージェントに登録後は、キャリアアドバイザーとのキャリアカウンセリングを行います。

この面談の時に転職希望を伝え、自分に合った求人を紹介してもらうことができます。

リクルートエージェントの面談内容は?服装・持ち物・面談場所まで徹底解説!

リクルートエージェントのキャリアカウンセリングは、全国に17ヶ所ある拠点で受けることができます。

「リクルートエージェントHP」より

多くの転職エージェントが平日だけの対応となる中、リクルートエージェントの面談は土日祝日や平日の夜にも対応しているので、仕事が忙しい人も気軽に面談を受けることができます。

「リクルートエージェントHP」より

仕事がどうしても忙しい人や拠点まで遠い人など、対面でのキャリアカウンセリングが難しい人に対しては電話でのキャリアカウンセリングにも対応しているので、自分のライフスタイルに合わせてキャリアカウンセリングを受けることができます。

リクルートエージェントの面談が面倒。電話面談できるか問い合わせてみた

リクルートエージェントで面談をするキャリアアドバザーは、各分野ごとに専門のキャリアアドバイザーがいるため、転職を希望する分野に特化したキャリアアドバイザーに転職相談をすることができます。

「リクルートエージェントHP」より

リクルートエージェントは転職サポートの質の高さにも定評があり、オリコンが実施する「転職エージェントのランキング・比較」の中にある「担当者の対応 満足度ランキング」で、他の大手転職エージェントを抑えて堂々の2位にランキングされています。

「オリコンHP」より

リクルートエージェントでは、自分のライフスタイルに合わせながら、専門のキャリアアドバイザーから質の高い転職サポートを受けることができます。

求人の紹介

キャリアカウンセリング終了後、あなたが伝えた転職希望を元に求人を紹介してもらうことができます。

キャリアカウンセリングをやっている時に希望する求人がある時は、その場で求人を紹介してもらうこともあります。

リクルートエージェントは、求人紹介から企業への応募、面接日程の管理から職務経歴書の作成まで、面談後の転職活動は全てパーソナルデスクトップを利用しながら進めていきます。

パーソナルデスクトップは、転職活動の全てを管理する「転職活動サポートシステム」で、パソコンやスマホでいつでも気軽に全ての転職活動を進めることができます。

転職でリクルートエージェントのパーソナルデスクトップをフル活用する方法

そのため、面談後は全てネット上で転職活動を進めることができるため、面談場所に行く必要もなく、自分のペースで転職活動を進めることができます。

リクルートエージェントで紹介してもらえる求人の職種や業種は、次のようになっています。

「リクルートエージェントHP」より

特定の職種や業界に偏ることなく、バランス良く様々な種類の求人がありますが、リクルートエージェントは求人の種類だけでなく、求人数も豊富になっています。

リクルートエージェントの求人数は、他の大手転職エージェントに比べて圧倒的に多くなっています。

「求人数が多い=良い転職エージェント」ということではありませんが、より多くの求人の中から求人を紹介してもらうことで、自分が希望する求人に出会える可能性が高まることは間違いありません。

また、リクルートエージェントは「求人の種類」や「求人数」だけでなく、求人の質も高くなっています。

グラフ内の求人内容を見てみると、非公開求人が求人全体の約80%を占めています。

非公開求人とはその名の通り、一般には公開されていない求人で、企業が求人を非公開にする理由には次のようなものがあります。

  • 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合
  • 専門的なスキルや経験など、ピンポイントの人材が欲しい場合
  • 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合
  • 在籍している従業員より募集者の給与が高い場合
  • 他企業に採用活動を知られたくない場合

このように、非公開で求人を募集することでピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、企業側には様々なメリットがあるため、非公開求人には条件のいい求人が数多く存在します。

さらに、非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べてライバルの少ない求人の中から、自分に合った求人を紹介してもうらことができます。

リクルートエージェントの求人の質の高さは、オリコンが実施する「転職エージェントのランキング・比較」の中にある「紹介案件 満足度ランキング」で、他の大手転職エージェントを抑えて1位にランキングされていることからも証明されています。

「オリコンHP」より

リクルートエージェントを利用することで、豊富な求人の中からライバルの少ない好条件の求人を紹介してもらうことができます。

リクルートエージェントで求人を紹介してもらう(無料)

応募先企業の事前調査

下のデータは転職をして後悔した理由のランキングになりますが、給料や残業などの労働条件や職場の人間関係や雰囲気といった労働環境など、転職前後のギャップによって転職を後悔していることが分かります。

転職して後悔したこと
1位 給料が希望と異なる
2位 経営者や社員と合わない
3位 社風が合わない
4位 経営状態や将来性が不安
5位 残業が多い
6位 仕事内容が希望と異なる
7位 組織や環境が整っていない
8位 休日が少ない
9位 正当に評価してもらえない
10位 キャリアアップできない

「DODA 転職して良かったこと・後悔したことTOP10」を元に作成

給料額や休日日数など、転職前に確認した労働条件が転職後に違っている場合もあります。

残業は月20時間程度と聞いていたが、実際は50時間以上だった

「DODA 転職して良かったこと・後悔したことTOP10」より

職場の人間関係や雰囲気といった労働環境は、実際に働き始めるまで知ることが難しく、転職前後のギャップを生み出す原因となります。

このような転職前後のギャップも、リクルートエージェントの応募先企業の事前調査によって防ぐことができます。

リクルートエージェントを利用することで、自分1人では知ることが難しい転職先の「人間関係」「職場の雰囲気」「本当の残業時間」といった転職先の生の情報を、転職前に知ることができます。

「リクルートエージェントHP」より

そのため、リクルートエージェントを利用することで

転職に失敗。こんなはずじゃなかった、、、

このような転職前後のギャップによる転職の後悔」を防ぐことができます。

履歴書・職務経歴書の添削

1人で転職活動を行う時には、作成した履歴書や職務経歴書をそのまま企業へ提出することになりますが、リクルートエージェントを利用することで、企業へ提出する前に応募書類を添削をしてもらうことができます。

「リクルートエージェントHP」より

さらに、キャリアアドバイザーが企業へ応募書類を提出する時に、「推薦状」を通してあなたのことをアピールしてくれるので、リクルートエージェントを利用することで平均25%前後となっている書類通過率を高めることができます。

「パソナキャリアHP」より

面接対策

転職活動の中で、転職者の半数が「面接」に苦手意識を持っています。

「エン人事のミカタ アンケート調査から探る 求職者にとって、面接とは?」より

面接回数を重ねる中で、慣れによる苦手意識の克服ができる人もいますが、転職活動の最後まで面接に慣れない人も少なくありません。

「AIDEM HP」より

多くの転職者が苦手にしている面接ですが、リクルートエージェントは面接対策として「模擬面接」「セミナー」の2つを用意しています。

模擬面接では、面接本番の雰囲気の中でシミュレーションをすることができ、模擬面接終了後はキャリアアドバイザーから具体的な面接のアドバイスをもらえるだけでなく、応募企業で実際に聞かれた質問など、企業別の面接対策もしてもらうことができます。

リクルートエージェントの模擬面接はおすすめ?利用者の体験談を紹介します!

また、面接対策のセミナーとして、「面接力向上セミナー」が都内で毎日開催されています。

面接力向上セミナーは、セミナーを受講した人の面接通過率が35%UPし、受講者の99%がセミナーの内容を「大変満足」「満足」と回答している、セミナーの受講効果と満足度が高いセミナーとなっています。

「リクルートエージェントHP」より

セミナー内容が面接をする意味から面接本番の具体的な行動まで、「面接をトータルに考えるセミナー」となっています。

面接前の準備から面接本番で注意すべきことが具体的に分かるだけでなく、面接に臨む意識そのものを変えることができます。

リクルートエージェントを利用することで、模擬面接やセミナー受講を通して、多くの人が苦手意識を持ってい面接対策に取り組むことができます。

条件(年収)交渉

年収アップを目的に転職を考える人も多くいますが、自分一人で企業と条件交渉をすることは簡単なことではありません。

転職をきっかけに年収アップした転職者は3割に止まり、転職者の4割は転職前後で給与に変化がなく、残りの3割は転職前に比べて給与が減少しています。

「厚生労働省 転職入職者の賃金変動に関する状況」より作成

リクルートエージェントでは、年収交渉をはじめとした、自分1人では難しい様々な条件交渉を代行してくれます。

「リクルートエージェントHP」より

そのため、リクルートエージェントを利用した人の6割以上年収アップを実現しており、より良い条件で転職をすることができます。

「リクルートエージェントHP」より

企業への応募・面接の日程調整

リクルートエージェントから求人の紹介を受けて応募書類の添削をしてもらった後は、企業への応募から面接の日程調整まで、全ての段取りをリクルートエージェントに調整してもらうことができます。

働きながら転職活動を行う人は、特に面接の日程調整が大きな負担となります。

自分の仕事の調整はもちろん、応募先企業とのスケジュールを合わせる必要があり、複数の企業に応募した時などは、自分だけでは調整できない状態になることもあります。

しかし、リクルートエージェントを利用することで、自分が希望する面接日をキャリアアドバイザーに伝えるだけで、企業と直接やり取りをすることなく、面接日を調整してもらうことができます。

リクルートエージェント利用時に注意する6つのポイント

リクルートエージェントの登録方法から登録後にできる事までを紹介してきましたが、リクルートエージェントを利用する時には最低限気をつけておくべきポイントがあります。

これから紹介する6つのポイントを頭の片隅に入れながらリクルートエージェントを利用することで、転職成功の可能性を高めることができます。

リクルートエージェント利用時のポイント
  1. 転職エージェントの仕組みを理解しておく
  2. 転職の意思があることをしっかり伝える
  3. 転職活動の主導権は自分が持つ
  4. 求人を紹介されないこともある
  5. 評判・口コミは参考までに
  6. 感謝の気持ちを忘れずに

1.転職エージェントの仕組みを理解しておく

転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入って、転職活動のサポートをしてくれる転職サービスになります。

あなたの転職相談にのってくれるキャリアアドバイザー(CA)と、求人開拓をして企業からの情報収集を行うリクルーティングアドバイザー(RA)の2人から、様々な転職サポートを受けることができます。(※CAとRAを1人で行う転職エージェントもあり)

転職エージェントの具体的な転職サポートには、次のようなものがあります。

転職エージェントの転職サポート
  • 転職希望を伝えた求人を探してくれる
  • 給与交渉をしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業別の面接対策(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方のアドバイス等)
  • 転職前に転職先の現場情報を教えてくれる(職場の雰囲気、人間関係、上司の情報等)

これらの転職サポートを全て無料で利用することがきます。

転職者が転職サポートを無料で利用できる仕組みは、次のようになっています。

転職エージェントの人材紹介業は、転職を成立させることによって企業側から紹介料を受け取る「成功報酬型」のビジネスとなっています。

そのため、転職エージェントは企業からもらう紹介料を元に運営されることになり、転職者は全ての転職サポートを無料で利用できる仕組みになっています。

この企業から支払われる紹介料は、一般的に転職者の年収の30%前後と言われており、転職の成立件数を増やし、転職者の年収が高ければ高いほど、受け取る紹介料も多くなります。

そのため、転職エージェントの中には転職者の転職希望を十分に聞かず、無理に転職をさせようとする「ブラック転職エージェント」も存在しており、利用する転職エージェント選びには注意する必要があります。

このような転職エージェントの仕組みを理解した上でリスクを避ける点からも、リクルートエージェントのような利用実績が数多くある大手転職エージェントの利用をおすすめします。

求人探しに不可欠?転職エージェントを利用するメリットとデメリット

2.転職の意思があることをしっかり伝える

先ほど紹介したように、転職エージェントは転職を成立させることで紹介料が入るため、少しでも多くの転職を成立させようと考えます。

次のような2人の転職者がいた場合、キャリアアドバイザーは、どちらの転職者に積極的な転職サポートをしていくでしょうか?

転職者A
転職者A
いい求人があった時に、転職できればいいですね
転職者B
転職者B
何としても、1ヶ月以内に転職をしたいです!

2人の転職者が同じ条件で転職を希望している場合、転職者Bのように転職する意思がより強い人に対して、より積極的な転職サポートが行われます。

もしあなたが転職者Aのような気持ちで転職エージェントを利用する場合でも、転職者Bのように1ヶ月とは言わないまでも、転職したい意思があることをしっかりとキャリアアドバイザーに伝えるようにして下さい。

転職の意思があることを伝えることで、より多くの求人を紹介してもらえるようになり、転職成功の可能性を高めることができます。

転職エージェントに希望の求人を紹介してもらうための4つのポイント

3.転職活動の主導権は自分が持つ

あなたを転職サポートしてくれるキャリアアドバイザーの中には、強引に求人をすすめてくる担当者や、どうしても自分と合わない担当者がいる可能性もあります。

そのような時は、自分が気に入らない求人に無理に申し込む必要はなく、キャリアアドバイザーの方に無理に合わせる必要もありません。

転職するのはあなた自身です。

万が一、あなたの担当になったキャリアアドバイザーが強引に求人をすすめてきたり、どうしても自分と合わないキャリアアドバイザーが担当者になった場合は、遠慮せずに担当者を変えてもらうようにして下さい。

ほとんどの転職エージェントはメールや電話連絡で担当者を変更できるので、担当者本人に伝えて気まずい思いをすることもありません。

転職サイトコンシェルジュ
転職サイトコンシェルジュ
担当者の変更をお願いする時は、ただ変更をお願いするだけでなく、今まで転職サポートをしてもらったお礼もしっかりと伝えるようにしましょう。担当者を変更する時は「別の担当者の視点でも求人を探したい」と伝えることで、スムーズに担当者の変更をすることができます。
本当に変更していいの?利用中の転職エージェントで担当者を変更する方法

また、利用している転職エージェント自体が自分に合わない時も、遠慮せずに他の転職エージェントを利用して下さい。

全国には、約18,000もの転職エージェントがあります。

自分と合わない転職エージェントを無理に利用し続ける必要はなく、転職エージェントを利用したからといって、必ず転職する必要もありません。

あくまでもあなた自身が転職活動の主体となり、自分が納得できる求人に出会った時のみ「応募」「面接」と転職活動を進めていくようにして下さい。

4.求人を紹介されないこともある

リクルートエージェントに登録後、利用者によっては求人を紹介してもらえないこともあります。

転職活動でリクルートエージェントの登録を断られた!?拒否理由と対処法

転職者の年齢や性別、今までの職歴から登録を拒否することは違法となるため、登録自体を断られることはありません。

しかし、登録後に「求人を紹介してもらえない=登録拒否」と同じ意味となり、求人を紹介してくれない転職エージェントを利用し続けても、転職を成功させることは難しくなります。

求人を紹介されない理由には転職者のキャリアや年齢、転職回数など、様々な条件が関係していますが、登録している転職エージェントが自分に合っていないことから、求人を紹介してもらえない可能性もあります。

看護師の人がIT系の転職エージェントを利用しても希望の求人を紹介してもらえないように、自分の転職目的に合った転職エージェントを利用することが大切です。

リクルートエージェントに登録後も求人を紹介してもらえない人は、複数の転職エージェントを利用しながら転職活動を進めてみて下さい。

複数の転職エージェントを利用することで、次のようなメリットがあります。

複数の転職エージェントを利用するメリット
  • 各転職エージェントの転職サポートを比較できる
  • 各転職エージェントの独自求人をチェックできる
  • キャリアアドバイザーとの相性が悪い場合、他の転職エージェントでリスク回避できる

「自分が転職エージェントに望む事」「各転職エージェントの特徴」を照らし合わせながら、リクルートエージェント以外に1〜2社の転職エージェントに登録しておくことで、自分が納得のいく転職活動をしやすくなります。

〜各転職エージェントの特徴〜
doda 業界第2位の転職エージェント。
他には掲載されていないDODA独自の求人も多数あり。
リクルートエージェントでカバーできない
求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
JACリクルートメント 年収UPの転職に加えて、細やかな転職サポートからスピード転職も可能。求人数がやや少ないため、他の転職エージェントとの併用で「スピード+より確実な転職」を実現。
ハイキャリア案件を中心に求人をチェックしたい人におすすめの転職エージェント。
マイナビエージェント 20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多い。
第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
パソナキャリア 利用者満足度が驚異の96%となる転職エージェント。
「社会の問題点を解決する」という企業理念を元に、障害者雇用や社会貢献活動にも積極的なパソナグループの一員として、丁寧な転職サポートに定評あり。
とにかく丁寧な転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
ワークポート WEB・IT関連の転職に強みを持ち「GOOD AGENT RANKING ~2016年度下半期」の転職決定人数ランキングで1位を獲得した実力ある転職エージェント。
WEB・IT関連の仕事へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
MS-Japan 経理・財務・人事・法務などの管理部門に特化した転職エージェント。
1990年の創業以来、2万人以上の転職サポート実績があり、管理部門へ転職を考えている人におすすめの転職エージェント。
クライス&カンパニー マネージャークラスのハイキャリア求人を中心に転職サポートを行い、アメリカの国家資格である「GCDF」を取得しているキャリアコンサルタントも多数在籍。
質の高い転職サポートを受けたい人におすすめの転職エージェント。
就職Shop リクルートエージェントと同じリクルートが運営する転職エージェント。
社会人未経験者やフリーターなど、職務経歴に自信のない人への転職サポートに特化し、紹介される求人は全て書類選考が免除!応募後はいきなり面接へ進むことができる。
社会人未経験者やフリーターの人におすすめの転職エージェント。

5.評判・口コミは参考までに

ネット上には、本当にたくさんの転職エージェントに関する評判や口コミが書かれたサイトがあります。

そのため、様々なサイトを見ていると目移りしてしまい、結局どの転職エージェントを利用すればいいのか、分からなくなってしまう人も多くいます。

こんなことを言っては身も蓋もありませんが、このサイトで紹介している転職エージェントの評判や口コミも、実際に転職エージェントを利用した人の「ほんの一部の人の意見」に過ぎません。

先ほど転職エージェントの仕組みでも紹介したように、転職エージェントは無料で利用することができるため、転職者には何のリスクもありません。

ネット上に出ている評判や口コミは参考にしつつも、最後は実際に自分で利用した上で、自分に合った転職エージェントを自分自身で判断することが大切です。

口コミを徹底比較|あなたの求人探しにおすすめの転職エージェントは?

6.感謝の気持ちを忘れずに

仕事と言えばそれまでですが、キャリアアドバイザーはあなたの今までのキャリアや転職希望を考えた上で、少しでもあなたに合った求人を探そうと、様々な努力をしてくれます。

「仕事なんだから転職サポートをしてくれるのは当たり前」と考え、キャリアアドバイザーに対して横柄な態度をとったり、希望の求人を紹介されない時には全てをキャリアアドバイザーのせいにしてしまう転職者も中にはいます。

しかし、キャリアアドバイザーもやはり人間です。

このような横柄な態度の転職者や全てを他人のせいにしてしまう転職者に対して、仕事上での最低限の転職サポートはするものの、十分な転職サポートを行わない可能性もあります。

キャリアアドバイザーに「この人に少しでも合った求人を紹介したい」と思われるようになれば、より丁寧な転職サポートを受けることができ、転職成功の可能性を高めることができます。

何か特別なことをしたり、へり下る必要はありませんが、挨拶やお礼の言葉を伝えるなどの最低限のマナーを守り、感謝の気持ちを持ちながらキャリアアドバイザーの方と接するようにして下さい。

まとめ

リクルートエージェントの登録方法から登録後にできる事、利用する時の注意点を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

リクルートエージェントを利用することで、様々な転職サポートを受けながら効率的に転職活動を進めていくことができます。

しかし、リクルートエージェントを含めて、転職エージェントはビジネスを行なっていることも意識しておくことで、一方的に求人を紹介されるだけでなく、自分が主導権を持って転職活動を進めていくことができます。

リクルートエージェントをうまく利用しながら、あなたが自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。

公式サイト:リクルートエージェントを利用する(無料)